勢い重視で相場の流れについていく – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

関東地方は梅雨明けとなりました。暑い夏に突入ということで、しばらくの間、少しでも涼しく感じられるように投稿記事のトップ画像は冬のイメージにしたいと思います。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

週前半は、貿易摩擦の行方を見極めたい慎重な展開で全体的にレンジとなっていましたが、トランプ大統領が強硬措置を避ける対応をとったことから、米中貿易戦争が回避されるとの思惑広がり、ドル買いが強くなりました。

また28日に開催された欧州連合(EU)首脳会議で、各国が移民問題で合意したことを受けてドイツ連立政権崩壊に対する警戒感が大幅に低下したこともあり、全体的にリスクオンの円売りになったようです。

今週のベストトレード根拠は6/28ポンド円となります。
その日は、21:30に発表されたアメリカ国内総生産(GDP)確定値が下方修正されたことで、各対円通貨ペアともにリスクオフの円買いとなったのですが、下げ渋りから急速な反発が見られました。

具体的な理由についてはよくわかりませんでしたが、戻り売りが発生しないか注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、22:25頃、一旦、勢いが弱まりかけていたローソク足が、144.0円節目と15MA(15分足5MA)を上抜けたあたりで勢いが吹き返し、直近の上ヒゲをも上抜けてきたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

戻り売りを狙っていたのでちょっと悩みましたが、喜平は勢い重視派です。相場は相場に聞けということで素直に買ってみました。

エントリー後は、なかなかの勢いで上昇となり、100MAで止まるかと思いきや、更に伸びたのでちょっとびっくりでしたね。

途中、100MAからの小さな反落ががありましたが、なんとか5MAのサポートが効いたので、ポジションキープできました。

そして、23:25頃、300MA(15分足100MA)で抵抗を感じ、もみ合いとなりましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

いつ戻り売りが発生するかが心配で、いつもより注意深くチャートを見ていましたが、素直に勢いについていくことができたので良かったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX
– その理由とは

貿易摩擦の行方を睨んでレンジ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

貿易摩擦の行方を見極めたい慎重な展開で全体的にレンジ相場となっています。

FRBが利上げペースを加速させるとの見通しも強く、金利先高感も根強いですが、米中貿易戦争の激化は、世界経済全体を押し下げる可能性があり、慎重な動きになっていると考えられます。

7/6には500億ドル規模の中国商品を対象にした追加関税の一部が発動されるため、それまでに米中通商交渉が再開されるかどうかに注目が集まっているようです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/27(水)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 前年同月比 5月
17:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)耐久財受注 前月比 5月
23:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 5月

6/28(木)の夜は、

17:00 (欧)欧州中央銀行(ECB)月報
18:00 (欧)経済信頼感 6月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 6月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 6月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値) 前期比年率 1-3月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

6/29(金)の夜は、

16:55 (独)雇用統計 6月
17:30 (英)消費者信用残高 5月
17:30 (英)マネーサプライM4 前月比 5月
17:30 (英)四半期経常収支 1-3月期
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比 1-3月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 6月
21:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 5月
21:30 (米)個人所得 前月比 5月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 6月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 6月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

初めてのFX Q&A
– 初心者の疑問にお答えします

貿易摩擦の行方が相場を決める – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:109.6~110.8円
先週終値:110.0円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:126.6~128.6円
先週終値:128.2円
4時間足チャート型:V字上昇

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:144.4~146.9円
先週終値:145.9円
4時間足チャート型:V字上昇

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:80.6~82.4円
先週終値:81.8円
4時間足チャート型:V字上昇

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.151~1.167ドル
先週終値:1.166ドル
4時間足チャート型:しっかり上昇

となっています。


先週は、トランプ米大統領が対中報復関税をかける2000億ドル規模の中国製品を特定するよう指示したことで、中国側も反発し、リスクオフの円買い相場となりました。

一方、パウエルFRB議長が「利上げを継続する根拠が強い」と述べて、更なる利上げ示唆をしたこともあり、相場は徐々に戻しました。

しかしながら、22日はまたしてもトランプ米大統領が欧州連合(EU)からの自動車輸入に20%の関税を賦課すると警告したことや、米10年債利回りが伸び悩んだことなどから、再びリスクオフ相場となりました。

ユーロ圏では、ドイツの移民、難民問題をめぐる与党内で対立が表面化したものの、ユーロ圏6月総合PMI速報値の上昇や、イタリアの政治不安はやや緩和されたことなどから、ユーロも米中貿易戦争懸念による下げを戻し、V字上昇となりました。

今週のドル円は、一部報道で米中貿易戦争回避のための協議再開を調整と伝えられていますが、貿易戦争激化懸念は継続しており、FRBの利上げ継続方針にもかかわらず、上値は重いと思われます。しかし、今週発表の経済指標が好調で米株高につながれば、ドルが押し上げられる可能性はありそうです。

チャート的には、4時間足で109.9円付近の200MAがサポートとなっていると感じられ、レンジ上限110.5円付近までの上昇は想定したいと思います。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)の利上げ見通しが来年になる見通しに対して、米連邦準備制度理事会(FRB)は更なる利上げ示唆をしたことによるユーロ売り、ドル買いは継続すると思われるため、その影響を受けて弱含みになる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足で128.5円付近の100MAが抵抗として働いているように思われますので、戻り売りが発生するかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、英中銀金融政策委員会(MPC)の8月利上げ観測が浮上しており、ポンド売りは弱まると考えられますが、欧州連合(EU)離脱に関する政治的リスクを払拭できず、もみ合いになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足で先週末にひっかかった146.5円付近の100MAを再び上抜けることができるかに注目したいと思います。できなければ、ユーロ同様、レンジ内戻り売りの可能性を探りたいです。

今週の豪ドル円は、OPEC総会での生産調整合意後に進展した原油高を受け上昇となっていますが、中国経済への依存も高いため、米中貿易戦争激化懸念の影響も受けやすく、上値が重くなる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足で82.0円付近のボリンジャーバンド上限を超えて、上昇を維持できるのかに注目したいと思います。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)の利上げ見通しが来年になる見通しに対して、米連邦準備制度理事会(FRB)は更なる利上げ示唆をしたことによるユーロ売り、ドル買いは継続すると思われるため、弱含みになる可能性があると思われます。

チャート的には、私がチェックしている通貨ペアの中で唯一、4時間足でしっかり上昇となっていますが、ファンダメンタルズの状況も含めて考えると、100MAや200MAでの戻り売りを想定したいと思います。

アメリカの保護貿易的な通商政策による貿易摩擦報道は、相場全体のリスクオン、リスクオフのキーとなっており、要人発言による急変動には注意したいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

6/25
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 5月

6/27
17:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
21:30 (米)耐久財受注 前月比 5月

6/28
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値) 前期比年率 1-3月期

6/29
16:55 (独)雇用統計 6月
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前年同期比 1-3月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

6/25(月)の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 6月
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 5月

6/26(火)の夜は、

22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 4月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 6月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 6月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

サッカーワールドカップのロシア大会も盛り上がっていますが、みなさんは良い睡眠が取れていますか。

寝不足は判断力が鈍るためトレードにとってよくありません。寝る時間もトレードルールの一つと考えてください。

今日はちょっといい枕で良質な睡眠をとり、トレードの判断力を保つための提案です。眠りの質で人生が変わるといっても過言ではありません。よい人生のために枕に投資するのはありだと思います。



The Pillowは高反発タイプの枕です。横向きでも仰向けでも、頭が浮いているような感覚が得られます。それなりの硬さがあるため寝返りもしやすいです。そのため肩こり予防には向いているのではないでしょうか。高さは3段階に調整できるので好みの高さを探すことができると思います。



既製品では物足りない人は自分だけのオーダー枕を検討してはいかがでしょうか。「まくらる。」はいろいろなオーダー枕を扱っており、比較しやすいサイトです。

トランプ大統領自動車関税ツイートでたなぼた – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、前半でトランプ米大統領の対中報復関税の発言でリスクオフの円買い相場となりましたが、その後はパウエルFRB議長が「利上げを継続する根拠が強い」と述べてタカ派の姿勢を見せたこともあり、相場は徐々に戻しました。

21日には米株が軟調に推移し、米10年債利回りも2.8%台まで低下したことによりドルが大きく売られる場面もありましたが、ユーロ、ポンド、豪ドルは緩やかながらも、やや強含みとなりました。

週末22日はまたしてもトランプ米大統領が欧州連合(EU)からの自動車輸入に20%の関税を賦課すると警告し、域内の経済を混乱させるとの懸念が強まり、欧州通貨を中心に売りが加速しました。

今週のベストトレード根拠は6/22ポンド円となります。
その日は、朝方からポンド円が強含みとなっていましたが、夕方くらいから上昇勢いが無くなり、調整の様子を見せていたため、5分足チャートでやや下降基調の波に乗ることができないか、注目していました。

下降トレンド相場ではありませんので、波の下(安値更新)から入るのではなく、上昇からの反転下降を狙う方が勝率は高くなると思いますし、損切りの場合でも損切り幅は小さくなります。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、22:20頃、ボリンジャーバンド上限および、移動平均線75MA(15分足25MA)付近で、反転下降の動きが感じられましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通りレンジ内を下降し、さらには下降チャネルラインも下抜けてきました。そして、200MA付近でレンジ内反転上昇になることを想定して、決済タイミングを見計らおうとしていたところ、突然の下落となりました。

理由を調査する時間も無く、取り急ぎ1分足チャートに切り替え、23:25頃、下ヒゲが長くなってきたタイミングで、決済としました。(チャート内□の部分)

決済後にニュースを確認すると、上記、トランプ米大統領のEU自動車関税に関するツイートが原因であることがわかりました。

今後も、トランプ米大統領の貿易摩擦に関する発言でのリスクオフは注意が必要ですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FXとは
– 外貨預金との違い