トルコリラ急落でリスクオフ発動 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

明確な相場以外は判断が難しいですが、喜平の独断で分類しています。

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

昨日はアジア時間帯の午前中、トルコリラの急落をきっかけに株式相場が軟調となり、通貨ではリスク回避的な円買いの動きが広がりました。

トランプ大統領が中国との通商交渉に満足していないと発言、米朝首脳会談が行われない可能性にも言及したこともリスクオフの原因のようです。

ドイツ、ユーロ圏の製造業購買担当者景気指数(PMI)の低下、イギリス消費者物価指数(CPI)の鈍化も響き、リスクオフの歯止めは利かず、ドル円は109円台、ユーロ円は128円台半ば、ポンド円は145円台、オーストラリアドル円は82円台半ばまで売られました。

FOMC議事録では、経済が順調に推移した場合、緩やかな利上げ軌道を継続すると見ていることが示され、インフレの若干のオーバーシュートが有益になる可能性が指摘されましたが、内容に目新しさはありませんでした。近くの利上げが適切になるとメンバーの大半が予想していることが明らかになり、6月の利上げ見通しは後押しされましたが、全般的に賃金圧力は依然緩やかとの指摘があり、FOMCが利上げを急いでいないことが再確認される内容で、市場の反応は弱かったようです。申し少しタカ派の内容であれば、V字上昇の可能性があったと思うのですがちょっと残念な感じです。

大きな変動が発生すると一般的なチャートでは変動幅が見にくくなります。長い時間足のチャートでもトレンドなのか、レンジなのかを把握し、相場の方向感を見失わないようにしてください。

チャートの動きを見極めてからエントリーしたいと思います。

本日5/24の夜は、

17:30 (英)小売売上高指数 前月比 4月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 3月
22:00 (米)四半期住宅価格指数 前期比 1-3月期
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 4月

明日5/25の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 5月
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比 1-3月期
21:30 (米)耐久財受注 前月比 4月
22:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 5月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

主な経済指標(アメリカ)
– 発表時間は事前にチェックしよう

サポートライン下抜けを見極める – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

アメリカは対中関税の実施の先送りし、中国は自動車の輸入関税を従来の25%から15%に引き下げるとの報道があり、米中貿易摩擦は米朝首脳会談を控え、緩和しているように感じます。

今週のFOMC議事要旨は注目されますが、インフレの上昇から、年4回の利上げ期待も強まりつつあり、ドル高の傾向は継続しそうです。しかし、北朝鮮リスクの影響もあるのか、ドルの上値は重たそうですね。

ユーロ円、ポンド円はやや回復の動きが見られるものの、レンジもみ合いの様子です。

私がチャートを見始めたのは20:00頃ですが、ちょうどユーロ円とポンド円で直近のサポートラインが破られそうな気配がありましたので注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、20:20頃、直近サポートライン131.05円付近を下抜けたのですが、節目の131.00円が近かったため、1回目はスルーしました。そして、長めの上ヒゲのある陰線が発生した直後、20:45頃、再び131.00円を下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は移動平均線5MAに沿って下降を続け、移動平均線300MA(15分足100MA)を下抜けたところから急加速し、直近もみ合い付近として指値しておいた130.70円で決済となりました。

急な下降だったので、指値をしておいてよかったです。

1回目のサポートライン下抜けですぐに飛びつくと、反転上昇を喰らうことも多いので注意が必要ですよ。

ポンド円も同じような動きでしたが、15MA(15分足5MA)の勾配に勢いが感じられましたのでユーロ円でのエントリーとしました。

米朝首脳会談は開催が微妙になってきましたね。こちらも目が離せません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/23夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 4月
17:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 4月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 4月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 5月
深夜ですが、
5/24 03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

損小利大のための決済ポイント
– 利大は相場で使い分け

米中貿易摩擦回避の動きで安心感広がる – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

トランプ大統領が「中国は大規模な農業製品を米国から購入することを公約」とツイートし、ムニューシン財務長官「中国に対する輸入関税を当面見送ることで合意し、貿易論争は一時中断」と発言するなど、米朝首脳会談を前に貿易戦争回避に向けた動きとなったことが好感され、ダウ平均は上昇しました。
ドル円も上昇しましたが、10年債利回りが伸び悩み、やや頭打ちとなっています。ユーロ、ポンドは回復の兆しがあるものの、まだ反転上昇とまではいえない感じです。オーストラリアドルは原油高を背景に、買いが強くなっています。

本日5/22の夜は、

23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 5月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

ローソク足の読み方
– テクニカルの王道で勝率アップ

FOMC議事要旨の利上げ見通しに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週取引:109.2~111.1円
先週終値:110.8円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:129.5~131.4円
先週終値:130.4円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:148.0~150.0円
先週終値:149.2円
4時間足チャート型:強含み

<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:82.2~83.4円
先週終値:83.2円
4時間足チャート型:強含み

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週取引:1.175~1.200ドル
先週終値:1.177ドル
4時間足チャート型:下降もみ合い

となっています。



先週のドルは、10年債利回りの上昇や原油高を背景に、対円では一時111円まで買われました。米中貿易協議が再開され、中国が対米貿易黒字の削減を前向きに検討している内容の報道があり、貿易摩擦解消への期待が広がったことも買い安心感につながったと感じます。

先週のユーロは、仏中銀総裁の「欧州中央銀行による資産購入の終わりに近づきつつある」との発言で一時買いが強まりましたが、米長期金利の上昇やイタリア債務問題、政局不安などから、ユーロ売りが広がりました。

今週のドル円は、日本時間5/24 AM3:00に公表される連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で6月の追加利上げが確認できれば、金融緩和策の続く日本との金利差拡大を背景に、さらにドル高が進む可能性がありそうです。ただし、中東情勢や北朝鮮問題で地政学的リスクへの警戒感が高まるような報道があれば、リスクオフの円買いが発生する可能性もあると思います。

チャート的には、日足、4時間足で上昇基調なっていおり、日足200MA(110.6円付近)からしっかりと上放たれると112円も見えてくると思います。

今週のユーロ円は、イタリア問題などによるユーロ売りが一服しもみ合いになる可能性はあると思いますが、中東情勢や北朝鮮問題で地政学的リスクへの警戒感が高まるような報道があれば、リスクオフのユーロ売り円買いが発生する可能性もあると思われます。

チャート的には、レンジが継続しており、特に4時間足のレンジを意識して、エントリーポイントを見極めたいと思います。

今週のポンド円は、今週発表の4月消費者物価指数、GDP改定値などが注目されますが、既に経済見通しが下方修正されている状況なので、サプライズで無ければ、大きな動きにはなりにくいと思われます。

チャート的には、日足で安値を切り上げているように見えますので、150円台復活は期待したいところです。

今週のオーストラリアドル円は、引き続き中東の地政学的リスク懸念から原油および資源の先高観が続くと考えられ、底堅い動きになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、日足ボリンジャーバンド上限に近づいており、83.6円を突破してレンジブレイクが発生するかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロドルは、引き続きドルの金利先高感に対し、欧州中央銀行(ECB)による金融緩和策の早期縮小観測が後退している状態であり、金利差拡大を背景に、弱含みとなる可能性がありそうです。ただし、中東情勢や北朝鮮問題で地政学的リスクへの警戒感が高まるような報道があれば、調整のユーロ買いドル売りが発生する可能性もあると思われます。

チャート的には、日足、4時間足で下降トレンドとなり、週足でも移動平均線5MAが25MAを下抜ける状況になっています。引き続き、戻り売りに乗るタイミングを見極めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

5/23
17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 4月
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 4月

5/24
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 4月

5/25
17:00 (独)IFO企業景況感指数 5月
21:30 (米)耐久財受注 前月比 4月
22:00 (米)パウエル連邦準備理事会(FRB)議長 発言

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日5/21夜は、特に経済指標発表が予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

~~~~~~~~~~~~~~~

私の趣味の一つは音楽ですが、ソファーに出しっぱなしでもじゃまにならないウクレレはよく弾いています。音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。トレードでなかなかチャンスが来ないときは、ウクレレを弾きながらチャートを見ていると雑念が起こりにくいです。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

いとしのエリー



ウクレレの似合う夏に向かってトライしてみてはいかがでしょうか。

イタリア政局不安でユーロ売り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、ドル円が堅調に111円を目指す動きの中、ユーロ円はもみ合い、ポンド円はやや弱いながらも上昇基調、オーストラリアドル円は資源先高観を背景に上昇、ユーロドルは下降もみ合いの相場でした。

ファンダメンタルズとしては、北朝鮮が米朝首脳会談を前に駆け引きの動きから、アメリカはそれに配慮する姿勢、米中通商協議による今後の貿易摩擦への警戒感、イタリアではポピュリスト政権が誕生し、ユーロ離脱の可能性など、政局不安が注目されました。

今回のベストトレード根拠は5/18ユーロ円となります。ユーロ円は約2ヶ月ぶりの公開です。
その日は18:00過ぎから、イタリア新政権が欧州連合(EU)とは方向性の異なる政策をとるのではないかという警戒感から売りが強くなり、もみ合いレンジを大きく下抜けてきました。私がチャートを見始めたのは、20:00を過ぎていましたが、戻り売りに乗れそうな感じがしましたので、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:30頃、一度直近安値を下抜けた後、少し戻しましたが、21:40に上ひげの長い短い陰線が発生し、さらに強めの陰線が伸びてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は、反発するシーンもありましたが、移動平均線5MAを大きく上抜けることも無く、思惑通りに下がってくれました。そして、23:00頃の安値更新で下降勢いが弱く下ヒゲが発生し、週末ということもあり、もみ合いになることを想定しましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

ファンダメンタルズで気にするべき情報が多くなっています。経済指標以外にも要人発言による急変には警戒したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ