レンジ相場~やや上昇気配 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

今週は全体的にレンジ相場です。ドル円、ユーロ円、ポンド円が15分足で上昇トレンドの様子になっており、やや上昇の気配がありますが、1時間足で見るとまだレンジ内の動きです。あわてないで見極めが必要ですね。

毎日、4時間足、1時間足でレンジのどの辺りにきているのか確認して、エントリー根拠を明確にしていきたいと思います。このようなレンジ相場では、ボリンジャーバンドの上限&下限、サポートライン、レジスタンスラインの確認が有効だと思います。

注目したいニュースとしては、アメリカ長期金利、米中貿易摩擦、イギリスEU離脱などです。月曜日はイギリスメイ首相の発言がありましたが、EU離脱は近いと思います。しかし、合意ありか無しかまだ不透明です。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/17(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI)9月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)9月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 9月
18:00 (欧)建設支出 8月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)9月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)住宅着工件数 9月
21:30 (米)建設許可件数 9月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

10/18(木)の夜は、

17:30 (英)小売売上高 9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 10月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 9月

10/19(金)の夜は、

17:00 (欧)経常収支 8月
23:00 (米)中古住宅販売件数 9月
24:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された10/9取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 47,034 (-9,040)
売り 162,235 (-7,885)

ユーロ/ドル
買い 162,315 (-2,423)
売り 178,457 (+6,618)

ポンド/ドル
買い 30,186 (-600)
売り 90,693 (+567)

豪ドル/ドル
買い 25,596 (+5,126)
売り 98,880 (+6,692)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

FXの基礎知識
– 用語を覚えてブログの理解を深めよう

週明け下げは落ち着くも方向感なし – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

今週はもみ合いからやや下げ程度を予想していたのですが、月曜日からズドンと下げました。ドル円、クロス円ともに上値が重い感じでしたので、下げる根拠には反応しやすいですね。イタリア10年債利回りの上昇や株安が下げる根拠となったようです。

大きく下げましたが戻りは弱く、下降もみ合いの様子で、方向感は弱いです。通貨別ではややユーロの弱さを感じます。豪ドルは思っているより底堅い動きで1時間足の25MAが下降から水平に近づいてきています。

月曜日は祝日にもかかわらず出勤日でしたので、大きな下げがあったことを知ったのは18時を過ぎてからでした。普通の会社員にとってヨーロッパ時間は手を出しにくいので、勢い重視のトレードはあきらめていますが、4時間足以上の波をとらえるトレードでは、今回のような下げも取れるようになりたいです。

注目したいニュースとしては、アメリカ長期金利、米中貿易摩擦、イタリア債務問題、イギリスEU離脱などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/10(水)の夜は、

17:30 (英)貿易収支 8月
17:30 (英)鉱工業生産指数 8月
17:30 (英)製造業生産指数 8月
17:30 (英)月次国内総生産(GDP)8月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)生産者物価指数(PPI)9月
23:00 (米)卸売売上高 8月
23:00 (米)卸売在庫 8月

10/11(木)の夜は、

21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)9月

10/12(金)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 8月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 9月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 10月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された10/2取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 56,074 (+8,821)
売り 170,120 (+38,148)

ユーロ/ドル
買い 164,738 (-7,688)
売り 171,839 (+3,109)

ポンド/ドル
買い 30,786 (-3,982)
売り 90,126 (-11,720)

豪ドル/ドル
買い 20,470 (-1,418)
売り 92,188 (-1,761)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

トレードするためのPC&モバイル環境
– トレード専用端末がおすすめ

ドル一服、クロス円は乱調 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

10月になりましたので、記事のトップ画像を南国リゾートに戻します。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は114円をすっきり超えることができず、ユーロ連れ安に巻き込まれている様子ですが、4時間足では上昇トレンドを維持しています。
クロス円はつかみにくい動きになっていますね。火曜日は週末に発表された中国の経済指標が弱かったことで、香港市場が軟調になったことをきっかけに急なリスクオフが進んだようですが、変動が大きくてエントリー根拠が見つけにくい状況になりました。ポンド円はまたしてもEU離脱関連の要人発言で急変動がありました。
ユーロドルは1時間足で緩やかな下降トレンドが継続しています。

動きがつかみにくい相場では弱い根拠でエントリーせずに、静観がよいと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易摩擦、イタリア債務問題、イギリスEU離脱などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/3(水)の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 9月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 9月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 9月
18:00 (欧)小売売上高 8月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 9月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)9月

10/4(木)の夜は、

20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
23:00 (米)製造業新規受注 8月

10/5(金)の夜は、

21:30 (米)貿易収支 8月
21:30 (米)雇用統計 9月

が予定されています。金曜日のアメリカ雇用統計は最重要経済指標ですよ。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された9/25取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 47,253 (-2,499)
売り 131,972 (+18,465)

ユーロ/ドル
買い 172,426 (+5,958)
売り 168,730 (+3,928)

ポンド/ドル
買い 34,768 (+1,912)
売り 101,846 (-10,268)

豪ドル/ドル
買い 21,888 (-4,343)
売り 93,949 (-285)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

心(メンタル)のコントロール
-FXで一番大切なこと

全体的に強気な動きも日足レンジ注意 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

豪ドル円はもみ合いレンジが続いていますが、その他通貨ペアは想定していたより強気な感じです。先週末に合意なきEU離脱で大幅に下げたポンドは、下げ幅の半分程度戻しました。戻り売りが出るかなと思ったのですが、緩やかに上昇しています。但し、いずれにしても日足レンジの上限付近にあることは意識して、1時間足の動きも確認しながら5分足、15分足でのエントリー根拠を見極めたいと思います。

今日の深夜3:00に発表されるFOMCのアメリカ政策金利発表、3:30からのパウエルFRB議長の定例記者会見は要注目です。比較的近い位置に設定した逆指値のストップ狩りにもご注意ください。

注目したいニュースとしては、FOMCの経済見通し、米中貿易摩擦、イギリスEU離脱などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

9/26(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)新築住宅販売件数 8月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

9/27(木)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 8月
17:00 (欧)欧州中央銀行(ECB)月報
18:00 (欧)経済信頼感 9月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 9月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)4-6月期
21:30 (米)耐久財受注 8月
23:00 (米)住宅販売保留指数 8月
23:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

9/28(金)の夜は、

16:55 (独)雇用統計 9月
17:30 (英)四半期経常収支 4-6月期
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)4-6月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)9月
21:30 (米)個人消費支出(PCE)8月
21:30 (米)個人所得 8月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 9月

が予定されています。水曜深夜のアメリカ政策金利発表、パウエルFRB議長の記者会見は重要イベントです。ポジション持越しの方はご注意ください。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された9/18取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 49,752 (+1,695)
売り 113,507 (+11,564)

ユーロ/ドル
買い 166,468 (+1,829)
売り 164,802 (+11,333)

ポンド/ドル
買い 32,856 (-33,126)
売り 112,114 (-15,047)

豪ドル/ドル
買い 26,231 (-21,999)
売り 94,234 (+1,692)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

初めてのFX Q&A
– 初心者の疑問にお答えします