売り一服の自律反発か – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

明確な相場以外は判断が難しいですが、喜平の独断で分類しています。

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

昨日はイタリア政局不安で売られたユーロが、ヨーロッパ市場が開く頃から買い戻しが強くなり、各通貨ペアともに底打ちから回復しているように見えます。アメリカADP雇用統計、GDP改定値も予想を下回る数値でしたが、思っていたほど売られませんでした。

ここでV字回復を期待したいところですが、イタリア政局不安はまだ当面続くと思いますし、紆余曲折のレンジ相場が続く可能性が高い気がします。

チャートの動きを見極めてからエントリーしたいと思います。

本日5/31の夜は、

17:30 (英)消費者信用残高 4月
17:30 (英)マネーサプライM4 前月比 4月
18:00 (欧)雇用統計 4月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 5月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 前年比 5月
21:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 4月
21:30 (米)個人所得 前月比 4月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 5月
23:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 4月

明日6/1の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 5月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 5月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 5月
21:30 (米)雇用統計 5月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 5月
23:00 (米)建設支出 前月比 4月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 5月

が予定されています。6/1は注目のアメリカ雇用統計です。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

6月3日からブログ投稿を週3日に変更したいと思います。

日曜日:トレード準備と独り言
水曜日:トレンドですか?レンジですか?
土曜日:ベストトレード根拠

できるだけトレード時間を確保すること、睡眠不足を解消することを目的としての変更です。ご了承お願いいたします。

MT4について
– 自動売買も可能な大人気の取引ツール

大きく下げた後の戻りは慎重に見極める – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

月曜日はアメリカ、イギリスが休場でしたの方向性のない相場になっていましたが、火曜日になって動き出しました。株安、アメリカ長期国債利回り安、原油先物軟調で、ドル円、オーストラリアドル円は午前中から売りが強くなり、ユーロ市場が開くと、政局不安が続くイタリア国債が大きく売られ、為替相場全体がリスクオフ状態となり、ユーロ円、ポンド円は約2円の下落となりました。

ユーロ円は125.0円付近まで、ポンド円143円近くまで売られた後、自律回復的な上昇の動きがありました。私は戻り売りのイメージをしていましたが、いまいち下げの勢いが感じられませんでしたので、どこかでしっかり下げ再開となるか、もう少し上まで調整となるのか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
今週からチャートの横サイズを少し大きくしました

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、20:55頃、安値を切り上げる動きの後、移動平均線25MAを強めの陽線で上抜け、75MA(15分足の25MA)もしっかりと上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

クロス円は似たような動きをしていましたので、反転上昇の動きをつかみやすかったですね。

エントリー後は、狭い幅の値動きで、5MAにサポートされながら上昇しました。そして、22:15頃、200MAを手前に上昇勢いがやや衰えて、5MAを包み線で下抜け、調整に入る動きに感じられましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

大きく下げた後の相場は変動が大きくなりやすいため、難しくなることが多いですが、今回はローソク足のブレが少なく、上昇の動きをしっかり見極めることができてよかったです。戻り売りは0時を過ぎてから強くなりましたが、私は時間外でノーエントリーです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/30夜は、

16:55 (独)雇用統計 5月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 5月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 5月
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 5月
21:30 (米)四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 1-3月期

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

6月3日からブログ投稿を週3日に変更したいと思います。

日曜日:トレード準備と独り言
水曜日:トレンドですか?レンジですか?
土曜日:ベストトレード根拠

できるだけトレード時間を確保すること、睡眠不足を解消することを目的としての変更です。ご了承お願いいたします。

おすすめ オーディオブック
– スマホで聴けるFX参考書

米英休場明けの動きに注目 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週明けは米朝首脳会談が開催される見通しが高まったことで各通貨ペアともに窓を開けて、上昇したのですが、ヨーロッパ市場が開いた時間帯からやや弱含み、その後は市場参加者の減少とともに小さなもみ合いとなっています。ユーロはイタリア政局不安、ポンド、オーストラリアドルは原油先物軟調の影響があるようです。

月曜日はイギリスがスプリングバンクホリデー、アメリカがメモリアルデーで休場となっていたこともあり、市場参加者は少ないようで値動きは鈍い感じでした。

本日のヨーロッパ市場が開いてからの動きを確認したいと思います。

本日5/29の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 前年同月比 4月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 3月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 5月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

6月3日からブログ投稿を週3日に変更したいと思います。

日曜日:トレード準備と独り言
水曜日:トレンドですか?レンジですか?
土曜日:ベストトレード根拠

できるだけトレード時間を確保すること、睡眠不足を解消することを目的としての変更です。ご了承お願いいたします。

おすすめ FX本
– トレードの必読本、バイブルを紹介

米朝駆け引きの動きに警戒 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週取引:108.9~111.4円
先週終値:110.8円
4時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週取引:127.1~131.3円
先週終値:127.5円
4時間足チャート型:下げ渋り

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:145.3~149.7円
先週終値:145.5円
4時間足チャート型:下げ渋り

<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:82.4~84.5円
先週終値:82.6円
4時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週取引:1.164~1.183ドル
先週終値:1.165ドル
4時間足チャート型:下降基調

となっています。



先週は、米中貿易摩擦回避へ動きから、週明けは落ち着いた動きとなり、ドル円、オーストラリアドル円は直近高値を更新したのですが、5/23のアジア時間にトルコリラの急落を発端に新興国通貨売りが広がり、リスクオフの動きが発生しました。その後、トランプ大統領が中国との通商交渉に満足していないと発言したこと、米朝首脳会談が行われない可能性にも言及したこと、ユーロ圏、イギリスの経済指標が弱かったこと、FOMCが利上げを急いでいないことが再確認されたことなどから、急激なリスクオフが進みました。

5/25にトランプ米大統領は、北朝鮮との対話を再開したことを明らかにし、米朝首脳会談が行なわれる可能性に言及したことにより、リスクオフはやや後退しましたが、スペイン、イタリアの政局不安、原油先物の大幅続落などを背景に回復は弱く、ユーロ、ポンドは一段安となりました。

今週のドル円は、米朝首脳会談の予定通り開催できるかどうかに関する報道で、敏感に反応する可能性がありますが、はっきりするまではもみ合いが続くと思われます。米朝首脳会談の開催が大きく延期になった場合、地政学的リスクの増大への懸念から弱含みになる可能性があると思われます。今週発表のGDP改定値、雇用統計が予想を上回る場合は、利上げペース加速への期待が再浮上して、ドル買い円売りの動きが再開する可能性はあるとの思います。

チャート的には、4時間足200MAのサポートを受けているように見えますので、このサポート継続できるか、さらには反発上昇できるかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、引き続きスペイン、イタリアの政局不安および、欧州中央銀行(ECB)による金融緩和策の早期縮小期待は後退していることから、積極的に買われにくい状況が継続するため、弱含みになる可能性があると思います。しかし、米朝首脳会談が予定通りに開催される可能性が高まった場合、市場全体的なリスクオンが発生すれば、再びユーロ買い円売りとなる可能性はあると思われます。

チャート的には、日足で直近安値を勢いよく下抜けている状況です。週足100MAの125.0円付近までの下落は想定しておきたいと思います。

今週のポンド円は、原油先物の下落が落ち着けば、中央銀行の政策金利は当面据え置かれる公算が強いものの、緩やかな利上げを行う方針は打ち出されているため、下げ渋りの動きとなる可能性が高いと思われます。また米朝首脳会談が予定通りに開催される可能性が高まった場合、市場全体的なリスクオンが発生すれば、再びポンド買い円売りとなる可能性はあると思われます。

チャート的には、日足で直近安値付近、週足ボリンジャーバンド下限付近まで下落しており、ここを下抜けると140円あたりまで視野に入ってきます。

今週のオーストラリアドル円は、原油先物の下落が落ち着けば、資源安を嫌気した売り圧力は弱まり、下げ渋る可能性が高いと思われます。ただし、一部のニュースコメントでは、中国の影響力排除を意図した対策法の施行を控え、中国が経済的な報復措置に動く可能性への懸念からオーストラリアドルは買いづらいとの内容は見られました。米朝首脳会談が予定通りに開催される可能性が高まった場合、市場全体的なリスクオンが発生すれば、再びオーストラリアドル買い円売りとなる可能性はあると思われます。

チャート的には、日足でレンジ中央付近を下落中となっており、25MAをしっかり下抜けてしまうとボリンジャーバンド下限の81.5円付近までは下降する可能性があると思います。

今週のユーロドルは、引き続きスペイン、イタリアの政局不安および、欧州中央銀行(ECB)による金融緩和策の早期縮小期待は後退から、積極的に買われにくい状況が継続するため、下降基調が継続する可能性があると思います。しかし、トランプ政権の自動車の輸入制限をする通商政策の動きには注意が必要とのニュースコメントは見られました。

チャート的には、4時間足で完全な下降トレンドが継続しており、反発があるとすれば、週足直近安値の1.155ドル付近と思われます。

今週発表の経済指標、イベントでは、

5/30
16:55 (独)雇用統計 5月
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 5月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 1-3月期

5/31
18:00 (欧)雇用統計 4月

6/1
21:30 (米)雇用統計 5月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日5/28夜は、特に経済指標発表が予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

6月3日からブログ投稿を週3日に変更したいと思います。

日曜日:トレード準備と独り言
水曜日:トレンドですか?レンジですか?
土曜日:ベストトレード根拠

約半年間、週5日の投稿を続けてきたのですが、平日はブログを書く時間の確保が厳しく、睡眠不足気味でした。今回の変更は、できるだけトレード時間を確保すること、睡眠不足を解消することを目的としての対応です。ご了承お願いいたします。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?

レンジ相場で長い時間足での位置も確認 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、5/23のアジア時間でトルコリラが急落したことをきっかけに相場全体にリスクオフが広がりました。そしてトランプ大統領が中国との通商交渉に満足していないと発言したこと、米朝首脳会談が行われない可能性にも言及したこと、ユーロ圏、イギリスの経済指標が弱かったことなどから、売りが売りを呼ぶ展開となり、各通貨ペアともに大幅な下落となりました。

その後、FOMC議事要旨で、インフレの上昇から年4回の利上げ見通し期待もあり、反発も見られましたが、内容に目新しさが無く、FOMCが利上げを急いでいないことが再確認されると、再び売りが強くなり、下降もみ合いの様子となりました。

5/24にはホワイトハウスが6/12に予定されていた米朝首脳会談の中止を発表しましたが、北朝鮮が態度を軟化させたことにより、トランプ大統領は予定通りに首脳会談が開催される可能性を示唆しました。

ユーロ、ポンドはイタリア、スペインの政局不安を背景に一段安となりました。

今回のベストトレード根拠は5/24ポンド円となります。
その日は、各通貨ペアともに弱気な流れのもみ合いとなっていましたので、レンジ相場対応の取り組みとして、反転下落の動きに注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:40頃、ボリンジャーバンド上限に対して長めの上ヒゲで接触し、その後、連続陰線で移動平均線5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足、1時間足で見てもボリンジャーバンド上限から下側に離れていく様子であったこともエントリー根拠となります。

エントリー直後は、連続陰線で下降勢いがつき、きれいな形で移動平均線5MAにサポートされて、想定以上に下がってくれました。そして、22:35頃、強めの陽線で5MAと.50節目の146.5円を上抜けてきましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、2回目のエントリーも狙っていたのですが、動きが激しくて乗ることはできませんでした (^^;

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

主な経済指標(イギリス、ドイツ、ユーロ)
– 発表時間は事前にチェック