2. トレード準備と独り言

毎週日曜日に行っている週足、日足、4時間足チャートのトレンド、レンジ判断と、ファンダメンタル面、テクニカル面の双方から見た一週間の相場見通しです。

2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】日足レンジ下限領域の荒れた展開に注意

ドル円は先週は戻り上昇から火曜日に長い上ヒゲをつけると、売り再開で大きく下げてきています。売りのクライマックス的な動きになっていますし、112円台後半は日足レンジの下限域となりますので、荒れた動きも想定されます。1/26にはFOMC金利発表もありますので、売り目線ながらも、、、
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】クロス円は戻りからの売り再開を想定

ドル円は、日足直近高値の更新からの急激な押しは思いの外、深かったですが、金曜日の日足は長い下ヒゲとなっています。4時間足21EMAと日足目線ライン114.45円をしっかりと上抜けてくるようであれば、N字形成、サポートラインからの上昇で買いエントリーポイントを見極めたいと思います。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】レンジ上限付近のもみ合いから次の動きを待つ

ドル円は、日足直近高値の更新から急速に上昇勢いがつきましたが、押しが発生しています。まだ日足上昇の勢いは残っていますので、どこまで押して買い再開となるのかを見極めたいと思います。まずは11/24の日足高値となる注目水平ライン115.52円の働きを確認したいと思いますが、、、
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】日足レンジ下限付近でのもみ合い継続か

豪ドル円は、4時間足直近高値を強く上抜けてからの急下降となっています。下降勢いがどこでサポートされるのかに注目し、4時間足安値切り上げ確認されれば、買いエントリーポイントを、安値更新となれば、N字下降で売りエントリーポイントを見極めたいと思います。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】トレンド転換となるか慎重な見極めが必要

ユーロ円は、移動平均線21EMAのレジスタンスで戻り売りとなるも、新安値を付けるほどの勢いはなく、安値を切り上げる形となっていますので、移動平均線をしっかり上抜けて、MAの上をキープするようであれば、まずは直近高値129.09円までの上昇を狙ってみたいと思います。
2. トレード準備と独り言

【来週の相場見通し】週足、日足ラインからの急な反発に要注意

ドル円は、注目水平ライン112.72円を何度か下抜けましたが、4時間足チャートで見ると下ヒゲで戻されている感じです。下抜けたのに勢いよくブレイクしないことは、ブレイクの失敗になる可能性が高くなります。今週は、112.72~113.75円あたりのレンジ内上昇を想定したいと思います。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】急落後の荒れた相場と新たなニュースに要注意

ドル円は、良い感じで高値安値が切り上がっていたところで、冷や水を浴びせられた感じです。新たなニュースの影響がなければ、日足目線ライン113.75円、注目水平ライン114.30円までは戻ることを想定します。15分足で明確なチャネルの形成を待ってトレンドチャネル方向に攻めてみたいと思います。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】売り目線も大きな戻り調整に注意

ポンド円は、先々週の4時間足レンジをブレイクしてきたのですが、再びレンジ内の戻されて、日足でも意識されている152.50円付近まで下げました。4時間足で長い下ヒゲをつけて日足目線ライン153.40円付近まで戻していますが、再度注目水平ライン153.67円をしっかり上抜けてくるようであれば、、、
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】クロス円下降相場はトレンドラインからの下げを狙う

ユーロ円は、日足目線ライン130.67円を下抜けて、下降勢いが出てきています。4時間足で確認できる収束型の下降チャネル下限付近に来ていますので、一旦戻りを待って売り再開が確認できたところで売りエントリーポイントを見極めたいと思います。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】クロス円は下降狙いだがレジスタンスラインをしっかり確認

ユーロ円は、4時間足でサポートラインとして意識された131.54円を下抜けてきました。4時間足下降チャネルラインのサポートもありますので、一旦戻り、売り再開を待ちたいところです。注目水平ライン131.54円およびMAのレジスタンスが確認できれば、、、
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】週足ライン近くで変動の大きさに注意

豪ドル円は、週足ラインでもある日足目線ライン84.25円を上抜けた位置で4時間足三角保ち合いとなっています。三角保ち合い上振れで注目水平ライン86.0円をしっかり超えてくるようであれば、買いエントリーポイントを見極めたいと思います。三角保ち合い下振れの場合は、様子見です。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】押しからの反発上昇待ちも流れには素直についていく

ドル円は、2017年11月の11月足高値のレジスタンスから大きく押しています。4時間足で高値安値の切り下げが見られ、下降の勢いが出てきましたが、日足の上昇勢いはまだ残っている状態なので、どこまで押すのか見極めた後、上昇の動きを狙ってみたいです。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】対円ペアは上昇勢いも大きな調整に要注意

ポンド円は、週足でも意識された注目水平ライン156.0円も上抜けているため、強いレジスタンスは160.0円まで見当たらない感じです。しかし、伸びすぎ感は否めないため、4時間足、1時間足の押しから、再度高値、安値の切り上げ確認してから、上の流れに乗っていきたいです。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】豪ドル円が良い形の上昇流れ

豪ドル円は、日足で直近高値を更新、日足三角保ち合いと下降トレンドラインをやや上にブレイクしてきました。先週水曜の下ヒゲの長い反落陰線から注目水平ラインを上抜け、さらに金曜日もフォローの上昇となっていいますので、さらに上を目指す動きに注目したいと思います。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】月足、週足ラインのから反発に要注意

ドル円は、112円台前半の月足ラインを試しに行って撃沈いています。月足ラインともいえる注目水平ライン112.05円を上抜けるにはそれなりの大きなきっかけが必要ですが、もう一度試しに行く動きを狙ってみたいです。
2. トレード準備と独り言

【今週の相場見通し】日足ラインから急上昇で振られやすいリスクに注意

ポンド円は、ユーロ円同様に日足レンジ下抜け失敗で、急上昇となっています。金曜日は大きな十字線となり、一旦流れが止まりました。この上ヒゲ、下ヒゲのどちらに抜けてくるのかに注目して、流れを確認していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました