大きな波のレンジは短期足で小さく狙う – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

いまのところ想定したレンジ内での大きなもみ合いです。

昨日のクロス円は意識されやすい水平ラインから大きな下げがありましたね。

急な下げで水平ラインに対しても、トレンドラインに対してもN字形成を見つけることができなかったので流れに乗れませんでしたが、飛び乗りはリスクが高いので行ってしまった場合は放置が無難です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:↓
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:↑
1時間足:↓
15分足 :↓

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:↓
15分足 :↓

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:↓
15分足 :↓

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、もみ合いレンジ継続です。現在は売り目線なので、107.0円付近の水平ラインでN字下降を待ちたいです。上昇の場合は、108.0円を超えてくるまでは待ちですね。

ユーロ円は、大きな波のレンジですので、1時間足以上でのエントリー根拠は発生しにくいです。1時間足の流れ方向が見えたら、5分足、15分足でその流れ方向のエントリー根拠を探りたいと思います。

ポンド円も、大きな波のレンジですので、1時間足以上でのエントリー根拠は発生しにくいです。ユーロ円同様、1時間足の流れで小さく狙いたいと思います。

豪ドル円も、ユーロ円、ポンド円などと同じような感じです。1時間足で直近高値、直近安値まで動きを狙うのは難しいため、短い時間足でエントリー根拠を探りたいと思います。

ユーロドルは、日足レンジ高値圏でのもみ合いです。上に抜けるのは厳しそうなので1.12ドルを下抜けが確認できたら、N字下降の売りエントリータイミングを見極めたいと思います。

波の大きな相場では、指値、逆指値の注文が特に大事ですよ。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/17(水)の夜は、

18:00 (欧)建設支出 4月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、改定値)5月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)住宅着工件数 5月
21:30 (米)建設許可件数 5月
21:30 (加)消費者物価指数(CPI)5月
25:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

6/18(木)の夜は、

20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 6月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)景気先行指標総合指数 5月

6/19(金)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前・季調済)4月
21:30 (米)四半期経常収支 1-3月期
26:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、6/12の金曜日公表された6/9取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。円、ユーロ、ポンドで1万枚を超える動きがありました。投機筋さん動き始めましたかね。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 48,862 (-13,096)
売り 31,400 (+2,021)

ユーロ/ドル
買い 184,669 (+10,257)
売り 89,020 (-4,152)

ポンド/ドル
買い 28,893 (+1,923)
売り 52,941 (-10,073)

豪ドル/ドル
買い 29,912 (+3,341)
売り 66,487 (-875)

逆指値でストップ狩りにあったら、逆指値位置が正しかったかどうかだけ検証してください。

正しい位置の逆指値で狩られても、それはトータルで勝つための損失限定と考えてあきらめてください。

正しい逆指値とは、買いエントリー根拠となったラインから5pips程度下、売りエントリー根拠となったラインから5pips程度上の価格です。

MT4について
– 自動売買も可能な大人気の取引ツール