三角保ち合い傾向でもみ合いか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:109.7円 終値:110.4円
先週高値:111.1円 安値:109.7円
先週1時間足チャート型:上昇押し

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:124.2円 終値:124.7円
先週高値:125.5円 安値:124.2円
先週1時間足チャート型:逆V字下降

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:141.8円 終値:142.3円
先週高値:143.3円 安値:141.0円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:77.7円 終値:78.8円
先週高値:79.2円 安値:77.7円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:1.132ドル 終値:1.129ドル
先週高値:1.134ドル 安値:1.123ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週はドル円が110円の抵抗がしっかり上抜けて111円に達しましたが、その後は押しが発生しました。ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は週前半は上昇となったものの、後半は伸び悩み、下降戻りの状況です。ユーロドルは日足レンジ下限付近のもみ合いでした。
ファンダメンタルズは不透明な部分が多くなっているので、純粋にテクニカルだけで今週の見通しをまとめてみます。

<今週のドル円>
4時間足で移動平均線25MAや上昇トレンドラインを少しだけ下抜けています。もう少し下がるとヘッドアンドショルダーが形成され、110.3円付近のネックラインを下抜けてくると深めの調整になる可能性もあると思われます。

<今週のユーロ円>
4時間足で三角保ち合いの様子です。水平ライン124.8円付近をしっかり上抜けてくると三角保ち合い上限125.2円付近まで上げてくる可能性もあると思われます。

<今週のポンド円>
4時間足で1月下旬からの緩やかな下降できれいな下降トレンドラインが出ています。現在、直近下限141.0円付近からの上昇となっているので、トレンドラインまで達する可能性もあると思いますが、142.5円付近にも強めの水平ラインがあるので、そのあたりで下降反転してしまうことも考えられます。

<今週の豪ドル円>
4時間足で三角保ち合いの様子です。三角保ち合い上限は79.0円付近となりますが、先週終値の78.8円付近も強い水平ラインがあるので、ここから下げてくるとヘッドアンドショルダー形成の可能性もあり、下向き目線が強くなるかもしれません。

<今週のユーロドル>
日足レンジ下限付近ですが、1.125ドル付近はなかなか強力な水平ラインですので、下抜けにはそれなりのパワーが必要となりそうです。日足で三尊さんも形成されていますので、下抜けには注目したいと思いますが、もみ合いが継続する可能性のほうが高そうに感じます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、水平ライン、トレンドラインもみ合いからの上抜けロング(買い)、下抜けショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ポンド円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/19
09:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表
18:30 (英)雇用統計 1月

2/21
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
09:30 (豪)雇用統計 1月
16:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)1月
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

2/22
16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)10-12月期
24:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/18(月)の夜は、特に経済指標発表、イベントは予定されていません。

アメリカ市場はプレジデントデーの休場です。

2/19(火)の夜は、

18:00 (欧)経常収支(季調前、季調済)12月
18:30 (英)雇用統計 1月
19:00 (欧)建設支出 12月
19:00 (独)ZEW景況感調査 2月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 2月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 2月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさん、ワインはお好きですか。私は大好きです。ビールよりも少しリッチな感じになりますし、おつまみもちょっと良いものを選んでしまいます。特に生ハム、ソーセージ、チーズは最高に合うと思います。

紹介させていただくグルメソムリエは、世界各地の美味しいワイン、生ハム、ソーセージ、チーズなどを扱う専門店です。

食べ物となると品質や健康も気になりますが、直輸入の無添加生ハム原木やオーガニックワイン(BIOワイン)、世界コンクール金賞受賞のチーズ、また、抗生剤・ホルモン剤不使用にこだわったニュージーランド産の羊肉ラム肉など、安心していただけるものばかりです。

生ハム原木の輸入直販では国内最高の品揃えで目移りしてしまいますね。

毎月25日から29日までを「29の日感謝デー」となっており、特別な商品販売やサービスが魅力だと思います。新規会員登録時にすぐにお使いいただけるポイント500円のプレゼントもありますので一度試されてはいかがでしょうか。

高品質なワイン、美味しいおつまみは悠々自適時間にとって無くてはならないものだと思います(笑)





欧州ネガティブ情報によるリスクオフ注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:109.5円 終値:109.7円
先週高値:110.2円 安値:109.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:125.4円 終値:124.3円
先週高値:125.9円 安値:124.2円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:143.0円 終値:142.0円
先週高値:144.2円 安値:141.1円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:79.3円 終値:77.8円
先週高値:79.8円 安値:77.4円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.145ドル 終値:1.132ドル
先週高値:1.146ドル 安値:1.132ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


先週はドル円が110円の抵抗がしっかり超えられずもみ合い、ユーロ円、ユーロドルは下降基調、ポンド円、豪ドル円が下降もみ合いですが、4時間足以上では、特にトレンドは出ていません。まだ4時間足~日足レンジ継続です。

<今週のドル円>
米中貿易摩擦の改善期待が後退していますが、ユーロ圏経済の減速やイギリスの合意なきEU離脱への警戒感もあり、ドル円は先週と同レンジでもみ合い継続する可能性が高いと思われます。

<今週のユーロ円>
日足では4連続陰線となっていますが、レンジ下限域にきていますので、多少の反発も想定されます。しかし、2/14のドイツ、ユーロ圏GDP四半期速報値が予想を下回ったり、2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、下降基調再開で、レンジ下抜けの可能性も考えられます。

<今週のポンド円>
4時間足で1月下旬からの緩やかな下降と高値切り下げが継続しています。2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、急変動の可能性は留意しておきたいと思います。140.0円が重要な水平ラインと考えられますので、ここで踏ん張れるか、下抜けてしまうとかなり下げる展開も想定されます。

<今週の豪ドル円>
ロウ豪準備銀行総裁の金利見通し発言で急激な下げとなりましたが、先週後半は少し落ち着きました。しかし、戻りは弱く、レンジ下限付近となっています。米中貿易摩擦の改善期待が後退していることもあり、上値は重くなることが考えられ、2/15の中国消費者物価指数が予想よりも悪い場合、更なる下値を探る展開も考えられます。

<今週のユーロドル>
日足、4時間足の三角保ち合いは下側に抜けました。しかし、レンジ継続で下限域ですので、多少の反発も想定されます。2/14のドイツ、ユーロ圏GDP四半期速報値が予想を下回ったり、2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、下降基調再開で、レンジ下抜けの可能性も考えられます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、レンジ、トレンドライン下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ポンド円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/11
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)10-12月期

2/13
18:30 (英)消費者物価指数(CPI)1月
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)1月

2/14
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
16:00 (独)国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)10-12月期
22:30 (米)小売売上高 12月

2/15
10:30 (中)消費者物価指数(CPI)1月
23:15 (米)鉱工業生産 1月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/11(月)の夜は、

18:30 (英)月次国内総生産(GDP)12月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
18:30 (英)貿易収支 12月
18:30 (英)鉱工業生産指数 12月
18:30 (英)製造業生産指数 12月

2/12(火)の夜は、

22:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
26:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


先週急上昇からの調整押し? – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:109.5円 終値:109.5円
先週高値:109.7円 安値:108.5円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:124.9円 終値:125.4円
先週高値:125.7円 安値:124.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:144.4円 終値:143.2円
先週高値:144.7円 安値:142.0円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:78.6円 終値:79.4円
先週高値:79.6円 安値:78.0円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.140ドル 終値:1.145ドル
先週高値:1.151ドル 安値:1.139ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週はドル円、ユーロ円、ユーロドルでもみ合いですが、波は大きかったです。ポンド円は、EU離脱修正案議会採決の結果で下降基調、豪ドル円は米中通商会議進展の報道、鉄鉱石価格が急騰などの影響で上昇基調となっています。

<今週のドル円>
米経済見通し改善で上昇していますが、かなり急激な上昇であったこと、4時間足ではレンジ内ということもあり、上昇勢いは抑えられる可能性が高いと思われます。もみ合いになる可能性も高いですが、下振れリスクは少ないように感じます。

<今週のユーロ円>
4時間足トレンドラインはやや上昇ですが、先週末の上昇でチャネルライン上限付近です。調整の押しが入る可能性が高いですが、下値を切り上げる動きになれば、高値を更新することも考えられます。ユーロ圏経済は減速傾向ですが、米中通商協議の進展、FRBの利上げ休止示唆により、ユーロ売りリスクは低くなっているように思われます。

<今週のポンド円>
年初暴落からの上昇が一段落し、日足200MAに抑えられて、高値を切り下げています。メイ英首相はEU離脱合意案の修正についてEUと協議することを検討してますが、再交渉は難しいと見られおり、先行き不透明となっています。目先は4時間足直近安値142.0円付近を目指す展開になる可能性があります。

<今週の豪ドル円>
日足で25MAを完全に上抜けて上昇となっていますが、先週末の上昇でチャネルライン上限付近です。調整の押しが入る可能性がありますが、4時間足25MAの78.8円付近でサポートされれば、上昇が継続する可能性もあると思います。

<今週のユーロドル>
日足、4時間足で三角保ち合いの様子が見られ、1.140ドル付近に収束しそうな感じです。収束してももみ合いが継続するのではないでしょうか。ユーロ圏経済は減速傾向でそれなりの売り圧力はあると思いますが、米中通商協議の進展、FRBの利上げ休止示唆により、下値は限定的と思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、レンジ、トレンドライン下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ポンド円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/5
12:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)1月

2/6
22:30 (米)貿易収支 11月

2/7
09:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/4(月)の夜は、

18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)1月
19:00 (欧)生産者物価指数(PPI)12月
24:00 (米)製造業新規受注 11月

2/5(火)の夜は、

17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI)1月
19:00 (欧)小売売上高 12月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)1月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

~~~~~~~~~~~~~~~

私は趣味でウクレレを弾きます。小さいからどこにでも気軽に持っていくことができますし、コードブックなどがあると渋滞に巻き込まれた車の中でもみんなと歌ったりできて楽しいです。

小さなウクレレはギターよりも簡単で、音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

いとしのエリー