三角保ち合い傾向でもみ合いか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:109.7円 終値:110.4円
先週高値:111.1円 安値:109.7円
先週1時間足チャート型:上昇押し

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:124.2円 終値:124.7円
先週高値:125.5円 安値:124.2円
先週1時間足チャート型:逆V字下降

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:141.8円 終値:142.3円
先週高値:143.3円 安値:141.0円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:77.7円 終値:78.8円
先週高値:79.2円 安値:77.7円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:1.132ドル 終値:1.129ドル
先週高値:1.134ドル 安値:1.123ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週はドル円が110円の抵抗がしっかり上抜けて111円に達しましたが、その後は押しが発生しました。ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は週前半は上昇となったものの、後半は伸び悩み、下降戻りの状況です。ユーロドルは日足レンジ下限付近のもみ合いでした。
ファンダメンタルズは不透明な部分が多くなっているので、純粋にテクニカルだけで今週の見通しをまとめてみます。

<今週のドル円>
4時間足で移動平均線25MAや上昇トレンドラインを少しだけ下抜けています。もう少し下がるとヘッドアンドショルダーが形成され、110.3円付近のネックラインを下抜けてくると深めの調整になる可能性もあると思われます。

<今週のユーロ円>
4時間足で三角保ち合いの様子です。水平ライン124.8円付近をしっかり上抜けてくると三角保ち合い上限125.2円付近まで上げてくる可能性もあると思われます。

<今週のポンド円>
4時間足で1月下旬からの緩やかな下降できれいな下降トレンドラインが出ています。現在、直近下限141.0円付近からの上昇となっているので、トレンドラインまで達する可能性もあると思いますが、142.5円付近にも強めの水平ラインがあるので、そのあたりで下降反転してしまうことも考えられます。

<今週の豪ドル円>
4時間足で三角保ち合いの様子です。三角保ち合い上限は79.0円付近となりますが、先週終値の78.8円付近も強い水平ラインがあるので、ここから下げてくるとヘッドアンドショルダー形成の可能性もあり、下向き目線が強くなるかもしれません。

<今週のユーロドル>
日足レンジ下限付近ですが、1.125ドル付近はなかなか強力な水平ラインですので、下抜けにはそれなりのパワーが必要となりそうです。日足で三尊さんも形成されていますので、下抜けには注目したいと思いますが、もみ合いが継続する可能性のほうが高そうに感じます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、水平ライン、トレンドラインもみ合いからの上抜けロング(買い)、下抜けショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ポンド円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/19
09:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表
18:30 (英)雇用統計 1月

2/21
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
09:30 (豪)雇用統計 1月
16:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)1月
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

2/22
16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)10-12月期
24:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/18(月)の夜は、特に経済指標発表、イベントは予定されていません。

アメリカ市場はプレジデントデーの休場です。

2/19(火)の夜は、

18:00 (欧)経常収支(季調前、季調済)12月
18:30 (英)雇用統計 1月
19:00 (欧)建設支出 12月
19:00 (独)ZEW景況感調査 2月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 2月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 2月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさん、ワインはお好きですか。私は大好きです。ビールよりも少しリッチな感じになりますし、おつまみもちょっと良いものを選んでしまいます。特に生ハム、ソーセージ、チーズは最高に合うと思います。

紹介させていただくグルメソムリエは、世界各地の美味しいワイン、生ハム、ソーセージ、チーズなどを扱う専門店です。

食べ物となると品質や健康も気になりますが、直輸入の無添加生ハム原木やオーガニックワイン(BIOワイン)、世界コンクール金賞受賞のチーズ、また、抗生剤・ホルモン剤不使用にこだわったニュージーランド産の羊肉ラム肉など、安心していただけるものばかりです。

生ハム原木の輸入直販では国内最高の品揃えで目移りしてしまいますね。

毎月25日から29日までを「29の日感謝デー」となっており、特別な商品販売やサービスが魅力だと思います。新規会員登録時にすぐにお使いいただけるポイント500円のプレゼントもありますので一度試されてはいかがでしょうか。

高品質なワイン、美味しいおつまみは悠々自適時間にとって無くてはならないものだと思います(笑)





ヘッドアンドショルダー型からの下降勢いを捉える – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週はドル円が抵抗となっていた110円をしっかり上抜け111円台にも乗せましたが、予想を大きく下回る小売売上高で大きく落ち込み、110.5円付近の動きとなっています。ユーロ円は大きな波が発生しているものの4時間足レンジ継続、ポンド円は4時間足で徐々に高値を切り下げています。豪ドル円は4時間足レンジ下限付近から反発しましたが週後半はもみ合い、ユーロドルは日足レンジ下限付近でのもみ合いが継続しています。

ファンダメンタル面では、米中通商協議で両国の駆け引き、メイ英首相EU離脱協定案の修正を求める政府方針を英議会否決なども気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は2/14ポンド円の1時間足でヘッドアンドショルダー型から下降してくる中、5分足での下降トレンド発生の動きを捉えて売りエントリーするトレードとなります。

その日は夕方のドイツ四半期GDPの発表後、ユーロ円、ポンド円が弱含み状態で、レンジ内下降の様子が見られましたので注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、20:55頃の安値更新でエントリー準備となったのですが、明確な反発がない状態で横ばいのもみ合いが続きました。22:00をまわって25MAに近づき、ぶつかるタイミングで下降再開の思惑がありましたが、22:30は重要指標米小売売上高の発表でしたので待機です。結果は予測よりも悪かったのですが、ポンド円は即座に影響を受けず、しかし徐々には下がり始めました。そして、22:40頃、安値を更新して下降の勢いが出てきたタイミングで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

エントリー後は、小反発もありましたが、ローソク足は5MAの下側に沿って下降してくれました。そして、1時間足を参考に引いていた2/7のV字谷安値ライン付近で、下降勢いが衰える様子が見られましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

上位足の重要な水平ラインは、エントリーにおいても決済においても判断の役に立つと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

異なる時間足チャートで見えるもの
– 買ったら下がり売ったら上がるの予防

各通貨ペアもみ合いレンジ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は抵抗となっていた110.1円付近を上抜けて1時間足で上昇トレンドとなっていますが、15分足で見ると上昇勢いは弱まってもみ合いとなっています。ユーロ円、豪ドル円は先週の下降が落ち着いてもみ合いですが、15分足ではやや上昇が見られます。ポンド円は1時間レンジが続いています。ユーロドルはドルの強さで1時間足下降トレンドですが、15分足ではもみ合いです。上位足のレンジをしっかり見極めてトレードしたいと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易協議が再開での進展、イギリスEU離脱の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

2/13(水)の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI、コア指数)1月
18:30 (英)小売物価指数(RPI)1月
18:30 (英)生産者物価指数(コアPPI)1月
19:00 (欧)鉱工業生産 12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)消費者物価指数(CPI、コア指数)1月

2/14(木)の夜は、

19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)10-12月期
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:30 (米)卸売物価指数(PPI、コア指数)1月
22:30 (米)小売売上高 12月
24:00 (米)企業在庫 11月

2/15(金)の夜は、

18:30 (英)小売売上高 前月比 1月
19:00 (欧)貿易収支(季調前、季調済)12月
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 2月
22:30 (米)輸出入物価指数 1月
23:15 (米)鉱工業生産 1月
23:15 (米)設備稼働率 1月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 2月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

2/8の金曜日公表された1/8取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。古い情報ですみません。昨年12/22より連邦政府機関が閉鎖されていた影響で情報更新が止まっていました。
再開されて、追いつくかと思ったら1週間ずつしか更新されず、1ヶ月遅れです。

円/ドル
買い 42,727 (+10,015)
売り 104,041 (-17,294)

ユーロ/ドル
買い 146,271 (-2,017)
売り 186,804 (-8,132)

ポンド/ドル
買い 27,670 (-8,112)
売り 87,762 (-4,934)

豪ドル/ドル
買い 22,345 (-5,574)
売り 60,120 (+5,910)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

損小利大のための決済ポイント
– 利大は相場で使い分け