次の動きの見極めが重要 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

週明け後の環境認識です。

上昇からもみ合いの状況です。

上か下か、次の動きをしっかりと見極めて無理をせずついていきたいと思います。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :→

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :→

<ユーロドル>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、上値が重そうですのでそろそろ下に崩れてくれることを期待したいですね。でも下落が加速するなら105.25円を下抜けてからです。まだ売りはリスクが高いので少し待ちます。

ユーロ円は、日足上昇トレンドの押し目から日足目線ラインでもみ合いやや上昇となっています。高値安値の切り上げとなったいますので、タイミングよく流れに乗れたら126.5円くらいまでの動きについていきたいです。

ポンド円は、思っていたよりも上に伸びてきました。買い目線領域ですので、4時間足上昇トレンドラインから上に伸び始める動きを狙ってみたいです。

豪ドル円は、4時間足高値更新でも勢いは出ず、もみ合い気味です。1時間足上昇トレンドラインでの反発を見極めてから、作戦を練りたいと思います。

ユーロドルは、4時間足の下降トレンドラインを少し上抜けてきましたので、1時間足直近の上昇トレンドラインがサポートとして効くかどうかに注目したいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/7(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
21:10 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

10/8(木)の夜は、

20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

10/9(金)の夜は、

21:30 (加)雇用統計 9月
23:00 (米)卸売在庫 8月
23:00 (米)卸売売上高 8月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、10/2の金曜日公表された9/29取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ポンドの売り玉が少し増えていますが経過観察です。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 47,535 (-11,498)
売り 22,746 (-6,706)

ユーロ/ドル
買い 241,967 (-5,082)
売り 53,851 (-2,376)

ポンド/ドル
買い 39,216 (-4,271)
売り 51,961 (+11,438)

豪ドル/ドル
買い 53,816 (-6,897)
売り 44,879 (+505)