米朝首脳会談への市場反応の弱さに便乗 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、米朝首脳会談で朝鮮半島の非核化への動きは確認されたものの具体的な内容に乏しく、地政学的リスクが低減する方向の結果に対する市場の反応は弱かったように感じます。

14日のアメリカの連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利引き上げが決定し、2018年間の利上げ予測は3回から4回に上方修正されたことで、ドルは上昇しました。
しかし、アメリカによる中国製品への輸入関税を準備中のと報道が伝わると、リスクオフの流れとなり、ポジション調整が進んだようです。

一方、同じく14日の欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で政策金利を0.00%に据え置くことが決定され、量的緩和(QE)は10月から減額し、年内に終了する方針を発表しました。しかし、政策金利は、少なくとも2019年夏まで現行で維持する慎重な方針が示されたため、ユーロは売りが強くなりました。

今週のベストトレード根拠は6/12ポンド円となります。
その日は、夕方に米朝首脳会談の記者会見が行われましたが、朝鮮半島の非核化に向けた具体的な内容に乏しく、サプライイズもなかったことから、各通貨ペアともに軟調な展開となっていました。その中でポンド円の下がり方が比較的わかりやすいと感じましたので、下降基調の波に乗ることができないか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:25頃にもみ合いレンジを少し下抜け、その後少し反発したのですが、移動平均線25MAが抵抗となり、再び下げ始めました。そして、22:10頃、5MAと200MAも下抜けたタイミングで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通り、下げを加速してくれましたが、15分足ボリンジャーバンド下限付近でサポートられる動きがあり、もみ合いが発生しましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、やはり15分足レンジ内を上昇していきましたので良い判断だったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

XMのゼロカットシステム
– 相場急変でも追証の発生なし

抵抗ラインを見極めて戻り売りに乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、ドルが先週の雇用統計、6/5のISM非製造業景況指数が良好だったことを背景に前半は底堅い動きでしたが、後半は貿易摩擦への懸念、米朝首脳会談を控えていることから、上値は重く、伸び悩みとなりました。

ユーロは、欧州中央銀行(ECB)が6/14の定例理事会で量的緩和(QE)終了に関して重要な協議を行うとの関係筋からの情報が流れ、15分足チャートでは上昇トレンドとなりました。

この上昇トレンドの波に乗りたかったのですが、私がチャートを見るタイミングを、上昇の勢いが感じられるタイミングが合わず、ユーロではエントリー根拠を見つけることができませんでした。

今週のベストトレード根拠は6/7ポンド円となります。
その日は、ユーロ円に引っ張られるように上昇したポンド円は、先に1時間足で頭打ちのもみ合いレンジとなっており、反転下降の波に乗ることができないか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:00前に一度大きく下げて上昇したのち、移動平均線が束なった145.75円付近が抵抗となり戻り売りの可能性が感じられました。とりあえず、21:30のアメリカ四半期非農業部門労働生産性改定値の発表をスルーし、21:45頃、再び抵抗ライン付近から下がってきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通り移動平均線5MAに沿ってきれいに下がってくれました。そして、22:30頃、もみ合いの様子が感じられ、長めの下ヒゲが出て、5MAを上抜けてきそうな雰囲気がありましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、再び下降して直近安値付近までいきましたので、もう1本だけ、足の確定を待って5MAに対する動きを見極めてから決済すべきだったと反省したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買

大きく下げた後の戻りは慎重に見極める – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

月曜日はアメリカ、イギリスが休場でしたの方向性のない相場になっていましたが、火曜日になって動き出しました。株安、アメリカ長期国債利回り安、原油先物軟調で、ドル円、オーストラリアドル円は午前中から売りが強くなり、ユーロ市場が開くと、政局不安が続くイタリア国債が大きく売られ、為替相場全体がリスクオフ状態となり、ユーロ円、ポンド円は約2円の下落となりました。

ユーロ円は125.0円付近まで、ポンド円143円近くまで売られた後、自律回復的な上昇の動きがありました。私は戻り売りのイメージをしていましたが、いまいち下げの勢いが感じられませんでしたので、どこかでしっかり下げ再開となるか、もう少し上まで調整となるのか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
今週からチャートの横サイズを少し大きくしました

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、20:55頃、安値を切り上げる動きの後、移動平均線25MAを強めの陽線で上抜け、75MA(15分足の25MA)もしっかりと上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

クロス円は似たような動きをしていましたので、反転上昇の動きをつかみやすかったですね。

エントリー後は、狭い幅の値動きで、5MAにサポートされながら上昇しました。そして、22:15頃、200MAを手前に上昇勢いがやや衰えて、5MAを包み線で下抜け、調整に入る動きに感じられましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

大きく下げた後の相場は変動が大きくなりやすいため、難しくなることが多いですが、今回はローソク足のブレが少なく、上昇の動きをしっかり見極めることができてよかったです。戻り売りは0時を過ぎてから強くなりましたが、私は時間外でノーエントリーです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/30夜は、

16:55 (独)雇用統計 5月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 5月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 5月
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 5月
21:30 (米)四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 1-3月期

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

6月3日からブログ投稿を週3日に変更したいと思います。

日曜日:トレード準備と独り言
水曜日:トレンドですか?レンジですか?
土曜日:ベストトレード根拠

できるだけトレード時間を確保すること、睡眠不足を解消することを目的としての変更です。ご了承お願いいたします。

おすすめ オーディオブック
– スマホで聴けるFX参考書

レンジ相場で長い時間足での位置も確認 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、5/23のアジア時間でトルコリラが急落したことをきっかけに相場全体にリスクオフが広がりました。そしてトランプ大統領が中国との通商交渉に満足していないと発言したこと、米朝首脳会談が行われない可能性にも言及したこと、ユーロ圏、イギリスの経済指標が弱かったことなどから、売りが売りを呼ぶ展開となり、各通貨ペアともに大幅な下落となりました。

その後、FOMC議事要旨で、インフレの上昇から年4回の利上げ見通し期待もあり、反発も見られましたが、内容に目新しさが無く、FOMCが利上げを急いでいないことが再確認されると、再び売りが強くなり、下降もみ合いの様子となりました。

5/24にはホワイトハウスが6/12に予定されていた米朝首脳会談の中止を発表しましたが、北朝鮮が態度を軟化させたことにより、トランプ大統領は予定通りに首脳会談が開催される可能性を示唆しました。

ユーロ、ポンドはイタリア、スペインの政局不安を背景に一段安となりました。

今回のベストトレード根拠は5/24ポンド円となります。
その日は、各通貨ペアともに弱気な流れのもみ合いとなっていましたので、レンジ相場対応の取り組みとして、反転下落の動きに注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:40頃、ボリンジャーバンド上限に対して長めの上ヒゲで接触し、その後、連続陰線で移動平均線5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足、1時間足で見てもボリンジャーバンド上限から下側に離れていく様子であったこともエントリー根拠となります。

エントリー直後は、連続陰線で下降勢いがつき、きれいな形で移動平均線5MAにサポートされて、想定以上に下がってくれました。そして、22:35頃、強めの陽線で5MAと.50節目の146.5円を上抜けてきましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、2回目のエントリーも狙っていたのですが、動きが激しくて乗ることはできませんでした (^^;

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

主な経済指標(イギリス、ドイツ、ユーロ)
– 発表時間は事前にチェック

月曜は堅く攻めて波に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は5/14月曜日のポンド円5分足チャートです。週明けから米中貿易協議の再開による貿易摩擦緩和への期待、仏中銀総裁がECBの資産購入プログラムへ向けた動きに言及したことなどにより、各通貨ペアともに堅調な動きとなっていました。私がチャートを見始めた20:00頃は上昇が落ち着き、一服状況となっており、移動平均線25MAをはさんだレンジの動きとなっていましたので、レンジ反転のエントリータイミングを見極めるために注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:50頃、ボリンジャーバンド下限域からの連続陽線による反転で5MAをしっかり上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は少し緩みましたが、何とか5MAのサポートを受けて上昇してくれました。25MAは強めの陽線で抜けてくれましたが、連続した勢いが感じられず、ボリンジャーバンド上限に到達後、長めの上ヒゲ付き陰線がでましたので、23:00頃、もみ合う動きを確認して、決済としました。(チャート内□の部分)

月曜日はその週のよい流れをつかみたいので、大きく狙わず、小さな波を捕らえるのがおすすめです。

ドル円は110円をしっかり超えてきました。次の目標は日足200MAでしょうか。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/16夜は、

18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 4月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 4月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 4月
22:15 (米)設備稼働率 4月

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FX会社について
– 自分にあった会社で取引口座開設