ユーロ円戻り売りのエントリータイミング – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陰線、ユーロドルは陽線でした。ユーロ円、ポンド円は3週連続、豪ドル円は6週連続の陰線です。

ドル円、ユーロ円、ポンド円は5/21の深夜の高値から戻り売りとなりました。

豪ドル円も5/21から下げましたが、戻り売りというよりももみ合いに近い様子でした。

ユーロドルは5/23夜に日足直近安値付近から急反発して1.12ドル付近まで戻しています。

ファンダメンタル面では、米中貿易摩擦による両国の動き、英EU離脱問題でメイ首相辞任表明などが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は5/23ユーロ円で、高値を切り下げてきた戻り売りの下降波を狙って、売りエントリーするトレードとなります。

5/21深夜からの戻り売りとなっていましたが、5/23から4時間足で25MAを下抜け、1時間足の上昇トレンドラインも朝方に下抜けてきましたので、そろそろ売りが加速することを期待して注目していました。

しかしながら、夕方のヨーロッパ勢が参戦してきた段階で、下げてきていましたので、小さな波を確認してエントリータイミング待ちです。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:05頃、反発調整が4時間足でも意識される水平ライン122.7円付近で落ちてきて25MAも下抜けてきたので、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは意識される水平ライン付近、止められた価格の少し上、122.7円で逆指値です。

エントリー後は、122.5円でひっかかり反発があったものの、25MAをしっかり上抜けることは無く、再び売りが強くなって思惑通り、下降してくれました。
そして、23:00頃、反発上昇の様子が感じられ、直近で1時間足でレジスタンスされた価格付近でもあったので、決済としました。(チャート内、□の部分)

戻り売りエントリータイミングをしっかり待つことができてよかったと思います。トレーダーはエントリー根拠が整うまで待つのが仕事ですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

主な経済指標(イギリス、ドイツ、ユーロ)
– 発表時間は事前にチェック

戻り上昇~もみ合いで戻り売り待ち – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は先週末のもみ合いレンジから戻り上昇が進行しています。日足ではまだ下目線ですので、買いで入るのはリスクが高いと考えるため、戻り売りを待ちたいと思います。

ユーロ円も先週のもみ合いレンジからやや上昇ですが、ドル円ほどの勢いはありません。やはり戻り売りを待ちたいところです。

ポンド円はユーロ円と似た動きになっています。戻り売り待ちですね。

豪ドル円は先週からの戻り上昇が弱く、もみ合いレンジとなっています。売り再開待ちというところでしょうか。

ユーロドルも先週からの戻り上昇が弱く、もみ合いレンジとなっています。4時間足で発生していた三角保ち合いは上にブレイクすると見せかけて、ヘッドアンドショルダーを形成し、結局、ネックラインから下に抜けています。波のタイミングを見て売りで入りたいです。

戻り売りが発生しても安値を更新できない場合は、次の波で高値を更新してくる可能性が高まりますので注意したいですね。

注目したいニュースとしては、米中貿易摩擦での両国の動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

5/22(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI、コア指数)4月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)4月
17:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

5/23(木)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
17:00 (独)IFO企業景況感指数 5月
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
23:00 (米)新築住宅販売件数 4月

5/24(金)の夜は、

17:30 (英)小売売上高 4月
21:30 (米)耐久財受注 4月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

5/17の金曜日公表された5/14取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 35,915 (+10,046)
売り 97,495 (-20,091)

ユーロ/ドル
買い 150,681 (-1,952)
売り 245,982 (-12,756)

ポンド/ドル
買い 49,332 (+4,100)
売り 52,650 (+539)

豪ドル/ドル
買い 29,130 (-3,161)
売り 93,176 (+3,836)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

主な経済指標(アメリカ)
– 発表時間は事前にチェックしよう

米中貿易摩擦の影響で売り継続か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:109.8円 終値:110.0円
先週高値:111.2円 安値:109.0円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:123.3円 終値:122.8円
先週高値:123.4円 安値:122.1円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:142.7円 終値:139.9円
先週高値:142.9円 安値:139.5円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:76.8円 終値:75.6円
先週高値:76.8円 安値:75.3円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:1.123ドル 終値:1.116ドル
先週高値:1.126ドル 安値:1.116ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


ドル円は少し反発していますが、全体的に下げ目線であることは変わっていないと思います。

<今週のドル円>

4時間足で安値を切り上げる動きがあり、反発していますが、戻り売りが狙える状況だと思います。戻り位置は、110.3円付近、110.8円付近、111.1円(5/6の窓閉め)あたりが考えられます。戻り売りが確認できたら、N字エントリー根拠を探りたいと思います。

<今週のユーロ円>

4時間足で安値を切り上げる動きがあります。意識されるラインとしては4時間足下降トレンドライン、4時間足で見られる逆ヘッドアンドショルダーのネックライン123.4円付近、123.6円付近ですので、そのあたりでの戻り売りが発生するかどうかに注目したいと思います。

<今週のポンド円>

この2週間で10日中、日足陰線が9日間あり、5円以上下落しています。特に大きな戻りは無く、もみ合い→下落の繰り返しとなっていますが、現状ではまだ下げ止まり感はありません。しかし、週足で意識される水平ラインあたりに来ており、過去に何度と無く反発が発生している価格帯なので、警戒しつつ、短期での売りを狙っていきたいところです。

<今週の豪ドル円>

5週連続陰線でこちらも約5円下落しています。もはや週足レベルではサポートされそうなラインは見つからず、月足で見て74.3円付近でしょうか。4時間足では少し戻す動きになっていますが、現状の流れが継続すると、75.75円付近での抵抗があると思われますので、戻り売りタイミングがつかめたら、売り参戦したいと思います。

<今週のユーロドル>

4時間足で4月下旬から続いていた三角保ち合い上昇のサポートラインを割ってきています。このまま1.11ドル付近まで下降するか、一旦1.12ドル付近まで反発して戻り売りが発生するかに注目したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きを確認して、売り再開の様子が確認できたら、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

5/20
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)1-3月期

5/21
08:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

5/22
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)4月

5/23
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
15:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)1-3月期
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
23:00 (米)新築住宅販売件数 4月

5/24
17:30 (英)小売売上高 4月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

5/20(月)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前、季調済)3月

5/21(火)の夜は、

17:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)5月
23:00 (米)中古住宅販売件数 4月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

私は趣味でウクレレを弾きます。小さいからどこにでも気軽に持っていくことができますし、コードブックなどがあると渋滞に巻き込まれた車の中でもみんなと歌ったりできて楽しいです。これからのシーズンでは大活躍です。

小さなウクレレはギターよりも簡単で、音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

いとしのエリー