イースター休日でレンジ反転狙い – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は4/2月曜日のポンド円5分足チャートです。イギリスを始め多くの国でイースターの休日であったため、それほどエントリーするつもりはなかったのですが、チャートをみると思ったより波があり、レンジ反転なら狙えると考え、エントリーチャンスを待ちました。

ポンド円チャート
赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
今回からHTさんが無償提供するHT_Gridで、チャートに日本時間バーを追加しました。

そんな中、21:55頃、ボリンジャーバンド上限付近から3連続の陰線となり、さらに強めの陰線で移動平均線5MAと15MA(15分足の5MA)を下抜けてきたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

各移動平均線がほぼ水平でお互いに近い状態で、レンジであることが明確であったことも根拠となります。

エントリー後はもみ合う場面もありましたが、5MAを上に抜けそうになったあと、再びレンジ下限に向けて勢いよく下がりました。そして、200MAにぶつかった後に、横に十字線に近いローソク足が続きそうになりましたので決済としました。(チャート内□の部分)

このあと、ISM製造業景況指数の結果が、予想を下回ったことがきっかけで急降下となりました。イースター休日のことが頭にあったので、ニュースの確認を怠っており、中国が米国製品に最大25%の関税を上乗せする措置を発動するニュースも後付で知りました。反省したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日4/4夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI) 3月
18:00 (欧)雇用統計
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 3月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 3月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合) 3月
23:00 (米)製造業新規受注 前月比 2月
23:00 (米)耐久財受注(確報値) 前月比 2月
23:30 (米)週間石油在庫統計

が予定されています。


 

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境 – トレード専用端末がおすすめ

ポンド円の勢いをつかむ – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

今回は3/14水曜日のポンド円5分足チャートです。注目されていた経済指標のアメリカ小売売上高は予想より弱い結果となり、ドル円はそこそこ下がったのですが、継続した売りは見られず、レンジ内に戻されました。ユーロ円、ポンド円も同様にレンジの傾向が続きいていましたが、徐々に切り下げる動きが見られましたので、ローソク足の動きに注目してみました。
そして00:05頃、抵抗になると考えていた600MA(15分足200MA)を下抜けて勢いがついたところで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

長らくレンジの動きとなっていたため、5分、15分の移動平均線はすべて束なる様子でローソク足より上に位置していました。

そこで、1時間足で下側の抵抗線を確認すると、148.02円付近に100MAがありましたので、指値148.00円、逆指値148.70円に注文を入れました。

チャートをちら見しながら就寝準備を始めたところ、下落はさらに勢いがつき、00:20頃、指値決済となりました。

週前半に続き、徐々に下落するローソク足の動きを捕らえることができました。ローソク足の勢いを感じるには、やはり生チャートを見ての裁量トレードがベストですね。

アメリカが夏時間となり、経済指標発表時間が1時間早くなったのは、トレードしやすいと感じます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック

ポンド円、レンジの抵抗に注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

ドル円、ポンド円、オーストラリアドル円は1時間足チャートで直近高値を上抜けてきました。ユーロ円はまだ1時間足で直近高値を抜けることができていませんが、対円相場全体的に上昇の兆しが見えています。このまま上昇トレンドになることを期待したいです。

今回は3/8木曜日のポンド円5分足チャートです。木曜日のチャートを見ていた時間帯はレンジ相場となっており、ボリンジャーバンド下限から上昇するもボリンジャーバンド上限付近で抑えられました。しばらくもみ合いが続くも移動平均線200MAも強い抵抗として働いている様子でした。
そして23:35頃、一旦上昇を試みるも強い勢いで200MA以下まで戻され、長い上ヒゲ状態となりましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足チャートでもボリンジャーバンド上限、1時間足でも抵抗として働いているように見えた移動平均線200MAにぶつかっての上ヒゲをつけた下落であったこともエントリー根拠となります。

エントリー後は、チャネルを幅広く変動するローソク足が多かったものの、確実にローソク足本体の重心(センター)を切り下げるように下降してくれました。そして24:00頃、直近安値付近として指値注文していた147.05円にかかり、決済となりました。

私のトレード時間ギリギリで決済確認ができました。来週からアメリカ夏時間となりますので、全体的に冬時間より早い時間帯でのトレード機会が多くなると思われます。早めに寝ることができることを期待したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

FX会社について

トランプ大統領の高関税発言による下げ一服 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

トランプ大統領の鉄鋼、アルミ製品への高い関税措置発言による下げも一段落して反発上昇の兆しです。ユーロドルを除き、週足、日足ではまだ下降トレンドから抜けられませんが、15分足の移動平均線100MAが右上がりになっています。

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、移動平均線300MA(15分足100MA)付近でもみ合いが続いた後、19:40頃、強めの陽線が見られました。そしてさらに20:00頃、また強めの陽線で75MA(15分足25MA)を上抜いてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後はビックリするぐらい勢いが出て一気に上昇しました。そして、20:30頃、長い上ヒゲが発生して、次の足も含めて1分足で見るともみ合いになっていましたので、利益確定としました。(チャート内□の部分)

昨日は早めの帰宅でチャートを見ることができたのがラッキーでした。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日3/7夜は、

19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値) 前期比 10-12月期
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 2月
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性(改定値) 前期比 10-12月期
22:30 (米)貿易収支 1月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

昨日の日中まではわりと暖かかったですが、また寒くなってきましたね。会社では梅が咲いていますが、桜も待ち遠しいです。

XMのゼロカットシステム とは

ポンド円で直近安値を下抜け – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円で下降トレンドが継続しています。今週も金利先高感からのユーロ円、ポンド円の反転上昇の動きに注目していましたが、その兆しはまだ見えません。

そんな中、2/28水曜日のポンド円5分足チャートで、しばらくもみ合いが続き、緩やかな下降が見られた後、一度、移動平均線25MA付近で頭打ちになりました。
そして20:40頃、強めの陰線で直近安値を下に抜けてきたタイミングで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線の並びが上から200MA、100MA、25MAと下降トレンドになっていたこともエントリー根拠となります。

エントリー後は、思惑通り5MAに沿ってポンドらしく下降してくれました。そして21:45頃、下降勢いが弱まり反発の様子(左の陰線とあわせると下ヒゲが長い)も現れたので決済としました。(チャート内□の部分)

私のトレード時間で、早めの時間帯でそこそこの利幅が確保できたのでこの日は手仕舞いとしました。私の場合、大きめの利益確定に気をよくして続けていると、エントリー根拠の確認が甘くなることがあるので欲を出しすぎないよう注意しています。おかげさまで早く寝ることができてよかったです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

心(メンタル)のコントロール -FXで一番大切なこと