レンジ内下降でN字確認エントリー – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルともに陰線でした。ユーロ円、ポンド円は4週連続、豪ドル円は7週連続の陰線です。リスクオフの下げ相場が継続しています。

31日金曜日は朝方にトランプ大統領がメキシコからの全ての輸入製品に5%の関税をかけると述べたことをきっかけに大きく動きましたが、会社員時間帯はややもみ合いとなったため、たいして取れませんでした。

ドル円は109.0円を割り込んで一段安、ユーロ円も122.0円を割り込んで一段安となりました。

ポンド円は日足で5MAに沿った下げとなっており、強い下降が衰えません。

豪ドル円は日足で少し粘っていた75.5円付近から75.0円付近まで落ちてきました。

ユーロドルは4時間足レンジ内で下降戻りとなっています。

ファンダメンタル面では、日米首脳会談、米通商政策でトランプ大統領、言いたい放題などが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は5/29ユーロドルで、意識された水平ラインからの下抜けをN字確認して売りエントリーするトレードとなります。

週明けから1時間足でレンジ上限から、高値を切り下げながら下降していましたので注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、ヨーロッパ市場が開いたころから続いていた小さなもみ合いを、22:05頃、下抜けてきました。強い水平ライン抜けではないので飛びつきエントリーは避け、戻りN字確認してから、23:30頃、再び25MAを下抜けてきたところで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは小さなもみ合いレンジ上限付近、1.1157ドルで逆指値です。

エントリー後は、少し反発があり、損切りにかかるかと思いましたがギリ助かり、100MAに抑えられた後は、急落していきました。
そして、0:15頃、下降チャネルラインが近づいてきたこともあり、決済としました。(チャート内、□の部分)

下降トレンドラインと平行に引くチャネルライン(下降レンジの下側)は直近安値水平ライン同様、決済根拠に使えると思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック
– スマホで聴けるFX参考書

ユーロドル4時間足25MAからの戻り売り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル共に陰線でした。いずれも2週連続の陰線です。

ドル円は月足三角保ち合いの上限112.4円付近に上ヒゲではじかれ強く下降となっています。

ユーロ円、ポンド円、豪ドル円はほぼ連動した動きになりました。4時間足の上昇トレンドラインを下抜けて、日足レンジの下限付近まで下降してきています。

ユーロドルは1.12ドルを下抜けて日足の直近安値を更新しています。下降基調でほぼ1年間週足の25MAをしっかり上抜けることができていません。

ファンダメンタル面では、米四半期GDPが予想外のポジティブサプライズで瞬間的にドル買いとなるも失速となりドル売りなどが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は4/23ユーロドルで、先週の急落からの反発戻り売りタイミングを狙って、売りエントリーするトレードとなります。

先週4/18の急落から緩やかな戻りとなっていましたが、4時間足25MAを上抜けることができずに、もみ合いとなっていました。1時間足で見てもダブルトップが形成されていましたので注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、21:35頃、直近のもみ合いレンジを下抜けてきましたので、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは4時間足25MAの少し上、1.126ドルで逆指値です。

エントリー後は、5MAに沿ってきれいに下降してくれました。そして、日足レンジ下限が近づき、長めの下ヒゲが出ましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

ユーロドルは週足、日足で下目線ですので、今回のような4時間足の流れだと5分足でのエントリータイミングはとりやすいように思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

明日4/28~5/6は悠々自適時間でのんびり休むため、トレードはせず、ブログもお休みとさせていただきます。

ブログ再開は5/8「トレンドですか?レンジですか?」の予定です。

FXの基礎知識
– 用語を覚えてブログの理解を深めよう

レンジ内の長いヒゲ反転を捉える – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は豪ドル円が上昇もみ合いとなりましたが、その他通貨ペアは広いレンジのもみ合いとのなりました。このような相場で短い時間足だけしか見ていないと、上昇トレンドと思って買ったら下がり、下降トレンドと思って売ったら上がるようなことになりかねませんので、ご注意ください。

ファンダメンタル面では、アメリカ金利先高観後退、イギリス政局不安の報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は11/29ユーロドルでレンジ内反転の動きを捉えるトレードとなります。

ユーロドルは5分足で移動平均線100MAと200MAが近づいて水平に近くなるレンジ特有の動きでしたので、レンジの上限、下限を確認してローソク足の動きに注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、22:30の米経済指標発表で一瞬だけ直近高値を上抜けるもレンジ内に押し戻されて長い上ヒゲとなりました。その次の足で下がり始めたのを確認して、売りエントリーしました。(チャート内、左の○の部分)

エントリー後は、かなり勢いよく下がり、25MAを下抜け、100MA、200MAも一気に下抜けましたが、さすがに勢いがつき過ぎたのか、長い下ヒゲが発生しましたので、一旦決済としました。(チャート内、左の□の部分)

少し上がって、売り再開となることを期待してチャートに張り付いていると、24:00頃、経済指標発表の影響か、若干値飛びして下げた後、上がるも再び勢いよく下がり始めたのを見て、売りエントリーしました。(チャート内、右の○の部分)

そして再エントリー後は、また大きく下げるも、先ほどの下ヒゲ下限付近でのひっかかりを感じたこと、および24:00を過ぎていたこともあり、決済としました。(チャート内、右の□の部分)

通常は24:00を過ぎてのエントリーはしないのですが、チャンス待ちであったこともあり、ポジンションを持ってしまったことはやや反省です。

今回はレンジ内の長いヒゲ反転をうまく捉えることができました。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

常に心がけたい相場格言
– 心構えが勝敗を大きく左右する