4時間足レンジ継続中 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

4時間足レンジですので、大きく狙わず、小さく切り取りを狙いたいです。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、月曜夜の経済指標が予想よりも悪かったこときっかけに下げています。109.3円水平ラインの強さが感じされますね。ただし、下がり方もかなり急なので1時間足25MAからも乖離しています。一旦、109.0円まで戻してどうなるかですが、今週末は雇用統計もあるので、それまではレンジになりそうな気がします。

ユーロ円は、1時間足の短期上昇トレンドラインを下抜けています。下げ方が急ですが、押し目でローソク足の変動が穏やかなN字を形成したら買いで狙いたいです。週足は下目線なのであくまで短期ですが。

ポンド円は、4時間足レンジ上限付近のもみ合いです。140.9円下抜けレンジ内下降か、141.7円レンジ上抜けを待ちたいところです。

豪ドル円は、日足で意識される水平ライン74.25円付近を上抜けてきましたが、戻される動きとなっています。75.0円までの短期上昇が狙える形ができるかもしれませんが、週足の大きな流れを考えると73.9円下抜けの動きを待ちたいです。

ユーロドルは、日足ダブルトップのネックライン1.108ドル付近まで戻りとなりましたが、ここを上抜けるにはそれなりのネタが必要です。ここは素直にレンジ反転を狙いたいと思います。

注目したいニュースとしては、引き続き米中通商協議、というよりは貿易戦争の様子です。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

12/4(水)の夜は、

17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 11月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
24:00 (加)カナダ銀行 政策金利
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)11月

12/5(木)の夜は、

19:00 (欧)小売売上高 10月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)7-9月期
21:30 (米)チャレンジャー人員削減数 11月
22:30 (米)貿易収支 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
00:00 (米)製造業新規受注 10月

12/6(金)の夜は、

22:30 (米)雇用統計 11月
24:00 (米)卸売在庫 10月
24:00 (米)卸売売上高 10月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 12月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/22の金曜日公表された11/19取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。11/26取引後の建て玉数がまだ公表されていません。

円/ドル
買い 45,423 (+1,459)
売り 80,454 (+1,493)

ユーロ/ドル
買い 163,898 (-6,352)
売り 226,401 (-1,518)

ポンド/ドル
買い 39,205 (-1,143)
売り 71,108 (+2,627)

豪ドル/ドル
買い 43,871 (+2,610)
売り 91,111 (+9,041)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは気にせず、10回のトレードトータルで想定範囲内の勝率、利益となっているかを確認しましょう。

MT4簡単インストール GEMFOREX編
– チャート設定までをわかりやすく

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


トレンド発生見極めは慎重に – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、豪ドル円線、ポンド円、ユーロドルの全てが陽線でした。

トレンド発生見極めは慎重に行い、飛び乗りにならないよう気をつけたいですね。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:108.7円 終値:109.5円
先週高値:109.7円 安値:108.6円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:119.7円 終値:120.6円
先週高値:120.8円 安値:119.6円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:139.7円 終値:141.6円
先週高値:141.8円 安値:139.4円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:73.8円 終値:73.9円
先週高値:74.3円 安値:73.7円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.101ドル 終値:1.102ドル
先週高値:1.103ドル 安値:1.098ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

日足高値は更新してきましたが、先週後半はもみ合いとなっています。日足で意識される水平ライン109.3円あたりのサポートと25MAの上抜けが確認できたら、110.5円くらいまでの上昇を狙える可能性がありそうです。

<今週のユーロ円>

日足で意識される水平ライン120.65円をまだまだしっかりと上抜けることはできていません。上抜けてサポートが確認できれば、121.3円あたりまでの上昇を期待したいと思います。反転下降の場合は、様子見です。

<今週のポンド円>

日足高値を更新してきましたがレンジ上限付近でのもみ合いとなっていますので注意が必要です。直近日足は上昇トレンドが確認できますので、レンジブレイク上抜け待ちですが、サポートが確認できてからエントリー根拠を探りたいと思います。

<今週の豪ドル円>

日足で意識される水平ライン74.25円付近の抵抗が強く、4時間足で見ると4回目の上抜けが阻止された感じです。73.9円をしっかり下抜けてくると次は73.5円付近でサポートされるのかどうかが注目となります。

<今週のユーロドル>

大きな節目となる1.100ドルの水平ラインはなかなか強力で、4時間足で少し下抜けたものの下ヒゲで戻されました。もう一度、1.1075ドル付近を確認しに行く可能性もあると思います。1.105ドルなどで戻り売りが確認できたら、4時間足25MA下抜けでのエントリーを狙ってみます。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ショート(売り)

ユーロドル・・・ショート(売り)

で直近高値、直近安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、豪ドル円、ユーロドルのショートを狙ってみたいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

12/2
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月

12/3
12:3 (豪)豪準備銀行(中央銀行)政策金利発表

12/4
09:30 (豪)四半期国内総生産(GDP)7-9月期
22:15 (米)ADP雇用統計 11月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)11月

12/5
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)7-9月期

12/6
22:30 (米)雇用統計 11月

に注目したいと思います。

12/6(金)は大注目のアメリカ雇用統計です。

12/2(月)の夜は、

17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
23:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月
24:00 (米)建設支出 10月

12/3(火)の夜は、

18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)11月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI)10月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI)10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

ワインと生ハム、チーズの極上時間を楽しみませんか?


もみ合いレンジ継続中 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

各通貨ペアともほぼもみ合いレンジとなっています。次の動きを待ちたいですね。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、1時間足レンジ内で108.25~109.25円の動きとなっています。レンジブレイク、そしてN字の動きまで波をよく見極めていきたいです。

ユーロ円は、4時間足でレンジを切り下げていますが、すぐに落ちるような気配は感じられません。119.6~120.6円暖レンジをさらに切り下げる動きを待ちたいと思います。

ポンド円は、しぶとく4時間足レンジが続いています。4時間足ボリンジャーバンド20MA(σ2.0)のバンド内反転を狙える可能性はあると思います。

豪ドル円も、やはりレンジです。73.5~74.3円のレンジから下抜けのブレイクがあればN字で付いていきたいと思います。

ユーロドルは、日足ダブルトップのネックライン1.108ドル付近から良い感じで下げてきたのですが、1.100ドル手前でのもみ合いとなっています。こちらも何とかレンジ下抜けの動きを期待したいですね。

注目したいニュースとしては、引き続き米中通商協議の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/27(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
22:30 (米)四半期GDP個人消費・改定値 前期比 7-9月期
22:30 (米)四半期コアPCE・改定値 7-9月期
22:30 (米)耐久財受注 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 11月
00:00 (米)住宅販売保留指数 10月
00:00 (米)個人所得 10月
00:00 (米)個人消費支出(PCE/コア・デフレーター)10月

11/28(木)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 10月
19:00 (欧)経済信頼感 11月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)11月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)11月
※アメリカ休場

11/29(金)の夜は、

17:55 (独)雇用統計 11月
18:30 (英)消費者信用残高 10月
18:30 (英)マネーサプライM4 10月
19:00 (欧)雇用統計 10月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、速報値)11月
19:00 (日)外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
22:30 (加)四半期国内総生産(GDP)7-9月期

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/22の金曜日公表された11/19取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ポジションはあまり動いていません。

円/ドル
買い 45,423 (+1,459)
売り 80,454 (+1,493)

ユーロ/ドル
買い 163,898 (-6,352)
売り 226,401 (-1,518)

ポンド/ドル
買い 39,205 (-1,143)
売り 71,108 (+2,627)

豪ドル/ドル
買い 43,871 (+2,610)
売り 91,111 (+9,041)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは気にせず、10回のトレードトータルで想定範囲内の勝率、利益となっているかを確認しましょう。

MT4について
– 自動売買も可能な大人気の取引ツール

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼