クロス円は上昇波チャネルをしっかり確認 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

週明け後の環境認識です。

クロス円がいい感じで押し目から伸びています。15分足~1時間足の波のチャネルを確認して上昇トレンドラインからの上げの動きに注目です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :↑

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :↑

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :↑

<豪ドル円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :↑

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、注目水平ライン103.7円のレジスタンスが強く、上昇となっています。この上昇の流れが崩れ、日足目線ライン104.21円より下でN字下降形成を待ちたいです。

ユーロ円は、4時間足で押し目からの上昇ですが、1時間足25MAともやや乖離しているので軽めの調整を期待したいところです。

ポンド円は、ユーロ円に近い動きですが、こちらも軽めの調整を確認したいです。

豪ドル円も、ユーロ円、ポンド円に近いチャートです。77.0円レジスタンスに警戒しつつ、小さく押し目買いを狙いたいです。

ユーロドルは、1.189ドルのレジスタンスが強いですね。ここをしっかり上抜けると15分足のN字上昇を狙いたいのですが、今週はまだ厳しいでしょうか。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/25(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
22:30 (米)四半期GDP個人消費・改定値 7-9月期
22:30 (米)四半期コアPCE・改定値 7-9月期
22:30 (米)耐久財受注 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)個人所得 10月
24:00 (米)個人消費支出(PCE/デフレーター)10月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 11月
24:00 (米)新築住宅販売件数 10月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

11/26(木)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 10月
(米)休場(感謝祭)

11/27(金)の夜は、

19:00 (欧)経済信頼感 11月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)11月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/17取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。円だけがドルに対してやや大きめに売り越しています。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 40,313 (-15,331)
売り 10,646 (-3,104)

ユーロ/ドル
買い 203,551 (+1,177)
売り 69,591 (+2,504)

ポンド/ドル
買い 27,454 (-418)
売り 47,200 (+1,633)

豪ドル/ドル
買い 48,831 (-540)
売り 4,954 (-3,137)


クロス円の押し目買いチャンス待ち – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

コロナ感染者が増えてきて心配ですね。3連休で天気もよいですが、家でおとなしく韓国時代劇を見て過ごしています。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、豪ドル円が陰線、ポンド円、ユーロドルが陽線でした。

ドルが弱いですが、日足の波をしっかりと見ていきたいと思います。クロス円の押し目買いチャンスは期待したいです。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートのジグザグ判断で、直近のトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:104.7円 終値:103.8円
高値:105.1円 安値:103.6円
1時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:123.9円 終値:123.1円
高値:124.4円 安値:122.8円
1時間足チャート型:下降もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:137.9円 終値:137.9円
高値:138.9円 安値:137.2円
1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:76.1円 終値:75.8円
高値:76.8円 安値:75.4円
1時間足チャート型:下降戻り

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↑
始値:1.183ドル 終値:1.185ドル
高値:1.189ドル 安値:1.181ドル
1時間足チャート型:もみ合い

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
ポンド>豪ドル>円>ユーロ>ドル

4時間足
円>ポンド>ユーロ>豪ドル>ドル

です。


<今週のドル円>

4時間足で下降の流れとなっています。先週末はややもみ合いとなっていますので、まずはこのもみ合いをどちらに抜けるのかを確認したいと思います。注目水平ライン103.7円を下抜けてN字形成となれば売りエントリーポイントを見極めたいと思います。買いは、上に動いて日足目線104.21円をしっかり上抜けてこないと判断が難しい感じがします。日足の目線を分けるラインは104.21円、注目水平ラインは103.7円です。

<今週のユーロ円>

日足目線付近のもみ合いです。注目水平ライン123.47円をしっかり上抜けてN字上昇となれば、買いエントリーポイントを見極めたいと思います。日足目線ライン123.0円を下抜けてきたら売り目線にはなりますが、122.36円付近での反発可能性は想定しておきたいと思います。日足の目線を分けるラインは123.0円、注目水平ラインは123.47円、122.36円です。

<今週のポンド円>

日足目線ライン137.35円および4時間足上昇トレンドラインがサポートとなっています。137.35~138.34円のもみ合いレンジは振られやすいと思いますので、138.34円を上抜けてのN字上昇を待ちたいと思います。11/9,10上昇流れが残っていますので、売りはまだリスクが高そうです。日足の目線を分けるラインは137.35円、注目水平ラインは138.34円です。

<今週の豪ドル円>

日足目線ライン75.75円付近のもみ合いとなっています。レンジ上限76.14円上抜け、レンジ下限75.4円下抜け後のN字形成を確認してから、エントリーポイントを見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは75.75円、注目水平ラインは76.14円、75.4円です。

<今週のユーロドル>

4時間足で上昇の流れです。1.189ドルのレジスタンスがありますが、しっかり上抜けてくると、1.2ドルまでの動きが狙えそうに感じます。売りはリスクが高いですよ。日足の目線を分けるラインは1.177ドル、注目水平ラインは1.189ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば、ドル円のショート、ユーロ円、豪ドル円のロングを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

11/24
16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)7-9月期

11/25
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
24:00 (米)個人消費支出(PCEデフレーター)10月
24:00 (米)新築住宅販売件数 10月

11/26
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

に注目したいと思います。

木曜日はアメリカが感謝祭の休場です。

11/23(月)の夜は、

17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
24:30 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言

11/24(火)の夜は、

18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月
21:05 (日)黒田東彦日銀総裁 発言
23:00 (米)住宅価格指数 9月
23:00 (米)四半期住宅価格指数 7-9月期
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
23:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)11月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 11月

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 最大2万円の口座開設ボーナスで入金無しのリアルトレード!