売り勢いはやや衰えレンジ傾向 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は先週21日からの戻り売りが落ち着き、日足レンジ下限付近のもみ合いとなっています。そのまま下げるには抵抗が大きい感じですので、109.7円付近、または110.0円付近まで戻してからの売り再開を想定したいです。

ユーロ円は122.5円付近の抵抗を下抜けてきました。122.0円にタッチして安値更新です。少しもみ合いが続いていましたが、売り再開となるのか見極めたいと思います。

ポンド円は下降トレンド継続ですので波の動きは1時間足で確認しつつ、15分足の下降波に乗りたいところです。

豪ドル円は6週連続週足陰線の勢いが抑えられてもみ合いとなっています。75.4~76.3円のレンジをどちらに抜けるのかに注目したいと思います。

ユーロドルは1.118~1.12ドルの変動の小さなレンジでしたが、昨晩から少し下抜けました。日足レンジ下限1.11ドル付近を目指す展開になるでしょうか。

注目したいニュースとしては、引き続き米中貿易摩擦での両国の動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

5/29(水)の夜は、

16:55 (独)失業率 5月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 5月

5/30(木)の夜は、

21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)1-3月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・改定値 1-3月期
21:30 (米)四半期コアPCE・改定値 1-3月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)住宅販売保留指数 4月

5/31(金)の夜は、

17:30 (英)消費者信用残高 4月
17:30 (英)マネーサプライM4 4月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)5月
21:30 (米)個人所得 4月
21:30 (米)個人消費支出(PCE、デフレーター)4月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 5月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 5月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

5/24の金曜日公表された5/21取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 27,540 (-8,375)
売り 82,732 (-14,763)

ユーロ/ドル
買い 149,873 (-808)
売り 250,975 (+4,993)

ポンド/ドル
買い 45,638 (-3,694)
売り 71,790 (+19,140)

豪ドル/ドル
買い 39,757 (+10,627)
売り 105,868 (+12,692)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

おすすめ FX本 – トレードの必読本、バイブルを紹介 >

戻り上昇~もみ合いで戻り売り待ち – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は先週末のもみ合いレンジから戻り上昇が進行しています。日足ではまだ下目線ですので、買いで入るのはリスクが高いと考えるため、戻り売りを待ちたいと思います。

ユーロ円も先週のもみ合いレンジからやや上昇ですが、ドル円ほどの勢いはありません。やはり戻り売りを待ちたいところです。

ポンド円はユーロ円と似た動きになっています。戻り売り待ちですね。

豪ドル円は先週からの戻り上昇が弱く、もみ合いレンジとなっています。売り再開待ちというところでしょうか。

ユーロドルも先週からの戻り上昇が弱く、もみ合いレンジとなっています。4時間足で発生していた三角保ち合いは上にブレイクすると見せかけて、ヘッドアンドショルダーを形成し、結局、ネックラインから下に抜けています。波のタイミングを見て売りで入りたいです。

戻り売りが発生しても安値を更新できない場合は、次の波で高値を更新してくる可能性が高まりますので注意したいですね。

注目したいニュースとしては、米中貿易摩擦での両国の動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

5/22(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI、コア指数)4月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)4月
17:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

5/23(木)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
17:00 (独)IFO企業景況感指数 5月
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
23:00 (米)新築住宅販売件数 4月

5/24(金)の夜は、

17:30 (英)小売売上高 4月
21:30 (米)耐久財受注 4月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

5/17の金曜日公表された5/14取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 35,915 (+10,046)
売り 97,495 (-20,091)

ユーロ/ドル
買い 150,681 (-1,952)
売り 245,982 (-12,756)

ポンド/ドル
買い 49,332 (+4,100)
売り 52,650 (+539)

豪ドル/ドル
買い 29,130 (-3,161)
売り 93,176 (+3,836)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

主な経済指標(アメリカ)
– 発表時間は事前にチェックしよう

4時間足下降トレンドで戻り売り狙い継続 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

各通貨ペアともに米中貿易摩擦による経済減速懸念でリスクオフ継続となっています。

ドル円は先週末のもみ合いレンジから一段と下降しましたが、少し反発しています。日足直近安値を更新し、4時間足で下降トレンドとなっていますので、戻り売りは注目したいです。

ユーロ円は先週末から変動の大きなレンジになっていますね。123.4円付近の水平ラインは強く感じられ、月曜、火曜と会社員のトレード時間帯でレンジ内の急下降がありました。ありがたいです。今後しばらくは下降傾向が続くように感じますが、1時間足、4時間足の波をしっかり見極めていきたいと思います。

ポンド円は先週末のもみ合いレンジから一段と下降し、反発はドル円より弱く下降継続です。下のサポートは5/13にも反発があった141.2円付近ですが、そこを完全に抜けてしまうと下値は140円割れが見えてきます。

豪ドル円はポンド円に似た動きとなっており、反発が弱く下降継続です、下に目立ったサポートラインはなく、4時間足25MAを越えてくるような反発も感じられません。しっかりと下降波を見極めていきたいです。

ユーロドルは4時間足で三角保ち合いの様子で高値切り下げ、安値切り上げが継続です。引き続き収束ラインをブレイクするタイミングを待ちたいと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易協議の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

5/15(水)の夜は、

18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)1-3月期
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)小売売上高 4月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 5月
22:15 (米)鉱工業生産 4月
22:15 (米)設備稼働率 4月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 5月
23:00 (米)企業在庫 3月

5/16(木)の夜は、

21:30 (米)住宅着工件数 4月
21:30 (米)建設許可件数 4月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 5月

5/17(金)の夜は、

18:00 (欧)建設支出 3月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)4月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 4月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 5月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

5/10の金曜日公表された5/7取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 25,869 (+5,291)
売り 117,586 (-2,591)

ユーロ/ドル
買い 152,633 (-1,188)
売り 258,738 (-627)

ポンド/ドル
買い 45,232 (-6,345)
売り 52,111 (-4,134)

豪ドル/ドル
買い 32,291 (+1,771)
売り 89,340 (-185)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

損小利大のための決済ポイント
– 利大は相場で使い分け