上位足の流れ方向に逆らわない – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

ドル円は下降トレンドとなり、クロス円は調整気味です。

調整方向のエントリーは大きな流れに逆らうことになるのでリスクは高いですよ。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓
1時間足:↓
15分足 :↓

<ユーロ円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :→

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :↓

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、下に動きだし105円付近まで下がってきました。ここから下は週足で意識される水平ラインもありますので深い追いはせず、戻り売りチャンスを狙いたいと思います。

ユーロ円は、大きく下げてはいますが、まだ買い目線領域であり、超短期以外で売りを狙っていくのはまだ早いです。押し目チャンスと考えて、強い水平ラインから反発でN字形成を確認して買いエントリーポイントを探りたいです。

ポンド円は、4時間足で上昇の流れは維持していますが、やや勢いは衰えています。安値を切り上げる中、高値は切り下げて三角保ち合いになるのか、上昇の流れがまだ続くのかに注目したいと思います。

豪ドル円は、日足直近高値でレジスタンスされて、短期で下げてきましたが、注目水平ライン75.04円付近でのサポートが感じられます。4時間足25MAを勢いよく抜けてくる様子があれば、直近高値までの流れを狙ってみたいと思います。

ユーロドルは、勢いよく上昇となりましたが、週足で意識される水平ラインにかかり、15分足でもみ合いです。急激で大きな調整に気をつけながら、押し目待ちでしょうか。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

7/29(水)の夜は、

17:30 (英)消費者信用残高 6月
17:30 (英)マネーサプライM4 6月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)住宅販売保留指数 6月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

7/30(木)の夜は、

16:55 (独)失業率 7月
18:00 (欧)経済信頼感 7月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値)7月
18:00 (欧)失業率 6月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)7月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)4-6月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値4-6月期
21:30 (米)四半期コアPCE・速報値 4-6月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

7/31(金)の夜は、

18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)4-6月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、速報値)7月
21:30 (加)月次国内総生産(GDP)5月
21:30 (米)個人所得 前月比 6月
21:30 (米)個人消費支出(PCE)6月
21:30 (米)個人消費支出(PCEデフレーター)6月
21:30 (米)四半期雇用コスト指数 4-6月期
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 7月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 7月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、7/24の金曜日公表された7/21取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ユーロにやや動きが出て買い越しです。継続的な動きになるか確認したいと思います。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 50,854 (+5,743)
売り 31,547 (+4,762)

ユーロ/ドル
買い 204,185 (+9,933)
売り 79,138 (-4,202)

ポンド/ドル
買い 46,230 (+3,055)
売り 61,310 (+4,549)

豪ドル/ドル
買い 41,778 (-3,765)
売り 41,983 (+690)

MT4サインツール(インディケータ)の矢印設定


動き出したドル円の下降流れに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円が陰線、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陽線でした。

ドル円が動き出しました。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:107.0円 終値:106.1円
高値:107.5円 安値:105.7円
1時間足チャート型:弱含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:122.1円 終値:123.6円
高値:124.3円 安値:122.1円
1時間足チャート型:上昇押し

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:134.3円 終値:135.7円
高値:136.6円 安値:134.1円
1時間足チャート型:上昇押し

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:74.8円 終値:75.3円
高値:76.9円 安値:74.8円
1時間足チャート型:逆V字下降

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:1.140ドル 終値:1.165ドル
高値:1.166ドル 安値:1.140ドル
1時間足チャート型:上昇基調

となっています。


<今週のドル円>

しばらくレジスタンスとして効いていた106.64円を勢いよく下抜けて週足直近安値を更新して一時105円台となりました。かなりの下降勢いから戻りとなっていますが、戻り売りを狙いたいところです。106.64円まで戻ればよいですが、下降幅が大きいので手前の106.38円付近も意識しておきたいと思います。もちろんN字形成を待つ必要があります。日足の目線を分けるラインは107.23円、注目水平ラインは106.64円、106.38円です。

<今週のユーロ円>

日足直近高値124.25円付近まで上昇しましたが、やや押しとなっています。4時間足の上昇勢いはまだ残っていると思われるので、再度高値更新を狙って上抜けてくる動きがあるか注目です。上抜けられない場合は、しばらくもみ合いになることを想定したいと思います。日足の目線を分けるラインは121.43円、注目水平ラインは122.48円、121.95円です。

<今週のポンド円>

4時間足で直近高値を更新した後、調整の動きとなっています。少し荒れた動きとなっていますので、少し落ち着きを待って注目水平ライン135.42円からのN字上昇を期待したいと思います。日足の目線を分けるラインは134.0円、注目水平ラインは135.42円、134.75円です。

<今週の豪ドル円>

日足25MAにサポートされている様子です。4時間足で見ると押しが発生しいますが、日足25MAを下抜けることはなく反転上昇の動きです。4時間足のN字形成が良い形になっているので、週明けに上昇勢いが維持されるようであれば、直近高値までの流れに乗るエントリーポイントを見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは74.42円、注目水平ラインは75.04円、74.67円です。

<今週のユーロドル>

先週は日足で連続5日の力強い陽線となりました。しかし、1.168ドル付近には月足レベルの下降トレンドラインがあるので、上値が重くなる可能性は高いと感じます。狙い目としては、注目水平ライン1.150ドル付近までの調整、できればそれまでに日足25MAが上がってきて、反発上昇なった時に、直近高値まで流れでしょうか。日足の目線を分けるラインは1.1283ドル、注目水平ラインは1.150ドル、1.135ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

方向感ははっきりしていますので、日足の流れに逆らったエントリーは避けたいと思います。

ドル円以外でショートを狙うのは、日足の目線を分けるラインを下抜けてからですね。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあればドル円でショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

7/29
10:30 (豪)四半期消費者物価(CPI)4-6月期

7/30
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
15:00 (独)国内総生産(GDP、速報値)4-6月期
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)4-6月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 4-6月期

7/31
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)4-6月期
21:30 (米)個人消費支出(PCEデフレーター)6月
21:30 (米)四半期雇用コスト指数 4-6月期

に注目したいと思います。

今週はFOMCと四半期GDPが要チェックです。

7/27(月)の夜は、

21:30 (米)耐久財受注 6月

7/28(火)の夜は、

22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 5月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)7月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 7月

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 口座開設ボーナスで資金ゼロからリアルトレードができます!