ドル円は110円を試すかどうかに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週取引:107.7~109.5円
先週終値:109.1円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:131.9~133.5円
先週終値:132.3円
4時間足チャート型:逆V字下降

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:150.3~152.7円
先週終値:150.3円
4時間足チャート型:しっかり下降

<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:82.4~83.1円
先週終値:82.7円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↓ 4時間足:↓
先週取引:1.206~1.229ドル
先週終値:1.213ドル
4時間足チャート型:下降基調

となっています。



先週は、ドル円において、これまで強い抵抗となっていた108.0円が、米長期金利の上昇とともに突破されたことにより、リスク選好的なドル買いが活発となりました。またストップロスの巻き込みもあったようで、109.0円も超えてきました。北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を中止し、核実験場を廃棄すると表明したことにより、地政学的リスクの警戒感が低下したことも影響したようです。しかし、週後半は長期金利がやや低下し、もみ合いとなったもの大きな調整とはなりませんでした。

ユーロは4/26のECBドラギ総裁が定例記者会見で量的緩和政策(QE)を年内終了を示唆するかなどに注目が集まっていましたが、言及されることはなく、大幅な調整となりました。ポンドも4/27発表のイギリスGDPが予想より弱い結果となり、大幅に売られました。

今週のドル円は、5/1,2開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利は据え置きとなると考えられますが、ISM景況指数や雇用統計などで予想を上回る結果となった場合、利上げペース加速への期待からドル高が継続する可能性もあると思われます。先週の高値を超えてくる場合、110円台を試す展開になる可能性もあるのではないでしょうか。しかし、長期金利上昇が企業の業績を圧迫するとの観点からアメリカ株安となると、伸び悩むかもしれません。

チャート的には、4時間足移動平均線25MAを大きく下抜けるような場面があると、一旦調整が入る可能性があると思いますが、25MAで明確な反発があり、先週の高値を越えてくると、110.0円台に乗せられるかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、このところの経済指標数値が弱いものとなっており、欧州中央銀行(ECB)の早期の量的緩和(QE)縮小時期も見えていません。5/2の雇用統計、欧州域内GDPの結果次第で、下値を探る展開になる可能性もあると思われます。

チャート的には、4時間足ではレンジ下限付近ですが、日足ではレンジ上限付近です。再び132.0円を割り込む展開となった場合、日足レンジ下限付近130.0円が見えてきます。

今週のポンド円は、来週の5/10に英中央銀行(BOE)の政策金利発表が予定されていますが、直近のインフレ指標やGDPは弱いものとなっており、利上げ観測は後退していています。そのため引き続き軟調、もみ合いになる可能性が高いと思われます。武田薬品工業によるアイルランドの製薬会社シャイアーの買収協議は継続中のため、まとまった規模のポンド買いが発生する可能性はありそうです。

チャート的には、4時間足では移動平均線200MAで下降勢いが止まってきたようにも見えますので、小反発を期待したいところですが、150.0円を割り込む展開となった場合、148円台までの調整はありそうです。

今週のオーストラリアドル円は、5/1の13:30に豪準備銀行(RBA)の政策金利発表予定されていますが、据え置きが予想されており、声明では利上げは急がないという姿勢が継続される見込みとなっています。資源価格が変動する懸念も後退しており、新たな材料が少ないため、もみ合いが継続すると思われます。

チャート的には、4時間足移動平均線200MA、日足25MAにサポートされているように見えます。このままもみ合いが続く可能性が高いと思われますが、82.0円を下抜けた場合、日足のレンジ下限80円台が見えてきます。

今週のユーロドルは、このところの経済指標数値が弱いものとなっており、欧州中央銀行(ECB)の早期の量的緩和(QE)縮小時期も見えていません。5/2の雇用統計、欧州域内GDPの結果次第で、下値を探る展開になる可能性もあると思われます。ドルが堅調に買われると、さらに軟調な展開になりそうです。

チャート的には、日足で移動平均線100MAを下抜けました。さらに下の200MA付近、1.200ドルを目指す可能性はあると思われます。

引き続き、予定外の要人発言には注意が必要です。

喜平はゴールデンウィークでプチ悠々自適時間を過ごす国内小旅行に出かけます。そのため、4/30~5/5の間、トレードとブログはお休みの予定ですが、今週発表の経済指標、イベントは、お知らせしておきます。

明日4/30夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 前年同月比 3月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 4月
21:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 3月
21:30 (米)個人所得 前月比 3月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 4月
23:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 3月

5/1夜は、

17:30 (英)消費者信用残高 3月
17:30 (英)マネーサプライM4 前月比 3月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 4月
23:00 (米)建設支出 前月比 3月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 4月

5/2夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 4月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 4月
17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI) 4月
18:00 (欧)雇用統計 3月
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値) 前期比 1-3月期
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 4月
27:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表

5/3夜は、

17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 4月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI) 前月比 3月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 4月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 前年比 4月
21:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・速報値 前期比 1-3月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)貿易収支 3月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合) 4月
23:00 (米)製造業新規受注 前月比 3月

5/4夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 4月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 4月
18:00 (欧)小売売上高 前月比 3月
21:30 (米)雇用統計 前月比 4月

の経済指標発表が予定されています。アメリカ雇用統計は大注目の経済指標です。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

リピーターにうれしい10泊で1泊無料 国内&海外ホテル予約なら Hotels.com プランが豊富 セールが豊富
~~~~~~~~~~~~~~~

いよいよゴールデンウィークです。

みなさんは良い睡眠が取れていますか。寝不足は判断力が鈍るためトレードにとってよくありません。寝る時間もトレードルールの一つと考えてください。

今日はちょっといい枕で良質な睡眠をとり、トレードの判断力を保つための提案です。眠りの質で人生が変わるといっても過言ではありません。よい人生のために枕に投資するのはありだと思います。



The Pillowは高反発タイプの枕です。横向きでも仰向けでも、頭が浮いているような感覚が得られます。それなりの硬さがあるため寝返りもしやすいです。そのため肩こり予防には向いているのではないでしょうか。高さは3段階に調整できるので好みの高さを探すことができると思います。



既製品では物足りない人は自分だけのオーダー枕を検討してはいかがでしょうか。「まくらる。」はいろいろなオーダー枕を扱っており、比較しやすいサイトです。

ゴールデンウィークの旅行は車なので喜平はマイ枕をもって行きます。

ドラギ総裁、QE終了の言及無くユーロ軟調 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、ドル円が109円台を維持し強さを見せた反面、ユーロ、ポンドは軟調な展開となりました。

ユーロは4/26発表の政策金利据え置きは予想通りで、ECBドラギ総裁が定例記者会見で量的緩和政策(QE)を年内終了を示唆するかなどに注目が集まっていましたが、言及されることはなく、「インフレに対する自信は変わっていない」との発言で一時的には買われましたが、その後、大幅な調整となりました。

ポンドは4/27発表のイギリスGDPが予想より弱い結果となり、大幅に売られました。

今回のベストトレード根拠は4/26ユーロドルとなります。その日はもみ合いが続いていたユーロがイベント通過でどのように動くか注目していました。
20:45の政策金利発表は予想通りであったため、一時的な下げはありましたが、すぐに戻しました。そして21:30、注目のドラギ総裁の記者会見が始まると、上昇してきました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、エントリー根拠が見つからないか、ローソク足の動きを見ていると、ボリンジャーバンド上限、移動平均線600MA(15分足200MA)付近で長い上ヒゲなどが発生しましたので、反転下落する可能性を考慮し、さらに注目しました。すると15MA(15分足5MA)を下抜け、22:50頃、直近の下ヒゲ安値と、25MAも下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後から下落勢いは加速し、23:05頃、1.215ドルのリミット指値が実行され、あっという間の決済となりました。
記者会見直後の長い下ヒゲを見せられていましたので、.50節目のリミットセットをしていましたが、結果的に見ると、かなりの勢いで下がっている途中だったので、裁量でいけば良かったかなとも思います。しかし、短時間ではそこまで検討できませんでしたし、普通の利幅は取れたのでヨシとします。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

来週はゴールデンウィークでプチ悠々自適時間を過ごすため、4/30~5/5の間、トレードとブログはお休みの予定です。

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増

長期金利上昇を背景にドルの勢い継続- トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

アメリカ株式は軟調になる場面もありましたが、米10年債利回りは3.0%台をキープし、ドル円は落ちそうで落ちません。昨日は一時的に108円半ばまで押したのですが、再び上がり始め、高値更新しました。突破に苦しんだ108円の壁を越えると、こんなものなのでしょうか。

この勢いを止めるのは、アメリカ株安か、トランプ大統領の発言か、それとも110円まで行ってしまうのでしょうか。
チャートの動きを見極めたいと思います。

ドル円以外では、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円ともに、もみ合いとなっています。ユーロドルはドル高の影響でしっかり下降の状況です。

本日4/26の夜は、

20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)耐久財受注 前月比 3月

明日4/27の夜は、

16:55 (独)雇用統計 4月
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値) 前期比 1-3月期
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 4月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値) 前期比年率 1-3月期
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 4月

が予定されています。

夜ではありませんが、15:30 (日)黒田日銀総裁 定例記者会見 も気になります。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

XMのゼロカットシステム
– 相場急変でも追証の発生なし

もみ合いレンジからの強め陽線 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は4/24火曜日のドル円5分足チャートです。4/23月曜日に10年債利回りの上昇とともに108円を突破したドル円は、早朝から108.8円前後の狭い範囲でもみ合いが続いていました。もみ合いが長く続いた時、次はそれなりの幅で上がるか下がるかの動きとなりやすいため、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:30頃、4連続の小さな陽線のあと、勢いがついて、直近のもみ合いレンジを上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、伸びすぎてやや押し込まれる場面もありましたが、思惑通り移動平均線5MAに沿って上がってくれました。そして109.1円付近でやや勢いが衰え、5MAがほぼ水平になり、私が効率的なドル円の利益確定幅と考える20pipsも確保できていましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

ドル円はなかなかの勢いで気持ちよいです。さすがに一気に上がりすぎの感から、108円半ばまで調整しましたが、まだまだ強い感じです。

アメリカ10年債利回りは3%を超え、2014年1月以来の高水準となりましたが、この水準がどこまで維持できるのかが気になりますね。トランプ大統領の発言は落ち着いていますが、貿易摩擦再燃の懸念は残っているようなので、ポジンション保有リスク低減のため、勢い重視で攻めたいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日4/25夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FX凄腕名人紹介
– 同じトレードスタイルの名人を探そう

ドル円は108円突破で上昇に勢い – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

昨日の週明けは、北朝鮮が今後の核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を取り止め、核実験施設の廃棄を行うことを決定したとの報道で、朝鮮半島の地政学的リスクが後退し、米10年債利回りが2.97%まで上昇したにもかかわらず、日経平均株価は弱含みで、ドルは夕刻まで重い動きとなっていました。

しかし、17:00に発表されたユーロ圏の4月製造業PMI速報値が予想を下回る結果となり、ユーロが売られたあたりから、ドルが次第に上昇し、18:00頃には対円で108.0円を突破しました。そして、米10年債利回りは2.99%を超え、ドルは更に上昇となり4/24の0時過ぎには108.5円にも乗せました。今朝では108.7円付近でもみ合いです。

ドル円は108.0円を意外とあっさり超えたことにより勢いがつき、上昇トレンドとなっています。ユーロ円、ポンド円はユーロ圏の4月製造業PMI速報値発表後は弱含んだものの、切り替えしてしっかり上昇となっています。オーストラリアドル円はもみ合い、ユーロドルは弱含みとなっています。

本日4/24の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 4月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 2月
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 2月
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 3月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 4月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 4月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買