ヘッドアンドショルダー形成察知 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円が陰線、豪ドル円、ユーロドルが陽線でした。

ドル円は週明けは押し目から伸びましたが、パウエルFRB議長の議会証言で急落となりました。その後は反発してまた落ちてと4時間足レンジ内の動きでした。

ユーロ円はドル円につられたような動きになりましたが、こちらも4時間足レンジ内の動きでした。

ポンド円は比較的おとなし目の動きで、1時間足のレンジ形成となりました。

豪ドル円は、週半ばで弱含んだものの週末にかけてやや盛り返し、週初めの1時間足レンジ内まで戻してきています。

ユーロドルはパウエルFRB議長の議会証言で強含みましたが、4時間足で意識される水平ライン1.128ドル付近で止められた後は、1時間足レンジの動きでした。

ファンダメンタル面では、パウエルFRB議長の議会証言で利下げ観測再燃などが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は7/12ユーロ円で1時間足ヘッドアンドショルダー右肩からの下降を確認して、売りエントリーするトレードとなります。

パウエルFRB議長の議会証言の下落から反転上昇してきていましたが、夕方頃にもみ合いとなり、その後ヘッドアンドショルダーを形成するための下降の動きになりましたので、注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、ヘッドアンドショルダー右肩頂点から18:30頃に2回目の高値切り下げとなりました。その後、節目の122.0円を下抜けましたが、反発が弱かったことを確認して、20:20頃、節目下抜け後2回目の陽線が包み線で打ち消されたタイミングで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは節目122.0円の少し上、122.05円で逆指値です。

エントリー後は大きな反発は無く、ほぼ5MAに沿って下がってくれました。そして、23:10頃、1時間足で意識される水平ライン付近でもみ合いの様子となりましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

1時間足、4時間足のヘッドアンドショルダー、ダブルトップ、ダブルボトムなどの動きは5分足、15分足を見ているだけではなかなか気づきません。毎日のトレードスタートでは4時間足あたりから順番に小さな足を確認するのがよいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事ですよ。

FXとは
– 外貨預金との違い

米雇用統計の勝ち方 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円が陽線、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陰線でした。

ドル円は週明けの窓開けを閉めに行った後は、独立記念日休場もあり静かな動きでしたが、雇用統計結果が予想を上回ったことで、急上昇となっています。

ユーロ円は4時間足でレンジ上限付近の長い上ヒゲから、レンジ内急落となり、週半ばからは弱い戻しとなっています。

ポンド円もほぼユーロ円と同じような動きでしたが、日足で直近安値更新となりました。

豪ドル円は、米中貿易協議再開への期待と豪準備銀行による利下げが絡み合いもみ合いとなっています。

ユーロドルは日足レンジ上限付近からの下降基調となっています。

ファンダメンタル面では、アメリカ雇用統計予想を上回るなどが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は7/5ユーロ円でアメリカ雇用統計後の上昇から、4時間足で意識される水平ラインで反転下降の様子を確認して、売りエントリーするトレードとなります。

アメリカ独立記念日と週末の雇用統計待ちで週半ばから狭いレンジでの横ばいとなっていましたので、雇用統計結果での大きな動きを期待して注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:30の米雇用統計が予想より良かったことで、ユーロ円も連れ高となりました。それなりの勢いがありましたが、さすがに22:00前には弱まり、止められた高値の位置が4時間足で意識される水平ラインであることが確認できましたので、チャートは1分足に切り替えて反転下降の動きをチェックです。22:04の安値切り下げの後、次の足の高値も切り下げになったことで、22:07頃、1分足25MA下抜けてきたタイミングで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは止められた高値が更新となる、121.97円で逆指値です。

エントリー後はまだ少しもみ合いましたが、1分足の5MAに沿って下がってくれました。そして、22:30頃、ほぼもとのもみ合いレンジまで戻り、意識されていた5分足200MAまで下がったところで、決済としました。(チャート内、□の部分)

今回は米雇用統計でよくある勝ちやすいパターンになってくれてよかったです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事ですよ。

FX凄腕名人紹介
– 同じトレードスタイルの名人を探そう

ユーロ円水平ラインからの戻り売り狙い – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、豪ドル円が陰線、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陽線でした。

ドル円はFOMC声明の年内利下げ示唆で、107円台前半まで売られました。

ユーロ円はドラギECB総裁の発言で週前半は弱含みましたが、米ドル利下げ観測により、持ち直し122円まで反発してきています。

ポンド円も週前半は先週の流れで弱含んでいましたが、米ドル利下げ観測により、やや盛り返しています。

豪ドル円は追加利下げ観測が広まっていますが、売りは落ち着き、もみ合いとなっています。

ユーロドルは米ドル利下げ観測により強含みですね。

ファンダメンタル面では、FOMC声明で利下げ示唆、アメリカとイランの軍事衝突懸念拡大などが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は6/20ユーロ円で1時間足で意識された水平ラインからの戻り売りの様子を確認して売りエントリーするトレードとなります。

下げ目線継続の中、20日の午後から強めの反発が発生してましたが、夕方には勢いが弱まり、もみ合いの様子が見られたので注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、20:20頃、小さなダブルトップを形成して、連続陰線で下降してきました。そして、25MAを一旦下抜けた後、弱い反発がありましたが、25MAを上抜けることなく下がり始めたので、21:00頃、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りはダブルトップの少し上、121.95円で逆指値です。

エントリー後はだらだら下がるも、売りが強くなることも無く、25MAを上抜ける場面もありましたが、再び25MAを下抜けた後は、下降が加速してくれました。そして、23:55頃、0時前になったこともあり、決済としました。(チャート内、□の部分)

今回のトレードは少しエントリーが早かったことを反省しています。チャートは載せていませんが、15分足の25MAの位置をもう少し良く見て、2回目の25MA下抜けタイミングの方がよかったですね。そうしたら、もう少し粘れたかも。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事ですよ。

FX凄腕名人紹介
– 同じトレードスタイルの名人を探そう