トレンドライン、水平ライン反発をチェック – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:112.0円 終値:111.9円
先週高値:112.2円 安値:111.8円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:126.5円 終値:125.8円
先週高値:126.8円 安値:125.6円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:146.4円 終値:145.4円
先週高値:147.0円 安値:145.2円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:80.3円 終値:80.1円
先週高値:80.7円 安値:79.9円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.130ドル 終値:1.124ドル
先週高値:1.132ドル 安値:1.123ドル
先週1時間足チャート型:弱含み

となっています。


<今週のドル円>

112.0円前後の狭い範囲でレンジとなっており、レンジ抜け待ちとなります。下に抜けた場合は、111円半ばで4時間足上昇トレンドラインとぶつかるので、どのような動きになるか見極めが必要だと思います。上に抜けた場合、月足レベルの三角保ち合いライン上限が112円半ばにあるため、はね返りにも注意が必要です。

<今週のユーロ円>

先週は木曜日に1時間足もみ合いレンジを下抜けましたが、125.7円付近で日足でも意識される水平ラインに対して下ヒゲを連発しています。4時間足25MAを上抜けてくれば、再び127円台への上昇流れになるかもしれません。水平ラインをしっかり下抜ける展開になると、日足レンジ下限124円台に向かう可能性もあると思います。

<今週のポンド円>

日足の逆ヘッドアンドショルダーは崩れる形となり、ネックラインから下がってきて4時間足で意識される水平ラインで踏みとどまっています。しかしながら、4時間足上昇トレンドラインは下抜けているため、146.0円付近まで来ると戻り売りが強くなる可能性もあると思います。そうなれば売りチャンスになるかもしれません。

<今週の豪ドル円>

80円台前半のもみ合いとなっています。4時間足上昇トレンドラインはキープしており、先週末はほぼぶつかったところで終わっています。25MAを上に抜けた場合、80円台半ばまで狙うことができるかもしれませんね。上昇トレンドラインを下抜けると、79.0円台前半までの調整は想定しておきたいと思います。

<今週のユーロドル>

4時間足の上昇トレンドラインを下抜けています。1.123ドル付近で踏みとどまっていますが、1.125~1.128ドルくらいまでくると、水平ラインの抵抗で戻り売りが強くなる可能性は留意しておきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、豪ドル円のロングを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/24
10:30 (豪)四半期消費者物価(CPI)1-3月期
17:00 (独)IFO企業景況感指数 4月

4/25
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁 定例記者会見

4/26
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)1-3月期

に注目したいと思います。金曜日の米四半期GDPは大注目です。

4/22はユーロ圏がイースターマンデーの休場となります。
4/25はオーストラリアがアンザックデーの休場となります。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

4/22(月)の夜は、

23:00 (米)中古住宅販売件数 3月

4/23(火)の夜は、

22:00 (米)住宅価格指数 2月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 4月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)4月
23:00 (米)新築住宅販売件数 3月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんはどのような環境でトレードされていますか。最近はスマートフォンでもなんら問題なくトレードできますが、トレードの最中に電話やメール、LINE通知が来るのは困りますよね。

トレードする機器は単独のパソコンか、タブレットにするのがよいと思います。ある程度大きな画面の方が、トレード根拠の判断もしやすいです。タブレットはWiFiモデルもいいですが、LTEモデルで格安SIMが使えるものを選ぶと使用場所を選ばず便利です。

1ヶ月3GBあれば仕事が終わった後のトレードに十分使えます。それで月々900円なら助かりますね。

IIJmio

格安SIMはドコモ回線を使用するものと、au回線を使用するものがあります。新たにタブレットを購入する余裕がなく、機種変更などして使っていないスマートフォンが余っている場合は、それをトレード専用にして格安SIMを契約するのもよいと思います。

ドコモで契約していたスマートフォンならドコモ回線の格安SIM、auで契約していたスマートフォンならau回線の格安SIMが使える可能性が高いと思いますので一度確認してみると良いでしょう。au回線なら古めの端末でも対応するマイネオが良いと思います。



私は以前、機種変更して使わなくなったドコモ端末にIIJmioのSIMを刺して使っていましたが、使い勝手はよかったです。今はIPAD2017のauLTE版を白ロムで購入しましたので、マイネオSIMに変更しました。平日の昼休み時間帯は通信速度が落ちるようですが、夜のトレードでは問題ありません。

日足上昇トレンド転換を期待 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:111.7円 終値:112.0円
先週高値:112.1円 安値:110.8円
先週1時間足チャート型:しっかり上昇

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:125.3円 終値:126.6円
先週高値:126.8円 安値:124.8円
先週1時間足チャート型:強含み

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:145.4円 終値:146.4円
先週高値:147.0円 安値:144.8円
先週1時間足チャート型:強含み

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:79.3円 終値:80.3円
先週高値:80.5円 安値:79.0円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.122ドル 終値:1.130ドル
先週高値:1.132ドル 安値:1.121ドル
先週1時間足チャート型:上昇基調

となっています。


先週は各通貨ペアともにイギリスEU離脱期限延期などを背景に週後半で強い上昇となりました。しかし、週足ではドル円以外まだ下目線ですし、日足レベルではほぼレンジ内の動きです。

<今週のドル円>

3/5以来の112円台です。しかもヒゲではなく、日足ローソク足実体で越えてきたのは強さを感じます。一旦は押しで111円半ばまで調整が入る可能性がありますが、底から反発して、112.0円を力強く上抜けて欲しいものです。ただ月足レベルの三角保ち合いライン上限が112円半ばにあるため、はね返りには注意が必要です。

<今週のユーロ円>

日足で逆ヘッドアンドショルダーが見えます。ネックラインは126.6円付近でしょうか。ここをしっかり上抜けてN字上昇すれば、週足の下降トレンドライン突破と合わせて、大きな上昇の流れができて欲しいところです。

<今週のポンド円>

日足で逆ヘッドアンドショルダーが見えます。ネックラインは147.0円付近ですね。N字上昇となれば、148.0円くらいは狙えるかもしれません。但し、EU離脱は期限が延びただけで不透明感は払拭されておりませんので、まだしばらくは日足レンジの動きは続くように思われます。

<今週の豪ドル円>

ついに80.0円をしっかり超えてきました。一旦、節目の80.0円付近までは調整してから力強い伸びを期待したいところです。そうなれば82.0円くらいは短期で狙えるタイミングが来てほしい(祈願)

<今週のユーロドル>

先週の書いた4時間足の逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)は、ネックラインからしっかりN字を作って上昇となりました。日足でも25MAを上抜けてきていますので、1.14ドル付近までは上昇を期待したいところです。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロドルのロングを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/17
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP)1-3月期
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)3月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)3月

4/18
17:30 (英)小売売上高 3月
21:30 (米)小売売上高 3月

4/19
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)3月

に注目したいと思います。

4/19はアメリカ、ユーロ圏ともにグッドフライデーで休場となります。
トレードはお休みで飲みに行きたいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

4/15(月)の夜は、

21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 4月

4/16(火)の夜は、

17:30 (英)雇用統計 3月
18:00 (欧)建設支出 2月
18:00 (独)ZEW景況感調査 4月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 4月
22:15 (米)鉱工業生産 3月
22:15 (米)設備稼働率 3月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

~~~~~~~~~~~~~~~

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?

豪ドル円の80円上抜けに期待 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:110.9円 終値:111.7円
先週高値:111.8円 安値:110.8円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:124.5円 終値:125.3円
先週高値:125.5円 安値:124.4円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:144.5円 終値:145.6円
先週高値:147.2円 安値:144.4円
先週1時間足チャート型:上昇押し

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:78.8円 終値:79.4円
先週高値:79.6円 安値:78.5円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.123ドル 終値:1.122ドル
先週高値:1.125ドル 安値:1.118ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週は米中通商協議の進展期待などを背景にドル円は上昇基調、ユーロ円は上昇もみ合い、ポンド円は上昇押し、豪ドル円は強含みでした。ユーロドルは週末にドルが買われたこともあり、弱い陰線でした。日足レベルではほぼレンジ内の動きです。

<今週のドル円>

4時間足で強い上昇トレンドを保っています。しかし、4時間足直近高値が目前となっており、上抜けることができたとしても、月足の三角保ち合いライン上限が112円半ばにあるため、上昇するにしても重い展開が想定されます。

米消費者物価指数やFOMC議事録で上値が抑えられると一旦調整になる可能性があると思います。

<今週のユーロ円>

4時間足では上昇トレンドとなっています。しかし、125.5円付近に意識される水平ラインがあること、日足の高値を切り下げる下降トレンドラインの存在が気になるため、上値は重くなりそうです。

10日のドラギECB総裁の定例記者会見も気になるところですね。

<今週のポンド円>

年初からの日足上昇トレンドラインを下抜け、さらには高値を切り下げる動きとなっています。

EU離脱に関しては離脱期限を延長することが模索されていますが、先行き不透明な状況はまだしばらく続きそうな感じですので、今後も大きな波が発生しそうです。

ポジション保有リスクは他の通貨ペアと比べて高いですので、エントリーするにしても短期限定です。

<今週の豪ドル円>

4時間足では大きく振れながらも上昇トレンドをキープしています。しかし、レンジ上限付近に来ており、上値の重さが想定されます。

特に80円台は昨年12/20に下抜けて以来、上抜けることができていませんので、超えるためにはそれなりの材料が欲しいところです。ここ10年の結果では、70円台から80円台に上抜けた場合、大きく伸びることが多いようです。

<今週のユーロドル>

引き続き日足レンジの下限付近でで踏みとどまっている感じです。4時間足では逆三尊が見えますね。

肩ラインの1.121ドル付近をしっかり下抜けるか、ネックラインの1.125ドル付近をしっかり上抜けるかに注目したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、豪ドル円のロング、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/10
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)3月

4/11
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
10:30 (中)消費者物価指数(CPI)3月
15:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)3月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

4/8(月)の夜は、

23:00 (米)製造業新規受注 2月

4/9(火)の夜は、

特にの経済指標発表、イベントが予定されていません。

指標に関しては静かな週明けとなります。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさん、ワインはお好きですか。私は大好きです。ビールよりも少しリッチな感じになりますし、おつまみもちょっと良いものを選んでしまいます。特に生ハム、ソーセージ、チーズは最高に合うと思います。

紹介させていただくグルメソムリエは、世界各地の美味しいワイン、生ハム、ソーセージ、チーズなどを扱う専門店です。

食べ物となると品質や健康も気になりますが、直輸入の無添加生ハム原木やオーガニックワイン(BIOワイン)、世界コンクール金賞受賞のチーズ、また、抗生剤・ホルモン剤不使用にこだわったニュージーランド産の羊肉ラム肉など、安心していただけるものばかりです。

生ハム原木の輸入直販では国内最高の品揃えで目移りしてしまいますね。

毎月25日から29日までを「29の日感謝デー」となっており、特別な商品販売やサービスが魅力だと思います。新規会員登録時にすぐにお使いいただけるポイント500円のプレゼントもありますので一度試されてはいかがでしょうか。

高品質なワイン、美味しいおつまみは悠々自適時間にとって無くてはならないものだと思います(笑)