トレンドライン、水平ライン反発をチェック – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:112.0円 終値:111.9円
先週高値:112.2円 安値:111.8円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:126.5円 終値:125.8円
先週高値:126.8円 安値:125.6円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:146.4円 終値:145.4円
先週高値:147.0円 安値:145.2円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:80.3円 終値:80.1円
先週高値:80.7円 安値:79.9円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.130ドル 終値:1.124ドル
先週高値:1.132ドル 安値:1.123ドル
先週1時間足チャート型:弱含み

となっています。


<今週のドル円>

112.0円前後の狭い範囲でレンジとなっており、レンジ抜け待ちとなります。下に抜けた場合は、111円半ばで4時間足上昇トレンドラインとぶつかるので、どのような動きになるか見極めが必要だと思います。上に抜けた場合、月足レベルの三角保ち合いライン上限が112円半ばにあるため、はね返りにも注意が必要です。

<今週のユーロ円>

先週は木曜日に1時間足もみ合いレンジを下抜けましたが、125.7円付近で日足でも意識される水平ラインに対して下ヒゲを連発しています。4時間足25MAを上抜けてくれば、再び127円台への上昇流れになるかもしれません。水平ラインをしっかり下抜ける展開になると、日足レンジ下限124円台に向かう可能性もあると思います。

<今週のポンド円>

日足の逆ヘッドアンドショルダーは崩れる形となり、ネックラインから下がってきて4時間足で意識される水平ラインで踏みとどまっています。しかしながら、4時間足上昇トレンドラインは下抜けているため、146.0円付近まで来ると戻り売りが強くなる可能性もあると思います。そうなれば売りチャンスになるかもしれません。

<今週の豪ドル円>

80円台前半のもみ合いとなっています。4時間足上昇トレンドラインはキープしており、先週末はほぼぶつかったところで終わっています。25MAを上に抜けた場合、80円台半ばまで狙うことができるかもしれませんね。上昇トレンドラインを下抜けると、79.0円台前半までの調整は想定しておきたいと思います。

<今週のユーロドル>

4時間足の上昇トレンドラインを下抜けています。1.123ドル付近で踏みとどまっていますが、1.125~1.128ドルくらいまでくると、水平ラインの抵抗で戻り売りが強くなる可能性は留意しておきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、豪ドル円のロングを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/24
10:30 (豪)四半期消費者物価(CPI)1-3月期
17:00 (独)IFO企業景況感指数 4月

4/25
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁 定例記者会見

4/26
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)1-3月期

に注目したいと思います。金曜日の米四半期GDPは大注目です。

4/22はユーロ圏がイースターマンデーの休場となります。
4/25はオーストラリアがアンザックデーの休場となります。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

4/22(月)の夜は、

23:00 (米)中古住宅販売件数 3月

4/23(火)の夜は、

22:00 (米)住宅価格指数 2月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 4月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)4月
23:00 (米)新築住宅販売件数 3月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんはどのような環境でトレードされていますか。最近はスマートフォンでもなんら問題なくトレードできますが、トレードの最中に電話やメール、LINE通知が来るのは困りますよね。

トレードする機器は単独のパソコンか、タブレットにするのがよいと思います。ある程度大きな画面の方が、トレード根拠の判断もしやすいです。タブレットはWiFiモデルもいいですが、LTEモデルで格安SIMが使えるものを選ぶと使用場所を選ばず便利です。

1ヶ月3GBあれば仕事が終わった後のトレードに十分使えます。それで月々900円なら助かりますね。

IIJmio

格安SIMはドコモ回線を使用するものと、au回線を使用するものがあります。新たにタブレットを購入する余裕がなく、機種変更などして使っていないスマートフォンが余っている場合は、それをトレード専用にして格安SIMを契約するのもよいと思います。

ドコモで契約していたスマートフォンならドコモ回線の格安SIM、auで契約していたスマートフォンならau回線の格安SIMが使える可能性が高いと思いますので一度確認してみると良いでしょう。au回線なら古めの端末でも対応するマイネオが良いと思います。



私は以前、機種変更して使わなくなったドコモ端末にIIJmioのSIMを刺して使っていましたが、使い勝手はよかったです。今はIPAD2017のauLTE版を白ロムで購入しましたので、マイネオSIMに変更しました。平日の昼休み時間帯は通信速度が落ちるようですが、夜のトレードでは問題ありません。

日足水平ラインからダブルボトムで上昇 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル共に陰線でした。
ドル円はなんとか111.9円付近でふんばっていますが、その他通貨ペアでは押しが発生しています。

ドル円はほぼ横ばいでした。

ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は押しが発生しましたが、いずれも4時間足以上で意識される水平ラインがサポートとなっており、底堅さが感じられました。

ユーロドルは4時間足の上昇トレンドラインを下抜けました。今のところ反発は弱く感じられます。

ファンダメンタル面では、中国重要経済指標で予想を上回ったことなどが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は4/16豪ドル円で、日足で意識される水平ラインでサポートされたダブルボトムからの反発確認して、買いエントリーするトレードとなります。

先週の80.0円突破からN字形成をするために意識される水平ラインまでの押しを待っていたところ、1時間足で79.9円付近に対して長い下ヒゲが発生しました。その後、一度80.0円を超えてから少し下がって、再び79.9円付近に下ヒゲタッチしたことで、ダブルボトムからの動きに注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、豪ドルドル円5分足チャートにおいて、20:40頃、ダブルボトムからの上昇勢いで直近高値を上抜けてきましたので、買いエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りはダブルボトムラインの少し下、79.85円で逆指値です。

エントリー後は、かなりの勢いがつき上昇してくれました。勢いが出すぎてやや押されましたが、25MAまでは落ちることなく、再び上昇しました。短期の上昇トレンドラインにサポートされたものの、1時間足の直近高値を超えることはできず、上昇トレンドラインを下抜けましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

日足レベルの水平ラインを背にした上昇だったので強気でエントリーしました。指値は80.4円にしていたのですが、高値を切り下げてきていたことを考慮すると短期では80.35円くらいにしておけばよかったです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境
– トレード専用端末がおすすめ

上昇一服のレンジもみ合い – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は112.0円をはさんだ攻防が続いています。4時間足では上目線なのでレンジ下抜けでの売りはリスクが大きそうです。リスクを抑えたエントリーまで待つ忍耐が必要ですね。

ユーロ円は先週の上昇からやや下げてきていますが、4時間足25MAに対して下ヒゲで反発しました。4時間足25MAがもう少し近づいたら、上向いてきてほしいところです。

ポンド円は概ねレンジ継続です。チェックしている5通貨ペアでは唯一、レンジ内(145~147円)の売りの流れにもついていけそうです。

豪ドル円は喜平が最も注目しています。昨日は80.0円もみ合いからの上昇がわかりやすく取れましたよ。80.0円をしっかり固められたら、更なる上昇を期待したいです。

ユーロドルは4時間足上昇トレンドラインをキープしています。そろそろ動き出すでしょうか。

注目したいニュースとしては、日米通商交渉結果、欧州委員会による対米報復関税などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

4/17(水)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前、季調済)2月
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)3月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)3月
17:30 (英)生産者物価指数(PPI)3月
18:00 (欧)貿易収支(季調前、季調済)2月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)3月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)貿易収支 2月
22:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
23:00 (米)卸売在庫 2月
23:00 (米)卸売売上高 2月

4/18(木)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
17:30 (英)小売売上高 3月
21:30 (米)小売売上高 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 4月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
23:00 (米)企業在庫 2月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 3月

4/19(金)の夜は、

21:30 (米)住宅着工件数 3月
21:30 (米)建設許可件数 3月

が予定されています。金曜日は欧米がグッドフライデーの休場です。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

4/12の金曜日公表された4/9取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけてみています。

円/ドル
買い 19,914 (-548)
売り 91,434 (+8,231)

ユーロ/ドル
買い 140,401 (-4,572)
売り 242,599 (-1,558)

ポンド/ドル
買い 36,260 (-3,163)
売り 42,776 (-6,578)

豪ドル/ドル
買い 28,481 (+1,930)
売り 82,897 (+603)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

世にも恐ろしいスイスフランショック
– 資金管理の大切さ