トレンドラインに近づくポイントで指値エントリー – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、ドル円に上昇勢いがついてついに年初来高値の更新となりました。クロス円は豪ドル円がほぼ横ばいも、ユーロ円、ポンド円が高値を切り下げてきました。ユーロドルはドルの強さの影響で下降基調となっています。

ファンダメンタル面で、FOMC声明に注目が集まりました。利上げ終了の時期は遠くないとの思惑も広がりましたが、現状の主要通貨金利差でも地政学的リスクが大きくならなければドルは買われやすい感じですね。

今週のベストトレード根拠は9/28ユーロ円となります。

今週も、最近少し試している、チャートにできるだけ張りつかないでトレードするIFO注文(「新規ポジションの確保」「利益確定の指値(リミット)」「損切りの逆指値(ストップ)」を同時に発注)でのエントリー根拠となります。

平日の夜に取り組んでいる短期で勢い重視のトレードではなく、15分足、1時間足を見て、ポジション保有半日~1日、いつもより利幅、損切幅を大きく取り、その分ポジションサイズも1/3~1/4としたトレードです。
短期で勢い重視のトレードは私としては勝ちやすいスタイルなのですが、チャートに張りつく必要があるため、時間を取られるのが難点です。疲れますので、できるだけ疲れないで勝てる方法を現在、模索しています。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15MA 黄緑破線:75MA 青破線:300MA ピンク破線:600MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
インジケーター矢印:トレンドレーダーサイン
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

15分足の波はレンジ下限側に来ていたので、上限側に戻るのを待ってエントリーしたいですね。そこで売り指値は、下降トレンドラインより少し下の132.2円、決済指値が131.5円(+70pips)、決済逆指値(損切)が132.6円(-40pips)としてIFO注文したら、あとは放置です。

昼休みにポジションを確認したところ、売り指値は成立しており、ローソク足は思惑通り、下降トレンドライン付近が抵抗になっているように見えました。

その後は、比較的順調に下がってくれたようで、今回は手動決済することなく、19時ごろに指値決済となりました。70pipsゲットでした。

今回のようなまだ緩やかな下降トレンドでは波をしっかり読むことが重要だと思います。安値更新するかしないかのタイミングで売りエントリーしたりすると、反発を食らうことも多いので注意が必要ですね。

放置の場合、決済逆指値は必ず設定してください。どんな方法でも損切は必要だと思います。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX
– その理由とは

ユーロ円下降の流れを切取る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、思っていたよりも大きな変動となりました。9/5水曜日22:00過ぎのブルームバーグによる「ドイツと英国の双方とも、離脱における鍵となる要求を断念した」報道では、急騰への気づきが遅れ、ユーロ円で少々大きめの損切りを食らいましたが、木曜、金曜と弱含みなユーロ円売りで取り返せた感じです。

ファンダメンタル面では、イギリスのEU離脱と米中貿易摩擦問題が大きな話題となりました。9/6の米ISM非製造業景況指数では予想は上回る結果にもかかわらず、ドル円が軟調な展開になったこと、週末の米雇用統計も予想よりもよくドル円は上昇かったのですが、その後のトランプ大統領による2670億ドル相当の中国製品に対する追加関税発言で打ち消されたことが気になりますね。

今週のベストトレード根拠は9/6ユーロ円となります。

その日は上値の重い展開で緩やかな下降となっており、午後からは200MAが抵抗となっている感じでしたので、注目していました。21:15米ADP雇用統計発表の後、200MAに対して2連続で上ヒゲが発生して反発下降の様子となりましたが、21:30の経済指標発表まで待つこととしました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:30の米四半期非農業部門労働生産性、新規失業保険申請件数の発表の後、5MAと.50節目を下抜けてきたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通りに下がってくれました。途中で小反発も見られましたが、25MAが抵抗として働いてくれたようで、その後23:10頃の安値更新ブレイクにつながりました。

そして、さらなる下降を期待したのですが、2連続の強め陽線で反発上昇となりましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、再び大きな下げとなりましたが、乗り切れませんでした(泣)

ユーロ円は4時間足で安値更新しています。中期トレードの練習で最小ロットのみですが、8/30より売りポジションをキープしています。日足レンジ下限125.5円付近までの下降を期待したいところです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買

ユーロ円のトレンド転換に期待 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

水曜日のトレンドですか?レンジですか?でも書いたようにユーロもそろそろ勢いが衰えてもみ合い、下降トレンド転換する可能性を考えていました。

4時間足下降トレンドラインではたいしてもみ合わずに上抜けましたので、レンジ相場となっている日足のレンジ上限付近は注目ポイントとなります。

ファンダメンタル面では、イギリスの秩序だったEU離脱への期待などでユーロ、ポンドはリスクオンが進みましたが、イタリア債務問題、新興国通貨安、米中貿易摩擦問題など、リスクオフ転換のきっかけは多数あるので、ニュースは丁寧に確認しています。

今週のベストトレード根拠は8/30ユーロ円となります。

日足ではほぼ連続陽線で、2週間の間に5円も上げてきました。29日夜にはEU高官発言でイギリスの合意なきEU離脱への警戒感が弱まり、ユーロ、ポンドが急伸したものの、続く材料がなくもみ合いとなり、4時間足でも連続陰線が見られるなど、トレンド転換の可能性が感じられましたので、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、移動平均線の並びが、上から200MA、100MA、25MAとなる下降トレンドの様子が見られる中、20:45頃、直近安値と、600MA(15分足200MA)を下抜けましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は、反発上昇が見られたものの、損切りするところまで上がることなく、下げ再開となり助かりました(^^)v

そして、5MAの下側に戻ると下げ勢いがつき、警戒していた.00節目もあっさりと下抜けていきました。さすがに25MAとの乖離も大きくなり、.75付近で少し反発したあとは横ばいとなりました。

しばらくは様子を見ていたのですが、0時を過ぎたことと、そこそこ利幅が取れたこともあり、決済としました。

このまま一気に下げるとは考えていませんが、1時間足トレンド転換への期待もあり、中期保有の小さなロットは売りポジションでキープしています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4のインストール方法
– チャート設定までの詳細をわかりやすく

5分足チャートで長い時間足チャートの波に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、イタリア政局不安によるユーロ売りも一服となり、北朝鮮問題も落ち着いていたことから、後半はややリスクオン、買戻しの様子が見られました。とはいっても本格的な反転上昇というわけではなく、大きなもみ合いの中での動きとなりますので、時々長めの時間足チャートもチェックしながらエントリー根拠を探しました。

今回のベストトレード根拠は5/31ユーロ円となります。
その日は朝方から、ユーロ、ポンドの買いが優勢だったのですが、次第に勢いが弱まってきていましたので、15分足、1時間足のレンジ上限からの反転が見られないか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:50頃、1時間足のレンジ内で高値を切り下げて、25MA、100MAを下抜け、3連続陰線で直近安値を勢いよく抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足、1時間足のレンジでまだ下側に下げの余裕があったこともエントリー根拠となります。

エントリー直後は、127.00円の節目で若干のもみ合いはあったものの、大きく反発することもなく、下抜けると一気に下降が加速しました。そして、22:30頃、下ヒゲの長さが感じられるようになり、アジア時間のもみ合い領域下限付近で5MAも上抜けてきましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、再び下降して1時間足レンジ下限付近までいってしまいましたが、30pipsほどの利幅が得られましたので私としては十分です。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

明日6月3日からブログ投稿を週3日に変更したいと思います。

日曜日:トレード準備と独り言
水曜日:トレンドですか?レンジですか?
土曜日:ベストトレード根拠

できるだけトレード時間を確保すること、睡眠不足を解消することを目的としての変更です。ご了承お願いいたします。

MT4のインストール方法
– チャート設定までの詳細をわかりやすく