円の強さで下降トレンドの流れは加速か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陰線、ユーロドルが陽線でした。

円の強さが感じられ、全体的に日足下降トレンドの可能性が高まってきました。

飛び乗りにならないよう、下降波をしっかり見極めてエントリーしてください。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートのジグザグ判断で、直近のトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:106.0円 終値:104.5円
高値:106.2円 安値:104.3円
1時間足チャート型:下降基調

<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:125.5円 終値:123.8円
高値:125.9円 安値:123.3円
1時間足チャート型:下降もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:135.5円 終値:135.0円
高値:136.6円 安値:134.6円
1時間足チャート型:弱含み

<豪ドル円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:77.1円 終値:76.2円
高値:77.5円 安値:76.0円
1時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.183ドル 終値:1.184ドル
高値:1.190ドル 安値:1.174ドル
1時間足チャート型:大きなもみ合い

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
豪ドル>円>ユーロ>ドル>ポンド

4時間足
円>豪ドル>ドル>ユーロ>ポンド

です。


<今週のドル円>

日足三角保ち合いから下に強く抜けてきています。週足の下限付近なので反発上昇への警戒は必要ですが、注目水平ライン105.10円でレジスタンスされて再下降となれば、104.25円までの流れが狙えそうです。もし勢いがついて104.0円までの下降があれば、103円台前半へ下値探りを想定しておきたいと思います。日足の目線を分けるラインは106.05円、注目水平ラインは105.10円です。

<今週のユーロ円>

4時間足レンジ下限124.44円を力強く下抜けた後、もみ合いとなっています。下降の勢いはキープされていますので、1時間足下降トレンドライン、4時間足25MA、注目水平ラインのレジスタンスを確認してから、売りエントリータイミングを見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは124.44円、注目水平ラインは124.29円、123.97円です。

<今週のポンド円>

1時間足もみ合いは高値を切り下げながら、レンジ下限を下抜けました。135.57円は週足でも意識されているラインなので、下抜けたことでさらなる下値を探ること可能性が高くなったと思います。まずは戻りで135.57円でのレジスタンスを確認し、戻り売りとなったところで下降の流れに乗りたいと思います。日足の目線を分けるラインは137.8円、注目水平ラインは136.59円、135.57円です。

<今週の豪ドル円>

上昇勢いが続ていた豪ドル円も、いったん調整となりそうな相場環境です。4時間足下降トレンドライン、25MAなどのレジスタンスを確認できれば、注目水平ライン75.50円までの動きを狙ってみたいと思います。日足の目線を分けるラインは76.13円、注目水平ラインは76.75円、75.50円です。

<今週のユーロドル>

4時間足の高値は切り下がってきていますが、1.175~1.19ドルで大きなもみ合いレンジは継続していると思います。上昇、下降どちらに動く可能性があるので、レンジ内の中途半端なところでエントリーするより、レンジ上限、下限からの動きを見極めてエントリーしたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.1753ドル、注目水平ラインは1.190ドル、1.1864ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ショート(売り)

ポンド円・・・ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円のショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

9/22
23:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

9/23
11:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ)政策金利
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

9/24
08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨
16:30 (スイス)スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値
23:00 (米)新築住宅販売件数 8月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

に注目したいと思います。

火、水、木と連日のパウエルFRB議長の発言は要チェックです。

9/21(月)の夜は、

21:45 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

9/22(火)の夜は、

23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)9月
23:00 (米)中古住宅販売件数 8月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 9月
23:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 口座開設するだけでボーナスがもらえる海外FX!


ポンド円は下値探る展開か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陰線、ユーロドルが陽線でした。

ポンド円は大陰線になりました。ポンド円以外は、日足目線ラインで下ヒゲとなる十字線に近いローソク足です。

トレンドの転換を示唆していますが、もうしばらくは大きなもみ合いも想定されると思います。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートのジグザグ判断で、直近のトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:106.2円 終値:106.1円
高値:106.4円 安値:105.8円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:125.8円 終値:125.7円
高値:126.5円 安値:124.4円
1時間足チャート型:大きなもみ合い

<ポンド円>
週足:↑ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:140.7円 終値:135.8円
高値:141.0円 安値:135.6円
1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:77.4円 終値:77.2円
高値:77.7円 安値:76.1円
1時間足チャート型:大きなもみ合い

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:1.184ドル 終値:1.184ドル
高値:1.192ドル 安値:1.175ドル
1時間足チャート型:大きなもみ合い

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
豪ドル>ユーロ>ドル>円>ポンド

4時間足
円>ドル>ユーロ>豪ドル>ポンド

です。


<今週のドル円>

日足三角保ち合いが詰まってきました。今週末には次の動きへの初動が見られるかもしれません。動きが小さいので、注目水平ラインかをブレイクしてN字形成するまでは様子見でいきたいと思います。日足の目線を分けるラインは106.05円、注目水平ラインは106.5円、105.10円です。

<今週のユーロ円>

目先の1時間足で見られる短期の三角保ち合いがどちらに抜けるのかを見極めてから、次の作戦を練りたいと思います。下に抜けて124.4円までを狙えたら理想的です。日足の目線を分けるラインは124.44円、注目水平ラインは126.0円、125.3円です。

<今週のポンド円>

自由貿易協定が合意しないままEU離脱移行期間を終える可能性が高まったことを発端で強く売られており、この流れが今週も続く可能性がありそうです。日足でも意識される注目水平ライン135.57円でやや反発していますが、この反発がもう一度注目水平ライン136.59円を確認しにいって欲しいです。そして戻り売りとなる展開希望ですがどうなりますかね。日足の目線を分けるラインは138.3円、注目水平ラインは136.59円、135.57円です。

<今週の豪ドル円>

注目水平ライン77.58円のレジスタンスがなかなか強いですが、上抜けてからN字形成となれば、78.3円くらいまでの動きを狙ってみたいです。上抜けられない場合でも、日足目線ライン76.13円を下抜けない限、り売りは待った方が良いと思います。日足の目線を分けるラインは76.13円、注目水平ラインは77.58円、76.75円です。

<今週のユーロドル>

1.175~1.19ドルで大きなもみ合いレンジとなっていますので、その上限、下限から反転の動きについていきたいと思います。もちろんレンジブレイクとなれば、N字確認後に順張りです。日足の目線を分けるラインは1.1753ドル、注目水平ラインは1.190ドル、1.1864ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば、ユーロ円、ユーロドルのショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

9/16
21:30 (米)小売売上高 8月

9/17
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
未定 (日)日銀金融政策決定会合 終了後政策金利発表
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)8月
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)8月

に注目したいと思います。

9/17木曜日に注目イベントが多くなっています。

9/14(月)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 7月

9/15(火)の夜は、

18:00 (独)ZEW景況感調査 9月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 9月
21:30 (米)輸入物価指数 8月
21:30 (米)輸出物価指数 8月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 9月
22:15 (米)鉱工業生産 8月
22:15 (米)設備稼働率 8月

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 口座開設ボーナスで入金無しのリアルトレードができる海外FX!