シリア情勢緊迫化でドルが重い – トレンドですか?レンジですか?

ヨットハーバー

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

アメリカのトランプ大統領がシリア空爆の可能性をロシアに警告したことにより、地政学的リスクが上昇し、リスクオフのドル売りにつながっているようです。中国との貿易摩擦でもそうですが、好戦的な発言で市場が振り回されている感じがしますね。

ダウ平均は下落、10年国債は低下、WTI原油先物は上昇、主要国通貨は対ドルで強含みになっています。ユーロドルの上昇は、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁がユーロ圏のインフレ上昇に確信を持った発言をしたことも要因となっているようです。

経済指標では4/11に発表されたアメリカ3月消費者物価指数が前年比で予想通り、2月比で予想を若干下回る結果でした。

1時間足チャートでは、ドル円がレンジ、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円が上昇一服、ユーロドルが上昇基調となっています。15分足ではユーロドルが上昇基調ですが、他の通過ペアは軟調な展開です。

本日4/12の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 2月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 3月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

明日4/13の夜は、

18:00 (欧)貿易収支 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 速報値 4月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

チャート型の分類とエントリー
– チャートパターンを見極めよう