もみ合いレンジから抜け待ち – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

まだもみ合いレンジが続いている感じですね。1時間足の方向性が見えてから攻めていきたいところです。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、110.0円を挟んでの攻防です。1時間足レンジのどちらかに抜けてくるまで待ちたいと思います。

ユーロ円は、122.0円下抜けから反発上昇したのですが、4時間足25MAをしっかり上抜けることはできず戻されています。さらに安値更新が進むと121.0円くらいまでの調整を想定したいと思います。

ポンド円は、1時間足のもみ合いレンジから一旦上抜けてきたのですが、144.0円を手前に押しが強くなりました。143.3円くらいで反発上昇の動きが確認できたら、N字エントリーのポイントを探りたいと思います。

豪ドル円は、4時間足25MAが下降に転じました。1時間足でも高値、安値が連続的に切り下がっています。タイミングを見て売りエントリーでしょうか。

ユーロドルは、4時間足直近安値を更新してきました。少し戻りましたが、1.115ドルをしっかりと上抜けてくるには何か材料がいるかもしれません。

注目したいニュースとしては、好調な欧州経済指標でECBの見解などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

1/22(水)の夜は、

16:40 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)住宅価格指数 11月
24:00 (加)カナダ銀行 政策金利
24:00 (米)中古住宅販売件数 12月

1/23(木)の夜は、

21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 12月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)1月

1/24(金)の夜は、

17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 1月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、1/17の金曜日公表された1/14取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。円は2万枚近い売り越し、ユーロ、ポンドは1万枚以上の買い越しとなり、少し大きめの動きになっています。

円/ドル
買い 49,720 (+1,874)
売り 81,150 (+21,056)

ユーロ/ドル
買い 163,881 (-932)
売り 212,063 (-14,414)

ポンド/ドル
買い 68,816 (+1,413)
売り 37,284 (-13,609)

豪ドル/ドル
買い 43,769 (-8,294)
売り 64,318 (-14,994)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

MT4サインツール(インディケータ)の基本プログラム
– 自分でサインツールを作ってみよう

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


4時間足レンジ上限もみ合いからの次の方向見極め – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円が陽線、ユーロドルが陰線でした。

米中関係の改善期待が高まりドル買いは進みましたが、対中関税は11月の米大統領選後まで維持されるなど不透明感もあり、リスクオンの勢いは弱くなっているように感じます。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:109.5円 終値:110.2円
先週高値:110.3円 安値:109.5円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:121.8円 終値:122.2円
先週高値:122.9円 安値:121.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:142.8円 終値:143.3円
先週高値:144.5円 安値:142.4円
先週1時間足チャート型:上昇押し

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:75.5円 終値:75.7円
先週高値:76.2円 安値:75.5円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.112ドル 終値:1.109ドル
先週高値:1.117ドル 安値:1.109ドル
先週1時間足チャート型:弱含み

となっています。


<今週のドル円>

上昇力は残っていますが、勢いが弱まっています。高値を更新してきた場合、110.7円付近を目指す展開になりそうですが、週足で意識される三角保ち合いのラインが近づいてきていますので注意が必要です。高値更新せず、4時間足25MAを下抜けてきた場合、109.7円付近で反発するかどうかに注目です。日足の目線を分けるラインは108.5円、注目水平ラインは110.25円、109.7円です。

<今週のユーロ円>

122.8円付近の抵抗が強く、一旦押しも出された感じです。122.0円で反発上昇して、4時間足25MAを上抜けてくるような動きを期待したいと思います。日足の目線を分けるラインは121.00、注目水平ラインは122.0円、121.4円です。

<今週のポンド円>

144.0円の上抜けから、長い上ヒゲで押しが入っています。この押しが143.0円付近でとどまり反発できるのか、反発した場合は143.5円の抵抗の強さに注目したいと思います。インフレ鈍化の思惑、金利先安観などが重石となっているようです。日足の目線を分けるラインは141.0円、注目水平ラインは143.5円、143.0円です。

<今週の豪ドル円>

先々週の上昇勢いは衰え、日足高値は更新できず、76.0円付近を肩とするヘッドアンドショルダーを形成する動きで75.0円を確認する動きになるでしょうか。高値安値の連続的な切り下げが確認できれば、短期売りのエントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは74.0円、注目水平ラインは75.6円、75.0円です。

<今週のユーロドル>

高値切り下げとなり日足でヘッドアンドショルダーが形成されています。1.1075ドル付近をしっかり下抜けてくると1.10ドル目指す展開はありそうです。下抜けずに反発した場合は、ヘッドアンドショルダー崩れとなりますので、1.112ドルくらいを上抜けで1.117ドルくらいまでを狙いたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.1075ドル、注目水平ラインは1.112ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、中期を狙いにくそうなので様子見ですね。
チャンスが来るのを待ちたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

1/21
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

1/22
24:00 (加)カナダ銀行 政策金利

1/23
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

1/24
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI) 12月
08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨

に注目したいと思います。

1/20(月)の夜は、特に予定はありません。

1/21(火)の夜は、

18:30 (英)失業保険申請件数 12月
18:30 (英)失業率 12月
19:00 (独)ZEW景況感調査 1月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 1月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

ワインと生ハム、チーズの極上時間を楽しみませんか?


もみ合いレンジで次の動き待ち – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

ドル円は、中国の為替操作国認定解除の解除が効いて日足高値を更新してきましたが、クロス円はややもみ合いレンジとなっています。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、日足高値更新で昨年5月以来の110円台となりましたが、継続的に上昇するほどの材料は無く、15分足ではもみ合いとなっています。先週からの上昇幅は2.0円くらいありますので、反転下降の動きは確認したいところです。

ユーロ円は、日足で高値は更新していますが、4時間足ではレンジなので121.7円くらいまでの押しは確認したいところです。そこからN字上昇となれば期待する展開なのですが、どうなるのか注目したいと思います。

ポンド円は、もみ合いレンジが続いています。レンジといっても1.0円くらいの幅はあるので狙えなくはないです。143.5円上抜けの動きを待ちたいところですが、早期利下げ観測がネックのようです。

豪ドル円は、日足、4時間足がよい形になってきているので、1時間足の高値付近もみ合いから76.0円を上抜けてくる展開にはついていきたい感じです。

ユーロドルも、日足がいい形になってきています。ドルが弱ってきたらチャンスになりそうなのですが、1.115ドルをしっかりと上抜けてくるタイミングを待ちたいと思います。

注目したいニュースとしては、米中関係改善に向けての動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

1/15(水)の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI/コア指数)12月
18:30 (英)小売物価指数(RPI)12月
18:30 (英)生産者物価指数(コアPPI)12月
19:00 (欧)鉱工業生産 11月
19:00 (欧)貿易収支(季調前/季調済)11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)生産者物価指数(PPI/コア指数)12月
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 1月

1/16(木)の夜は、

21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30 (米)輸入物価指数 12月
22:30 (米)輸出物価指数 12月
22:30 (米)小売売上高 12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 1月
24:00 (米)企業在庫 11月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 1月
27:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

1/17(金)の夜は、

18:00 (欧)経常収支(季調前/季調済)11月
18:30 (英)小売売上高 12月
19:00 (欧)建設支出 11月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、改定値)12月
22:30 (米)住宅着工件数 12月
22:30 (米)建設許可件数 12月
23:15 (米)設備稼働率 12月
23:15 (米)鉱工業生産 12月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 1月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、1/10の金曜日公表された1/7取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。円、ユーロ、豪ドルが1万枚以上の買い越しとなっています。ポンドは少し落ち着いています。

円/ドル
買い 47,846 (+4,178)
売り 60,094 (-8,876)

ユーロ/ドル
買い 164,813 (-4,039)
売り 226,477 (-16,720)

ポンド/ドル
買い 67,403 (+2,829)
売り 50,893 (-1,288)

豪ドル/ドル
買い 52,063 (+2,633)
売り 79,312 (-8,457)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

FX凄腕名人紹介
– 同じトレードスタイルの名人を探そう

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼