リスクオン過熱状態で大きな変動注意 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

全体的に強いリスクオンです。

過熱感がありますので大きく振られる相場に気をつけましょう。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

<ユーロ円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、なかなかしっかり上抜けられなかった108.0円を勢いよく超えてきました。戻りで108.0円付近のサポートが確認できて、N字上昇になれば買いエントリーポイントを見極めたいと思います。

ユーロ円は、4時間足上昇波のクライマックスです。大きく振られる波が予測されますので、少なくとも1時間足25MAとの接触またはクロスを待ち、状況を確認したいと思います。

ポンド円は、逆ヘッドアンドショルダーを形成、ネックライン133.0円上抜けから上昇が加速しました。過熱感が高いので、調整をしっかりと確認してから、次の作戦を練りたいと思います。

豪ドル円も、かなりの過熱状態です。週足の下降トレンドライン付近まで来ていますので、大きな戻り売りに警戒が必要です。

ユーロドルは、注目水平ライン1.1017ドルを上抜けてからの勢いが続いていますが、1.117ドル付近は日足で意識されるラインがありますので、大きな調整の想定は必要です。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/3(水)の夜は、

16:55 (独)失業率 5月
16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
18:00 (欧)卸売物価指数(PPI)4月
18:00 (欧)失業率 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 5月
21:30 (加)四半期労働生産性指数 1-3月期
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)5月
23:00 (加)カナダ銀行 政策金利
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)5月
23:00 (米)製造業新規受注 4月

6/4(木)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)5月
18:00 (欧)小売売上高 4月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減 5月
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)貿易収支 4月
21:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・改定値 1-3月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

6/5(金)の夜は、

21:30 (米)雇用統計 5月

が予定されています。

金曜日のアメリカ雇用統計は大注目です。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、5/29の金曜日公表された5/26取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。先週も投機筋は大きな動きがありません。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 57,873 (+5,835)
売り 23,266 (-1,302)

ユーロ/ドル
買い 175,034 (+7,278)
売り 99,812 (+4,618)

ポンド/ドル
買い 39,192 (+3,382)
売り 61,449 (+6,650)

豪ドル/ドル
買い 25,530 (+229)
売り 66,068 (+1,209)

エントリーに使うチャートの1つ、2つ上位時間足の流れ方向に逆らわないようにトレードしましょう。

おすすめ オーディオブック
– スマホで聴けるFX参考書