下降トレンド継続で戻り売り狙い – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:109.3円 終値:108.3円
先週高値:109.9円 安値:108.3円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:122.5円 終値:121.0円
先週高値:122.8円 安値:120.9円
先週1時間足チャート型:まだ下降

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:139.0円 終値:136.8円
先週高値:139.6円 安値:136.6円
先週1時間足チャート型:まだ下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:75.7円 終値:75.1円
先週高値:76.2円 安値:75.1円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.121ドル 終値:1.117ドル
先週高値:1.122ドル 安値:1.112ドル
先週1時間足チャート型:下降戻り

となっています。


下げ目線継続です。

<今週のドル円>

下降勢いが衰えていません。週足の三角保ち合いライン下側が107.6円付近にありますので、108.0円を割ってくるとドル円らしからぬ大きな変動が発生する可能性があるので注意が必要です。4時間足で25MAとの乖離が大きくなっていますので、一旦どこかで戻してくると思われます。

<今週のユーロ円>

下降トレンド継続です。勢いを保っていますので、120.0円までは行きそうな感じがしますが、4時間足の波をしっかり確認し、戻り売りを狙っていきたいと思います。

<今週のポンド円>

ユーロ円と似た相場になっており、下降トレンド継続中です。週足で意識される水平ライン付近まで来ており、戻りを確認してエントリー根拠を探りたいと思います。

<今週の豪ドル円>

5/14から続いていた日足もみ合いレンジから下に抜けてきました。安値の目処を立てにくいのですが、波をしっかり確認し、戻り売りを狙っていきたいと思います。6/4豪準備銀行の政策金利発表では0.25ポイント引き下げが予想されています。早期追加利下げ示唆には要注意です。

<今週のユーロドル>

日足で振れ幅を小さくしながら、緩やかに下降しています。今週は1.11~1.12ドルのレンジになる可能性が高そうですので、1時間足の波を確認して、順張りでエントリー根拠を探りたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~


先週に引き続き、今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きを確認して、売り再開の様子が確認できたら、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
飛び乗りはダメですよ。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

6/4
13:30 (豪)豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
22:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

6/5
10:30 (豪)四半期国内総生産(GDP)1-3月期
21:15 (米)ADP雇用統計 5月

6/6
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)1-3月期
18:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

6/7
21:30 (米)雇用統計 5月

に注目したいと思います。金曜日は大注目のアメリカ雇用統計です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

6/3(月)の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 5月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 5月
23:00 (米)建設支出 4月

6/4(火)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)5月
18:00 (欧)雇用統計 4月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、コア指数、速報値)5月
22:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
23:00 (米)製造業新規受注 4月

の経済指標発表、イベントが予定されています。