移動平均線5MAから強めの陰線に注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

今週は金利先高感からのユーロ円、ポンド円の反転上昇の動きが見られないかなと思っていたのですが、その兆しはまだ見えません。2/21に発表されたイギリス雇用統計(失業率)は予想より悪く、2/22に発表された欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨で「依然弱いインフレで、忍耐と粘り強さが必要」、「フォワードガイダンスの調整はまだ早い」との見解が示され、市場の早期金利回復期待に水を差す感じになり、弱含みが継続しました。

そんな中、2/22木曜日のユーロ円5分足チャートで、21:40頃、欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨発表に対する失望売りの様子が見られ、移動平均線5MAから強めの陰線で下がり始めましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

もし5MAを完全に上抜けたり、直近安値を更新できずレンジ反転の動きが見られた場合は手仕舞いと考えます。

エントリー後は、思惑通り5MAに沿って勢いよく下降してくれました。そして22:00頃、下降勢いが弱まり下ヒゲも現れたので決済としました。(チャート内□の部分)

失望売りといっても大きなサプライズというほどでもないので下値は限定的と考えました。他のクロス円の動きもチェックしつつ、よいタイミングで決済ができたトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック

長めの下ヒゲ連発に注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

2/14水曜日のユーロ円5分足チャートです。今週は経済指標の結果が相場の方向性を左右すると考えていましたが、22:30発表の注目指標、アメリカの消費者物価指数、小売売上高の発表を前にして小動きとなっていました。私としては様子見です。
結果は、消費者物価指数が予想を上回り、小売売上高が下回りましたが、私が考えていた以上に大きな動きとなり、参戦するタイミングはつかめませんでした。「今日はもう無理かな。」と思いましたが、しばらくチャートを見ていると、ユーロ円、ポンド円5分足チャートで長めの下ヒゲを連発していましたので、注目してみました。

するとクロス円が全体的にボリンジャーバンド下限から離れる動きになり、23:30頃、ユーロ円5分足チャートにおいて、強めの陽線で15MA(15分足5MA)を上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー根拠の打消しは損切りするルールですので、ローソク足が15MAを完全に下抜けたら損切りです。

エントリー後は、思惑通り5MAに沿って上昇してくれました。そして0:10頃、私のトレード終了時間を過ぎ、ボリンジャーバンド上限から陰線が下がり始めたので決済としました。(チャート内□の部分)

変動が大きい相場でやや緊張感のあるエントリーでしたが、反転の動きをとらえることができてよかったです。ポンド円、オーストラリアドル円もほぼ同じ動きでしたが、変動がやや穏やかなユーロ円のエントリーにしてみました。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

MT4について

相場の流れに乗るタイミング – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/29月曜日のトレード根拠です。先週末の大きな下落の影響でドル円、ユーロ円、ポンド円はもみ合うも上値の重い展開が続いていました。その中でユーロ円は、夕方ぐらいから緩やかな下落となっていましたので注目してみました。ドル円、ポンド円も下落だったのですが、やや勢いがあったためか、私がチャートを見始めた20:30頃は、やや下げ止まり感が感じられました。

そんな中、22:05頃、ユーロ円5分足チャートにおいて、一旦上昇するもボリンジャーバンド上限にぶつかって強めの陰線が出ました。そして3つ目の陰線が下がり始め、移動平均線5MA、25MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線25MA、100MA、200MAの並びが下降トレンドの特徴になりつつあったこともエントリーの根拠となります。

エントリー後は、直近安値を下抜けたあたりから加速し、わりときれいに下がってくれたと思います。そして、23:35頃、前の2つの陰線を包む陽線(包み足)が発生して5MAを上抜け、次の足の陽線が伸びてきそうな勢いだったので決済としました。(チャート内□の部分)

下降トレンド中の戻り売りをとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日1/31夜は、

19:00 (欧)失業率 12月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 1月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 1月
22:30 (米)四半期雇用コスト指数 前期比 10-12月期
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 1月
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 12月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

日中ですが11:00過ぎに予定されているトランプ大統領の一般教書演説も注目ですね。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック

記者会見イベント前のレンジは待ち – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/25木曜日のユーロ円5分足チャートです。21:45に発表のあった欧州中央銀行(ECB)の政策金利は予想通り0.00%という結果でしたので、特に市場の反応はなく、22:30のドラギ総裁定例記者会見待ちでもみ合いが続いていました。各移動平均線がほぼ水平に近く、互いに近い状態で、上に動くのか、下に動くのか、1分足チャートも合わせて注目していました。

そんな中、22:30になり、会見が開始されましたが、個人トレーダーではリアルタイムに内容を把握することができません。そこで1分足チャートの反応で様子を伺います。22:34頃、上向きの反応があり、22:35の足では下ヒゲを付けました、そして移動平均線の束を上抜け、22:38頃、陽線上昇タイミングで、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

このような大きなイベントで大陽線、大陰線が発生する場合、5分足ではエントリータイミングを計ることが難しいため、1分足で確認しています。そして、買いエントリーはローソク足の上昇タイミングで入れます。1分足の5MAを大きく抜けた場合は手仕舞いです。

エントリー後は、5分足の5MAにサポートされる感じで上昇が継続しました。しばらくして5MAの勢いがなくなり、30分以上もみ合いが続いた23:35頃、決済としました。(チャート内□の部分)

大きなイベントで移動平均線の束を大陽線で上抜けるタイミングをとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

寒い日が続きますね。初めてユニクロの極暖を買いました。普通のヒートテックより暖かくて助かります。

FX凄腕名人紹介