株高などを背景にリスクオン、そして – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

米中貿易摩擦への懸念は続き、米中通商協議の進展は見られませんが、中国のインフレ指数が良好であったこと、アメリカ10年債の利回りが上昇基調になっていること、日経、ダウの株価が好調なことなどを背景に、リスクオンが優勢での円売りになっている感じです。

1時間足でドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は強含みから上昇基調、ユーロドルはやや弱含みとなっています。

米中貿易摩擦に関する進展が見られた場合、大きく動く可能性は留意しておきたいと思います。

と、書いていたのですが、出ました!

今朝方、5:50頃、「米当局は2000億ドル相当の対中関税リストを公表の予定」との報道があり、一気にリスクオフです。

気をつけたいですね。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

7/11(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)卸売物価指数(PPI) 前月比 6月
23:00 (米)卸売売上高 前月比 5月
23:00 (米)卸売在庫 前月比 5月
24:35 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

7/12(木)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 5月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 6月

7/13(金)の夜は、

21:30 (米)輸入物価指数 前月比 6月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 6月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 速報値 7月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された7/3取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。
ややマニアックですが、たまに気にしています。

円/ドル
買い 49,990(+5,560)
売り 88,720(+10,069)

ユーロ/ドル
買い 189,005(-1,142)
売り 152,258(-3,985)

ポンド/ドル
買い 43,775(+2,284)
売り 72,556(+9,484)

豪ドル/ドル
買い 35,061(+1,956)
売り 74,291(+208)



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境
– トレード専用端末がおすすめ

米中貿易摩擦の深刻化懸念で膠着 - トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

米中による関税発動を控えて、回避に向けた通商協議に進展が見られず、貿易摩擦の深刻化が警戒されているようです。トランプ政権が知的財産侵害への対抗措置として中国製品に関税を発動した場合、中国も報復措置として同規模の関税を米国製品にかけると見られています。

また、7/4はアメリカ市場が独立記念日の休場となっており、ポジション調整が多くなっていることもあり、各通貨ペアともにレンジ内の動きになっています。

休場明けは米中貿易摩擦がらみで進展が見られた場合、大きく動く可能性は留意しておきたいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

7/4(水)の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 6月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 6月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 6月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比

7/5(木)の夜は、

19:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 前年比 6月
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 6月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 6月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値) 6月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合) 6月
27:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

7/6(金)の夜は、

21:30 (米)貿易収支 5月
21:30 (米)雇用統計 6月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された6/26取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。
ややマニアックですが、たまに気にしています。

円/ドル
買い 44,430(-2,135)
売り 78,651(-3,476)

ユーロ/ドル
買い 190,147(-537)
売り 156,243(+1,677)

ポンド/ドル
買い 41,491(-5,401)
売り 63,072(-3,026)

豪ドル/ドル
買い 33,105(+893)
売り 74,083(-1,228)



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

心(メンタル)のコントロール
-FXで一番大切なこと

貿易摩擦の行方を睨んでレンジ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

貿易摩擦の行方を見極めたい慎重な展開で全体的にレンジ相場となっています。

FRBが利上げペースを加速させるとの見通しも強く、金利先高感も根強いですが、米中貿易戦争の激化は、世界経済全体を押し下げる可能性があり、慎重な動きになっていると考えられます。

7/6には500億ドル規模の中国商品を対象にした追加関税の一部が発動されるため、それまでに米中通商交渉が再開されるかどうかに注目が集まっているようです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/27(水)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 前年同月比 5月
17:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)耐久財受注 前月比 5月
23:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 5月

6/28(木)の夜は、

17:00 (欧)欧州中央銀行(ECB)月報
18:00 (欧)経済信頼感 6月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 6月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 6月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値) 前期比年率 1-3月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

6/29(金)の夜は、

16:55 (独)雇用統計 6月
17:30 (英)消費者信用残高 5月
17:30 (英)マネーサプライM4 前月比 5月
17:30 (英)四半期経常収支 1-3月期
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比 1-3月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 6月
21:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 5月
21:30 (米)個人所得 前月比 5月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 6月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 6月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

初めてのFX Q&A
– 初心者の疑問にお答えします

米中貿易戦争警戒でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週明けは米中貿易戦争激化への警戒感から、各通貨ペアともにもみ合いのレンジスタートとなりました。

そんな中、日本時間19日朝に、トランプ米大統領が中国の報復関税に対抗措置を取るとコメントし、USTR(合衆国通商代表部)に関税で2000億ドルの中国製品を確認するよう指示したとの報道があり、相場はリスクオフの流れで一気に崩れ、全面安の下降トレンドとなりました。

その後、回復も見られましたが戻りは鈍く、弱い上昇となっています。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/20(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期経常収支 1-3月期
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
22:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 5月

6/21(木)の夜は、

20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 6月
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 4月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 5月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 6月

6/22(金)の夜は、

16:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
16:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増