レンジ内の長いヒゲ反転を捉える – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は豪ドル円が上昇もみ合いとなりましたが、その他通貨ペアは広いレンジのもみ合いとのなりました。このような相場で短い時間足だけしか見ていないと、上昇トレンドと思って買ったら下がり、下降トレンドと思って売ったら上がるようなことになりかねませんので、ご注意ください。

ファンダメンタル面では、アメリカ金利先高観後退、イギリス政局不安の報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は11/29ユーロドルでレンジ内反転の動きを捉えるトレードとなります。

ユーロドルは5分足で移動平均線100MAと200MAが近づいて水平に近くなるレンジ特有の動きでしたので、レンジの上限、下限を確認してローソク足の動きに注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、22:30の米経済指標発表で一瞬だけ直近高値を上抜けるもレンジ内に押し戻されて長い上ヒゲとなりました。その次の足で下がり始めたのを確認して、売りエントリーしました。(チャート内、左の○の部分)

エントリー後は、かなり勢いよく下がり、25MAを下抜け、100MA、200MAも一気に下抜けましたが、さすがに勢いがつき過ぎたのか、長い下ヒゲが発生しましたので、一旦決済としました。(チャート内、左の□の部分)

少し上がって、売り再開となることを期待してチャートに張り付いていると、24:00頃、経済指標発表の影響か、若干値飛びして下げた後、上がるも再び勢いよく下がり始めたのを見て、売りエントリーしました。(チャート内、右の○の部分)

そして再エントリー後は、また大きく下げるも、先ほどの下ヒゲ下限付近でのひっかかりを感じたこと、および24:00を過ぎていたこともあり、決済としました。(チャート内、右の□の部分)

通常は24:00を過ぎてのエントリーはしないのですが、チャンス待ちであったこともあり、ポジンションを持ってしまったことはやや反省です。

今回はレンジ内の長いヒゲ反転をうまく捉えることができました。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

常に心がけたい相場格言
– 心構えが勝敗を大きく左右する

定例記者会見ネガティブ発言の流れに乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

トランプ米大統領のドル高や金利上昇を懸念する発言で発生した急激なリスクオフは落ち着き、相場全体的に方向感の乏しい展開となりました。

また、トランプ米大統領とユンケル欧州委員長の首脳会談が予定される中、米政府顧問の話として「米政府は外国製自動車2000億ドル相当に25%の関税を課す」と報じられるとユーロは大きく売られましたが、その後、「トランプ米大統領、貿易戦争回避のためEUの譲歩を確保」との報道でユーロは急上昇となるなど、神経質な展開もありました。

トレード根拠をつかみにくい場面が多く、喜平もいつもよりエントリーが少なかったです。

今週のベストトレード根拠は7/26ユーロドルとなります。ユーロドルの公開は久しぶりですね。

その日は、欧州中央銀行(ECB)政策金利発表とドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の定例記者会見が予定されており、小さな動きとなっていました。政策金利は0.00%の据え置き、利上げ見通しも変更なしとの予想から、大きな変動は起こらず無風通過見込みとのニュースコメントもありましたが、、、


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル円5分足チャートにおいて、21:30にドラギECB総裁の記者会見が始まって一瞬下振れとなりましたが、やや上昇となり、何に反応しているのかなと思いつつ、チャートを眺めていました。

しかし、21:40頃から200MAにぶつかった後、結構な勢いで下がってきました。動くとしたらネガティブ発言による下落と考えていましたので、1分足の動きも参考にしつつ、21:45頃、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後も、強めの陰線が続き、直近のもみ合いレンジも下抜け、勢いのある相場ではおなじみの5MAに沿った動きで、期待通り下げてくれました。

あとからのニュースで確認したところ、ドラギECB総裁の「第1四半期のいくらかの停滞、第2四半期にも」、「インフレで勝利宣言をするのは早すぎる」といった発言がユーロ売りの引き金になったようです。ちょっとした言い回しかなと思いますが、そのようなところに付け込んで相場を動かそうとする流れにうまく乗ることができました。

そして、23:20頃、7/24につけた直近安値1.1655ドル付近が抵抗になるとの思惑から、そのあたりからの跳ね返りで下ヒゲが伸び始めたところで、決済としました。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

チャート型の分類とエントリー
– チャートパターンを見極めよう

上ヒゲと連続陰線で5MA下抜け – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、トランプ米大統領のイラン核合意離脱のあと、私としては想定外のリスクオンの円売りとなりましたが、その後は上値が重く、もみ合いとなりました。ポンドは5/10に英中銀がインフレやGDP予想を引き下げたことで利上げ観測が後退し、急激に売られましたが、その後はやや落ち着いています。

今回のベストトレード根拠は5/10ユーロドルとなります。その日は21:30に発表されたアメリカの4月消費者物価指数が予想を下回ったことでドルが売られました。ユーロドルは急上昇となりましたが、上昇が継続するほどの内容でもないと思いましたので、反転調整のタイミングが現われないか注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、22:30頃、上昇していたローソク足に勢いの衰えが感じられ、上ヒゲが長くなりました。その後、2連続陰線で2つ目の陰線に勢いがあり、移動平均線5MAを力強く下抜けましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通り5MAの下側に沿って下落していきました。利益確定の目安は75MA(15分足25MA)、急上昇を開始した1.189ドルあたりと考えましたが、まずは.00節目でサポートがあると思いましたので、1.190ドルにリミット指値注文しておいたところ、23:20頃、あっさり決済実行となりました。

このところ、ユーロドルでのエントリーが多くなっています。しかも売り(ショート)ポジションばっかり。シカゴIMMユーロ買い持ちが依然過去最高付近で売り圧力が出やすいことも一つの要因かもしれません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

世にも恐ろしいスイスフランショック
– 資金管理の大切さ

弱いユーロの下降波に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は5/9火曜日のユーロドル5分足チャートです。ユーロは先々週あたりから、ECBが量的緩和政策(QE)の時期を言及しない状況で売りが強くなっており、下降基調が続いていました。昨日も夕方頃から5分足チャートでも弱含み状態になっていましたので、エントリータイミングを見極めるために注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、21:50頃、上値を切り下げるような動きの後、移動平均線5MAと25MAに押さえ込まれるような形で強めの陰線が現れましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

同時刻でドル円5分足チャートを見た時、ローソク足が5MAにサポートされながらの上昇となっていたこともエントリー根拠となります。

エントリー後は、こちらもローソク足が5MAの下側に沿って下降するよい形となりました。そして、23:10頃、大陰線の後のもみ合いで、下ヒゲが長いローソクが2本続き、すぐに再下降する気配も弱かったため、決済としました。(チャート内□の部分)

それほど大きな波ではありませんが、ユーロドルの下降波にうまく乗れました。

今朝方にトランプ米大統領が予想通り、イラン核合意からの離脱を発表しました。中東でのアメリカ、ロシア、関係諸国の対立構図がさらに激しくなる可能性から、中東の地政学的リスクが高まることは必至です。相場はリスクオフの円買いが発生しやすい環境になるかもしれません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/9夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)生産者物価指数(PPI) 前月比 4月

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX
– その理由とは