9割の人が負けると言われるFX – その理由とは


なぜ人はFXに興味を持つのでしょうか。

ほとんどの人は自分の資産を増やせる可能性がある、しかも大きく増やせるイメージがあるからではないでしょうか。

ネットにあふれる情報の中には、FXで資産を何十倍、何百倍にしたというような体験談などもあります。

自分も簡単に増やすことができると思ってしまいますよね。

勝って資産を何倍にもするイメージばかり膨らみますが、大きく増やすためには、資金を失うという大きなリスクも負うことになります。

初めてFXする人の多くは、そのことをよく理解せず、高いレバレッジで、しかも損切りを考えないで取り組み、結果として資金の大半を失って退場するのではないかと思います。

負けて退場する人の理由は主に2つあると思います。

一つ目は資金管理ができていない。

FXをギャンブルのように考えて手持ち資金を一気に何倍にもしようとする。資金を最大限に運用するトレードでは数回連続して負けるだけで資金の大半を失う可能性があります。

二つ目はメンタルコントロールができていない。

上がる確度が高いと思って買いエントリーしても下がることがあります。普通は損切りして損失を限定するのですが、自分の負けを認めることが出来ず、ポジションを持ち続けると損失は膨らんでいきます。そして最悪、1回のトレードで資金の大半を失う可能性があります。

この2つの理由で8割の人が退場するのでしょう。

これらの負けパターンを回避するために、FXに関する正しい理解、資金管理方法、メンタルコントロール方法を身に付けることが重要です。

そのようにして初めて、勝ち組か負け組か、5分5分のところまで来ることができるように思います。

最後に勝ち組に入るために、勝つためのトレード方法を身に付ける必要があります。

特に初心者のうちは、ポジションを持つことに喜びを感じるため、明確なエントリールールを決めずに、いろいろな理由で買ったり、売ったりします。はっきりとした理由もなく、何となくエントリーしてしまうこともあるでしょう。資金管理で無理をせず、損切りがある程度出来ていたとしても勝てるルールをつかめていないので、少しずつ資金は減っていきます。

勝つためのトレード手法については、人それぞれの好み、性格、トレード可能な時間帯などにより異なると思います。

最初はFX入門書や、初心者向け情報サイトなどを参考にして、出来るだけ少ない手法でエントリーするようにしてください。そして、利益が出たか、損失が出たかの検証を積み重ねて、結果の良い手法だけ残すようにするのがよいと思います。

エントリー根拠は複数の条件が重なった時にのみエントリーするとよいと思います。そして、条件がしっかりそろうまではエントリーしないことが重要です。待つことは勝ち組とレーダーになるための必須条件ですよ。

利益確定のポイントと損切りのポイントはエントリー前に確認しておいてください。できる限り指値、逆指値の注文は入れたほうがよいです。
エントリーするロットサイズは損切り幅に合わせて調整しましょう。例えば、エントリー1回当たりの最大損失を5000円と考えた場合、損切り幅が5pipsなら10万通貨以下、損切り幅が10pipsなら5万通貨以下、損切り幅が25pipsなら2万通貨以下にするのがよいと思います。

重要指標の発表の後など、変動が大きい時は利益も大きくなりますが、損失も同様に大きくなります。ヨーロッパ市場オープン前後(日本時間15:00~18:00)、アメリカ市場オープン前後(日本時間21:00~24:00)で大きな経済指標発表前、予定された要人の発言前などは避けてトレードするのが適度な変動を期待できてよいと思います。

そうすれば、少しずつ資金カーブを上げていくことができ、1割の勝ち組(実際にはもう少し多くいると思いますが)に入れるように感じます。

確かに資金を一気に何十倍にする人もいるのですが、天性の相場感、運、実力もあってのことですので、一般の人が、そのようになれる可能性はかなり低いと思います。地道な方法で勝ち組を目指しましょう。



ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る