日米首脳会談をにらんだ展開 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

昨日はポンペイオ次期国務長官が金正恩朝鮮労働党委員長と面会との報道により、朝鮮半島の地政学的リスクが低下したと思惑からドル円は上昇しました。しかし、日米首脳会談をにらんだ動きで、上値が重くなっています。日米首脳会談で北朝鮮拉致問題では協力を得られる交渉ができたようですが、反対に通貨、貿易問題では厳しい要求が出てくる可能性もあると思います。トランプ大統領は会談前にロシアや中国を「通貨切り下げを行っている、容認できない」とツイッターで非難しています。為替報告書の監視リストの中には、中国とともに日本も加えられており、トランプ大統領の交渉カードに注目が集まっています。

夕刻に発表されたイギリスの消費者物価指数は予想以上に悪くポンドが売られました。5月の利上げ判断に影響を与える指標であったこともあり、失望売りも出たような感じでした。発表直後はわずか30分で1円ほど下がりましたが、その後は少し戻してもみ合い状態です。

1時間足チャートでは、ドル円、ユーロ円、オーストラリアドル円が上昇もみ合い、ポンド円が下落もみ合い、ユーロドルがもみ合いとなっています。

本日4/19の夜は、

17:00 (欧)経常収支 2月
17:30 (英)小売売上高指数 前月比 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 4月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 3月

明日4/20の夜は、

23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 4月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

MT4のインストール方法
– チャート設定までの詳細をわかりやすく

地政学的リスク警戒和らぐ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

昨日の週明けは15分足で私の予想と反対側に窓を開けて閉める流れで始まりました。米英仏軍によるシリア攻撃が1回限りで完了したような感じですが、市場がロシアとの関係悪化によるリスクをどの程度と判断するかが注目でした。結果としては、冷静に地政学的リスクを判断したようです。
市場の関心は既に日米首脳会談に移り、貿易不均衡是正に絡む円先高観をにらんだ思惑が働いているとのニュースコメントも見られました。

ドル円は下落もみ合い、ユーロ円、ポンド円は上昇もみ合い、オーストラリアドル円は小さくもみ合い、ユーロドルは上昇基調というチャートパターンになっています。
ユーロ円、ポンド円、ユーロドルは1時間足でレンジ上限付近となっているため、今後の見極めが必要です。

本日4/17の夜は、

17:30 (英)雇用統計 3月
18:00 (独)ZEW景況感調査(期待指数) 4月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 4月
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 3月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 3月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 3月
22:15 (米)設備稼働率 3月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック
– スマホで聴けるFX参考書

シリア情勢緊迫化でドルが重い – トレンドですか?レンジですか?

ヨットハーバー

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

アメリカのトランプ大統領がシリア空爆の可能性をロシアに警告したことにより、地政学的リスクが上昇し、リスクオフのドル売りにつながっているようです。中国との貿易摩擦でもそうですが、好戦的な発言で市場が振り回されている感じがしますね。

ダウ平均は下落、10年国債は低下、WTI原油先物は上昇、主要国通貨は対ドルで強含みになっています。ユーロドルの上昇は、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁がユーロ圏のインフレ上昇に確信を持った発言をしたことも要因となっているようです。

経済指標では4/11に発表されたアメリカ3月消費者物価指数が前年比で予想通り、2月比で予想を若干下回る結果でした。

1時間足チャートでは、ドル円がレンジ、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円が上昇一服、ユーロドルが上昇基調となっています。15分足ではユーロドルが上昇基調ですが、他の通過ペアは軟調な展開です。

本日4/12の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 2月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 3月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

明日4/13の夜は、

18:00 (欧)貿易収支 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 速報値 4月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

チャート型の分類とエントリー
– チャートパターンを見極めよう

米高官発言、報道に一喜一憂 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週末から週明けにかけて、アメリカのムニューシン財務相、クドロー国家経済会議委員長などの発言で米中貿易戦争への懸念が後退し、ダウ平均は反発してスタートしました。それに伴い、まずユーロ、ポンドが強含みとなり、オーストラリアドル円も堅調となりました。しかし、連邦捜査局(FBI)がトランプ大統領の顧問弁護士事務所を強制捜査すると報道されるとダウ平均は下落し、ドル円は弱含み、クロス円も上げ幅を消しています。

このような貿易戦争の懸念と後退、ニュースによる変動は、ここ2、3週間で多くなっているような気がします。今後もトランプ大統領をはじめ、要人発言、ニュースには注意が必要ですね。

本日4/10の夜は、

21:30 (米)生産者物価指数(PPI) 前月比 3月
23:00 (米)卸売在庫 前月比 2月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

米中貿易戦争は交渉で解決か – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

今週に入って、米中両国が追加関税の対象となるリスト案を公表し、25%相互課税の対立状況となりました。貿易戦争の激化懸念で、ダウ平均は400ドル超安まで下落するなど大幅安となる場面もありましたが、その後、最終的には交渉で解決するとの見方を示されたことによりダウは上昇となりました。

経済指標では3月ADP雇用統計は予想を上回り、3月ISM非製造業総合景況指数は予想を下回る結果となりました。

為替市場はほぼレンジの動きとなっていますので、特に1時間足でレンジのどのあたり来ているのかを頭に入れて、5分足、15分足のチャートを見ていきたいと思います。15分足は上昇となっていいますが、勢いはなくなってきており、次に動く方向の見極めが必要です。

本日4/5の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 3月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 3月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 3月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI) 前月比 2月
18:00 (欧)小売売上高 前月比 2月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 前年比 3月
21:30 (米)貿易収支 2月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

明日4/6の夜は、

21:30 (米)雇用統計 前月比 3月

が予定されています。

アメリカ雇用統計は最重要指標ですよ。貿易収支も気になります。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

FX会社について – 自分にあった会社で取引口座開設