ブログ開設1年がたちました!

こんにちは。喜平です。

2017年9月2日にこのFXチャート分析ブログを開設して1年が経ちました。

テーマ管理、アクセス管理、スパム対応、SSL化などセキュリティー対応、ブログを維持する上での最低限の技術的課題は半年程度でほぼ完了しましたが、SEO対策には時間がとれず、アクセス数は伸び悩みです。

当初の目的はFXの勉強を進める中で、備忘録的な記録、自分自身がトレードルールを外れないための自覚するということで、ブログ収入もFX資金の足しになればという思いもありました。

残念ながらブログ収入についてはSEO対策不十分で、レンタルサーバー代程度しか出ていませんが、FXの方は月間150~200pipsと比較的安定した結果となり、小遣い程度の収益は維持できました。

最初はブログへの意気込みも高かったので、ブログを書くためにエントリー回数が増えてしまったりで、勝ちトレードのために、負けトレードも増える結果となり、何のためのブログかと悩む時期もありました。しかし、週6日だった投稿を週3日まで落とすことにより、FXトレード時間を確保し、弱い根拠でのトレードは抑えることができたように思います。

私のトレードスタイルはローソク足の勢い重視のデイトレードであるため、どうしてもチャートに張り付いている時間が多くなります。

エントリーも決済も臨機応変に対応できますので、丁寧に損切りができ、5分足の勢い衰えで利益確保することが多いため、日計りの勝率は75~80%と高めだと思いますが、トレードにチャート張り付き時間が必要なことが難点です。

そこで、チャート張り付き時間を減らし、もう少しブログ内容を充実させ、自動売買などの研究にも時間をとることができるようにしていきたいと考えています。

当面は、いままでのトレードスタイルを維持しつつ、省エネトレードの研究も進めていきます。

ひとつは4時間足、日足でのトレードで、トレンド、レンジを見極める手法は変えずに、指値、逆指値付きの注文で、エントリー根拠を確認して注文すると、決済まで放置する方法です。最小ロット1000通貨で先日から研究を始めています。

利幅、損切り幅の設定もデイトレードとは異なりますので、経験値を積むことが必要だと思いますが、結果が出せるようになったら、ブログにも書いていきますね。

今後ともよろしくお願いいたします。

ユーロは堅調だが、そろそろ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円、ポンド円、豪ドル円はもみ合いレンジ、ユーロ円、ユーロドルは堅調に上昇しています。ユーロ円は4時間足の下降トレンドラインも少し上抜けています。まだ少し勢いを感じるので、日足レンジ上限付近、ユーロ円で131.75円、ユーロドルで1.175ドルくらいは行くかもしれません。

もうそろそろ上昇も一服すると思いますが、思い込みで相場に逆らってエントリーしないように注意したいと思います。

注目したいニュースとしては、米中通商協議(北朝鮮問題含む)、貿易摩擦改善(メキシコ、カナダなど)、イギリスEU離脱などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

8/29(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)4-6月期
23:00 (米)住宅販売保留指数 7月

8/30(木)の夜は、

16:55 (独)雇用統計 8月
17:30 (英)消費者信用残高 7月
17:30 (英)マネーサプライM4 7月
18:00 (欧)経済信頼感 8月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 8月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)8月
21:30 (米)個人消費支出(PCE)7月
21:30 (米)個人所得 7月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

8/31(金)の夜は、

18:00 (欧)雇用統計 7月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)8月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 8月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 8月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された8/21取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 54,116 (+4,747)
売り 101,522 (-6,215)

ユーロ/ドル
買い 188,907 (+479)
売り 193,748 (+3,531)

ポンド/ドル
買い 68,091 (+8,063)
売り 140,429 (+19,660)

豪ドル/ドル
買い 25,528 (-121)
売り 75,735 (-1,697)



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

MT4について
– 自動売買も可能な大人気の取引ツール

166記事となりました – ブログ開設6ヶ月


こんにちは。喜平です。

2017年9月2日にこのFXチャート分析ブログを開設して6ヶ月が経ちました。

ワードプレスの投稿138本、固定ページ28本となり、少しずつですが内容が充実してきたように感じます。アスセス解析を見ると延べ約1600名の方に合計約3200回ほどご訪問いただいたようです。ありがとうございます。

開設3ヶ月目でブログを書いてからこの3ヶ月でやってきたことをまとめてみました。

プラグインでは、「WordPress Popular Posts」を導入して、人気記事のランキングを表示できるようにしました。

来訪者がどのような記事に興味を持っていただいたか確認することはブロガーとして大変参考になります。

また「WP QUADS」という広告管理のプラグインも入れてみました。

各通貨ペア毎のトレード公開を見やすくするために、カテゴリーから通貨ペアチャートを検索できるようにしてみました。

5ヶ月目で初めてグーグルアドセンス申請しましたが、特に問題なく合格できました。しかし、アクセスはまだまだ少ないため2月のアドセンス収入は500円ほどでした。広告収入を第一目的としているわけではないですが、レンタルサーバー代くらいあると助かります。記事の内容が良かった時は、広告もクリックしてご覧くださいね(笑)

テーマに関して、開設当初からワードプレス標準の「Twenty Seventeen」を使用しています。現在、他のテーマへの移行も検討しているのですが、実際にトライするとなかなか大変であることがわかってきました。

テーマ変更するために、まずはローカル(オフライン)でサイトを確認、編集できる環境が必要です。

最初は導入が簡単らしい「InstantWP」というソフトをダウンロードしてみました。環境にによっては 5分でセッティングができるという内容がネット上で見られましたが、自宅のWin7パソコンでは動いてくれませんでした。PCにログインするユーザー名やソフトをダウンロードするフォルダ名に日本語を使用できないといった記事などを参考にいろいろいじってみたのですが、どの方法もうまくいかずあきらめました。

別の方法を探したところ、「InstantWP」よりもやや面倒なのですが、「XAMPP」というソフトではうまく環境を作れました。「XAMPP」はウェブアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージにまとめた汎用ソフトなのですがなかなか使えると思います。

エックスサーバーから必要なフォルダーをダウンロードし、「XAMPP」のアパッチとSQLサーバーを起動させてインポートしたところ、ローカルでブログサイトを見たり、編集したりすることができるようになりました。

とりあえず、無料テーマの中で、「LION BLOG」、「Simplicity」、「STINGER」を試しましたが、今のところ「LION BLOG」の使い勝手が良さそうな感じです。

本当に移行するかどうかはまだわかりませんが、しばらくは今よりも見やすいサイトが作れるかどうか試してみたいと思います。

これからワードプレスのブログを立ち上げる方は、テーマ選びは慎重に進めてくださいね。あとから変更するのは大変です。

今後は、固定ページでFXトレードに役立つ知識をもっと蓄積していきたいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。