売り勢いはやや衰えレンジ傾向 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は先週21日からの戻り売りが落ち着き、日足レンジ下限付近のもみ合いとなっています。そのまま下げるには抵抗が大きい感じですので、109.7円付近、または110.0円付近まで戻してからの売り再開を想定したいです。

ユーロ円は122.5円付近の抵抗を下抜けてきました。122.0円にタッチして安値更新です。少しもみ合いが続いていましたが、売り再開となるのか見極めたいと思います。

ポンド円は下降トレンド継続ですので波の動きは1時間足で確認しつつ、15分足の下降波に乗りたいところです。

豪ドル円は6週連続週足陰線の勢いが抑えられてもみ合いとなっています。75.4~76.3円のレンジをどちらに抜けるのかに注目したいと思います。

ユーロドルは1.118~1.12ドルの変動の小さなレンジでしたが、昨晩から少し下抜けました。日足レンジ下限1.11ドル付近を目指す展開になるでしょうか。

注目したいニュースとしては、引き続き米中貿易摩擦での両国の動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

5/29(水)の夜は、

16:55 (独)失業率 5月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 5月

5/30(木)の夜は、

21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)1-3月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・改定値 1-3月期
21:30 (米)四半期コアPCE・改定値 1-3月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)住宅販売保留指数 4月

5/31(金)の夜は、

17:30 (英)消費者信用残高 4月
17:30 (英)マネーサプライM4 4月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)5月
21:30 (米)個人所得 4月
21:30 (米)個人消費支出(PCE、デフレーター)4月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 5月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 5月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

5/24の金曜日公表された5/21取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 27,540 (-8,375)
売り 82,732 (-14,763)

ユーロ/ドル
買い 149,873 (-808)
売り 250,975 (+4,993)

ポンド/ドル
買い 45,638 (-3,694)
売り 71,790 (+19,140)

豪ドル/ドル
買い 39,757 (+10,627)
売り 105,868 (+12,692)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

おすすめ FX本 – トレードの必読本、バイブルを紹介 >

ややもみ合いの様子も下降波狙い継続 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:110.1円 終値:109.3円
先週高値:110.7円 安値:109.3円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:122.8円 終値:122.5円
先週高値:123.7円 安値:122.1円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:140.1円 終値:138.9円
先週高値:141.7円 安値:138.5円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:75.9円 終値:75.7円
先週高値:76.4円 安値:75.4円
先週1時間足チャート型:弱い下降基調

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.116ドル 終値:1.121ドル
先週高値:1.121ドル 安値:1.111ドル
先週1時間足チャート型:強含み

となっています。


全体的に下げ目線継続です。

<今週のドル円>

5/21からの戻り売りの勢いが継続しています。しかし週足で見ると下に抜けるにはレジスタンスがありそうなので、反発上昇→下降の波をしっかり見極めていきたいところです。今後、買い転換があるとすると111円付近の窓が閉められて、N字上昇するまで待つ必要があります。月曜日はアメリカ市場が休場です。

<今週のユーロ円>

122.4円付近で強いレジスタンスがあります。反発上昇で123.0円まで戻してくる可能性はあると思います。場合によっては、日足で意識される水平ライン124円台前半までは想定しておきたいと思います。122.0円を下抜ける展開があれば、下降波を確認して売りエントリーしたいと思います。

<今週のポンド円>

基本的には売り継続だと思いますが、先週あったような瞬間的な急上昇には注意が必要です。今のところ少しもみ合いですので、139.5円~140.0円くらいまで上昇して戻り売りとなるのが理想的な展開です。

<今週の豪ドル円>

6週連続陰線で弱い下降基調だったのですが、先々週の安値を抜けることができませんでした。かなりの勢いで下降してもみ合いなっていますので、少し様子を見てもみあいを下抜けるか、一旦仕切りなおし上昇で戻り売りが発生するのを待ちたいと思います。

<今週のユーロドル>

4時間足直近安値付近から反発上昇となっています。短期的には4時間足もみ合いレンジになると想定していますので、レンジ上限1.125ドル付近からの下降転換を期待してウオッチしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

先週に引き続き、今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きを確認して、売り再開の様子が確認できたら、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

5/29
16:55 (独)雇用統計 5月
23:00 (加)カナダ銀行 政策金利

5/30
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 1-3月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・改定値 1-3月期

5/31
10:00 (中)製造業購買担当者景気指数(PMI) 5月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)5月
21:30 (米)個人消費支出(PCEデフレーター)4月

に注目したいと思います。

来日しているトランプ米大統領との首脳会談では、貿易交渉と北朝鮮対応で両国の立場に隔たりがあるため、共同声明の発表は見送られるようです。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

5/27(月)の夜は、特に経済指標発表等は予定されていません。

アメリカがメモリアル・デー、イギリスがスプリング・バンク・ホリデーで休場です。

5/28(火)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 4月
18:00 (欧)経済信頼感 5月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値)5月
22:00 (米)四半期住宅価格指数 1-3月期
22:00 (米)住宅価格指数 3月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 3月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)5月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


ユーロ円戻り売りのエントリータイミング – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陰線、ユーロドルは陽線でした。ユーロ円、ポンド円は3週連続、豪ドル円は6週連続の陰線です。

ドル円、ユーロ円、ポンド円は5/21の深夜の高値から戻り売りとなりました。

豪ドル円も5/21から下げましたが、戻り売りというよりももみ合いに近い様子でした。

ユーロドルは5/23夜に日足直近安値付近から急反発して1.12ドル付近まで戻しています。

ファンダメンタル面では、米中貿易摩擦による両国の動き、英EU離脱問題でメイ首相辞任表明などが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は5/23ユーロ円で、高値を切り下げてきた戻り売りの下降波を狙って、売りエントリーするトレードとなります。

5/21深夜からの戻り売りとなっていましたが、5/23から4時間足で25MAを下抜け、1時間足の上昇トレンドラインも朝方に下抜けてきましたので、そろそろ売りが加速することを期待して注目していました。

しかしながら、夕方のヨーロッパ勢が参戦してきた段階で、下げてきていましたので、小さな波を確認してエントリータイミング待ちです。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:05頃、反発調整が4時間足でも意識される水平ライン122.7円付近で落ちてきて25MAも下抜けてきたので、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは意識される水平ライン付近、止められた価格の少し上、122.7円で逆指値です。

エントリー後は、122.5円でひっかかり反発があったものの、25MAをしっかり上抜けることは無く、再び売りが強くなって思惑通り、下降してくれました。
そして、23:00頃、反発上昇の様子が感じられ、直近で1時間足でレジスタンスされた価格付近でもあったので、決済としました。(チャート内、□の部分)

戻り売りエントリータイミングをしっかり待つことができてよかったと思います。トレーダーはエントリー根拠が整うまで待つのが仕事ですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

主な経済指標(イギリス、ドイツ、ユーロ)
– 発表時間は事前にチェック