もみ合いレンジからブレイクに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルがすべて陰線でした。

大陰線の強烈な押し、ドル円に至っては売り目線領域まで下降しています。

各通貨ペアともに日足直近でもみ合いが多かったレンジにきていますが、ブレイクできるかに注目です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:109.5円 終値:107.3円
高値:109.7円 安値:106.6円
1時間足チャート型:下降戻り

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
始値:123.6円 終値:120.8円
高値:124.1円 安値:120.2円
1時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:139.0円 終値:134.6円
高値:139.6円 安値:133.8円
1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
始値:76.3円 終値:73.7円
高値:76.8円 安値:72.5円
1時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
始値:1.129ドル 終値:1.125ドル
高値:1.142ドル 安値:1.121ドル
1時間足チャート型:しっかり下降

となっています。


<今週のドル円>

110.0円を抜けられなかったことで、5月6日の106円をヘッドとする逆ヘッドアンドショルダーが崩れ、急落しています。あまりに急だったので、ショルダーライン107.0円付近を下抜けた後に戻りが発生していますが、再び107.0円を下抜けると売りチャンスが出てきそうです。日足の目線を分けるラインは108.0円、注目水平ラインは107.76円、107.07円です。

<今週のユーロ円>

下降戻りは4時間足25MAのレジスタンスされました。120円台は結構もまれやすいレンジなので、今週はもみ合いを想定しますが、注目水平ライン121.39円にサポートされてのN字上昇、120.25円を下抜けて戻りレジスタンスされてのN字下降が確認されたら、エントリーしていきたいと思います。日足の目線を分けるラインは119.7円、注目水平ラインは121.39円、120.25円です。

<今週のポンド円>

ユーロ円同様に加工戻りは4時間足25MAにレジスタンスされました。133.5~135.5円がもまれやすいレンジなので、注目水平ライン135.5円にサポートされてのN字上昇、133.6円を下抜けて戻りレジスタンスされてのN字下降が確認されたら、エントリーしていきたいと思います。日足の目線を分けるラインは133.6円、注目水平ラインは135.5円です。

<今週の豪ドル円>

豪ドル円も72.4~74.5円はもみ合いが多かったレンジです。やはり4時間足25MAに抑えられた感がありますので、25MAとのからみをを確認しつつ、25MAより下では売り根拠、上に行くようであれば買い根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは71.5円、注目水平ラインは74.5円、72.4円です。

<今週のユーロドル>

日足レンジからもっとも落ちやすいと想定していましたが、他の通貨ペアほどの大陰線とはなりませんでした。上にブレイクする可能性もありそうですが、注目水平ラインでのN字上昇、N字下降を確認してから、エントリーポイントを見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.1017ドル、注目水平ラインは1.1237ドル、1.1145ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあればユーロ円、豪ドル円でロングを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

6/16
未定 (日)日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁 定例記者会見
21:30 (米)小売売上高 5月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

6/17
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)5月

6/18
01:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

6/19
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)5月
08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨

6/20
02:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

に注目したいと思います。

パウエルFRB議長の発言が多く予定されています。

6/15(月)の夜は、

18:00 (欧)貿易収支(季調前・季調済)4月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 6月

6/16(火)の夜は、

18:00 (独)ZEW景況感調査 6月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 6月
21:30 (米)小売売上高 5月
22:15 (米)鉱工業生産 5月
22:15 (米)設備稼働率 5月
23:00 (米)企業在庫 4月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 6月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 2万円の口座開設ボーナスで入金無しリアルトレード!