月末の経済指標発表に注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円、オーストラリアドル円の下落は少し落ち着いているように見えます。ユーロ円、ポンド円は直近で上げるも、レンジには変わりありません。ユーロドルはレンジから上昇トレンドです。

先週のドル円は、年内の米税制改革実現に対する懸念は後退したものの、22日に公表された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録で、インフレの伸び悩みが意識されていることが明らかになったため、政策金利の利上げペースが鈍化するとの思惑が発生しているようです。

そのため、今週発表の経済指標が弱い数値だと、ドルの上値が重い状態が続く、またはドル安の流れが再開する相場展開となる可能性があるといったニュースも見られました。4時間足25MAで反転して戻り売りが発生するかどうかも確認したいと思います。

先週のユーロについては、前半にドイツ政府連立協議が決裂した影響により下落しましたが、後半は経済指標の数値が予想よりもよく、ユーロ圏経済の回復期待感から上昇しました。今週も経済指標発表の結果が注目されそうです。また日足ではレンジ相場が続いているので、レンジ上限での反転下落の可能性は意識しておきたいと思います。

先週のポンド円は、EU離脱交渉問題、メイ首相の求心力低下の懸念により下落しましたが、週末近くになって、アメリカ政策金利の利上げペースが鈍化するとの思惑から、対ドルで買われたことなどの影響により、上昇したようです。
今週もEU離脱交渉問題で動きがなければ、もみ合いになる可能性が高いように思います。4時間足では100MAにぶつかっての上ヒゲが発生しており、レンジ内で戻り売りの可能性もあると思います。

先週のオーストラリアドル円は、11/21に発表された準備銀行の金融政策会合議事録で利上げに慎重な姿勢であることが示されたため、上値が重くなった感じです。
今週もレンジ相場のもみ合いが続く可能性が高いですが、日足では200MAを割り込んでいることもあり、更なる下げには警戒が必要だと思います。

今週の注目すべき経済指標は11/27 24:00 アメリカ新築住宅販売件数、11/28 21:00 ドイツGFK消費者信頼感調査、11/29 22:00 ドイツ消費者物価指数(CPI、速報値)、22:30 アメリカ実質GDP(改定値)、11/30 19:00 ユーロ圏雇用統計などです。

月末ということもあり、経済指標の発表は多くあります。その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

日曜日ですので落ち着いた気分で悠々自適時間の妄想をしたいと思います。

寒い日が続くと暖かさを求めて南の国に行きたくなります。飛行機に乗り、現地の空港に着いて、外に出るともわっとしたなま暖かい空気が空気が体を包みます。青空でさんさんと降りそそぐ太陽の光を浴びると、キターッって感じですね。

空港からリゾート地へ向かうリムジンバスの中でも、ワクワクが続きます。ホテルに着いたらゆっくりして、今晩は何を食べようか、明日はどんなアクティビティを楽しもうかって妄想が膨らみます。ホテルは静かな青い海が見えるオーシャンビューで、ベッドルームとリビングが分かれている2部屋タイプがいいなあ。できれば1ヶ月は滞在したいです。


年内米税制改革実現に対する懸念継続か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円、オーストラリアドル円が下落の動きに見えます。ユーロ円、ポンド円は直近で下げるも、レンジには変わりありません。ユーロドルもレンジです。

先週のドル円は、年内の米税制改革実現に対する懸念から、リスク回避でのドル売り圧力が強くなったようです。法案可決のためには修正が予想され、法人減税施行が決まっても市場の期待を下回る場合、失望感からの株安、ドル安の相場展開となる可能性があるようです。
また、ロシアによる2016年の米大統領選干渉疑惑に関して、トランプ大統領陣営に召喚状を出された報道もドル下落の要因となったようです。

連邦公開市場委員会(FOMC)による12月利上げ発表は確実視されていますが、来年以降の利上げペースに関しては不透明な部分もあり、今後の動きが注目されます。

今週のドル円はもみ合いになる可能性が高いと思います。

11/23はが感謝祭のため、アメリカ市場は休場となります。

先週のユーロについては、ドイツのGDP速報値が市場予想を上回り、買いが優勢となりましたが、ユーロ円についてはドル売り、円買いの影響を受けて軟調な展開となり、ユーロドルについては上昇しました。

今週も引き続きもみ合いが予測されますが、経済指標が引き続き好調で、欧州中央銀行(ECB)理事会が欧州経済について強気な見解が示された場合、ユーロ上昇となる可能性があります。

先週のポンド円は、EU離脱交渉があまり進展していないことや、メイ首相の求心力低下を懸念したことで、軟調な展開となりました。
今週はもみ合いか、リスク回避のポンド売りが継続する可能性があるようです。また、これまで通り、EU離脱交渉に関する発言は急変動の要因となるので注意したいと思います。

先週のオーストラリアドル円は、中国経済指標の悪化などが嫌気され下落しました。
今週は下落が継続するか、もみ合いになる可能性があります。

今週の注目すべきイベントは11/23 04:00 アメリカFOMC議事録、11/23 21:30 欧州州中央銀行(ECB)理事会議事要旨です。経済指標では11/22 00:00 アメリカ中古住宅販売件数、22:30 アメリカ耐久財受注(速報値)、11/23 18:00 ユーロ圏製造業、サービス部門購買担当者景気指数(PMI 速報値)、11/24 18:00 ドイツIfo景況感指数にも注目したいと思います。

その他経済指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

日曜日ですので落ち着いた気分で悠々自適時間の妄想をしたいと思います。

まだ11月ですが、町はすでにクリスマスイルミネーション、スーパーでは正月のおせち料理の予約が開始されています。12月から年末年始は、友人と久しぶりに会って、おいしいものを食べながら、談義が盛り上がることも多いと思います。
しかしながら、毎週のように飲み会が続くと、財布の中もさびしくなり、節約したくなるのが普通の会社員です。

自由自在に悠々自適時間を持てるようになったら、財布の中も気にすることなく、おいしいものをいろいろお取り寄せして、友人を招いてホームパーティで盛り上がりたいものです。
焼肉、カニ、ふぐ、明太子、ああ、たまりません。


ユーロは成長率見通し大幅引き上げで好調か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

週足、日足では各通貨ペア共にレンジとなっていますが、4時間足ではレンジから上昇となっています。

先週の日経平均は続伸となりました。円安傾向なっていることもあり海外投資家も買いで動いているようです。11/7の終値では1992年1月以来、約25年10ヶ月ぶりの高値をつけましたが、その後はドル下落の影響もあり、利益確定売りに押された感じです。

ドル円に関しては、アメリカ税制改革実現が大きく影響しているそうです。先週はその期待から114円後半まで買われましたが、アメリカ上院共和党指導部が、法人税減税の実施時期を1年延期することを検討していると伝えられたことにより113円台まで戻ったとの意見があるようです。

今週はアメリカ税制改革法案審議に注目が集まりそうです。FRB(連邦準備制度理事会)による12月のFOMC(連邦公開市場委員会)での追加利上げは確実視されており、リスク回避的な円買いドル売りにはなりにくいとの見方が多いようですが、消費者物価指数、小売売上高の結果には注目したいと思います。

先週のユーロは欧州委員会が今年のユーロ圏の成長率見通しを大幅に引き上げたことが好感されて上昇しました。テーパリング発表によるユーロ売りは縮小の方向となっているようです。今週発表のユーロ圏経済指標には注目したいと思います。

今週の夜で注目すべき重要経済指標発表は11/15 22:30 アメリカ小売売上高、消費者物価指数ですね。その他、11/14 18:30 イギリス消費者物価指数、11/14 19:00 ユーロ圏GDP改定値、11/15 18:30 イギリス雇用統計などにも注目したいと思います。

その他経済指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日11/13の夜は、経済指標の発表は予定されていませんが、深夜11/14 2:45に日銀黒田総裁の発言が予定されています。

アメリカ、ヨーロッパ共に冬時間となっており、経済指標の発表時間が先月より1時間遅くなっていますのでご注意ください。

日曜日ですので落ち着いた気分で悠々自適時間の妄想をしたいと思います。

先週の11/6に松葉ガニ、ズワイガニ漁が解禁となりました。昨日、土曜日朝のテレビ番組「旅サラダ」でも話題になっていましたね。2015年からブランド化されているズワイガ二の「極(きわみ)」がすごいです。重さ1.3キロ以上、甲羅の幅14.5センチ以上の大物で水揚げ1000匹で1匹程度だとか。価格も1匹で10万円くらいするそうです。ラッシャー板前さんがおいしそうに食べていましたが、とてもうらやましかった。

自由自在に悠々自適時間を持てるようになったら、北陸新幹線のファーストクラス「グランクラス」で「極(きわみ)」を食べに行きたいです。