次の動きまでは短期足で小さく狙う – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

週明け後の環境認識です。

やや停滞で、次の動きが出るまでは様子見か、5分か15分の短期足で4時間足トレンド方向に小さく狙う感じでいきたいと思います。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :→

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :→

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

Advertisements

ドル円は、方向感が弱いレンジです。日足目線ライン104.21円にタッチしてからのN字下降くらいしか狙いにくい感じです。

ユーロ円は、1時間足で高値安値切り下げの動きがありますが、4時間足で上昇勢いが大きく衰えているわけではありませんので、押し目から上昇の動きを待ちたいと思います。

ポンド円は、またしてもEU離脱がらみの捕まえにくい動きが出ますね。139.0円を中心としたもみ合い継続ですので、様子見で良いかと思います。

豪ドル円は、77.0円からの上を目指す動きが弱いですね。77.0円からレンジ内上昇を小さく狙っていくくらいでしょうか。

ユーロドルは、しばし調整です。再び上昇傾向が出始めたら、買いエントリーポイントを見極めたいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

12/9(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
24:00 (加)カナダ銀行 政策金利
24:00 (米)卸売在庫 10月

12/10(木)の夜は、

21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)11月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

12/11(金)の夜は、

22:30 (米)卸売物価指数(PPI)11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 12月

が予定されています。

Advertisements

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、12/1取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。特に大きな動きは見られません。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 62,449 (+7,977)
売り 14,946 (+716)

ユーロ/ドル
買い 207,302 (+948)
売り 67,408 (-696)

ポンド/ドル
買い 37,087 (+6,249)
売り 44,986 (-2,982)

豪ドル/ドル
買い 45,453 (-6,226)
売り 56,253 (-703)

Advertisements

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました