豪ドル円レンジ相場の切り取り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

ドル円はやはり週足レンジ上限付近で上値が重く、弱含みとなっています。イギリスのEU離脱に関して、離脱合意案が英国議会で承認される可能性が低いとみられており、ポンド円は大きく下げました。私としては基本的にポンド円が好きなのですが、変動の大きさとリスクの大きさで博打的な要素が大きくなっているため様子見としています。

ファンダメンタル面では、FOMCによる2019年追加利上げ見通し、イギリスEU離脱、米中貿易摩擦緩和の可能の報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は11/14豪ドル円でレンジ内の動きを切り取るトレードとなります。超久々の豪ドル円トレード公開です。ポンド円は高いリスク回避のため様子見だし、通貨ペアの選択範囲が狭くなっている影響もありますね。

豪ドル円は移動平均線100MAと200MAが近い位置で水平に近く、そこに25MAが絡むまさにレンジ相場トレード向きのチャートとなっていたため注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、豪ドル円15分足チャートにおいて、14日21:00頃、レンジ下限域から5MAに沿って上昇してきたローソク足が勢いよく、節目の82.0円を超えてきたので、買いエントリーしました。(チャート内○の部分)

今回はリスクを抑えた地味なトレードですが、このようなチャートをしっかり切り取ることはトータルで勝つために必要なトレードだと感じます。

エントリー後は、短期の上昇基調で安心して見ていられるチャートとなりました。そして、レンジ上限域が近づき、勢いが弱まってきたため、23:45頃、あっさりと決済としました。(チャート内□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4について
– 自動売買も可能な大人気の取引ツール

直近高値&ボリンジャーバンド上限反転 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

3/26月曜日のオーストラリアドル円5分足チャートです。先週の米中貿易戦争に対する警戒感からのリスクオフは落ち着き、貿易戦争回避へ向けての両国の歩み寄り発言などにより、反転上昇の様子が見られました。クロス円ではユーロ円、ポンド円はしっかり反転の感じがありましたが、オーストラリアドル円はまだ弱く、少し上がって停滞状況でした。

そんな中、22:40頃から、直近高値付近、ボリンジャーバンド上限あたりで長い上ヒゲが多く発生するようになり、レンジ内で下降する気配がありました。そして、連続陰線で移動平均線5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

25MAと100MAがほぼ水平で非常に近く、レンジであることが明確であったことも根拠となります。

エントリー後は右下がりの5MAに沿ってしっかりと下がってくれました。そして、ボリンジャーバンド下限、300MA(15分足100MA)、600MA(15分足200MA)が重なる81.10円で指値しておいたリミットにかかり決済となりました。

非常にわかりやすいレンジ反転狙いのトレード根拠だったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日3/28夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比年率 10-12月期
23:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 2月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。FOMC声明とパウエル議長記者会見は要注目です。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

春らしい陽気で過ごしやすいですね。近所の桜もほぼ満開です。週末に花見予定ですが、桜吹雪でしょうね。

初めてのFX Q&A – 初心者の疑問にお答えします

中国製品への関税措置でリスクオフ – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

3/22木曜日のオーストラリアドル円5分足チャートです。アメリカは鉄鋼、アルミ製品への高関税だけでなく、対中国で知的財産権侵害を理由に電化製品や通信機器など幅広い中国製品にも関税を課することが発表され、相場はリスクオフとなっています。そんな中、3/22の朝方に発表されたFOMC声明で、やや失望となったドルは売られましたが、クロス円は上昇となりました。対ドルで上昇していることが影響ですので、落ち着けば再び大きく下げるであろうと考えました。特に資源国であるオーストラリアは中国経済の影響が大きく、オーストラリアドルは貿易摩擦への警戒感から売られていた状況でしたので、注目してみました。

私が帰宅したときはFOMC直後の高値からはかなり下げていましたが、反発する要素も無いので、チャートを見ながらさらに下げるタイミングを見計らっていました。そんな中、オーストラリアドル円5分足チャートにおいて、21:10頃、25MAの上抜けに失敗して長めの陰線で下げてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、移動平均線5MAに沿ってきれいに下がりました。そして、21:45頃、1時間足の直近安値81.25円で指値していた注文が実行されました。

久しぶりのオーストラリアドル円トレードの公開となりました。しばらくは下げ基調が続く予感がするので、注目してみたいと思います。アメリカの保護貿易的な通商政策は世界経済への影響が懸念されています。中国も報復措置を取るとしていますので、景気悪化が心配ですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

MT4ツール紹介 – エントリーポイントのサインや自動売買

豪ドル円、レンジ下限からの反発に注目 – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日12/1の夜は、
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 11月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月
24:00 (米)建設支出 前月比 10月
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日は特に大きな経済指標発表のない金曜日ということもあり、普通の会社員トレード時間前半では、ユーロの下落も一段落したように見えていました。全体的に移動平均線が互いに近い、または狭い値幅で動くレンジ相場でした。

ユーロ円、ポンド円はあまり動きがなさそうな気配でしたので、15分足チャートレンジ下限から反発上昇を想定して、ユーロドル、オーストラリアドル円を中心にチャートウォッチをしていました。

そんな中、オーストラリアドル円5分足チャートにおいて、21:30頃から反転上昇の気配を見せていましたが、移動平均線100MA付近でもみ合った後、22:30頃、強い陽線で5MAを上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

それほど意識はしていなかったのですが、トレード対象には入れていないカナダのGDPと雇用統計が良かったことに対する反応だったようです。

前日のトレード同様、水平に近い移動平均線が束なったところを、急角度で抜けたということもエントリーの根拠となります。

エントリー後は、金曜日のこの時間帯としては珍しく、勢いが継続しました。そして、23:50頃、リミット指値しておいた85.5円で決済実行となりました。

ISM製造業景況指数はたまに大きな影響があるので、それまでに決済しておきたいという気持ちもありました。

私のトレード終了後となりますが、前大統領補佐官のフリン氏が偽証の有罪答弁で、ロシアとの接触をトランプ大統領から指示されたと証言すると報道されたことにより、急激なリスクオフ相場となりました。ドル円でも1円以上下落しました。ドル円トレードでもストップ逆指値は必要ですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック はこちら