4時間足のトレンド転換に注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、豪ドル円が陰線、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陽線でした。

いずれも週後半に強い下げがありました。トレンド転換の示唆を期待したいです。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
始値:107.4円 終値:106.9円
高値:107.8円 安値:106.6円
1時間足チャート型:弱含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
始値:120.8円 終値:120.8円
高値:122.0円 安値:120.3円
1時間足チャート型:弱含み

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:133.9円 終値:134.9円
高値:135.9円 安値:133.9円
1時間足チャート型:上昇押し

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:74.4円 終値:74.2円
高値:75.2円 安値:74.0円
1時間足チャート型:弱含み

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
始値:1.124ドル 終値:1.130ドル
高値:1.137ドル 安値:1.124ドル
1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

107.5円付近のもみ合いから少し下げていますが、まだ日足のレンジ内です。日足レンジ下限からの反発戻りが、注目水平ライン107.25円や4時間足25MAにレジスタンスされるかどうかに注目です。レジスタンスされたら、直近安値106.64円付近までの流れは狙えそうな感じです。日足の目線を分けるラインは107.5円、注目水平ラインは107.25円、106.64円です。

<今週のユーロ円>

4時間足の直近上昇トレンドラインを下抜けて、安値切り上げが止まったことにより、4時間足の上昇は終了の様子です。上昇戻りが注目水平ライン121.43円でレジスタンスされると121.95円付近を頭とするヘッドアンドショルダーを形成する動きになるとわかりやすいです。25MAで抑えられた場合は、120.3円下抜けN字下降狙いでしょうか。日足の目線を分けるラインは120.3円、注目水平ラインは121.43円、120.0円です。

<今週のポンド円>

4時間足直近の上昇トレンドはやや弱くなり、もみ合いの様子です。再び上昇となるか、下降流れへの転換となるか見極めが必要です。注目水平ライン135.3円を上抜けてのN字上昇、134.26円を下抜けてのN字下降を待ちたいと思います。日足の目線を分けるラインは133.6円、注目水平ラインは135.3円、134.26円です。

<今週の豪ドル円>

4時間足直近の上昇トレンドは衰えましたが、日足のの強い上昇は維持されています。注目水平ライン73.3~74.67円のレンジが継続する可能性が高そうですが、レンジブレイクの場合はN字形成を確認してエントリーポイントを見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは73.8円、注目水平ラインは74.67円、73.3円です。

<今週のユーロドル>

日足レンジ上限付近で荒れたもみ合いが継続となっています。4時間足でも長めのヒゲが多くエントリータイミングを見極めにくい感じです。1.12~1.135ドルのレンジをブレイクしてからのエントリーが無難です。日足の目線を分けるラインは1.1258ドル、注目水平ラインは1.135ドル、1.120ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあればユーロ円、ポンド円、豪ドル円でショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

7/14
15:00 (英)月次国内総生産(GDP)5月
21:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)6月

7/15
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁 定例記者会見
23:00 (加)カナダ銀行 政策金利

7/16
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP)4-6月期
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)小売売上高 6月

7/17
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)6月

に注目したいと思います。

7/13(月)の夜は、特に指標発表、イベントはありません。

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)6月
18:00 (欧)小売売上高 5月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)6月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)6月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数 6月

7/14(火)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 5月
18:00 (独)ZEW景況感調査 7月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 7月
21:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)6月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 資金ゼロからリアルトレードが始められます!