ポンドは動き出したら早い – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で、米政策金利は予想通りの据え置きでしたが、声明では景気やインフレ判断を上方修正し、さらなる段階的な利上げが必要との見解が示され、トランプ大統領の利上げ懸念の影響を払拭しました。

しかし、米中ともに追加関税の方針を発表し、貿易摩擦激化への懸念は高まったため、ドルの上値は重く、米7月雇用統計では非農業部門雇用者数が市場予想より弱かったこともあり、週末はドル売りが優勢となりました。

ユーロはFOMCでドルの段階的な利上げ方針が示されたこと、米中貿易摩擦の激化への懸念、イタリア政局への警戒感などから、再び下降傾向となりました。

注目していたポンドは、8/2に英中銀は予想通り、政策金利を0.25ポイント引き上げ0.75%にすることを発表し、急上昇となりましたが、その後、カーニーBOE総裁が「英国には金融政策の緩やかな引き締めが必要」、「限定的かつ緩やかな利上げが必要」との発言が伝わると、急落する展開になりました。

今週のベストトレード根拠は8/2ポンド円となります。

その日は、上記の通り、英中銀の政策金利発表で予想通り、利上げとなりました。発表直前の落ち込みから見ると、約0.7円の急上昇となりましたが、乗ることはできませんでした。その後はジリ上げになるかなと思って見ていたのですが、いまいち明確に上昇する気配も無く、次の展開がないか重点的にチェックしていました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円円5分足チャートにおいて、20:45頃、急激な下落が始まり、売りボタンにマウスポインターを当てながら、同時に見ていた1分足チャートで20:45の足が確定した時点で、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

急激なで大きな下落だったので、久しぶりに緊張しました(笑)

あとからのニュースで確認したところ、カーニーBOE総裁のネガティブ発言が原因とわかったのですが、リアルタイムで知ることはできませんので、ひたすらローソク足の動きだけに注目し、決済のタイミングを図りました。

そして、21:25頃、もみ合いの様子から145.0円をすぐに下抜けすることは難しいと感じましたので、決済としました。

ちょっとビビッていたので、ロットは少し減らしましたが、ポンドらしい大きな動きを捕らえることができてよかったです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

主な経済指標(アメリカ)
– 発表時間は事前にチェックしよう

放物線状5MAは下落期待が大きい – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週はドル円が113.0円を突破し、113.16円付近まで買われましたが、その後はダウ平均安や米10年債利回りの低下で失速しました。

更には、19日深夜にトランプ米大統領がCNBCとのインタビューで「金利の引き上げに必ずしも同意しない」、「高い金利は米国にとり不利になる」、「強いドルは米国に不利」と発言したことを受けて、急激なリスクオフとなり、112.0円付近まで下げました。

また、20日もトランプ米大統領が「中国や欧州連合(EU)が通貨を人為的に操作している」、「より強いドルは米国の競争力を取り除く」との意見を述べたことなどで、ドルは更に売られ、日銀がらみの報道もあり、111円半ばまで下落しました。

クロス円もリスクオフ相場の影響で大きく下げ、ユーロドルは急上昇となりましたね。

いつもながらトランプ大統領発言の威力には感心しますが、急激な動きが多くなると、私のような短時間のデイトレーダーはエントリーのタイミングが見極めにくくてつらいです。

今週のベストトレード根拠は7/17ポンド円となります。

その日のポンド円はレンジもみ合いとなっており、エントリーの可能性は低いと思っていたのですが、カーニー英中銀総裁が潜在的な欧州連合(EU)離脱リスクについて発言したため、ポンドが急落しました。一旦下げ止まったものの、戻りは弱く、少し横ばいとなりましたので注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:15頃から、移動平均線5MAが下がり始め、放物線状の5MAの下側に、ローソク足が張り付く形となりました。
このように徐々に勾配がきつくなる5MAに沿うと、その後、急落する可能性が高いので、チャートをガン見してしまいます。21:30頃、安値更新となりましたが、若干の戻りが感じられましたので、少しだけ待ち、21:35頃、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、きれいな放物線状の5MAに沿って、さらに下げ勾配となり、期待通り大きく下げてくれました。

そして、21:55頃、強めの陰線が2本続いた後、反発の陽線が直前の陰線の半分まで来たところで、決済としました。(チャート内□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

節目上抜けは2回目でエントリー – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

7/11朝方、「米当局は2000億ドル相当の対中関税リストを公表の予定」との報道があり、一時、リスクオフの円買いが広がりましたが、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円はすぐに下げ止まり、1時間足の100MA付近で反発となりました。

その後、ドル円は111.4円付近で直近高値更新になったとことでストップロスを巻き込んだと見られる急上昇になり、112円台後半をつけましたが、押しが発生しています。その他クロス円も上昇は継続しましたが、週末近くにはやや伸び悩みとなっています。

今週のベストトレード根拠は7/13ポンド円となります。

その日は、イギリス訪問中のトランプ大統領が英紙サンとのインタビューで、メイ首相のEU離脱戦略を批判し、ボリス・ジョンソン氏が首相に適任だとの見方を示したと報じられたことにより、ポンドが弱含みとなっていましたが、19:00頃に1時間足100MAにぶつかり、下ヒゲが発生したことによりサポートとしての働きが感じられましたので注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、1度、148.0円の節目を越えた後、一旦押しが発生して、22:00頃、再び148.0円節目と100MAを上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、もう少し波が大きくなるかと思っていたのですが、200MA付近では少しもみ合ったものの、強く上昇してくれました。

そして、24:30頃、チャート的には決済のサインというわけではなかったのですが、眠たくなってきたことと、50pips以上の利幅が取れたことに満足して、決済としました。(チャート内□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FX会社について
– 自分にあった会社で取引口座開設

追加関税発動で米中貿易戦争突入か – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日(といっても0:00は回ってしまいましたが)は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

7/6深夜に公開された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、経済の強さや利上げの必要性に対する見解が再確認されたものの、アメリカと中国の追加関税回避に向けた協議進展に関するは情報は無く、340億ドル相当の輸入品に対する関税は互いに発動されることとなり、米中貿易戦争への警戒感からドルは上値が重い展開となりました。

ユーロ、ポンドはそれぞれドルに対して強含みになったこともあり、完全な上昇トレンドとはまだ言えませんが、対円でもやや上昇の動きとなっています。

中国経済の影響を受けやすい豪ドル円も少し上昇になっているのは驚きですね。

今週のベストトレード根拠は7/5ポンド円となります。
勢い重視のスタイルなのでここ最近、ポンド円の事例が多くなり、ドル円やユーロドルなど他の事例も見たい方、すみません。そのうちに公開すると思うので少々お待ちください。

その日は、あいかわらずレンジの動きが続く中、18:45頃に長めの上ヒゲが見られてから、ボリンジャーバンド上限付近でのもみ合いが続いていましたので、反転下降のタイミングを見計らっていました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、22:15頃、直近のもみ合いレンジから、3連続陰線で5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

レンジ相場の場合、勝率を上げることを意識しすぎてエントリーが遅くなると、勝てても利益が少なくなるし、エントリー後に反対方向の動きが発生した場合、損切り幅も大きくなることがあるので注意が必要ですね。利幅の期待値が、損切り幅より小さくはならないよう確認はしています。

エントリー後は、5MAから離れるほどの勢いで下降してくれました。

そして、22:55頃、長めの下ヒゲが続き、さらに3連続陽線で5MAを上抜けてきましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

世にも恐ろしいスイスフランショック
– 資金管理の大切さ