EU離脱合意期待でリスクオン – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

米中貿易摩擦改善への期待が揺れる中、EU離脱合意への期待が急速に高まり、リスクオンとなっています。あくまでも期待なので外れると急落の危険性もあります。リスク低減のために短期保有ポジションでの勝負がよさそうです。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、4時間足直近高値を上抜けてきました。次は109.0円および意識される水平ライン109.3円に対してどのように向かうのか注目したいと思います。

ユーロ円も、ポンドの連れ高ですね。120.0円も少しだけ上抜けたのですが、直近の日足でも意識される水平ラインということもあり、少し押しも出される動きになっています。

ポンド円は、先週の急上昇から押しが入りましたが、1時間足25MAにきれいにサポートされ、EU離脱合意期待から急上昇となりました。今後、さらに上昇への期待がある反面、変動が大きくなる可能性が高いと思います。ある程度の振れ幅を想定したロットサイズにしたほうがよいかもしれません。

豪ドル円も、ポンド連れ高となりましたが、戻されている感じでレンジ形成しそうです。豪ドルは米中関係の影響のほうが気になる感じでしょうか。

ユーロドルは、上昇の勢いが衰えてきました。1.10ドルをしっかり下抜ける動きが見られるか注目したいと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易協議の進捗、英EU離脱合意なるかなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/16(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI)9月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)9月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)9月
18:00 (欧)貿易収支(季調前・季調済)8月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、改定値)9月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)小売売上高 9月
22:00 (英) カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 10月
23:00 (米)企業在庫 8月

10/17(木)の夜は、

17:30 (英)小売売上高 9月
18:00 (欧)建設支出 8月
21:30 (米)住宅着工件数 9月
21:30 (米)建設許可件数 9月
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 10月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:15 (米)鉱工業生産 9月
22:15 (米)設備稼働率 9月

10/18(金)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前・季調済)8月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 9月
26:45 (英) カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、10/11の金曜日公表された10/8取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。全体的にポジションの動きは小さめでした。

円/ドル
買い 52,803 (-5,090)
売り 41,791 (-2,185)

ユーロ/ドル
買い 162,777 (-9,481)
売り 238,190 (-46)

ポンド/ドル
買い 29,482 (+1,566)
売り 102,701 (-2,307)

豪ドル/ドル
買い 43,328 (-3,581)
売り 90,272 (-8,939)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

ローソク足の読み方
– テクニカルの王道で勝率アップ

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


1時間足の波で上からN字ショート – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

基本下目線ですが、1時間足レンジ下限付近は、戻りの力も発生しますので注意してください。
レンジ戻りを待つまたは、もみ合い下抜けN字を待つことが大事です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、週明けに日足で意識された水平ラインで反発したものの、長くは続かず、戻り売りとなり、先週末のもみ合いレンジまで落ちました。現在サポートとなっている106.75円付近を下抜けて、次に上抜けの抵抗として効くようになれば、N字確認で売りを狙ってみたいです。

ユーロ円も、週明けは上昇しましたが、118.0円を上抜けることはできず、押し戻されています。ほぼ5回目の117.0円下抜けチャレンジですが、上値を確認してからの下落なので、今回はブレイクして欲しいと思います。

ポンド円は、またしてもEU離脱がらみのネガティブ思惑で急降下となっています。急な流れなのでタイミングよく乗るのは難しいですが、1時間足以上で意識される水平ライン下抜けは、ロットを小さめにして飛び乗るとポンドらしいスリルを楽しめます。正しいエントリーとしては、N字形成を待ちましょう。

豪ドル円も、週明け上昇の後、戻り売りです。レンジを形成していますが、4時間足下降トレンドなので、下から買いで入るのは、避けたほうが無難です。

ユーロドルは、月初からの戻りが一服し、もみ合いレンジです。下抜けたらN字確認で売りタイミングを見極めたいですね。1時間足の波の大きさを確認して、25MAを下抜けるタイミングとかはよいポイントだと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易協議の進捗です。英EU離脱関連も目が離せません。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/9(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)卸売在庫 8月
23:00 (米)卸売売上高 8月
23:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

10/10(木)の夜は、

17:30 (英)月次国内総生産(GDP)8月
17:30 (英)鉱工業生産指数 8月
17:30 (英)製造業生産指数 8月
17:30 (英)商品貿易収支 8月
17:30 (英)貿易収支 8月
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

10/11(金)の夜は、

21:30 (米)輸入物価指数 9月
21:30 (米)輸出物価指数 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 10月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、10/4の金曜日公表された10/1取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。対円、対ユーロでのポジションが増えています。取り組みに関心が集まっているようです。

円/ドル
買い 57,893 (+12,134)
売り 43,976 (+11,000)

ユーロ/ドル
買い 172,258 (+11,571)
売り 238,236 (+16,827)

ポンド/ドル
買い 27,916 (+3,470)
売り 105,008 (-233)

豪ドル/ドル
買い 46,909 (+665)
売り 99,211 (+5,812)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


クロス円売りはタイミングが重要 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

クロス円はいよいよ売りポイントになりそうですが、波のタイミングをしっかり見極めていきましょう。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、日足直近高値付近まで上がってきて、売り勢力が下げる材料を探していたところ、ISM製造業が予想を大きく下回り、売り浴びせにあいました。今週末は米雇用統計があるので、もみ合いレンジになりそうですが、急落からの反発がどの程度見られるか見極めて、次のラインとN字の作戦を練りたいと思います。

ユーロ円は、もみ合いとなっていますが、日曜日も書いた通り、次のエントリーポイントを探りたいと思います。レンジを下抜けたら、N字確認してから116.0円付近までの流れを狙います。

ポンド円は、EU離脱がらみのネガティブ思惑で、4時間足のもみ合いレンジを下抜けました。もちろん、飛び乗りは厳禁ですので、もみ合いレンジ下限まで戻っての戻り売り狙いがよいと思います。

豪ドル円は、政策金利発表で利下げなのに一時的に上がり、その後はドスンと下がり、長い上ヒゲを付けたあとは、もみ合いレンジを大きく下抜けてきました。売りは、一旦戻すのを待ったほうが良いですが、71.0円を目指す動きになりやすいでしょうね。

ユーロドルは、着々と下目線の動きになっていたのですが、米ISM製造業で水を差された形となりました。まあ、また下がってくると思いますので、その時まで待機です。

注目したいニュースとしては、米雇用統計、英議会の動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/2(水)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)9月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 9月

10/3(木)の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI)9月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI)8月
18:00 (欧)小売売上高 8月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
23:00 (米)製造業新規受注 8月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)9月

10/4(金)の夜は、

21:30 (米)非農業部門雇用者数変化 9月
21:30 (米)雇用統計 9月
21:30 (米)貿易収支 8月
27:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

が予定されています。



CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、9/27の金曜日公表された9/24取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。比率的には豪ドルのポジションが増えてきました。取り組みが面白くなってくるのでしょうか。

円/ドル
買い 45,759 (-5,083)
売り 32,976 (+5,996)

ユーロ/ドル
買い 160,687 (-3,585)
売り 221,409 (-11,422)

ポンド/ドル
買い 24,446 (+3,114)
売り 105,241 (-2,215)

豪ドル/ドル
買い 46,244 (+11,678)
売り 93,399 (+18,751)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

FXの基礎知識
– 用語を覚えてブログの理解を深めよう

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼