米中貿易戦争警戒でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週明けは米中貿易戦争激化への警戒感から、各通貨ペアともにもみ合いのレンジスタートとなりました。

そんな中、日本時間19日朝に、トランプ米大統領が中国の報復関税に対抗措置を取るとコメントし、USTR(合衆国通商代表部)に関税で2000億ドルの中国製品を確認するよう指示したとの報道があり、相場はリスクオフの流れで一気に崩れ、全面安の下降トレンドとなりました。

その後、回復も見られましたが戻りは鈍く、弱い上昇となっています。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/20(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期経常収支 1-3月期
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
22:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 5月

6/21(木)の夜は、

20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 6月
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 4月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 5月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 6月

6/22(金)の夜は、

16:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
16:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増