5分足チャートで長い時間足チャートの波に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、イタリア政局不安によるユーロ売りも一服となり、北朝鮮問題も落ち着いていたことから、後半はややリスクオン、買戻しの様子が見られました。とはいっても本格的な反転上昇というわけではなく、大きなもみ合いの中での動きとなりますので、時々長めの時間足チャートもチェックしながらエントリー根拠を探しました。

今回のベストトレード根拠は5/31ユーロ円となります。
その日は朝方から、ユーロ、ポンドの買いが優勢だったのですが、次第に勢いが弱まってきていましたので、15分足、1時間足のレンジ上限からの反転が見られないか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:50頃、1時間足のレンジ内で高値を切り下げて、25MA、100MAを下抜け、3連続陰線で直近安値を勢いよく抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足、1時間足のレンジでまだ下側に下げの余裕があったこともエントリー根拠となります。

エントリー直後は、127.00円の節目で若干のもみ合いはあったものの、大きく反発することもなく、下抜けると一気に下降が加速しました。そして、22:30頃、下ヒゲの長さが感じられるようになり、アジア時間のもみ合い領域下限付近で5MAも上抜けてきましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、再び下降して1時間足レンジ下限付近までいってしまいましたが、30pipsほどの利幅が得られましたので私としては十分です。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

明日6月3日からブログ投稿を週3日に変更したいと思います。

日曜日:トレード準備と独り言
水曜日:トレンドですか?レンジですか?
土曜日:ベストトレード根拠

できるだけトレード時間を確保すること、睡眠不足を解消することを目的としての変更です。ご了承お願いいたします。

MT4のインストール方法
– チャート設定までの詳細をわかりやすく

サポートライン下抜けを見極める – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

アメリカは対中関税の実施の先送りし、中国は自動車の輸入関税を従来の25%から15%に引き下げるとの報道があり、米中貿易摩擦は米朝首脳会談を控え、緩和しているように感じます。

今週のFOMC議事要旨は注目されますが、インフレの上昇から、年4回の利上げ期待も強まりつつあり、ドル高の傾向は継続しそうです。しかし、北朝鮮リスクの影響もあるのか、ドルの上値は重たそうですね。

ユーロ円、ポンド円はやや回復の動きが見られるものの、レンジもみ合いの様子です。

私がチャートを見始めたのは20:00頃ですが、ちょうどユーロ円とポンド円で直近のサポートラインが破られそうな気配がありましたので注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、20:20頃、直近サポートライン131.05円付近を下抜けたのですが、節目の131.00円が近かったため、1回目はスルーしました。そして、長めの上ヒゲのある陰線が発生した直後、20:45頃、再び131.00円を下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は移動平均線5MAに沿って下降を続け、移動平均線300MA(15分足100MA)を下抜けたところから急加速し、直近もみ合い付近として指値しておいた130.70円で決済となりました。

急な下降だったので、指値をしておいてよかったです。

1回目のサポートライン下抜けですぐに飛びつくと、反転上昇を喰らうことも多いので注意が必要ですよ。

ポンド円も同じような動きでしたが、15MA(15分足5MA)の勾配に勢いが感じられましたのでユーロ円でのエントリーとしました。

米朝首脳会談は開催が微妙になってきましたね。こちらも目が離せません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/23夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 4月
17:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 4月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 4月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 5月
深夜ですが、
5/24 03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

損小利大のための決済ポイント
– 利大は相場で使い分け

イタリア政局不安でユーロ売り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、ドル円が堅調に111円を目指す動きの中、ユーロ円はもみ合い、ポンド円はやや弱いながらも上昇基調、オーストラリアドル円は資源先高観を背景に上昇、ユーロドルは下降もみ合いの相場でした。

ファンダメンタルズとしては、北朝鮮が米朝首脳会談を前に駆け引きの動きから、アメリカはそれに配慮する姿勢、米中通商協議による今後の貿易摩擦への警戒感、イタリアではポピュリスト政権が誕生し、ユーロ離脱の可能性など、政局不安が注目されました。

今回のベストトレード根拠は5/18ユーロ円となります。ユーロ円は約2ヶ月ぶりの公開です。
その日は18:00過ぎから、イタリア新政権が欧州連合(EU)とは方向性の異なる政策をとるのではないかという警戒感から売りが強くなり、もみ合いレンジを大きく下抜けてきました。私がチャートを見始めたのは、20:00を過ぎていましたが、戻り売りに乗れそうな感じがしましたので、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:30頃、一度直近安値を下抜けた後、少し戻しましたが、21:40に上ひげの長い短い陰線が発生し、さらに強めの陰線が伸びてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は、反発するシーンもありましたが、移動平均線5MAを大きく上抜けることも無く、思惑通りに下がってくれました。そして、23:00頃の安値更新で下降勢いが弱く下ヒゲが発生し、週末ということもあり、もみ合いになることを想定しましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

ファンダメンタルズで気にするべき情報が多くなっています。経済指標以外にも要人発言による急変には警戒したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ