戻り売りのおいしいところ – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円が陽線、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルがともに陰線でした。各通貨ペアともに陽線、陰線が交錯しており、もみ合いの様子です。

ドル円は108円台前半を中心にもみ合いです。

ユーロ円は123.0円超えたところから戻り売り状態です。

ポンド円は138.25円のライン越えを3回トライしましたが、戻り売り状態です。

豪ドル円は週明けの窓明けから1本調子で下降基調です。

ユーロドルは週前半で日足レンジ上限付近でもみ合っていましたが、後半は弱含み下降となっています。

ファンダメンタル面では、トランプ米大統領の米中首脳会談に関する発言、英保守党党首選の第1回投票で離脱強硬派のジョンソン前外相がトップなどが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は6/14ポンド円で戻り売りの下降トレンドの波を確認して売りエントリーするトレードとなります。

週半ばから戻り売りとなり、6/13には1時間足で25MAを絡めたN字下降も確認できたのでエントリータイミングが発生しないか注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、高値切り下げの波が続く中、21:30の米小売売上高発表の通過後、もみ合いから強め陰線で25MAを下抜けて、弱い反発が見られましたが、22:40頃、上ヒゲが確認できたところで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは直近の高値より少し上、136.95円で逆指値です。

エントリー後は、少しだけもみ合いましたが、ポンド円にしては緩やかに下降していきました。そして、0:10頃、6/4の日足直近安値に近づいたこともあり、決済としました。(チャート内、□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事ですよ。

インディケーターで楽チントレード
– サインの時だけチャートを見るだけ