トランプ大統領自動車関税ツイートでたなぼた – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、前半でトランプ米大統領の対中報復関税の発言でリスクオフの円買い相場となりましたが、その後はパウエルFRB議長が「利上げを継続する根拠が強い」と述べてタカ派の姿勢を見せたこともあり、相場は徐々に戻しました。

21日には米株が軟調に推移し、米10年債利回りも2.8%台まで低下したことによりドルが大きく売られる場面もありましたが、ユーロ、ポンド、豪ドルは緩やかながらも、やや強含みとなりました。

週末22日はまたしてもトランプ米大統領が欧州連合(EU)からの自動車輸入に20%の関税を賦課すると警告し、域内の経済を混乱させるとの懸念が強まり、欧州通貨を中心に売りが加速しました。

今週のベストトレード根拠は6/22ポンド円となります。
その日は、朝方からポンド円が強含みとなっていましたが、夕方くらいから上昇勢いが無くなり、調整の様子を見せていたため、5分足チャートでやや下降基調の波に乗ることができないか、注目していました。

下降トレンド相場ではありませんので、波の下(安値更新)から入るのではなく、上昇からの反転下降を狙う方が勝率は高くなると思いますし、損切りの場合でも損切り幅は小さくなります。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、22:20頃、ボリンジャーバンド上限および、移動平均線75MA(15分足25MA)付近で、反転下降の動きが感じられましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通りレンジ内を下降し、さらには下降チャネルラインも下抜けてきました。そして、200MA付近でレンジ内反転上昇になることを想定して、決済タイミングを見計らおうとしていたところ、突然の下落となりました。

理由を調査する時間も無く、取り急ぎ1分足チャートに切り替え、23:25頃、下ヒゲが長くなってきたタイミングで、決済としました。(チャート内□の部分)

決済後にニュースを確認すると、上記、トランプ米大統領のEU自動車関税に関するツイートが原因であることがわかりました。

今後も、トランプ米大統領の貿易摩擦に関する発言でのリスクオフは注意が必要ですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FXとは
– 外貨預金との違い

米中貿易戦争警戒でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週明けは米中貿易戦争激化への警戒感から、各通貨ペアともにもみ合いのレンジスタートとなりました。

そんな中、日本時間19日朝に、トランプ米大統領が中国の報復関税に対抗措置を取るとコメントし、USTR(合衆国通商代表部)に関税で2000億ドルの中国製品を確認するよう指示したとの報道があり、相場はリスクオフの流れで一気に崩れ、全面安の下降トレンドとなりました。

その後、回復も見られましたが戻りは鈍く、弱い上昇となっています。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/20(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期経常収支 1-3月期
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
22:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 5月

6/21(木)の夜は、

20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 6月
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 4月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 5月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 6月

6/22(金)の夜は、

16:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
16:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増

米中貿易戦争警戒感でリスクオフ継続か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

帰宅が遅かったため、日付は変わってしまいましたが、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:109.3~110.9円
先週終値:110.7円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:127.7~130.3円
先週終値:128.4円
4時間足チャート型:弱含み

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:146.3~148.0円
先週終値:147.0円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:82.3~84.1円
先週終値:82.3円
4時間足チャート型:弱含み

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週取引:1.154~1.185ドル
先週終値:1.161ドル
4時間足チャート型:弱含み

となっています。


先週は、6/12に史上初となる米朝首脳会談が実現し、北朝鮮の非核化による地政学的リスク後退によりドルは上昇しましたが、具体的な内容に欠け、伸び悩みました。また6/12,13に開かれたアメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)の会合では予想通り利上げが決定され、経済予測で利上げ見通しが年内4回に上方修正されたことはドル買いにつながりました。

しかし、週末には米中貿易戦争の激化を警戒するリスクオフの動きが見られました。

欧州中央銀行(ECB)は6/14の理事会で、市場の思惑通り資産買入れプログラムを年内に終了することを決定しましたが、政策金利は、少なくとも2019年夏まで現行で維持する慎重な方針が示されたため、ユーロは売りが強くなりました。

今週のドル円は、日米金利差拡大を想定したドル買い、円売りの方向性は維持される可能性がありますが、米中貿易戦争の激化に対する警戒感から上値は重く、もみあいになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、もみ合いレンジを上抜けて111円台に突入できるか、110円台でレンジを形成するかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)が現行の低金利政策を少なくとも2019年夏まで維持する見通しであること、米中貿易戦争への警戒感より、上値は重く、もみ合いレンジが続く可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足で先週の下げをどこまで戻せるかですが、25MA、200MAでの戻り売りチャンスには注目したいと思います。

今週のポンド円は、6/20、21開催の英中銀金融政策委員会(MPC)で政策金利は据え置き予想ですが、足元の経済指標は底堅い内容のものが多く、早期利上げに前向きな姿勢が示された場合、ポンドは買いが強くなる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足のもみ合いレンジを上抜けて、ユーロ円連動から上放たれるかに注目したいと思います。

今週の豪ドル円は、豪準備銀行(RBA)が利上げを急がない方針を維持していること、米中貿易戦争による中国経済への影響がオーストラリアにもおよぶ懸念から、リスク回避的な豪ドル売りは継続し、弱含みになる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足で5MAに沿った下降がどこまで続くのか、戻り売りチャンスが発生しないかに注目したいと思います。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)が現行の低金利政策を少なくとも2019年夏まで維持する見通しより当面は金利差拡大が続くこと、米中貿易戦争への警戒感より、もみ合いレンジ~弱含みになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足で反発上昇ガ見られれば、25MA、100MAでの戻り売り狙い、弱含みの様子が見られた場合、先々週の安値1.15ドルあたりまでは売ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

6/19
10:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表
17:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

6/20
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁 発言

6/21
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)政策金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

6/22
05:15 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

6/18(月)の夜は、

23:00 (米)NAHB住宅市場指数 6月

6/19(火)の夜は、

17:00 (欧)経常収支 4月
17:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
18:00 (欧)建設支出 前月比 4月
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 5月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 5月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

~~~~~~~~~~~~~~~

いよいよ夏休みが視野に入ってきました。

どこへ行っても人がいっぱいということはありますが、なんだかんだで出かけてしまいます。普通の会社員は、平日にゆったりといった旅行は難しいですもんね。

今年の休みは、マイナーな山に登って、麓のひなびた温泉とか行ってみたいです。

精神的にリラックスして、ゆとりを持つことに投資することは、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。


米朝首脳会談への市場反応の弱さに便乗 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、米朝首脳会談で朝鮮半島の非核化への動きは確認されたものの具体的な内容に乏しく、地政学的リスクが低減する方向の結果に対する市場の反応は弱かったように感じます。

14日のアメリカの連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利引き上げが決定し、2018年間の利上げ予測は3回から4回に上方修正されたことで、ドルは上昇しました。
しかし、アメリカによる中国製品への輸入関税を準備中のと報道が伝わると、リスクオフの流れとなり、ポジション調整が進んだようです。

一方、同じく14日の欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で政策金利を0.00%に据え置くことが決定され、量的緩和(QE)は10月から減額し、年内に終了する方針を発表しました。しかし、政策金利は、少なくとも2019年夏まで現行で維持する慎重な方針が示されたため、ユーロは売りが強くなりました。

今週のベストトレード根拠は6/12ポンド円となります。
その日は、夕方に米朝首脳会談の記者会見が行われましたが、朝鮮半島の非核化に向けた具体的な内容に乏しく、サプライイズもなかったことから、各通貨ペアともに軟調な展開となっていました。その中でポンド円の下がり方が比較的わかりやすいと感じましたので、下降基調の波に乗ることができないか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:25頃にもみ合いレンジを少し下抜け、その後少し反発したのですが、移動平均線25MAが抵抗となり、再び下げ始めました。そして、22:10頃、5MAと200MAも下抜けたタイミングで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通り、下げを加速してくれましたが、15分足ボリンジャーバンド下限付近でサポートられる動きがあり、もみ合いが発生しましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、やはり15分足レンジ内を上昇していきましたので良い判断だったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

XMのゼロカットシステム
– 相場急変でも追証の発生なし

米朝首脳会談結果は想定内でレンジ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週明けは米朝首脳会談への期待からか各通貨とも対円で上昇となり、ややリスクオンとなりました。しかし、次第に様子見となり、会談が始まり、記者会見となると、具体的内容に欠け、サプライズも無かったため伸び悩みのレンジとなっています。

会談時間が短かったということもあり内容は想定範囲となりましたが、歴史的な会談であったということには変わりなく、今後も良好な関係を保ち、地政学的リスクが縮小する方向になればと考えます。

市場の関心は既にFOMCへ移っています。アメリカの利上げが加速するのか。14日日本時間早朝のFOMC政策金利発表、パウエル連邦準備理事会(FRB)議長の定例記者会見には注目したいと思います。

14日夜の欧州中央銀行(ECB)イベントも年内量的緩和終了が決定されるのか気になりますね。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/13(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 5月
17:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 5月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 5月
18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)生産者物価指数(PPI) 前月比 5月

6/14(木)の早朝と夜は、

03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
17:30 (英)小売売上高指数 前月比 5月
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)小売売上高 前月比 5月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 5月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 5月
23:00 (米)企業在庫 前月比 4月

6/15(金)の夜は、

18:00 (欧)貿易収支 4月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 5月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 6月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 5月
22:15 (米)設備稼働率 5月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 速報値 6月

が予定されています。

注目経済指標、イベントが多くなっています。エントリー前には必ず確認しましょう。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

FX凄腕名人紹介
– 同じトレードスタイルの名人を探そう