4時間足戻りはそろそろ失速か – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

夏休みは結構ゆっくり過ごすことができました。リフレッシュして今週からトレード再開です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

ドル円は、1時間足レンジ内を緩やかに上昇してきましたが、ローソク足が25MAを下抜け、レンジ内反転の動きが見られます。

ユーロ円は、4時間足レンジ内やや下側の動きとなっていますが、25MAとからんできました。そろそろ次の動き、できれば25MAから下へ離れて、下にブレイクを期待したいです。

ポンド円は、20日の夜にEU離脱関連発言での急変動がありました。ポジション保有は短めに、的を絞ってエントリーしていきたいですね。売り目線は継続ですが、戻りはゆっくり見極めて飛び乗りにならないように気をつけましょう。

豪ドル円は、年初の長い下ヒゲ先端付近でのもみ合いとなっています。.先週の急落は一旦落ち着き、もみ合いとなっています。ドル円に近い動きとなっており、レンジ内上昇の勢いが無くなって、反転下降になる気配があります。

ユーロドルは、4時間足ではっきりとした波を形成しながら下降継続です。ややもみ合いととなっていますので、また戻りが発生するような気配です。ここで上昇してもついていかずに戻り売りを待ちたいところです。

注目したいニュースとしては、香港情勢、米中貿易協議、FOMC議事録などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

8/21(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)中古住宅販売件数 7月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

8/22(木)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)8月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)8月
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)8月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)8月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)8月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 7月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)8月

8/23(金)の夜は、

23:00 (米)新築住宅販売件数 7月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

8/16の金曜日公表された8/13取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 51,764 (+5,539)
売り 27,022 (-8,642)

ユーロ/ドル
買い 167,214 (-10,774)
売り 213,863 (-8,135)

ポンド/ドル
買い 33,405 (-11,311)
売り 129,225 (-18,193)

豪ドル/ドル
買い 36,304 (-6,010)
売り 99,216 (+1,391)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

エントリー待ち時間にアンケートはいかがでしょうか?
気がまぎれるので、ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼

楽しく!簡単に!ポイントが貯まります!
1P=1円、500Pから換金できます

変動が大きいのでロットは控えめに – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

ドル円は、先週の急落は一旦落ち着き、もみ合いとなっています。

ユーロ円は、戻りとなっていますので再び下の流れが来るまで待ちといったところでしょうか。

ポンド円は、先週の急落は一旦落ち着き、もみ合いとなっています。8/9の指標は要チェックです。

豪ドル円は、先週の急落は一旦落ち着き、もみ合いとなっています。

ユーロドルは、結構な戻しとなっていますが、4時間足のレンジをよく見ていけば、チャンスも出てくると思います。

対円相場全体の急落の後で変動が大きくなっていますのでロットは抑え目でいきたいと思います。

注目したいニュースとしては、トランプ米大統領ツイッターなどです。米中貿易摩擦、為替摩擦ネタによる急変動は要注意です。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

8/7(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比

8/8(木)の夜は、

21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)卸売在庫 6月
23:00 (米)卸売売上高 6月

8/9(金)の夜は、

17:30 (英)月次国内総生産(GDP) 6月
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)4-6月期
17:30 (英)鉱工業生産指数 6月
17:30 (英)製造業生産指数 6月
17:30 (英)商品貿易収支 6月
17:30 (英)貿易収支 6月
21:30 (米)卸売物価指数(PPI、コア指数)7月

が予定されています。ポンドファンの皆さま、金曜日は要チェックです。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

8/2の金曜日公表された7/30取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 37,028 (+2,386)
売り 41,246 (-2,773)

ユーロ/ドル
買い 175,132 (+1,649)
売り 229,115 (+16,628)

ポンド/ドル
買い 41,367 (+9,432)
売り 131,517 (+20,999)

豪ドル/ドル
買い 35,450 (+5,950)
売り 88,892 (+11,412)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

8/10~18は夏季休暇でブログ更新もお休みさせていただきます。

FXの基礎知識
– 用語を覚えてブログの理解を深めよう

エントリー待ち時間にアンケートはいかがでしょうか?
気がまぎれるので、ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼

楽しく!簡単に!ポイントが貯まります!
1P=1円、500Pから換金できます

下降トレンドだが戻りN字確認要 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:108.7円 終値:106.6円
先週高値:109.3円 安値:106.5円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:120.9円 終値:118.4円
先週高値:121.4円 安値:118.3円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:134.5円 終値:129.6円
先週高値:134.6円 安値:129.1円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:75.1円 終値:72.5円
先週高値:75.2円 安値:72.2円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:1.113ドル 終値:1.110ドル
先週高値:1.116ドル 安値:1.102ドル
先週1時間足チャート型:下降戻り

となっています。


<今週のドル円>

米中貿易摩擦再燃で売られやすい状況は続くように思われます。しっかりとN字は確認していきたいところですね。2015年6月から形成している週足の三角保ち合いが下に崩れてきているように見えます。年初の安値104円付近を下抜けると100円割れを目指す可能性もあるでしょう。

<今週のユーロ円>

まだ下降の勢いは残っているようにも見えますが、戻り、ショートカバーなどを確認したうえで、売りタイミングを見極めたいと思います。

<今週のポンド円>

下降勢いは衰えていたのですが、大きな下げで年初の安値も下抜けてきました。戻りをしっかり確認して売り参戦ですかね。10月末まではジョンソン政権の合意なきEU離脱へ警戒感はぬぐえないと思いますので、じわりと2011年9月の安値117円付近を目指すのでしょうか。

<今週の豪ドル円>

週足の直近安値を大きく下抜けました。米中貿易摩擦の拡大で当面は売り圧力にさらされます。戻りを確認しつつ、N字で攻めていきたいです。

<今週のユーロドル>

下降トレンドですが、対円通貨ペアと違い、先週末は戻しています。1.111ドル付近の水平線は意識されているように見えますので、1時間足25MAをしっかり下抜けるようなら売りチャンスがあるかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

8/5
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)7月

8/6
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表

8/9
08:50 (日)四半期国内総生産(GDP、速報値)4-6月期
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)4-6月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

8/5(月)の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI)7月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)7月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

8/6(火)の夜は、特に予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

8/10~18は夏季休暇でブログ更新もお休みさせていただきます。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

~~~~~~~~~~~~~~~

精神的にリラックスして、ゆとりを持つことに投資することは、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。