デイトレでも長い時間足の確認は大事 – ベストトレード根拠

悠々自適-イメージ
こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。



ユーロドルチャート
赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

3/29木曜日のユーロドル5分足チャートです。米中貿易摩擦問題、北朝鮮問題も為替市場が大きく反応するようなニュースも聞かれず、また週末がイースターの休日で連休となることもあり、どの通貨ペアも概ね、1時間足、4時間足で25MAを上下するレンジの動きとなっていました。このような状況で、5分足、15分足でチャートを見て、トレンド発生と思っても、反転してしまうことがあります。そのため、デイトレであっても4時間足くらいまでチャートは確認するようにしています。

そんな中、20:30頃、ユーロドル5分足チャートにおいて、ボリンジャーバンド上限付近、移動平均線300MA(15分足の100MA)が抵抗となる感じで、長い上ヒゲが発生したので注目してみました。4時間足を確認すると、連続陰線で下降中、ボリンジャーバンド下限まではもう少し、1時間足では25MAに上昇を抑えられている感じ、15分足チャートでも、ボリンジャーバンド上限付近にありました。

その後、連続陰線で5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、ややもみ合いながらもレンジ下限に向けて下がっていき、21:45頃、ボリンジャーバンド下限を下抜けたところで決済としました。(チャート内□の部分)

短い時間足だけでなく長い時間足も確認するトレードは、短い時間足しか見ないトレードより、勝率も高くなるし、精神的にも楽だと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

明日から4月となりますので、日々の投稿について少し構成を変えてみようかなと思っています。

心(メンタル)のコントロール – FXで一番大切なこと

材料待ちで4時間足レンジ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

全体的に4時間足チャートのほぼレンジ範囲内の動きとなっていますので、4時間足レンジ内のポジションを確認してから、5分足、15分足のチャートを分析をしていきたいと思います。米中貿易摩擦問題、北朝鮮問題も次の材料待ちで、上下どちらにブレイクするのかが注目されます。

北朝鮮の金正恩委員長の中国電撃訪問がありましたが、5月米朝会談に向けての準備ということらしく、表立っての動きはありません。アメリカは事態がよい方向に進んでいるとしており、トランプ大統領も「会談を楽しみにしている」とツイートしました。

森友問題で佐川前国税庁長官の証人喚問はありましたが、核心部分は証言拒否ということで疑念は晴れずといったところです。森友問題で公文書が改ざんされた事件をを海外メディアはアベゲートと表現し、財務省解体や日本経済が落ち込む可能性が報道されているようです。

引き続き、要人発言による急変動には注意が必要だと思います。

本日3/29の夜は、
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比 10-12月期
17:30 (英)四半期経常収支 10-12月期
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 3月
21:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 2月
21:30 (米)個人所得 前月比 2月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 3月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 3月

画予定されています。

明日3/30の夜は、欧米がグッドフライデーのイースター休日で、特に経済指標の発表は予定されていません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。


 
北朝鮮の金ファミリー専用列車はなかなか迫力があり、中国の厳戒ぶりもすごかったですね。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

9割の人が負けると言われるFX – その理由とは

直近高値&ボリンジャーバンド上限反転 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

3/26月曜日のオーストラリアドル円5分足チャートです。先週の米中貿易戦争に対する警戒感からのリスクオフは落ち着き、貿易戦争回避へ向けての両国の歩み寄り発言などにより、反転上昇の様子が見られました。クロス円ではユーロ円、ポンド円はしっかり反転の感じがありましたが、オーストラリアドル円はまだ弱く、少し上がって停滞状況でした。

そんな中、22:40頃から、直近高値付近、ボリンジャーバンド上限あたりで長い上ヒゲが多く発生するようになり、レンジ内で下降する気配がありました。そして、連続陰線で移動平均線5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

25MAと100MAがほぼ水平で非常に近く、レンジであることが明確であったことも根拠となります。

エントリー後は右下がりの5MAに沿ってしっかりと下がってくれました。そして、ボリンジャーバンド下限、300MA(15分足100MA)、600MA(15分足200MA)が重なる81.10円で指値しておいたリミットにかかり決済となりました。

非常にわかりやすいレンジ反転狙いのトレード根拠だったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日3/28夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比年率 10-12月期
23:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 2月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。FOMC声明とパウエル議長記者会見は要注目です。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

春らしい陽気で過ごしやすいですね。近所の桜もほぼ満開です。週末に花見予定ですが、桜吹雪でしょうね。

初めてのFX Q&A – 初心者の疑問にお答えします

貿易戦争回避の動きで反転上昇か – トレンドですか?レンジですか?

悠々自適時間-風景
こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

先週末はアメリカと中国の貿易摩擦に対する警戒感がかなり高まり、ダウは大幅安で引けましたが、週明けは東京株式市場がやや落ち着きを見せていたことから、為替市場も下げ一服の動きを見せています。また、中国の李克強首相が貿易戦争を回避するために交渉を継続すると発言したことや、アメリカのムニューシン財務長官も中国と建設な対話を行うと発言したことが好感され、ダウも大幅上昇し、為替もやや回復です。

ユーロ円、ユーロドル、ポンド円はわりとしっかり反発しています。ドル円、オーストラリアドル円は15分足で上昇がしていますが、まだ弱い感じです。引き続き、要人発言には注意が必要です。日本の森友問題も目が離せません。

本日3/27の夜は、

18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 3月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 1月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 3月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。


FX凄腕名人紹介 – 同じトレードスタイルの名人を探そう

貿易戦争警戒感は更に上昇でリスクオフか – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑

となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

先週は連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を0.25%引き上げることを決定しましたが、今年の利上げ回数については3回と従来通りの予測であったため、失望売りが出ました。また、トランプ大統領は、中国がアメリカの知的財産権を侵害しているとして、最大600億ドル規模の中国製品に対する追加関税を課す制裁措置の大統領令に署名し、米中貿易摩擦に対する市場の警戒感が更に高まったこと、中国側も貿易戦争と表現し、最大30億ドルのアメリカからの輸入品に関税を導入する計画を明らかにしたことにより、相場全体がリスク回避の動きとなりました。

今週のドル円は、トランプ大統領が中国の知的財産権侵害を認定し、中国製品に25%の追加関税を課す制裁措置を指示する大統領令に署名したことが、引き続きドル売り要因になり、弱含みになると思われます。また、財務省決済文書の改ざん問題は安倍政権の支持率低下の一因となっており、佐川氏の証人喚問で問題解決への動きが見られない場合は、株安、円高の流れが続く可能性もあると思われます。
チャート的には日足で安値を切り下げており、次の大きなサポートとしては、2016年にもみ合いのあった100円付近まで見当たりません。

今週のユーロ円は、アメリカの保護貿易的な通商政策で米中貿易戦争への警戒感が高まっていることによるリスク回避の円買いの可能性がありますが、欧州中央銀行(ECB)関係者の発言から金融緩和策早期縮小の期待はまだ残っているとの思惑もあるようで、もみ合いになる可能性が高いと思われます。
チャート的には4時間足で直近安値付近のもみ合いとなっており、週足では200MAまで下がっておりサポートされることも考えられます。

今週のポンド円は、アメリカの保護貿易的な通商政策で米中貿易戦争への警戒感が高まっていることによるリスク回避の円買いの可能性がありますが、今週3/29発表の四半期国内総生産(GDP、確定値)が予想通りだと5月利上げの思惑が高まり、ポンドが買われる可能性もありそうです。
チャート的には4時間足でレンジ下限付近となっています。また日足のトレンドラインは上向きです。

今週のオーストラリアドル円は、アメリカの保護貿易的な通商政策で米中貿易戦争への警戒感、特に中国経済への悪影響懸念が資源安につながるとの思惑から売られやすく、国内の経済見通しも低調なため、弱含みになる可能性が高いと思われます。
チャート的には昨年4月の直近安値を下抜けています。貿易摩擦の状況により、70円台へ突入は十分考えられます。

今週のユーロドルは、アメリカの保護貿易的な通商政策で米中貿易戦争への警戒感が高まっていることによるドル売りが強くなることが予想されますが、ユーロも積極的な買い要因は弱いため、もみ合いになる可能性が高いと思われます。
チャート的には日足、4時間足で移動平均線25MAをはさんだレンジが継続しており、現在、上限に近い状況です。貿易摩擦の状況により、レンジを上抜けする可能性もあると思われます。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
3/27
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
3/28
21:30 (米)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比 10-12月期
3/29
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比 10-12月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日3/26夜は、経済指標発表は特に予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。

ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。