4時間足三角保ち合いの動きに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルがすべて陽線でした。

しかし、週後半は上昇勢いもなく、もみ合いから下降という流れになっています。4時間足三角保ち合いがどちらに動くかに注目ですね。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
始値:106.9円 終値:107.2円
高値:107.4円 安値:106.1円
1時間足チャート型:V字上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
始値:119.4円 終値:120.2円
高値:121.1円 安値:119.3円
1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
始値:131.8円 終値:132.2円
高値:134.0円 安値:131.7円
1時間足チャート型:弱含み

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
始値:72.7円 終値:73.6円
高値:74.4円 安値:72.7円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.118ドル 終値:1.122ドル
高値:1.135ドル 安値:1.117ドル
1時間足チャート型:下降もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

106.0円近くまで下げましたが、急激な戻りでもみ合いレンジに引き戻されました。4時間足で少しいびつな逆ヘッドアンドショルダーの形を作りつつありますので、ネックラインとなる107.5円の水平ラインに対して上抜けてくるのか、反転下降となるのかに注目したいと思います。日足の目線を分けるラインは107.5円、注目水平ラインは107.22円、106.79円です。

<今週のユーロ円>

日足の目線を分けるライン付近のもみ合いとなっていますが、4時間足では三角保ち合いが収束してきているため、注目水平ライン120.6円を上抜ける動きになるか、119.8円を下抜ける動きになるかに注目です。もちろん抜けるだけでなくN字形成の確認も必要です。日足の目線を分けるラインは120.0円、注目水平ラインは120.9円、119.8円です。

<今週のポンド円>

6/5につけた高値からの下降勢いが弱くなりもみ合いの様子です。131.7~133.6円のレンジを想定しますが、安値切り上げ、高値切り下げの三角保ち合いの収束形成も注目しておきます。日足の目線を分けるラインは133.6円、注目水平ラインは131.7円です。

<今週の豪ドル円>

4時間足で三角保ち合いの様子ですが、日足では25MAにサポートされているようにも見えます。注目水平ライン73.8円からN字上昇するような動きになるとわかりやすいのですが、方向感を見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは73.1円、注目水平ラインは73.8円、72.5円です。

<今週のユーロドル>

週足では長めの上ヒゲが連発となっています。4時間足では三角保ち合いの動きが見られますので、収束後、下の流れで1.117ドルを下抜けてくると、日足レンジ内で下向きの動きが加速されることも想定しておきたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.117ドル、注目水平ラインは1.1237ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば豪ドル円でロング、ユーロドルでショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

6/29
18:30 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言

6/30
15:00 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)1-3月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、速報値)6月

7/1
01:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
08:50 (日)日銀短観・四半期大企業製造業業況判断 4-6月期
21:15 (米)ADP雇用統計 6月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 6月

7/2
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
21:30 (米)雇用統計 6月

に注目したいと思います。

7/3(金)はアメリカが独立記念日(振替休日)のため、雇用統計発表がいつもの金曜日ではなく、7/2(木)となります。ご注意ください。

6/29(月)の夜は、

17:30 (英)消費者信用残高 5月
17:30 (英)マネーサプライM4 5月
18:00 (欧)経済信頼感 6月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値)6月
18:30 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)6月
23:00 (米)住宅販売保留指数 5月

6/30(火)の夜は、

18:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、速報値)6月
21:30 (加)月次国内総生産(GDP)4月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 4月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 6月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)6月
25:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 入金無しでリアルトレードが始められます!


ドル円は日足安値に接近 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

ドル円が動き始めたでしょうか。ユーロ円、ポンド円も戻り売りからもみ合いになりそうな様子です。

急な動きが多い感じですので、N字形成でしっかり見極めた方が良いです。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓
1時間足:↓
15分足 :↓

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

<ポンド円>
4時間足:↓
1時間足:↓
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、レンジを上抜けた後の急落で5月上旬の安値に迫る勢いです。短期もみ合いのレンジブレイクを見てすぐに飛び乗ると、こういうのに引っ掛かります。1時間足あたりでN字形成を待ちたいですね。

ユーロ円は、1時間足短期上昇から戻り売りです。まだ短期上昇の勢いが残っている可能性があるので、売り急がずに高値、安値の切り下げを確認してから攻めてください。

ポンド円は、短時間で100pips程度動くような荒れた動きになっています。4時間足下降トレンドラインと25MAの位置を確認して、長めの陽線、陰線が交互に来るような振られやすいリスクの高いポイントエントリーしないように気をつけましょう。

豪ドル円も、4時間足、1時間足でもみ合いレンジとなっていますが、底堅さも感じられます。74円をしっかり踏み固めて、上昇の流れが来るのをしっかりを待ちたいと思います。

ユーロドルは、日足レンジ高値圏でのもみ合い継続です。上に抜けるのは厳しそうな感じがするのですが、落ちそうで落ちないです。エントリーするにはもう少し見極めが必要ですね。

波の大きな相場では、指値、逆指値の注文が特に大事ですよ。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/24(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:00 (米)住宅価格指数 4月

6/25(木)の夜は、

21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)1-3月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・確定値 1-3月期
21:30 (米)四半期コアPCE・確定値 1-3月期
21:30 (米)耐久財受注 5月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

6/26(金)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 5月
21:30 (米)個人所得 5月
21:30 (米)個人消費支出(PCE/デフレーター)5月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 6月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、6/19の金曜日公表された6/16取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ユーロ、、豪ドルの売り玉が結構減りました。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 43,126 (-5,736)
売り 21,016 (-10,384)

ユーロ/ドル
買い 187,120 (+2,451)
売り 69,988 (-19,032)

ポンド/ドル
買い 29,378 (+485)
売り 45,376 (-7,565)

豪ドル/ドル
買い 31,685 (+1,773)
売り 38,217 (-28,270)

トレンドを確認するために、4時間足、1時間足のトレンドラインは引いた方が良いですよ。

MT4簡単インストール GEMFOREX編
– チャート設定までをわかりやすく