もみ合いレンジからの強め陽線 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は4/24火曜日のドル円5分足チャートです。4/23月曜日に10年債利回りの上昇とともに108円を突破したドル円は、早朝から108.8円前後の狭い範囲でもみ合いが続いていました。もみ合いが長く続いた時、次はそれなりの幅で上がるか下がるかの動きとなりやすいため、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:30頃、4連続の小さな陽線のあと、勢いがついて、直近のもみ合いレンジを上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、伸びすぎてやや押し込まれる場面もありましたが、思惑通り移動平均線5MAに沿って上がってくれました。そして109.1円付近でやや勢いが衰え、5MAがほぼ水平になり、私が効率的なドル円の利益確定幅と考える20pipsも確保できていましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

ドル円はなかなかの勢いで気持ちよいです。さすがに一気に上がりすぎの感から、108円半ばまで調整しましたが、まだまだ強い感じです。

アメリカ10年債利回りは3%を超え、2014年1月以来の高水準となりましたが、この水準がどこまで維持できるのかが気になりますね。トランプ大統領の発言は落ち着いていますが、貿易摩擦再燃の懸念は残っているようなので、ポジンション保有リスク低減のため、勢い重視で攻めたいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日4/25夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FX凄腕名人紹介
– 同じトレードスタイルの名人を探そう