下降トレンドだが戻りN字確認要 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:108.7円 終値:106.6円
先週高値:109.3円 安値:106.5円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:120.9円 終値:118.4円
先週高値:121.4円 安値:118.3円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:134.5円 終値:129.6円
先週高値:134.6円 安値:129.1円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:75.1円 終値:72.5円
先週高値:75.2円 安値:72.2円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:1.113ドル 終値:1.110ドル
先週高値:1.116ドル 安値:1.102ドル
先週1時間足チャート型:下降戻り

となっています。


<今週のドル円>

米中貿易摩擦再燃で売られやすい状況は続くように思われます。しっかりとN字は確認していきたいところですね。2015年6月から形成している週足の三角保ち合いが下に崩れてきているように見えます。年初の安値104円付近を下抜けると100円割れを目指す可能性もあるでしょう。

<今週のユーロ円>

まだ下降の勢いは残っているようにも見えますが、戻り、ショートカバーなどを確認したうえで、売りタイミングを見極めたいと思います。

<今週のポンド円>

下降勢いは衰えていたのですが、大きな下げで年初の安値も下抜けてきました。戻りをしっかり確認して売り参戦ですかね。10月末まではジョンソン政権の合意なきEU離脱へ警戒感はぬぐえないと思いますので、じわりと2011年9月の安値117円付近を目指すのでしょうか。

<今週の豪ドル円>

週足の直近安値を大きく下抜けました。米中貿易摩擦の拡大で当面は売り圧力にさらされます。戻りを確認しつつ、N字で攻めていきたいです。

<今週のユーロドル>

下降トレンドですが、対円通貨ペアと違い、先週末は戻しています。1.111ドル付近の水平線は意識されているように見えますので、1時間足25MAをしっかり下抜けるようなら売りチャンスがあるかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

8/5
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)7月

8/6
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表

8/9
08:50 (日)四半期国内総生産(GDP、速報値)4-6月期
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)4-6月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

8/5(月)の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI)7月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)7月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

8/6(火)の夜は、特に予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

8/10~18は夏季休暇でブログ更新もお休みさせていただきます。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

~~~~~~~~~~~~~~~

精神的にリラックスして、ゆとりを持つことに投資することは、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。


今週の重要指標後の動きに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:107.7円 終値:108.7円
先週高値:108.8円 安値:107.7円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:120.8円 終値:120.9円
先週高値:121.4円 安値:120.0円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:134.7円 終値:134.6円
先週高値:135.7円 安値:134.2円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:75.9円 終値:75.1円
先週高値:76.2円 安値:75.0円
先週1時間足チャート型:もみ合い下降

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:1.122ドル 終値:1.113ドル
先週高値:1.123ドル 安値:1.110ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


<今週のドル円>

4時間足レンジ内の動きですが、先週の期待に反して上昇となりました。7/31深夜にはFOMC政策金利発表、週末には雇用統計があるので、上昇は一旦落ち着き、もみ合いになる可能性が高いと考えますが、金利先安感が再燃すると戻り売りとなるかもしれません。

<今週のユーロ円>

先週のショートカバー上昇では4時間足で長めの上ヒゲがつき、徐々に下降してきています。先週金曜日の安値を下抜けてくると売り再開で下降の勢いが出てくるかもしれません。7/31は四半期域内GDPの発表がありますので注目ですね。

<今週のポンド円>

日足の下降勢いは衰えてきていますが、まだ下げ止まり感はありません。離脱強行派とされるジョンソン新政権が、EU離脱と国内経済にどのように取り組んでいくのかはまだこれからであり、もみ合いレンジとなる可能性が高いと考えますが、8/1のMPC声明に対する市場の反応には注目したいと思います。

<今週の豪ドル円>

76.2円の水平ラインは上抜けることができす下降してきました。米中貿易協議が再開されますが、進展が無い限り下降傾向は続くような気がします。75.0円をしっかり下抜けてくると、目先で74.0円を目指してくるのではないでしょうか。

<今週のユーロドル>

日足レンジ下限の1.110ドル付近は強い水平ラインとなっていますので、下抜けには大きな動きが必要だと思います。今週はアメリカ、ユーロ圏ともに重要指標が控えていますので、その結果次第でレンジ継続か、レンジ下抜けがあるのか見極めたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

7/31
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)4-6月期
21:15 (米)ADP雇用統計 7月

8/1
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)政策金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
20:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言

8/2
21:30 (米)雇用統計 7月

に注目したいと思います。FOMC、英政策金利、米雇用統計、重要指標が多いですね。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

7/29(月)の夜は、

17:30 (英)消費者信用残高 6月
17:30 (英)マネーサプライM4 6月

7/30(火)の夜は、

18:00 (欧)経済信頼感 7月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値)7月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)7月
21:30 (米)個人所得 6月
21:30 (米)個人消費支出(PCE、コア・デフレーター)6月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 5月
23:00 (米)住宅販売保留指数 6月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)7月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんはどのような環境でトレードされていますか。最近はスマートフォンでもなんら問題なくトレードできますが、トレードの最中に電話やメール、LINE通知が来るのは困りますよね。

トレードする機器は単独のパソコンか、タブレットにするのがよいと思います。ある程度大きな画面の方が、トレード根拠の判断もしやすいです。タブレットはWiFiモデルもいいですが、LTEモデルで格安SIMが使えるものを選ぶと使用場所を選ばず便利です。

1ヶ月3GBあれば仕事が終わった後のトレードに十分使えます。それで月々900円なら助かりますね。

IIJmio

格安SIMはドコモ回線を使用するものと、au回線を使用するものがあります。新たにタブレットを購入する余裕がなく、機種変更などして使っていないスマートフォンが余っている場合は、それをトレード専用にして格安SIMを契約するのもよいと思います。

ドコモで契約していたスマートフォンならドコモ回線の格安SIM、auで契約していたスマートフォンならau回線の格安SIMが使える可能性が高いと思いますので一度確認してみると良いでしょう。au回線なら古めの端末でも対応するマイネオが良いと思います。



私は以前、機種変更して使わなくなったドコモ端末にIIJmioのSIMを刺して使っていましたが、使い勝手はよかったです。今はIPAD2017のauLTE版を白ロムで購入しましたので、マイネオSIMに変更しました。平日の昼休み時間帯は通信速度が落ちるようですが、夜のトレードでは問題ありません。

重要イベントで次の動きとなるか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:107.9円 終値:107.7円
先週高値:108.4円 安値:107.2円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:121.6円 終値:120.9円
先週高値:121.8円 安値:120.8円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:135.6円 終値:134.7円
先週高値:135.8円 安値:133.8円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:75.7円 終値:75.9円
先週高値:76.1円 安値:75.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.127ドル 終値:1.122ドル
先週高値:1.128ドル 安値:1.120ドル
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

4時間足ヘッドアンドショルダーのネックラインを割り込んできています。先週末は4時間足25MAに対して上ヒゲをつけており、下落示唆のように感じられます。今週末の四半期GDPは予想から減速見通しとなっており、7/31 FOMC利下げ内容に影響を与える可能性から、大きな変動を伴う可能性があるのでご注意ください。

<今週のユーロ円>

4時間足の三角保ち合いから下に振れてきました。日足直近安値付近まで来ていますので、安値更新があるのかに注目したいと思います。7/25のECB理事会で9月利下げが示唆される見通しとなっており、そのあたりで一気に動く可能性もあると思います。

<今週のポンド円>

下降トレンドが続いていますね。先週は「合意なき離脱」を阻止することを目指した修正案を賛成多数で可決していますが、7/23英保守党党首選で予想通り離脱強行派とされるジョンソン前外相が選出された場合、期限内のEU離脱は難しくなるとの見方もあり上値は重そうです。

<今週の豪ドル円>

76.0円付近の水平ラインは強力ですね。なかなかしっかり上抜けることができません。豪準備銀行(RBA)の7月理事会議事要旨で追加利下げ方針が再確認され、雇用統計も想定範囲だったこともあり、上値は重く下値を探る動きが出る可能性もあると思います。

<今週のユーロドル>

4時間足で意識される水平ライン1.127ドル付近が上抜けの抵抗となっています。今週のイベントではユーロ、ドルともにネガティブな予想がありますので、少し大きめの乱高下があるかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

7/23
未定 (英)保守党党首選(次期英首相決定)

7/24
23:00 (米)新築住宅販売件数 6月

7/25
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

7/26
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)4-6月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 4-6月期

に注目したいと思います。欧州政策金利、米GDP速報値は大注目です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

7/22(月)の夜は、特に指標発表等の予定はありません。

7/23(火)の夜は、

22:00 (米)住宅価格指数 5月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 7月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)7月
23:00 (米)中古住宅販売件数 6月
未定 (英)保守党党首選(次期英首相決定)

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

~~~~~~~~~~~~~~~

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?