0222トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリア円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

下向きの矢印がほとんどなくなり各通貨ペアともレンジ模様のチャートが多くなっています。
FOMC議事録は想定範囲の内容で、大きな混乱なく通過しました。
再び明確な方向性が見えるまでは、5分足チャートのレンジの上限、下限の反転サインに注意してエントリー根拠を確認したいと思います。
ドル円は1時間足で上昇トレンドとなっています。200MAは上抜けましたので、この流れがキープして相場の向きを方向付けてほしいとことです。ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円は、4時間足で25MAを上抜けました。ユーロ、ポンドは金利上昇思惑が強くなってきているので反転上昇を期待したいです。ユーロドルは4時間足で広めのレンジとなっています。

本日2/22の夜は、
18:00 (独)IFO企業景況感指数 2月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比 10-12月期
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

明日2/23の夜は、
19:00 EUR(欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 1月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

オリンピックで女子団体パシュートが金メダル!
凄いですね。個人の力ではオランダの方が格上なのにチームワークの力で勝てたのは素晴らしいと思いました。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

FX凄腕名人紹介

0220トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
<オーストラリア円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円はあいかわらず戻りが弱いです。15分足チャネル幅と戻り売りを意識してチャートをチェックしたいと思います。ユーロ円、ポンド円は反転上昇するできる背景が整ってきているように感じますが、弱いドルに引っ張られている感じです。オーストラリアドル円はユーロ円、ポンド円と同じような動きですが、ファンダメンタルズが弱いので、注意が必要だと思います。ユーロドルは4時間足の25MAを下抜けてきました。どこまで調整するのか見極めたいと思います。今週は各中央銀行委員会の議事発表内容と市場の反応に注目したいと思います。

本日2/20の夜は、

19:00 (独)ZEW景況感調査(期待指数) 2月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 2月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 2月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4のインストール方法

0215トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリア円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

リスクオフの円高に歯止めがかかりません。昨日は22:30発表のアメリカ消費者物価指数が好調で10年債利回りが上昇し、小売売上高が予想以下という結果で、一段と円買い進みました。その後ユーロ、ポンド、オーストラリアドルは急速に戻していますが、どこまで続くかはまだよくわかりません。ドル円は、週足の直近安値を更新するまで売られており、下降トレンドです。ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円は、大きく戻しているも4時間足ではまだ弱い下降トレンドです。ユーロドルも昨日の経済指標発表では大きく下げましたが、強く反発しており、レンジ相場を維持しています。このような相場ではできるだけ多くの時間足のチャートをチェックして慎重に根拠を確認していきたいと思います。

本日2/15の夜は、
19:00 (欧)貿易収支 12月
22:30 (米)卸売物価指数(PPI) 前月比 1月
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 2月
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 2月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
23:15 (米)鉱工業生産 前月比 1月
23:15 (米)設備稼働率 1月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 2月

明日2/16の夜は、
22:30 (米)住宅着工件数 前月比 1月
22:30 (米)建設許可件数 前月比 1月
22:30 (米)輸入物価指数 前月比 1月
22:30 (米)輸出物価指数 前月比 1月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 2月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

主な経済指標(イギリス、ドイツ、ユーロ)

0213トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリア円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円はほぼレンジですが、戻りが弱く元気が無い感じです。直近安値付近で踏ん張れるか、安値を更新するのかに注目したいと思います。ユーロ円は弱い下降トレンドが継続しており、まだ反発する気配が見えていません。ポンド円も弱い下降トレンドが継続しており、まだ反発する気配が見えていません。今日の経済指標発表の結果に対する動きに注目です。オーストラリアドル円は4時間足では下降トレンドですが、1時間足ではレンジに移行しており、次にどちらにブレイクするかに注目です。ユーロドルは日足の25MA付近ですが、4時間足以下の時間足では、まだ反発する気配が見えていません。

本日2/13の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 1月
18:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 1月
18:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 1月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?

0208トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリア円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

アメリカ株式の急落から始まったリスクオフ円高も一段落したように見えます。まだまだ不安定な動きが発生する可能性はありますが、落ち着きを取り戻しつつあります。ドル円は急落から回復が一番早い感じで下落幅の半分くらい戻しています。ユーロ円、ポンド円は戻りが弱く、4時間足の移動平均線25MAより下側で1時間足のレンジ相場を形成しています。オーストラリアドル円は、一度急落の半分以上戻したのですが、その後は弱含みの展開となっています。ユーロドルはユーロが軟調となっているため、対ドルでは下げが続いており、まだ底が見えにくい感じです。先週まで上昇が続いていましたので調整局面に入っているのかもしれません。

本日2/8の夜は、
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)イングランド銀行金融政策委員会(MPC)議事要旨
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

明日2/9の夜は、
18:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 12月
18:30 (英)製造業生産指数 前月比 12月
18:30 (英)貿易収支 12月
24:00 (米)卸売在庫 前月比 12月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

今回の相場急落はシステムトレードAI(人工知能)の狼狽売りというニュースがありました。コンピュータが狼狽するなんておもしろい発想だと思いました。AIは人間では思いつかないような結果を出すことがあるようですが、それが高速で実行されると人間はついていけません。動きが読みにくいときは、待つことも大事だと思います。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

おすすめ オーディオブック