1204-05ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠についてブログに残していきたいと思います。

今週から週の前半と後半に分けて、それぞれのベストトレード根拠を公開していきたいと思います。今回はその初回として、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

12/4月曜日のトレード根拠です。週明けの月曜日で20pips程度の取り組みやすいレンジ相場となっていたドル円5分足チャートに注目していました。

レンジ相場の切り取り幅は10~20pipsと考えていますので、スプレッドの低いドル円で20pipsくらい値幅はねらい目です。

22:25頃、ボリンジャーバンド下限σ-2.0で、反転した後、移動平均線5MAを上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

移動平均線25MAと75MAが近く、ほぼ水平ということもレンジ反転を捕まえるための良い形で、トレード根拠となります。

エントリー後は、もみ合う場面もありましたが、23:35頃、前のレンジ上限付近、113.04円に置いたリミット指値が実行されました。

ここで上ひげが出ましたので、もう一度、反転を狙いたくなりますね。そして、強めの陰線で5MAを下抜けてきましたので、2回目のエントリーしてみました。(チャート内○の部分)②

エントリー後は、振れ幅が大きくなる場面もありましたが、0:10頃、前のレンジ下限付近、112.85円に置いたリミット指値が実行されました。

私自身が初心者のころ、レンジの下で更に下がると思って売り、レンジの上で更に上がると思って買った結果、連続で負ける往復ビンタをよく食らいました。今回は食らわす側でしたので、よいトレードができたと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

<USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベント>

今日12/6夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 11月
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性指数 改定値 前期比 7-9月期

が予定されています。エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

初めてのFX Q&A

1123トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/23の夜は、
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比 7-9月期
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
の発表がありました。エントリー前には確認しておきましょう。
アメリカは感謝祭のため休場でした。

今日11/24の夜は、
18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日はアメリカが感謝祭ということも、ニュースが飛び込んでこない限り、大きな動きは無いであろうという状況でした。勤労感謝の日の祝日でしたが、私は普通に仕事がありましたのでいつも通り、夜からの出動でした。

チャートはほぼレンジ相場で、値幅も小さいものでしたので、ノートレードとしてもよかったのですが、レンジ相場の取り組みとしてよい小さく勝つ事例ができる可能性を信じて、スプレッドのの小さなドル円、ユーロドル5分足にチャートに注目してみました。

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:05頃、ボリンジャーバンドσ-2.0で反転した後、強めの陽線で移動平均線5MAを上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

エントリー後はもみ合うところもありましたが、小さな値動きながらも上のボリンジャーバンドσ+2.0を目指して上昇してくれました。そして、22:50頃、3連続陰線で5MAを下抜けましたので決済としました。(チャート内□の部分)

続いてレンジ内の往復を期待して、23:15頃、3連続陰線で下り勾配の5MAを下抜けてきましたので、2回目のエントリーをしてみました。(チャート内○の部分)②

しかし、もみ合いの中で3連続陽線が出ましたので、手仕舞いとしました。まあ、今日は仕方のないところです。(チャート内□の部分)

みなさんは良い休日を過ごせましたか。日頃は取り組みしない時間帯のトレードは、市場の環境も異なります。特にアジア時間は急な変化など読みにくいことがあるのて注意しましょう。
普通の会社員なら休日はゆっくりと悠々自適時間を過ごすほうがよいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について

1121トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/21の夜は、
気になる経済指標の発表はありませんでした。

今日11/22の夜は、
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)耐久財受注 前月比 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 11月
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は特に気になる経済指標の発表はありませんでしたが、朝方にアメリカが北朝鮮をテロ支援国家に再指定したことによる北朝鮮の反発や、イギリスのEU離脱ネタなどが警戒されているような報道も見られました。

チャートを見ると相変わらず、ボリンジャーバンドの幅が狭い、または移動平均線25MA、100MA、200MAが互いに近いレンジ傾向が続いていましたので、レンジ上限または下限の反発によるエントリー根拠を探して、チャートに注目してみました。

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、22:15頃、ボリンジャーバンドσ+2.0付近下側で少しもみ合った後、3連続陰線で移動平均線5MA、25MA、200MAを下抜けてきたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

エントリー後すぐは下落したのですが、ボリンジャーバンドσ-2.0が抵抗になる感じで3連続陽線が出てしまいましたので、手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

その後も継続してドル円を見ていると、今度は3連続陰線で再び、5MAを下抜けてきましたので、再びエントリーしてみました。(チャート内○の部分)②

先週11月16日のブログでも書きましたが、移動平均線が互いに近いレンジ相場で、ボリンジャーバンドσ2.0に沿って、上昇、下落というのはエントリーしていませんでした。

しかし、同じような状況から比較的大きく動くチャートは何度も見てきているため、何かトレード根拠とするローソク足の動きを捕まえることができないか、先週からしばらく考えていました。

このようなチャートではボリンジャーバンドσ2.0と移動平均線5MAが近い位置に来ることが多いので、勢いのあるときにサインとする3連続の陰線や陽線との組み合わせなら、それなりの高い勝率になるのではないかという思惑からのエントリーとなります。

エントリー後、ローソク足は期待した動きとなり、勢いが持続して下落しました。そして、23:40頃、ローソク足が5MAを上抜けたところで決済としました。(チャート内□の部分)

今回はうまくいきましたが、基本レンジ相場ですので、どこかでボリンジャーバンドから離れていく可能性が高くなります。
実際に上のチャートの後、少しもみ合って上昇しました。何かもう少しフィルター的な根拠が必要な感じもするのですが、今後も機会があれば、根拠の組合せを試してみたいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

心のコントロール(FXで一番大切なこと)

1117トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日11/17の夜は、
18:00 (欧)経常収支 9月
19:00 (欧)建設支出 前月比 9月
22:30 (米)住宅着工件数 前月比 10月
22:30 (米)建設許可件数 前月比 10月
がありました。エントリー前には確認しておきましょう。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日の夜は各通貨ペア5分足チャートの動きにばらつきがありました。ニュースでは、アメリカ市場は税制改革法案が可決されるかどうか慎重な展開が継続されるといった内容が見られました。イギリスはあいかわらず、EU離脱交渉が難航しているとの報道からポンドの売りが強くなっていました。私は21:00頃、チャートを見始めたのですが、仕事の疲れもあってか、集中力が続かず、なかなかエントリー根拠を見つけられないでいました。

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、22:45頃、長めの上ヒゲが移動平均線200MAで抵抗になっているような形から下落し、3連続の陰線で100MAと、直近の値幅レンジを下抜けてきましたので、23:00頃、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

久々のドル円エントリー公開です。ドル円は、比較的変動が小さいので少しくらい集中力が低くても付いて行きやすいです。集中力が低い、体調がすぐれないといった時に、変動の大きいポンドはやめておいたほうが無難だと思います。まあ、体調が悪いときはFXトレードしない方がよいでしょうね。

エントリー後は、期待以上に下落してくれました。そして、23:35頃、3連続陽線で5MAを上抜け、3つ目の陽線が伸び始めたタイミングで決済としました。(チャート内□の部分)

アメリカ税制改革法案については、トランプ大統領が年末までに実現したいとツイートしていますが、しばらくは影響を受けそうですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FXとは

1116トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日11/16の夜は、
18:30 (英)小売売上高指数 前月比 10月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)輸入物価指数 前月比 10月
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 11月
23:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
23:15 (米)鉱工業生産 前月比 10月
がありました。エントリー前には確認しておきましょう。

今日11/17の夜は、
18:00 (欧)経常収支 9月
19:00 (欧)建設支出 前月比 9月
22:30 (米)住宅着工件数 前月比 10月
22:30 (米)建設許可件数 前月比 10月
が予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は普通の会社員としての仕事が多忙な状況となり、帰宅してチャートを見ることができたのは23:00を回っていました。よく見てみると、どの通貨ペア5分足チャートもボリンジャーバンドが狭い、または移動平均線が互いに近いといったレンジ相場となっていました。しかも、ボリンジャーバンドσ+2.0またはσ-2.0に沿って動く、私としてはもっとも根拠が発生しにくい形でしたので、ノートレードとしました。まだちょっと修行が足らないと感じるので、もっと精進して、このような相場でも明確な根拠が見つけられるようにしたいです。

休むも相場という言葉があります。明確な根拠が見つからないときは休んで次の日の相場に備えましょう。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック はこちら