方向感が出るまでは我慢 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

なかなか方向感が出ないですね。こんな振られやすい相場で積極的にポジションを持っても、勝ったり、負けたり、最悪往復ビンタなど、いまいちの結果になることが多いです。もう少し方向感が出るまでは我慢です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :→

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :↑

<豪ドル円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :→

<ユーロドル>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、レンジ内での勢いは出るもののブレイクするまでのエネルギーはありません。しかも日足の目線を分けるライン107.5円付近の動きであるため、タイミングも難しいです。107円台からしっかり抜け出てくるのを待ちたいと思います。

ユーロ円は、1時間足でレンジを上げたものの、再びもみ合いです。もみ合いを抜ける動きが出るまではエントリーは我慢です。

ポンド円は、1時間足で上昇の流れを確認できます。小さな調整が張るようですので、134.65円くらいまでの押しを期待したいと思います。

豪ドル円は、上昇傾向の流れが確認できるわりには、勢いが抑えられています。4時間足で25MAから徐々に上放たれる動きを待ちたいと思います。

ユーロドルは、4時間足でもみ合いが続いており、振られやすいチャートです。期待したい1.117ドルを下抜ける動きは、まだ時間がかかりそうです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

7/8(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比

7/9(木)の夜は、

21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)卸売在庫 5月
23:00 (米)卸売売上高 5月

7/10(金)の夜は、

21:30 (加)失業率 6月
21:30 (米)卸売物価指数(PPI/コア指数)6月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、7/6の月曜日公表された6/30取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ユーロの売り越しが多くなっています。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 42,755 (-7,735)
売り 18,894 (-4,138)

ユーロ/ドル
買い 180,387 (-10,429)
売り 81,432 (+9,064)

ポンド/ドル
買い 34,424 (+4,770)
売り 55,414 (+7,244)

豪ドル/ドル
買い 40,025 (+4,051)
売り 42,933 (+2,149)

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買


4時間足もみ合い抜け待ち – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルがすべて連続陽線でした。

といっても、豪ドル円以外は方向感をつかみにくく、特に後半はもみ合いの様子でした。

もみ合い抜け待ちで勝ちやすいレンジで勝負したいですね。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:107.1円 終値:107.5円
高値:108.2円 安値:107.0円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:120.1円 終値:120.9円
高値:121.5円 安値:120.0円
1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:132.1円 終値:134.1円
高値:134.7円 安値:131.9円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
始値:73.4円 終値:74.6円
高値:74.7円 安値:73.3円
1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.121ドル 終値:1.124ドル
高値:1.130ドル 安値:1.118ドル
1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

107.5円の日足の目線を分けるラインを勢いよく抜けてきたのですが、108円を超えたあたりのレジスタンスが強く、押し戻された感じです。もう1回くらいは上抜けを試す動きが出そうな気がしますが、注目したいと思います。4時間足高値を更新できずに戻されると、再び106円台を確認しにいく可能性が高いと思います。日足の目線を分けるラインは107.5円、注目水平ラインは108.08円、107.22円です。

<今週のユーロ円>

4時間足で安値は切り上がっていますが、高値が抑えられている感じです。注目水平ライン120.6円から4時間足25MAをすっきり上抜けてくるなら、注目水平ライン121.43円付近までは狙えそうですが、そこから上は改めてN字上昇の形成を待った方が良いように思います。日足の目線を分けるラインは120.3円、注目水平ラインは121.43円、120.6円です。

<今週のポンド円>

6月の下降トレンドラインを上抜けて4時間足で高値、安値ともに切り上がっています。三角保ち合いは上に放たれた感じです。134.0円がサポートとしてしっかり効いていることが確認できれば、上昇の流れに乗るタイミングを見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは133.6円、注目水平ラインは134.0円です。

<今週の豪ドル円>

4時間足の三角保ち合いは上に放たれた感じです。1時間足は上昇基調の形ですが、高値は注目水平ライン74.67円付近でレジスタンスされています。このラインをしっかり上抜けてくるなら、76円台前半までの上昇を期待したいと思います。上抜けに失敗しても日足の上昇トレンドラインを下抜けてくるまでは買い待ちのみです。日足の目線を分けるラインは73.1円、注目水平ラインは74.67円、73.8円です。

<今週のユーロドル>

4時間足では三角保ち合いの動きは継続していますが、やや荒れたもみ合いとなっています。4時間足の方向感が見えるまでは様子見ですね。日足の目線を分けるラインは1.117ドル、注目水平ラインは1.120ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあればポンド円、豪ドル円でロング、ユーロドルでショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

7/6
23:00 (米)ISM非製造業景況指数 6月

7/7
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表

に注目したいと思います。

気になるものは少ないですね。

7/6(月)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)6月
18:00 (欧)小売売上高 5月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)6月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)6月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数 6月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

7/7(火)の夜は、特に予定されていません。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 入金ボーナスだけでリアルトレードが始められます!