英EU離脱議会採決は要注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週取引:112.2~113.8円
先週終値:112.7円
4時間足チャート型:下降基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.6~129.1円
先週終値:128.5円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
週取引:142.8~145.5円
先週終値:143.5円
4時間足チャート型:下降もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:80.6~83.9円
先週終値:81.1円
4時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.131~1.142ドル
先週終値:1.140ドル
4時間足チャート型:もみ合い

となっています。


全体的に大きな波の多いもみ合いが継続している感じです。豪ドル円だけは、週明けからほぼ1本調子で下げました。世界経済減速懸念からかリスクオフ相場の様子となっています。

<今週のドル円>
日足で高値を切り下げてきています。4時間足でレンジ内ながら、現状の下げがレンジ下限112.25円付近で踏みとどまり、反転上昇があるのか、下抜けて次の下値を探るのかに注目したいと思います。

<今週のユーロ円>
4時間足でもみ合いレンジが継続しています。5分足、15分足の小さな波だけでなく、4時間足レンジでの位置も確認していきたいと思います。

<今週のポンド円>
4時間足で大きなもみ合いながら高値を切り下げてきています。今週11日火曜日にメイ政権のEU離脱案承認採決が予定されていますが、否決される可能性が高そうです。採決結果判明後は政局の不安定懸念から大きな変動が発生する可能性は留意しておきたいと思います。

<今週の豪ドル円>
日足レンジ上限83.9円付近からの反転の下落となっています。下落のきっかけとなった米中貿易摩擦解消の停滞懸念、ファーウェイCFO逮捕による対立激化懸念はすぐに収まりそうにもありません。先週の安値80.9円付近をしっかり下抜けてくれば、日足レンジ下限を目指す展開になり、80円を割り込んでくる可能性も考えられます。

<今週のユーロドル>
4時間足レンジの上限1.142ドル付近への上ヒゲ多くなっていることが気になります。反転下降の動きになれば、先週と同様、大きな波のもみ合いが続く可能性が高いと思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認しつつ、レンジ下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。12/11はイギリスEU離脱議会採決が予定されていますので、その結果による急変動を避けるため、火曜日はエントリー無しにするかもしれません。

今週発表の経済指標、イベントでは、

12/11
18:30 (英)雇用統計 11月
19:00 (独)ZEW景況感調査 12月

12/12
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)11月

12/13
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

12/14
22:30 (米)小売売上高 11月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

12/10(月)の夜は、

18:30 (英)月次国内総生産(GDP)10月
18:30 (英)鉱工業生産指数 10月
18:30 (英)製造業生産指数 10月
18:30 (英)貿易収支 10月

12/11(火)の夜は、

18:30 (英)雇用統計 11月
19:00 (独)ZEW景況感調査 12月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 12月
22:30 (米)卸売物価指数(PPI)11月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内最大級の宿・ホテル予約サイト 国内25,000軒の宿をネットで予約OK! 2%ポイント還元! 家族旅行、出張でポイントたまる!

~~~~~~~~~~~~~~~

私は趣味でウクレレを弾きます。小さいからどこにでも気軽に持っていくことができますし、コードブックなどがあると渋滞に巻き込まれた車の中でもみんなと歌ったりできて楽しいです。
クリスマスのイベントでもなかなか役立ちます。
あのギターで有名なギブソンもウクレレを作るといって話題になりましたね。そう、それだけ注目を浴びている楽器なのです。

小さなウクレレはギターよりも簡単で、音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

夜空ノムコウ



もみ合い継続も豪ドル円トレンドに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:112.9~114.0円
先週終値:113.5円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.9~129.3円
先週終値:128.5円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
週取引:144.5~145.8円
先週終値:144.8円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:81.6~83.2円
先週終値:83.0円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.127~1.140ドル
先週終値:1.132ドル
4時間足チャート型:もみ合い

となっています。


4時間足チャート型でドル円、豪ドル円で週前半で上昇したものの、全体的にもみ合いとなりました。とはいっても小さなもみ合いではなく、大きな波の多いもみ合いでしたので、レンジの上限、下限からうまく波に乗れた人は利を伸ばせたのではないでしょうか。

<今週のドル円>
4時間足で安値を切り上げる動きになっていますが、週足のレジスタンスライン114.5円付近をしっかりと上抜けるにはそれなりの材料が必要と思われます。米中貿易摩擦については若干緩和されましたが、今週ももみ合いが続く可能性が高いと思われます。

<今週のユーロ円>
ファンダメンタルズの懸念も落ち着きつつあり、4時間足のレンジ内(127.8~129.3円)の動きが継続する可能性が高いと思われます。

<今週のポンド円>
メイ政権のEU離脱案承認採決は12/11に予定されています。承認される可能性は低いようですが、それまでは与党、野党の駆け引きもあるでしょうし、今週は4時間足レンジ内(144.3~145.8円)の動きが継続する可能性が高いと思われます。

<今週の豪ドル円>
4時間足で直近高値を更新し、弱い上昇トレンドとなっています。今週発表の政策金利は据え置き予想ですが、声明で景気や雇用について強気な見通しとなった場合は、トレンド継続となる可能性もあると思われます。米中貿易摩擦の緩和も後押しとなる可能性があります。

<今週のユーロドル>
日足での下降トレンドが継続しています。日足直近安値11/12の1.121ドルを下抜けた場合は、更なる下値を模索する可能性がありますが、ドル、ユーロともに強い材料は出ていないこともあり、もみ合いレンジが継続する可能性が高いと思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、レンジの上限と下限を確認しつつ、下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。またチャンスがあれば、4時間足レンジ内反転を捉えるエントリーも検討してみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

12/3
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月

12/4
12:30 (豪)準備銀行(RBA)政策金利発表

12/5
09:30 (豪)四半期国内総生産(GDP)7-9月期
22:15 (米)ADP雇用統計 11月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)11月
24:15 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

12/6
22:30 (米)貿易収支 10月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)7-9月期

12/7
22:30 (米)非農業部門雇用者数変化 11月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

12/3(月)の夜は、

17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)11月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
24:00 (米)建設支出 10月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月

12/4(火)の夜は、

18:15 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)11月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI)10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


方向感弱いが急変動には要注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:112.3~113.2円
先週終値:112.9円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.8~129.1円
先週終値:127.9円
4時間足チャート型:もみ合い下降

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
週取引:144.0~145.9円
先週終値:144.5円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:81.2~82.6円
先週終値:81.6円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.133~1.147ドル
先週終値:1.133ドル
4時間足チャート型:弱含み

となっています。


各通貨ペアともに方向感が乏しくもみ合いとなっています。ユーロ円、ポンド円、ユーロドルはイギリスEU離脱関連や経済指標発表による大きめの変動があったりで、テクニカル分析がややしづらい状況となりました。

<今週のドル円>
4時間足で水平に近い移動平均線25MAのやや上でもみ合いとなっています。今週は米GDP改定値やFOMC議事要旨が予定されていますが、それまではレンジの動きが継続する可能性が高いと思います。イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題など、ユーロ圏のリスクオフ要因による変動にも注意が必要です。

<今週のユーロ円>
4時間足で25MAのやや下でもみ合いとなっていますが、ネガティブ情報に対して大きな下げで反応しやすくなっているように感じます。引き続き、イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題には警戒が必要であること、経済指標が予想を下回った場合、ユーロ圏経済成長鈍化の思惑が広がる可能性もあるので、景況感指数、雇用統計といった指標発表時のポジンション持ち越しは注意しておきたいです。

<今週のポンド円>
4時間足で25MA付近となっており、もみ合いとなっています。EUと合意した離脱草案の議会承認は難しいと見られていますが、英中央銀行は合意なしのEU離脱にも対応できるとの見方を示しています。はたして市場は冷静に動けるのか注目したいと思います。

<今週の豪ドル円>
日足レンジ上限付近のもみ合いから4時間足でやや高値を切り下げる動きとなっています。4時間足25MAを上抜けることができないと、下降トレンドが発生する可能性もあると思います。米中対立の緩和期待が後退していること、原油先物価格の下落が下げ圧力の要因となっていると思われます。

<今週のユーロドル>
日足での下降トレンドが継続しています。イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題などがリスクオフ要因のため、日足直近1.12ドル付近までの下げは想定しておきたいと思います。

なかなかテクニカル分析だけでは読みにくい相場ですのでファンダメンタルズを含めた内容になってしまいました。

今週の5分足、15分足のトレードは、レンジの上限と下限を確認しつつ、下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。まだ保有の長いポジンションは持ちたくない感じなので、勢い重視の短期ポジションで急変動リスクは抑えていきます。

今週発表の経済指標、イベントでは、

11/26
18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月

11/28
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期

11/29
17:55 (独)雇用統計 11月

11/30
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
10:00 (中)製造業購買担当者景気指数(PMI)11月
19:00 (欧)雇用統計 10月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

11/26(月)の夜は、

18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月
23:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

11/27(火)の夜は、

23:00 (米)住宅価格指数 9月
23:00 (米)四半期住宅価格指数 7-9月期
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)11月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

少し寒くなりましたね。みなさんは良い睡眠が取れていますか。

寝不足は判断力が鈍るためトレードにとってよくありません。寝る時間もトレードルールの一つと考えてください。

今日はちょっといい枕で良質な睡眠をとり、トレードの判断力を保つための提案です。眠りの質で人生が変わるといっても過言ではありません。よい人生のために枕に投資するのはありですよ。

「まくらる。」は北海道から沖縄まで全国500店舗以上のオーダーメイド枕取扱店を探したり、比較することができます。販売されているチケットはプレゼントにも最適だと思います。



リスクオフ要因くすぶる – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

すみません。昨日はちょっと遊びすぎて、更には今朝もあわただしく、ブログ公開が遅れてしまいました。遅くなりましたが、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:112.6~114.2円
先週終値:112.9円
4時間足チャート型:弱含み

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.5~129.2円
先週終値:128.9円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
週取引:144.2~148.7円
先週終値:144.8円
4時間足チャート型:下降もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:81.4~82.9円
先週終値:82.8円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.122~1.150ドル
先週終値:1.142ドル
4時間足チャート型:上昇基調

となっています。


ドル円は週足レンジ上限付近で上値が重く、4時間足ではレンジ反転の動きが見られました。ユーロ円はもみ合いが続き、ポンド円はEUと合意した離脱協定案が英国議会で承認される可能性が低く、ポンド円は大きく下げました。豪ドル円は4時間足で上昇の動きが見られ、ユーロドルはレンジ内の動きですが、4時間足上昇基調となりました。

<今週のドル円>
日足でも、4時間足で高値を切り下げる動きとなっており、112.0円付近まであるいはそれ以上の調整下降の動きが見られる可能性があると思います。イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題、米中貿易摩擦などでのネガティブニュースはリスクオフ要因となることも注意が必要ですね。

<今週のユーロ円>
引き続きもみ合いレンジの動きが続きそうですので、1時間足のレンジを確認していきたいと思いますが、イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題で大きな変動が発生するリスクもあるので、ポジション保有は短めにしておきたいところです。

<今週のポンド円>
先週は日足、4時間足で大陰線が発生しましたが、今週もEU離脱問題、保守党内でメイ首相不信任決議などのニュースで大きな変動が発生する可能性はあると思います。博打的要素が高いため、今週もポンド円は様子見でいきたいと思います。

<今週の豪ドル円>
4時間足25MAの上をキープできるかに注目したいと思います。そして先週高値を更新する場面があれば、84円台を目指す展開があるかもしれません。先週は米中貿易摩擦緩和への動きで上昇となりましたが、今週も米中貿易摩擦の動きが影響すると思われます。

<今週のユーロドル>
先週はドルの下落で4時間足上昇となりましたが、日足での下降トレンドは継続しており、イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題などが重石となり、下降トレンドラインから下に向かう可能性が高いと思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、レンジの上限と下限を確認しつつ、4時間足25MAの上をではロング(買い)中心、25MAの下ではショート(売り)中心で考えたいと思います。勢い重視の短期ポジションで急変動リスクは抑えていきます。

4時間足、日足では、イギリスEU離脱関連の影響で、変動が大きくなる可能性もあるのでリスクの大きな長いポジション保有は控えておきたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

11/21
22:30 (米)耐久財受注 10月
24:00 (米)中古住宅販売件数 10月

11/22
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

11/23
16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)7-9月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

11/19(月)の夜は、

18:00 (欧)経常収支 9月
19:00 (欧)建設支出 9月

11/20(火)の夜は、

19:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
22:30 (米)住宅着工件数 10月
22:30 (米)建設許可件数 10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

~~~~~~~~~~~~~~~

早いものでもうお正月が迫ってきました。

今回は9連休という方も多いのではないでしょうか。家でのんびり過ごすのもよいですが、たまには
自宅や実家から離れた観光地でお正月気分を楽しみ、旅館でおせちを食べてなんてのもはよいですね。まだギリ空いているお宿もあります。

精神的にリラックスして、ゆとりを持つことに投資することは、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。