先週下落から戻り中、売り再開待機 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

各通貨ペアともに先週の下落から戻りが発生しています。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は4時間足で下降トレンドですので、買いでエントリーするのではなく、戻り売りを待ったほうがよいと思います。

ユーロドルは4時間足でレンジですが、レンジ上限付近に来ており、上ヒゲも多くなっているため、反転下降がはっきりするまで待ったほうがよいです。

エントリー根拠が明確になるまで待つのはトレーダーにとって大事な仕事ですよ。

注目したいニュースとしては、米長短金利の逆転の動き、引き続き米中貿易摩擦での両国の対応などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/5(水)の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI)5月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI)4月
18:00 (欧)小売売上高 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 5月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)5月

6/6(木)の夜は、

18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)1-3月期
18:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 5月
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・改定値 1-3月期
21:30 (米)貿易収支 4月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

6/7(金)の夜は、

21:30 (米)雇用統計 5月
23:00 (米)卸売在庫 4月

が予定されています。6/7米雇用統計は大注目です。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

5/31の金曜日公表された5/28取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 25,803 (-1,737)
売り 81,380 (-1,352)

ユーロ/ドル
買い 151,129 (+1,256)
売り 250,820 (-155)

ポンド/ドル
買い 51,796 (+6,158)
売り 83,792 (+12,002)

豪ドル/ドル
買い 38,653 (-1,104)
売り 105,046 (-822)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

常に心がけたい相場格言
– 心構えが勝敗を大きく左右する