レンジだが変動幅の大きさに注意 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

先週のトランプ大統領の鉄鋼、アルミ製品の高い関税措置発言の影響も一旦収まりを見せています。ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円、ユーロドルともに1時間足でレンジとなっていますが、ユーロドル以外は15分足で反発上昇の動きも感じられます。ユーロ円、ポンド円は変動幅が大きくなっていますので、1時間足チャートでレンジの上限付近か、中間付近か、下限付近かなども含めてチェックし、エントリー根拠、利益確定、損切りのポイントを確認していきたいと思います。

本日3/6の夜は、

24:00 (米)製造業新規受注 前月比 1月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

世にも恐ろしいスイスフランショック -資金管理の大切さ