北朝鮮問題と米通商政策に警戒 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

北朝鮮との首脳会談実現の懸念、米通商政策に対する警戒感が続く中、各通貨ペアともにもみ合いレンジの様子となっています。オーストラリアドル円のみ、やや上昇トレンドの気配がありますが、まだ強い動きではありません。
レンジ範囲を確認して、上限と下限での反転の動きを捕らえていきたいと思います。

今週は大きな経済指標の発表は少ないのですが、トランプ大統領をはじめ、要人の発言には注意したいとことです。もちろん日本の森友学園問題による安倍内閣への影響も相場へ影響する可能性があると思います。

本日3/13の夜は、

21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 2月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX