MT4ツール紹介 – エントリーポイントのサインや自動売買

MT4の市販ツール紹介です。
パソコンでMT4をインストールしないと使えないのでご注意ください。これからMT4をインストールされる方はMT4のインストール方法 – チャート設定までの詳細をわかりやすくまたは、MT4のインストール方法 XM編を参照してください。

青色の文字はそれぞれのツール紹介リンクとなっていますので一度ご覧ください。だましリンクは一切ありませんのでご安心くださいね。

下に長い紹介ですが、分かりやすくまとめられているのでしっかり読んで理解してください。世の中には多くのサインツールが出回っていますが、そのツールが得意としているエントリー方法が、自分がやりたいトレードスタイル合っているかを見極めることが大事です。

トレンドレーダー
種類:サインツール
得意な相場:トレンド相場
対応時間足:15分足
対応通貨ペア:どのペアでもOK

HIDEさんは私が最初に出会った凄腕名人です。そしてこのトレンドレーダーが私が最初に購入したFXサインツールです。MT4の15分足チャートに組み込んでトレンドを順張りで狙うツールとなります。

これからトレンドの勢いがつく可能性が高いということをローソク足の動きから判断してメッセージの表示とアラート音で教えてくれます。

そのため、ずっとチャートの前に張り付いている必要なはく、アラート音が出た時だけ、チャート確認をすれば良いようになっています。チャートを見続けていると目も疲れますし、判断力も鈍りますので、それだけでもトレードが快適になりますよ。

25MA、100MAなどの移動平均線が水平に近い状況で、ローソク足が移動平均線から離れようとする動きの中で出るサインは確度の高いものだと思います。

利用開始1ヶ月間を無料で利用できるサポートブログはトレンドレーダーを使うために必要な知識を教えてくれるし、購入後6ヶ月はメールサポートもついています。ツールのアップグレードがあった場合は、無期限対応というのも安心できますね。

ママでも簡単FX!5分足でサクサク楽々利益が狙えるFXスキャレーダー
種類:サインツール
得意な相場:レンジ相場
対応時間足:5分足
対応通貨ペア:どのペアでもOK

上で紹介しているトレンドレーダーはトレンド相場に強いツールですが、同じHIDEさんのレンジ相場に強いツールです。MT4の5分足チャートに組み込んで、レンジ上限と下限での逆張りを狙うツールとなります。

相場はトレンドが発生するよりもレンジであることが多いということもあり、トレンドレーダーよりもサインの回数は多くなります。1回あたりに取れる利幅は小さくなりますが、トレードに費やせる時間が少ない人には強力な味方になると思います。

狙える利幅の大きさでサインの矢印の大きさで区別されているのも見やすいですね。またサインの勝率を予測するスキャメーターというツールも付いてきますので、エントリー判断の助けになります。

スキャレーダーでは狙える利幅が最初からわかるので、利益確定指値、損切り逆指値を設定しておけば自動で決済することもできます。こちらのツールもサポートは万全ですので使いやすいと思います。

ドルスキャワールドFX~売上ランキング・購入率NO.1!2冠達成~
種類:サインツール
得意な相場:レンジ相場、トレンド相場(押し目、戻り売り狙い)
対応時間足:1分足
対応通貨ペア:ドル円

カズヤングさんのドル円1分足専門のMT4スキャルピングサインツールです。このツールは1分足・ドル円にのみ絞ってロジックを作成されています。1分足・ドル円のみに絞ることにより、精度の高いサインが出せるようになっています。リンクの中の動画でもわかりやすく説明されていますよ。

このツールはトレンド(相場の方向感)を判断する「trender」、売り買いのサインを出す「1scalping」、残り時間を表示させる「time」の3つから構成されています。

まずは、「tender」により、トレンド方向を示す大きな矢印サインがでます。その次に大きな矢印と同じ方向で「1scalping」による小さな矢印サインがが出たらエントリーします。

エントリーと反対方向の小さな矢印サインは、利益確定、損切りの両方に対応していますので、決済ポイントも教えてくれるツールなのです。矢印は1分ローソク足の確定タイミングで出るので、後何秒でサインがでるのかは「time」でわかるようになっています。

トレンド判断によりレンジとトレンドの両方に対応しているので、守備範囲の広いツールだと思います。但し、トレンド転換相場では勝ちにくくなるため、損切りしたらしばらく相場の様子を見た方がよいと思います。

【あとは自由だ!】ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~
種類:自動売買
得意な相場:レンジ相場、トレンド相場(押し目、戻り売り狙い)
対応時間足:1分足、5分足
対応通貨ペア:ドル円

上記スキャワールドFXの自動売買バージョンです。こちらのツールは5分足でも対応可能です。

自動売買ツールのメリットはチャートを見ないでもMT4のチャートにセットしたツールが自動で売買を行ってくれるため、FXで一番重要な心のブレの影響を排除できるというところです。これは本当に大きなメリットです。

しかし自動売買ツールにも弱点はあります。パソコンの故障や停電でツールが機能しなくなる可能性があるため、ときどきチェックが必要であること、セットして24時間放置ではツールの持っている実力を100%発揮できないことがあげられます。

また、上記のドルスキャワールドFX同様、トレンド転換相場では勝ちにくくなるため、そのような相場のときは自動売買を停止したほうがよいです。

損切りポイント、エントリー時間、買いのみ、売りのみといったセッティングがカスタマイズできるので、相場の状況により調整した方が、より良いパフォーマンスが得られると思います。

自動売買って難しそうなイメージもあると思いますが、リンクの中の動画でセッティング方法や実際に動かしている場面も説明されていますので参考にしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~

MT4サインツールは、それぞれのチャートで売買のポイントを矢印やアラームで教えてくれるとても便利なツールです。自動売買ツールもありますが、サインツールはポイントを教えてくれるだけで、エントリーや決済は使う人の判断になります。

それぞれのサインツールは一定条件の元にサインを出しているのですが、ツールによってトレンド相場が得意、レンジ相場が得意といった特徴があります。

また、使用するチャートの時間足も、1分足専用、5分足専用などと限定されているものも多いので、まずは自分のトレードスタイル(トレンド狙い、レンジ狙い、よく見る時間足など)にあったものを購入することがお勧めです。

サインが出たからといってすぐにエントリーするような方法は勝率が下がります。中にはダマシのサインも発生しますので、エントリーしてよいサインと、ダマシのサインを見分けることが必要です。見分け方は購入後のサポートである程度教えてもらえます。

あとはデモトレード等で少し使ってみてコツをつかみ、経験値を積んでからリアルトレードするようにしてください。わからないことがあればサポートで確認しましょう。

サインはその方向に相場が動く絶対的なものではなく、確度が高いというサインになりますので、サイン通りにエントリーしても損切りが必要なことも起こります。損切りルールは必ず守りましょう。

ダマシの見分け方を習得し、損切りルールを守れば、トータルで勝てる可能性はかなり高くなると思います。

自分でサインツールを作る人向けに参考コードを公開する記事を作成しましたので興味のある方はどうぞ。

MT4サインツール(インディケータ)の基本プログラム

MT4のインストール方法 FXDD編 はこちら

MT4のインストール方法 XM編 はこちら

ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る