米10年債金利上昇で強いドル – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

日米首脳会談でトランプ大統領から円安をけん制する発言がなく、為替摩擦に対する警戒感が弱まる中、メスター米クリーブランド連銀総裁が「今年と来年の一段の利上げが適切」と発言したことから、ドル買い円売りが優勢になりました。

昨日は米10年債利回りが上昇する中、ドルはユーロ、ポンド、オーストラリアドルなどに対して強含みとなり、クロス円も売られていました。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、21:45頃、ユーロドル5分足チャートにおいて、直近のもみ合いレンジと00節目の1.230ドルを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は、思惑通り移動平均線5MAに沿ってきれいに下がってくれました。そして、23:05頃、ローソク足が5MAを上抜けてきましたので、調整局面に入る可能性と週末ということもあり、欲張らずに決済としました。(チャート内□の部分)

まっすぐに下降する5MAに沿った動きは安心感がありました。


 

ダウ平均と金先物はドル金利高で下がりましたね。

個人的に好きなポンドは3月小売売上高で売られ、武田薬品工業のアイルランドの製薬会社シャイアー買収打診で買われ、そして4/19に英中銀(BOE)カーニー総裁が「ブレグジットが利上げを遅らせる可能性もある」と発言したことで再び売り込まれました。5月利上げ観測は薄れ、1時間足で下降基調となっています。大きく動くタイミングとチャートを見るタイミングがあわず、チャンスがつかめません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

インディケーターで楽チントレード
– サインの時だけチャートを見るだけ

軟調なユーロの戻り売り狙い – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は4/17火曜日のユーロドル5分足チャートです。昨日は夕刻に発表されたイギリス雇用統計、ドイツ、ユーロ圏のZEW景況感指数が予想よりも悪い結果となり、ユーロ円、ユーロドルが下降基調となっていたため、注目していました。

ユーロドル5分足チャート
赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、下降基調から上昇を試みるも、勢いが出ず、移動平均線300MA(15分足100MA)、ボリンジャーバンド上限付近で、戻り売りの様子が見られましたので、20:55頃、25MAを勢いよく下抜けてきたタイミングで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、25MAが抵抗として働いている感じがあり、多少の波はありましたが、思惑通り下がってくれました。ただ、下落の勢いもそれほど強くならなかったこと、日中の仕事が少し忙しく、疲れもあったので、十字線が出現したタイミングで、決済としました。(チャート内□の部分)

貿易戦争やシリア問題のリスクはまだ消えたわけではないので、いつ再燃するかわかりません。またトランプ大統領はロシアや中国を通貨切り下げを行っていると非難し、新たに通貨政策でも火種を起こしました。

トランプ大統領と安倍首相の日米首脳会談は2日間の日程でフロリダで実施されますが、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)、北朝鮮問題など議題は山積みです。4/13に米財務省が発表した為替報告書では、日本は引き続き監視対象国に指定されており、日米間に貿易不均衡があることへの懸念が示されています。市場ではトランプ大統領の為替に関する発言に注目が集まりそうです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日4/18夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 3月
17:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 3月
17:30 (英)生産者価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 3月
18:00 (欧)建設支出 前月比 2月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 3月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比

が予定されています。


 

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4について
– 自動売買も可能な大人気の取引ツール

デイトレでも長い時間足の確認は大事 – ベストトレード根拠

悠々自適-イメージ
こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。



ユーロドルチャート
赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

3/29木曜日のユーロドル5分足チャートです。米中貿易摩擦問題、北朝鮮問題も為替市場が大きく反応するようなニュースも聞かれず、また週末がイースターの休日で連休となることもあり、どの通貨ペアも概ね、1時間足、4時間足で25MAを上下するレンジの動きとなっていました。このような状況で、5分足、15分足でチャートを見て、トレンド発生と思っても、反転してしまうことがあります。そのため、デイトレであっても4時間足くらいまでチャートは確認するようにしています。

そんな中、20:30頃、ユーロドル5分足チャートにおいて、ボリンジャーバンド上限付近、移動平均線300MA(15分足の100MA)が抵抗となる感じで、長い上ヒゲが発生したので注目してみました。4時間足を確認すると、連続陰線で下降中、ボリンジャーバンド下限まではもう少し、1時間足では25MAに上昇を抑えられている感じ、15分足チャートでも、ボリンジャーバンド上限付近にありました。

その後、連続陰線で5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、ややもみ合いながらもレンジ下限に向けて下がっていき、21:45頃、ボリンジャーバンド下限を下抜けたところで決済としました。(チャート内□の部分)

短い時間足だけでなく長い時間足も確認するトレードは、短い時間足しか見ないトレードより、勝率も高くなるし、精神的にも楽だと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

明日から4月となりますので、日々の投稿について少し構成を変えてみようかなと思っています。

心(メンタル)のコントロール – FXで一番大切なこと

ユーロドルの素直なチャートに注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

ニューヨーク株式暴落を発端とした株安連鎖が落ち着きません。VIX恐怖指数も30以下になりましたがまだまだ高い状態です。昨日のアジア時間も米株式先物の軟調地合いでニューヨーク株安が警戒され、リスク回避的な円買いとなりました。

なかなか大きく動く相場の時にチャートを見れなくて残念な状況が続いていますが、あせらずに、しっかりと根拠を確認していきたいと思います。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

2/13火曜日のユーロドル5分足チャートです。私がチャートを見始めたのは、21:00を過ぎていました。ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円は、日中からの大きな下げが落ち着き、小反発、またはレンジ突入という状況でした。大きく下げたあとの相場は、チャートの見た目よりも実際の値動きが大きくなるため、あまり好きではありません。
そんな中、唯一、上昇トレンドとなっていたユーロドルは取り組みやすいチャートでした。

そんな中、22:45頃、移動平均線75MA(15分足の25MA)でサポートされ、下ヒゲが長めの陽線で5MAを勢いよく上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

5分足でも15分足でも移動平均線が上から25MA、100MA、200MAと並ぶ上昇トレンドとなっていたこともエントリー根拠となります。

エントリー後は、ややもみ合う場面もありましたが、移動平均線5MAにサポートされる形で上昇しました。

そして、24:05頃、ボリンジャーバンド上限付近で、長めの上ヒゲがついた陰線が確定したタイミングで決済としました。(チャート内□の部分)

上昇トレンドで25MAサポート押し目をとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日2/14夜は、

19:00 (欧)鉱工業生産 前月比 12月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値) 前期比 10-12月期
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 1月
22:30 (米)小売売上高 前月比 1月
24:00 (米)企業在庫 前月比 12月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

主な経済指標(アメリカ)

3連続陰線で移動平均線5MAを下抜け – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

2/2金曜日のユーロドル5分足チャートです。22:30に月一の大イベントであるアメリカ雇用統計が予定されていましたので、どの通貨ペアも夕方から狭いレンジの動きとなっていました。

発表された結果は予想よりもよくて、直ちにドル買いの反応となりました。ドル円、ユーロドル1分足チャートでも見ていましたが、ほぼ緩み無く、一気に動きましたのでエントリーできるタイミングはありませんでした。「今日はもうチャンスがないかな。」とややあきらめていたのですが、それでもしばらくチャートを見ていると来ました。

エントリー根拠の予感です。ユーロドルで一気に下落した反動で、戻りが発生していたのですが、5分足600MA(15分足200MA)と、15分足5MAにぶつかったあたりから、戻り売りの様子が見られました。

そして、23:45頃、3連続陰線で5分足5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

もし3連続陰線を打ち消す陽線が発生した場合は損切りです。

エントリー後は、5分足5MAに沿って下落が継続しました。0:00を過ぎてしまいましたが、週末ということもあり少しだけ延長することにしました。ボリンジャーバンド下限に接触した後、下ヒゲが発生して、もみ合いになる様子も感じられましたので、0:20頃、決済としました。(チャート内□の部分)

典型的な戻り売りタイミングをとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

なかなか寒さが引かないですね。家の暖房がフル稼働となっているせいか電気代がすごいことになっていました。

初めてのFX Q&A