ポンド円の勢いをつかむ – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

今回は3/14水曜日のポンド円5分足チャートです。注目されていた経済指標のアメリカ小売売上高は予想より弱い結果となり、ドル円はそこそこ下がったのですが、継続した売りは見られず、レンジ内に戻されました。ユーロ円、ポンド円も同様にレンジの傾向が続きいていましたが、徐々に切り下げる動きが見られましたので、ローソク足の動きに注目してみました。
そして00:05頃、抵抗になると考えていた600MA(15分足200MA)を下抜けて勢いがついたところで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

長らくレンジの動きとなっていたため、5分、15分の移動平均線はすべて束なる様子でローソク足より上に位置していました。

そこで、1時間足で下側の抵抗線を確認すると、148.02円付近に100MAがありましたので、指値148.00円、逆指値148.70円に注文を入れました。

チャートをちら見しながら就寝準備を始めたところ、下落はさらに勢いがつき、00:20頃、指値決済となりました。

週前半に続き、徐々に下落するローソク足の動きを捕らえることができました。ローソク足の勢いを感じるには、やはり生チャートを見ての裁量トレードがベストですね。

アメリカが夏時間となり、経済指標発表時間が1時間早くなったのは、トレードしやすいと感じます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック