下げ基調も地震で水入り – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

みなさん、地震の被害は出ていないでしょうか。こちらは揺れていませんが、各通貨が対円で急騰したのを見て、地震発生に気づきました。

ドル円は先週に引き続き、もみ合いレンジ継続です。

ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は似た動きになっています。先週から一段安の動きになりましたが、地震の影響でやや戻しています。

ユーロドルは、日足レンジ内下降中で、1時間足では安値更新となっています。

注目したいニュースとしては、FOMC声明で7月利下げがどのように示唆されるかなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/19(水)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前、季調済み) 4月
17:30 (英)消費者物価指数(CPI、コア指数)5月
17:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 5月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)5月
18:00 (欧)建設支出 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

6/20(木)の夜は、

17:30 (英)小売売上高 5月
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米)四半期経常収支 1-3月期
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 6月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)景気先行指標総合指数 5月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)6月

6/21(金)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)6月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)6月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)6月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)6月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)6月
23:00 (米)中古住宅販売件数 5月

が予定されています。水曜日深夜のFOMCは大注目です。ポジションの持越しには注意しましょう。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

6/14の金曜日公表された6/11取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 20,786 (-6,651)
売り 65,951 (-5,875)

ユーロ/ドル
買い 149,661 (-6,110)
売り 236,453 (-6,869)

ポンド/ドル
買い 33,761 (-8,237)
売り 78,562 (-11,198)

豪ドル/ドル
買い 32,447 (-3,857)
売り 95,673 (-3,922)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買