売り狙いはもう少し待ってから – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

全体的に方向感が定まらない中、ユーロが強い動きとなっています。

ポンド円以外はまだ4時間足25MAより上なので、積極的な売りは待ちです。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓
1時間足:→
15分足 :↑

<ユーロ円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↓

<豪ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、1時間足もみ合いレンジとなっています。上昇の勢いは衰えていますが、直ちに下げる可能性も低いのでまずは4時間足25MA下抜けを待ち、高値切り下げが発生するか確認したいと思います。とっても安値目安は直近安値の106.64円付近になるので短期の狙いですね。

ユーロ円は、力強い上昇で122円だに乗せました。いったん上昇が衰えた後の122.0円付近の押し目、N字上昇が確認出来たら流れに乗りたいと思います。

ポンド円は、7/9をにヘッドが来るヘッドアンドショルダーのネックラインを少し下抜けたのですのが、戻されています。このような動きに引っ掛からないためにN字確認は必要ですね。もう少し待ってから、戻り売りか反転上昇かを見極めたいと思います。

豪ドル円は、完全にもみ合いです。トレンド発生を待ちたいと思います。

ユーロドルは、力強い上昇ですが、日足レンジ上限付近のため、急落には注意が必要です。3月はこのあたりから700pips以上落ちました。ユーロドルは普段はおとなしいですが、今年は結構荒れているのでご注意ください。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

7/15(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)輸入物価指数 6月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 7月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 6月
22:15 (米)設備稼働率 6月
23:00 (加)カナダ銀行 政策金利

7/16(木)の夜は、

18:00 (欧)貿易収支(季調前・季調済)5月
20:15 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)小売売上高 6月
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 7月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)企業在庫 5月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 7月

7/17(金)の夜は、

18:00 (欧)建設支出 前月比 5月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)6月
19:00 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言
21:30 (米)住宅着工件数 6月
21:30 (米)建設許可件数 6月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 7月

が予定されています。

木曜日は要注意です。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、7/10の金曜日公表された7/7取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。大きな動きは出ていません。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 44,043 (+1,288)
売り 27,231 (+8,337)

ユーロ/ドル
買い 180,387 (+4,772)
売り 81,432 (+130)

ポンド/ドル
買い 39,892 (+5,468)
売り 56,300 (+886)

豪ドル/ドル
買い 44,740 (+4,715)
売り 45,434 (+2,501)

MT4サインツール(インディケータ)の基本プログラム
– 自分でサインツールを作ってみよう