市場はコロナでイチコロ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

相場は先見性があるので先週のリスクオンで市場はコロナの感染拡大に対して楽観的なんだなと思っていたら、、、
そんなことありませんでした。コロナでイチコロですね。
こんな相場でもN字エントリーならだましにあいにくいですよ。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、先週の上げがほぼ帳消しです。110.0円の少し下のもみ合っていたレンジに対してどのように反応するのか注目です。荒れた相場ですので無理は禁物です。「しまったらしまえ」ですよ。

ユーロ円は、4時間足25MAを下抜けてきました。118円台まで戻りそうな勢いを持っていますが、飛び乗りしないよう気をつけましょう。N字を確認してからのエントリーが基本です。

ポンド円は、4時間足の上昇トレンドラインでサポートされているようにも見えますが、エントリーは1時間足のもみ合いレンジ抜けを確認してからがよいと思います。

豪ドル円は、4時間足レンジ下限領域まで下がってきました。まだ下降勢いは残っていそうですが、反発上昇には気をつけておきたいところです。

ユーロドルは、反発上昇の動きになっています。戻り売り狙いになりますが、強い水平ラインでのN字の動きが確認できるまでは待ちです。

チャンスがくるまでは無理をせず、待ちたいと思います。短い時間足だけを見ての無理矢理なエントリー根拠で安定して勝つことが難しいですよ。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

2/26(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
24:00 (米)新築住宅販売件数 1月

2/27(木)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 1月
19:00 (欧)経済信頼感 2月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)2月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)10-12月期
22:30 (米)四半期GDP個人消費・改定値 10-12月期
22:30 (米)四半期コアPCE・改定値 10-12月期
22:30 (米)耐久財受注 1月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)住宅販売保留指数 1月

2/28(金)の夜は、

17:55 (独)失業率 2月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、速報値)2月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)2月
22:30 (加)四半期国内総生産(GDP)10-12月期
22:30 (米)個人所得 1月
22:30 (米)個人消費支出(PCE/コア・デフレーター)1月
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 2月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 2月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、2/21の金曜日公表された2/18取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。全体的にポジションの増加はありますが、売り買いの差は出ていません。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 58,605 (+3,800)
売り 85,826 (+4,833)

ユーロ/ドル
買い 170,586 (+1,111)
売り 262,093 (+6,949)

ポンド/ドル
買い 72,784 (+7,778)
売り 43,526 (-396)

豪ドル/ドル
買い 47,989 (-199)
売り 85,466 (+4,610)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

FXとは
– 外貨預金よりお得だけど資金管理が重要

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


コロナの影響で円はリスク通貨? – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

すみません。ちょっとバタバタして日曜にブログが書けず、月曜日の投稿になりました。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルがともに陽線でした。

日本の消費増税に伴う四半期GDPの予想を下回る落ち込み、コロナウイルスによる経済への影響などを背景に一気に円安が進んだ感じです。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:109.8円 終値:111.6円
先週高値:112.2円 安値:109.7円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:119.0円 終値:121.0円
先週高値:121.4円 安値:118.5円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:143.1円 終値:144.6円
先週高値:145.0円 安値:142.3円
先週1時間足チャート型:強含み

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:73.8円 終値:73.9円
先週高値:74.5円 安値:73.2円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:1.084ドル 終値:1.085ドル
先週高値:1.086ドル 安値:1.078ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

日足レンジ上限付近でのもみ合いを上抜けてきました。日本の経済悪化懸念は簡単に払しょくできないため、底堅い動きからじり高になる可能性が高いように思います。週足三角保ち合いは上放たれでしょうか。日足の目線を分けるラインは109.0円、注目水平ラインは110.3円、109.6円です。

<今週のユーロ円>

先週の急上昇で4時間足直近高値を少し上抜けています。1時間足のもみ合いを上抜けて121.15円からN字上昇の動きを期待したいところです。日足の目線を分けるラインは120.15円、注目水平ラインは121.15円、120.6円です。

<今週のポンド円>

4時間足レンジ上限を少し上抜けてきました。前回の上抜けトライでは戻されましたが、今回は継続した上昇につながって欲しいですね。144.5円を勢いよく上抜けてくることを期待したいと思います。日足の目線を分けるラインは141.2円、注目水平ラインは144.5円、143.5円です。

<今週の豪ドル円>

先週前半は上昇したのですが、4時間足レンジ上限で戻された感じです。レンジ内反転の動きについていきたいと思います。日足の目線を分けるラインは74.0円、注目水平ラインは74.3円、73.2円です。

<今週のユーロドル>

下降基調が継続ですが、少しもみ合っていますので、戻りを確認してから反転下降を狙いたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.100ドル、注目水平ラインは1.086ドル、1.078ドルです。

コロナウイルスによる日本経済悪化懸念が広がってるように思います。予定のない要人発言にも気を付けたいですね。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ショート(売り)

で直近高値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ポンド円のロングを狙ってみたいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

2/25
16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)10-12月期

2/26
24:00 (米)新築住宅販売件数 1月

2/27
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)10-12月期

2/28
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)2月
22:30 (加)四半期国内総生産(GDP)10-12月期
22:30 (米)個人消費支出(PCEコア・デフレーター)1月

に注目したいと思います。

2/24(月)の夜は、

18:00 (独)IFO企業景況感指数 2月

2/25(火)の夜は、

23:00 (米)四半期住宅価格指数 10-12月期
23:00 (米)住宅価格指数 12月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 12月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 2月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

たまには海外旅行で悠々自適時間を楽しもう


トレーダーは待つのも仕事 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

引き続き、ユーロ円、ユーロドルは弱さを感じますが、その他各通貨ペアはもみ合いです。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、110.0円の少し下の4時間足レンジ上限付近でもみ合いから抜け出せていません。109.5円下抜けを辛抱強く待ちたいと思います。

ユーロ円は、1時間足のもみ合いレンジを少し下抜けてきました。飛びつかないでしっかりN字確認してから売りエントリーポイントを確認したいと思います。

ポンド円は、143.3円の抵抗から1.0円ほど落ちましたが、持ち直して再度トライしそうな動きです。勢いよく抜けたらN字でのサポート確認をしてから買いエントリーポイントを見極めたいと思います。

豪ドル円は、4時間足で三角保ち合いの動きになっていますので、もう少しもみ合いが続きそうな感じです。

ユーロドルは、引き続き下降トレンド継続です。波をしっかりととらえて、安値売りにならないよう気をつけましょう。

チャンスがくるまでは無理をせず、待ちたいと思います。大きな波が見えるまで、短い時間足を見ての無理矢理なエントリーは安定して勝つことが難しいですよ。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

2/19(水)の夜は、

19:00 (欧)鉱工業生産 12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
24:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

2/20(木)の夜は、

18:30 (英)小売売上高 1月
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 2月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 1月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)2月

2/21(金)の夜は、

17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、改定値)1月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)2月
24:00 (米)中古住宅販売件数 1月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、2/14の金曜日公表された2/11取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。円は買い越し、ユーロ、豪ドルは売り越しが1万枚以上とやや多くなっています。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 54,805 (-2,867)
売り 80,993 (+1,423)

ユーロ/ドル
買い 169,475 (+2,550)
売り 255,144 (+13,139)

ポンド/ドル
買い 65,006 (+5,347)
売り 43,922 (-2,750)

豪ドル/ドル
買い 48,188 (-180)
売り 80,856 (-10,809)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼