MT4について – 自動売買も可能な大人気の取引ツール

MT4は世界的に使用されているFX取引チャートツールです。ロシアのカザンで2000年に設立されたメタクオーツ社(MetaQuotes)で開発されました。現在の本社はキプロス共和国となっています。

主な機能は外国為替のチャート表示で、日本の各FX会社から提供されている取引ツールと同じようなソフトウェアです。直接的に操作する部分は日本語化できますが、情報部分はまだ英語が多いです。

それでも使用されているのは、

システムが安定していること

サインツール(インディケーター)や自動売買ツールをプログラムし、組み込むことができること

また、そのための情報も多いこと

ではないでしょうか。

2時間、3時間とチャートを見続けていると、疲れて集中力が落ちてきますよね。

インディケーターを組み込んで、価格が上昇しそう、下落しそうといったチャートに矢印を表示したり、音を鳴らしたりしてアラートを出すことができれば、そのときだけチャートを見れば良いことになります。これはだいぶ助かります。

またサインが出たときだけ売買するというルールを定めると、ルールを無視した売買をなくすことができるかもしれません。更に自動売買ツールを組み込めば、チャートを見る必要もなく、自動で収益を積み重ねる環境も出来てしまうのです。

MT4自動売買については、ゴゴジャン、テラス、EAバンク、トレプロなど、ツールを販売、提供するサイトも充実してきたので今後が楽しみです。


サインツールや自動売買ツールは自分で作ることもできるのですが、プログラミングの知識が必要です。

まずは販売されているツールを利用してみてもよいでしょうし、少しくらいプログラミングの経験がある人なら、悠々自適時間を目指して書籍や教材で勉強することもお勧めします。世界が広がりますよ。

プログラミングの知識が無くても大丈夫!
MT4ツール紹介はこちら

自分でサインツールを作る人向けに参考コードを公開する記事を作成しましたので興味のある方はどうぞ。

MT4サインツール(インディケータ)の基本プログラム

MT4も開発リリースから10年以上が経ち、世の中には多くの情報資産が蓄積されました。しかし世の中のシステム進歩に追従するために、開発元のメタクオーツ社は既に後継プログラムMT5をリリースしてします。

2017年になってからはメタクオーツ社サイトでのMT4のダウンロードができなくなり、MT5への移行姿勢を強めているようです(現在、提携証券会社などではまだMT4のダウンロードができるところもあります)。

MT4でも2014年2月は大幅なバージョンアップとなり、それまで使えていたインディケーターや自動売買プログラム(EA)の一部機能が使えなくなったりしたのですが、MT5になると全く機能しなくなったりすることもあります。

自分でプログラムを書く場合は、制限があるものの互換性を持たせて書くことができますが、既に販売されてから年月の経つMT4ツールについては、MT5でも使えるかどうか、サポートがあるか確認したほうがよいですね。

MT4は海外FX会社でまだまだ標準の取引プラットフォームです。

海外FXでは、口座開設者に無料で使えるMT4自動売買ツールを提供するGEMFOREXが大注目です。XMを超える最大レバレッジ1000倍で、口座がマイナスになっても残高リセットされる安心なFX会社です。
入金無し、リスク無しのリアル口座開設ボーナスで得た利益は出金もできます。

2020年1月28日23時59分59秒まで
新規口座開設ボーナス2万円キャンペーン中

GEMFOREX ボーナス付口座開設はこちら

海外FX口座追加しました – GEMFOREX 投稿参照

MT4簡単インストール GEMFOREX編
でも口座開設からMT4インストール、チャート設定までを詳細説明しています。


ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る

XMの最大888倍レバレッジ検証 – 一発勝負で資産倍増

海外FXの代表格XMの魅力はレバレッジの高さ、マイナス残高ゼロリセットなどいろいろありますね。

この記事では、その中でも大きく稼ぐチャンスのある最大888倍のレバレッジについて検証してみたいと思います。

日本のFX会社も2010年頃まではレバレッジ100倍くらいはいけたのですが、その後は博打的なエントリーをさせないよう最大25倍に制限されています。

レバレッジが25倍とはどういうことでしょうか。

例えば1ドルの価値が100円の時にFX取引する場合、1万ドルの価値は100万円ですよね。

そこに25倍のレバレッジを適用すると、

100万円 ÷ 25倍 = 4万円

となり、

1ロット1万ドルの取引のために4万円の証拠金が必要となります。

つまり、10万円の資金があった場合、2万ドルまでしか取引できないのです。

ところが888倍のレバレッジの場合、

100万円 ÷ 888倍 = 1126円

となり、証拠金は1126円しか必要ありません。

つまり、10万円の資金でも、

10万円 ÷ 1126円 = 88.8

ですので、最大88万ドルまで取引できるのです。

但し、実際に88万ドルの取引をすると10pips程度損失が出ただけで資金が底をつき、ロスカット(強制決済)されてしまうためお薦めはできません。

しかし少額資金であれば、リスクを大きく取って200~400倍(資金10万円の場合、20~40万ドル)の取引をするという考えはありだと思います。ほとんど博打ですが。

資金10万円でドル円(USDJPY)をレバレッジ200倍で20万ドル扱った場合の威力を計算してみましょう。

買いポジションでエントリーして、円が20銭(20pips)上昇した場合、

20銭 × 20万ドル = 4万円

の利益がでるので、10万円が14万円になります。

なんと40%の利益ですね。

しかし、反対に20銭(20pips)下落した場合、4万円の損失となり、

10万円が6万円とこちらでも40%の資金を失うことになります。

ちなみに40銭(40pips)下落した場合、ロスカット(強制決済)になると思います。

相場に勢いがあれば20銭なんて1,2分で動きますが、何回も連続で利益が取れることはほとんどありません。じゃんけんで勝ち続けるような難易度です。やってみるにしても小額資金で最初の1,2回でとどめて下さいね。

本当にFXで継続的な利益を取りたいなら、資金管理はとても、とても重要です。

それから、相場の急変動により資金以上の損失が出た場合、XMが補填してくれるマイナス残高ゼロリセットという仕組みがあり、日本のFX会社のように証拠金の追加請求などが発生しないことも魅力ですね(2019年9月現在)。

スイスフランショックのようなことがあると証拠金の追加請求はとても恐ろしいことになります。

スプレッド(売り買いの価格差)は日本のFX会社より大きめなので、売買コストで考えると少し不利ですが、最大レバレッジ、残高マイナスリセットなど、魅力も大きいので私もスタンダード口座を開設して、最大レバレッジ100倍で取引しています。もちろん自己資金めいっぱいでエントリーなんてしません(笑)

XM ボーナス付口座開設はこちら

MT4のインストール方法 XM編 はこちら

海外FXでは、注目が高まっているGEMFOREXもXMを超える最大レバレッジ1000倍です。

まあ1000倍ではしませんが、、、

入金無し、リスク無しのリアル口座開設ボーナスで得た利益は出金もできます。

2020年1月28日23時59分59秒まで
新規口座開設ボーナス2万円キャンペーン中

GEMFOREX ボーナス付口座開設はこちら
海外FX口座追加しました – GEMFOREX 投稿参照

ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る

FX会社について – 海外FX会社と国内FX会社で口座開設

喜平がFXを始めたことはFX口座を開設できる会社もそれほど多くなかったのですが、今はかなり多くて迷いますね。比較サイトも多くありますが情報が多すぎて、初心者の方では混乱することもあると思いますので、選ぶポイントをまとめておきます。

FXで重要なことは、リスクが限定されていること、チャンスが来たときに大きく稼げることだと思います。

リスクが限定されていることとは

FXは大きく稼ぐことに目がいきやすいですが、リスクが限定されることは超重要です。FXトレードを始める場合、資金をFX口座に入金します。

10万円の資金で運用した場合、最大リスクはどれくらいになるかご存知ですか。

入金した資金10万円でしょうか?

いいえ、違います。国内のFX会社ではほぼ無限といっていいくらいのリスクがあります。

数年に1度くらいのことになりますが、大きなニュースで相場が急変動することがあります。そんな場合、ロスカットが間に合わず、資金以上の損失が発生して、世にも恐ろしいスイスフランショックなどでは、自己破産に追い込まれた人が多くいました。

残念ながら国内のFX会社ではリスクが限定されていません。そのため資金管理はより慎重に行う必要があります。

その点、海外FX会社は口座残高がマイナスになった場合、ゼロリセットでマイナス分がチャラになるしくみを提供しているところが多く、リスクが限定されているといえます。

チャンスが来たときに大きく稼げることとは

相場により大きく稼ぐチャンスはたまにやってきます。そんな時にしっかり稼ぐことのできる環境は重要だと思います。少ない資金でもしっかり稼ぐためには、レバレッジは大きい方がよいですね。

しかし、国内FX会社は最大25倍に規制されています。その上、リスクが限定されないので資金的に無理が利かないのです。その点、海外FX会社は、レバレッジ300倍以上が当たり前で、チャンスには大きく稼ぐことができるのです。

ということで、ちょっとハードルが高いと思われるかもしれませんが、ウェブサイトは当然日本語、サポートも日本語でまったく問題の無い、海外FX会社を2社紹介いたします。


GEMFOREX(ゲムフォレックス)

海外(ニュージーランド)に本社を置くFX会社です。

私的には、今、もっとも注目している海外FX会社で、自動売買システムの無料提供など、魅力的な環境を提供して急速に口座開設数を増やしています。私もオールインワン口座を開設しました。ブログ投稿でも魅力をまとめていますので合わせてご確認ください。

スプレッドドル円 1.2pips~
最大レバレッジ1000倍
入金ボーナス500万円まで最大100%
口座開設ボーナス最大2万円

2020年1月28日23時59分59秒まで
新規口座開設ボーナス2万円キャンペーン中

GEMFOREX ボーナス付口座開設はこちら

XM Trading(エックスエム トレーディング)

海外(キプロス共和国)に本社を置くFX会社です。

こちらも私が口座開設している海外FX会社になりますが、なんといってもFX界で古くから日本市場に参入しており、会社の規模、信頼性、口座開設数が海外FX会社でトップクラスだと思います。
ネット上にもっとも情報量の多い海外FX会社ですので、何かわからないことがあっても調べやすいですね。

スプレッドドル円 1.6pips~
最大レバレッジ888倍
入金ボーナス5万円まで最大100%
口座開設ボーナス3000円

XM ボーナス付口座開設はこちら

国内FX会社にももちろん魅力はあります。

何といっても税金面では有利です。利益が年間20万円以上出た時の税金は、申告分離課税といって、給与など他の所得とは切り離して申告することができます。税率は一律20.315%です。

海外FX界者では総合課税といって、給与など他の所得と合算した金額で税率が決まりますが、一般に20.315%より高くなることの方が多いと思います。

トレードで使用するツールは海外FX会社ではメタトレーダーMT4が多いですが、機能が多い反面、直感的な操作は難しいかもしれません。国内FX会社はパソコンでもスマホでも独自のツールが提供されており、使いやすいと思います。

資金管理は気をつけなければなりませんが、無理をしないでコツコツ稼ぐことを考えるなら、レバレッジが大きくなくても問題はありません。

GMOクリック証券

GMOインターネット株式会社のグループ企業で国内大手業者です。
年間取引高が世界第1位で、システムが安定していること、スプレッド(買値と売値の差)が小さい、つまり売買コストが低いこと、上級者にも人気の高性能取引ツールなどが魅力です。



DMM.com証券

FX口座数国内第1位、年間取引高国内2位の大手業者です。
こちらもスプレッド(買値と売値の差)が小さい、つまり売買コストが低いこと、24時間電話サポート、LINEでの問い合わせもできること、上級者にも人気の高性能取引ツールなどが魅力です。がある
などです。


同じDMM系列のFX会社で外為ジャパンも同じDMM系列のFX会社です。

ヒロセ通商【LION FX】

ヒロセ通商は知名度においてやや劣りますが、ジャスダック市場に上場しており、信頼できる国内準大手業者です。
スプレッド(買値と売値の差)が小さい、つまり売買コストが低く、豊富な通貨ペア50種類でマイナー通貨でもスプレッドは大きくないこと、スワップポイントは業界最高クラスであることなどが魅力です。



楽天証券株式会社
楽天株式会社(東証一部上場 4755)のグループ企業で国内準大手業者です。

1000通貨から取引可能で小額から始めたい人にやさしく、MT4が比較的小さいスプレッドで使用できることなどが魅力です。私としては2002年、まだDLJダイレクト証券という名前だった頃からのお付き合いです。国内株式のネット取引が可能な先駆けでした。

その他MT4口座を持てる会社としては

FXTF
FX会社の規模としては大手にかないませんが、MT4が使える数少ない国内業者で、MT4のスプレッドは業界最小クラスです。MT4とは関係ないですが、未来チャートというアプリはおもしろいですね。

外為ファイネスト
香港に本拠地を置くハンテックグループの日本法人で国内業者の扱いです。知名度はかなり低いかもしれませんが、インターバンク市場のレート提供や、スムーズな大口取引環境を提供するベテラン向けの業者だと思います。

などがあります。

少し慣れてきたら、海外FX口座、国内FX口座の両方を持って使い分けるのがよいと思います。私も、海外はGEMFOREXとXM、国内は楽天証券で使い分けています。

デモ口座について

いきなり資金を入金して取引を始めるのではなく、最初はデモ口座で架空取引の体験をしてから、リアルの口座を開設するようにしてください。多くのFX会社でデモ口座の案内がありますので確認してください。

お目当てのFX会社でデモ口座の設定が無い場合は、MT4のデモ口座を開設しましょう。開設の方法としては、MT4のインストール方法のページを参考にどうぞ。

MT4について

ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る