ドル円短期上昇狙い – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円が陽線、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陰線でした。

ドル円は、4時間足レンジ内の動きながら上昇基調となり、特にECBドラギ総裁会見後は、リスクオンで力強い上昇となりました。注目された四半期GDPでは前期よりは鈍化したものの予想を上回ったことで、大きな動きにはなりませんでした。

ユーロ円は、ECB政策金利発表で下げたものの、ドラギ総裁会見では「利下げの規模や資産買い入れについて議論しなかった」などと発言したことで、売り込んできたポジションのショートカバーで大幅反発となったようです。

ポンド円は、一時的に英債利回り上昇などを背景に上昇する場面も見られましたが、金曜日は弱含み、週足でみるとで、始値、終値がほとんど差が無い、ほぼ十字線でした。

豪ドル円は、もみ合い下降となり、日足で意識されるレンジの下限付近まで下落しています。

ユーロドルは、日足レンジ内の下降基調でした。ECB発表での乱高下は発生したものの、何事も無かったのごとく収束したのがちょっとおもしろかったです。

ファンダメンタル面では、ECBドラギ総裁の会見などが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は7/25ドル円で、もみ合いレンジ状況からECBドラギ総裁の会見後に、15分足、5分足の200MAを上抜けてきたことを確認して、買いエントリーするトレードとなります。

ECBイベントに関しては、ユーロ円、ユーロドルの方を気にして見ていたのですが、激しい動きで入るタイミングがなさそうでした。何気にドル円を見ると、移動平均線25MA、75MA、200MAが絡み合うレンジからローソク足が上抜けてきていることをがわかり、注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:75MA
ピンク実線:200MA 今回からPNG画像にしてみました
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、一旦レンジを上限を上抜けたローソク足が陰線となり、その陰線と次の足の下ヒゲがどちらも、レンジ上限付近で止められたことを確認し、22:15頃、その次の陽線で5MAから上に伸び始めたタイミングで、買いエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りはもみ合いレンジ上限の少し下、108.12円で逆指値です。

エントリー後は5MAに沿って勢いよく伸びてくれましたが、4時間足でも意識される水平ラインが108.52円付近にあり、108.5円手前で勢いが衰えたことが確認できたところで、決済としました。(チャート内、□の部分)

ユーロをあきらめたところで、ドル円の良い動きに気づくことができてよかったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

世にも恐ろしいスイスフランショック
– 資金管理の大切さ

ヘッドアンドショルダー下抜けN字 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル共に陽線でした。
週末の上昇勢いは強かったですね。喜平はポンド円の買いポジションがあったのですが、146円台前半の指値で決済となっていました。平日の日中は仕事の会社員ですので仕方がないのですが、ちょっと残念でした。

ドル円は前半で、ヘッドアンドショルダーのネックラインを下抜けてくるなど下降基調でしたが、木曜日からは強い上昇で節目の112.0円を少しだけ上抜けています。

ユーロ円、ポンド円は、前半もみ合うも後半はイギリスのEU離脱期限の延期が材料となり、こちらも強い上昇となりました。

豪ドル円は、後半のリスクオンの流れから中国貿易指標が良好であったこともあり、金曜日のユーロ市場が開いてから急伸し、昨年12月から抵抗となっていた80.0円を突破してきました。来週以降が楽しみな感じです。

ユーロドルは日足レンジ内で上昇しており、金曜日の日足は実体で25MAを上抜けてきています。

ファンダメンタル面では、国際通貨基金(IMF)の世界の成長率見通し下方修正、イギリスEU離脱期限延期が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は4/10ドル円で、4時間足で意識されたヘッドアンドショルダーのネックライン下抜け後、一旦上昇で再度、ネックラインにタッチして下げる動きを確認して、売りエントリーするトレードとなります。

前日4/9夜にネックラインを下抜けたあと、小さなもみ合いが続いていましたので、再びネックラインを上抜けて上昇するか、はね返されてもう少し深く調整するかに注目していました。


 

上はヘッドアンドショルダー位置確認のための4時間足です。

赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:35頃、ヘッドアンドショルダーのネックラインで上ヒゲがはね返されて下がってきました。その後、22:05頃の強め陰線では直前の下ヒゲラインにひっかかったので一旦待ち、戻しが25MAを上抜けず、下降してきましたので、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りはネックラインの少し上、111.32円で逆指値です。

エントリー後は、111.0円のの少し上でもみ合いがあったものの、節目はすんなりと下抜けました。そして、午前0時ごろ、意識される110.9円付近の水平ラインまできましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

心(メンタル)のコントロール
– FXで一番大切なこと

25MAサポートからの上昇をとらえる – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は先週の下げからの動きが各通貨まちまちでした。ドル円は少し落ち込む場面もありましたが上昇、ユーロ円はもみ合いでしたが振れ幅は大きかったです。ポンド円はやはりEU離脱がらみの急変動が発生し、週を通してではしっかり下降、豪ドル円は上昇もみ合い、ユーロ円は下降基調でした。各通貨ペアともに波は大きかったので、損切り幅を大きめにして、その分、ロットを小さくする資金管理ができれば、振り落とされないで、トレードできたのではないでしょうか。エントリーのタイミングはやや難しかったかもしれません。

ファンダメンタル面では、米中通商協議、イギリスEU離脱関連が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は3/28ドル円で、日足で意識された110.0円付近から上昇開始後、25MAにサポートされる動きを確認して、買いエントリーするトレードとなります。

その日は夕方に、直近もみ合いレンジ上限と25MA上抜けてきていましたので、N字エントリーのできるポイントが来ないか注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、25MAから乖離して上昇したローソク足が失速し、25MAまで落ちた後、しばらくは25MAにサポートされる動きが続いていました。一瞬、25MAを下抜けて5分足で意識された水平ラインからの跳ね返りがあり、その後、再び25MAから上放たれる様子が見られましたので、買いエントリーしました。(チャート内、○の部分)

エントリー後は、少し下がる場面もありましたが、5分足で意識された水平ラインを下抜けることは無く、再び上昇勢いが出ると5MAにサポートされて、思惑通り伸びてくれました。そして、ローソク足が5MAを完全に下抜け、次の足が下げ始めたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

25MAサポートからの上昇は好きな動きで、今回のように5MAの上を維持している限りは、ついていくようにしています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増