EU離脱合意期待でリスクオン – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

米中貿易摩擦改善への期待が揺れる中、EU離脱合意への期待が急速に高まり、リスクオンとなっています。あくまでも期待なので外れると急落の危険性もあります。リスク低減のために短期保有ポジションでの勝負がよさそうです。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、4時間足直近高値を上抜けてきました。次は109.0円および意識される水平ライン109.3円に対してどのように向かうのか注目したいと思います。

ユーロ円も、ポンドの連れ高ですね。120.0円も少しだけ上抜けたのですが、直近の日足でも意識される水平ラインということもあり、少し押しも出される動きになっています。

ポンド円は、先週の急上昇から押しが入りましたが、1時間足25MAにきれいにサポートされ、EU離脱合意期待から急上昇となりました。今後、さらに上昇への期待がある反面、変動が大きくなる可能性が高いと思います。ある程度の振れ幅を想定したロットサイズにしたほうがよいかもしれません。

豪ドル円も、ポンド連れ高となりましたが、戻されている感じでレンジ形成しそうです。豪ドルは米中関係の影響のほうが気になる感じでしょうか。

ユーロドルは、上昇の勢いが衰えてきました。1.10ドルをしっかり下抜ける動きが見られるか注目したいと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易協議の進捗、英EU離脱合意なるかなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/16(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI)9月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)9月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)9月
18:00 (欧)貿易収支(季調前・季調済)8月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、改定値)9月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)小売売上高 9月
22:00 (英) カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 10月
23:00 (米)企業在庫 8月

10/17(木)の夜は、

17:30 (英)小売売上高 9月
18:00 (欧)建設支出 8月
21:30 (米)住宅着工件数 9月
21:30 (米)建設許可件数 9月
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 10月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:15 (米)鉱工業生産 9月
22:15 (米)設備稼働率 9月

10/18(金)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前・季調済)8月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 9月
26:45 (英) カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、10/11の金曜日公表された10/8取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。全体的にポジションの動きは小さめでした。

円/ドル
買い 52,803 (-5,090)
売り 41,791 (-2,185)

ユーロ/ドル
買い 162,777 (-9,481)
売り 238,190 (-46)

ポンド/ドル
買い 29,482 (+1,566)
売り 102,701 (-2,307)

豪ドル/ドル
買い 43,328 (-3,581)
売り 90,272 (-8,939)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

ローソク足の読み方
– テクニカルの王道で勝率アップ

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


力強い上昇も大きな調整に注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陽線でした。なかなか強力な上昇でしたね。日足でもまだ上昇トレンドとはいえない状況での急上昇は、週足レベルのラインが効いている時に出やすいですが、喜平はあまりトレードできませんでした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:106.7円 終値:108.4円
先週高値:108.6円 安値:106.7円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:117.1円 終値:119.6円
先週高値:120.0円 安値:117.1円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:131.4円 終値:137.1円
先週高値:137.9円 安値:130.4円
先週1時間足チャート型:強含み

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:72.1円 終値:73.7円
先週高値:74.0円 安値:71.8円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.098ドル 終値:1.104ドル
先週高値:1.106ドル 安値:1.094ドル
先週1時間足チャート型:強含み

となっています。


<今週のドル円>

日足レンジの上限付近まで力強い上昇となっています。月足レベルの三角保ち合い下限からのアシストも効いている感じがしますね。日足で強い3連続陽線となっているので、月足三角保ち合い上限110.0円付近まで狙える可能性もあると思います。理想的には、108.0円くらいまで少し押してから上昇でしょうか。また、このまま抜けて、108.5円がサポートとなるような動きもいいですね。いずれにしても1時間足以上でのN字確認をしたいとことです。

<今週のユーロ円>

日足直近高値120.0円付近までの急上昇となりました。こちらも赤三兵(3連続陽線)です。4時間足で25MAからの乖離が大きくなっていますので、急落には注意しつつ、1時間足25MAとの絡みを見ながら、121.3円付近までの動きを短期で追いかけてみたい気がします。

<今週のポンド円>

EU離脱合意への期待感も出て先週は、一時600pipsを超える上昇となりました。4時間足で久しぶりに上昇トレンド転換です。但し、ポンド円も4時間足25MAとの乖離がかなり大きいので、ポンドらしいアグレッシブな下げ調整を警戒して、思い切ったポジションは取りにくいです。EU離脱合意が確定すれば、150円くらいまでは上昇する可能性がありますがもう少し様子をみたいです。

<今週の豪ドル円>

日足で力強い上昇となっています。日足直近高値74.5円付近を上抜けることができるのかに注目したいと思いますが、目先では4時間足25MAまでの調整と、1時間足25MAのサポートを確認して、トレード根拠を探りたいと思います。

<今週のユーロドル>

日足の下降トレンドラインを少しだけ上抜けてきています。しかし、1.106ドル付近の水平ラインが抵抗となる可能性を考慮して、チャートを見極めていきたいと思います。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値までのロング(買い)、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のロングを狙ってみたいですが、少し相場に落ち着きが出るまでは、様子見ですかね。


今週発表の経済指標、イベントでは、

10/16
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)9月
21:30 (米)小売売上高 9月

10/18
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)9月
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP)7-9月期

に注目したいと思います。

10/14 は、日本が体育の日、アメリカがコロンブスデーで休場となります。

指標発表、要人の発言予定はトレード前には必ず確認してくださいね。

10/14(月)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 8月

10/15(火)の夜は、

17:30 (英)雇用統計 9月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 10月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』


海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。



1時間足の波で上からN字ショート – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

基本下目線ですが、1時間足レンジ下限付近は、戻りの力も発生しますので注意してください。
レンジ戻りを待つまたは、もみ合い下抜けN字を待つことが大事です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、週明けに日足で意識された水平ラインで反発したものの、長くは続かず、戻り売りとなり、先週末のもみ合いレンジまで落ちました。現在サポートとなっている106.75円付近を下抜けて、次に上抜けの抵抗として効くようになれば、N字確認で売りを狙ってみたいです。

ユーロ円も、週明けは上昇しましたが、118.0円を上抜けることはできず、押し戻されています。ほぼ5回目の117.0円下抜けチャレンジですが、上値を確認してからの下落なので、今回はブレイクして欲しいと思います。

ポンド円は、またしてもEU離脱がらみのネガティブ思惑で急降下となっています。急な流れなのでタイミングよく乗るのは難しいですが、1時間足以上で意識される水平ライン下抜けは、ロットを小さめにして飛び乗るとポンドらしいスリルを楽しめます。正しいエントリーとしては、N字形成を待ちましょう。

豪ドル円も、週明け上昇の後、戻り売りです。レンジを形成していますが、4時間足下降トレンドなので、下から買いで入るのは、避けたほうが無難です。

ユーロドルは、月初からの戻りが一服し、もみ合いレンジです。下抜けたらN字確認で売りタイミングを見極めたいですね。1時間足の波の大きさを確認して、25MAを下抜けるタイミングとかはよいポイントだと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易協議の進捗です。英EU離脱関連も目が離せません。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/9(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)卸売在庫 8月
23:00 (米)卸売売上高 8月
23:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

10/10(木)の夜は、

17:30 (英)月次国内総生産(GDP)8月
17:30 (英)鉱工業生産指数 8月
17:30 (英)製造業生産指数 8月
17:30 (英)商品貿易収支 8月
17:30 (英)貿易収支 8月
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

10/11(金)の夜は、

21:30 (米)輸入物価指数 9月
21:30 (米)輸出物価指数 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 10月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、10/4の金曜日公表された10/1取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。対円、対ユーロでのポジションが増えています。取り組みに関心が集まっているようです。

円/ドル
買い 57,893 (+12,134)
売り 43,976 (+11,000)

ユーロ/ドル
買い 172,258 (+11,571)
売り 238,236 (+16,827)

ポンド/ドル
買い 27,916 (+3,470)
売り 105,008 (-233)

豪ドル/ドル
買い 46,909 (+665)
売り 99,211 (+5,812)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼