クロス円の上昇勢いは継続 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

週明け後の環境認識です。

ドル円以外はリスクオンで上昇継続です。

波の動きをしっかり確認してエントリータイミングを見極めましょう。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、日足目線ライン106.05円のレジスタンスが強く、しっかりと上抜けることができていません。もう少し様子見でいきたいと思います。

ユーロ円は、上昇勢いが衰えてきていますが、高値更新する力は残っているようです。15分~1時間足で上昇波の動きを見極めていきたいと思います。

ポンド円は、1時間足25MAが良いサポートなって上昇継続です。142.0円くらいで25MAのサポートが効いたところを確認してエントリーしたい感じです。

豪ドル円は、良い感じの上昇が継続しています。勢いのある時は飛びつきで高値つかみしてしまわないように注意したいですね。強い水平ライン、トレンドライン、25MAなどのサポートと受けてのN字上昇に乗りましょう。

ユーロドルは、4時間足もみ合いレンジから少し上抜けて、高値、安値を切り上げてきました。やや押してきたところで強い水平ライン、25MA などのサポートを受け、上昇勢いが再加速しそうなタイミングを見極めたいです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

9/2(水)の夜は、

18:00 (欧)卸売物価指数(PPI)7月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 8月
22:00 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言
23:00 (米)製造業新規受注 7月

9/3(木)の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)8月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)8月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)8月
18:00 (欧)小売売上高 7月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 8月
21:30 (米)貿易収支 7月
21:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・改定値 4-6月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)8月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)8月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)8月

9/4(金)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)8月
21:30 (米)雇用統計 8月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、8/28の金曜日公表された8/25取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ユーロの買い越しはくすぶっている感じでしょうか。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 44,978 (+3,261)
売り 21,362 (+229)

ユーロ/ドル
買い 262,061 (+2,817)
売り 50,309 (-11,992)

ポンド/ドル
買い 45,390 (-8,920)
売り 39,790 (-8,016)

豪ドル/ドル
買い 51,131 (+2,642)
売り 55,030 (+3,241)

世にも恐ろしいスイスフランショック
– 資金管理の大切さ