米ダウ平均大幅反落でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

昨日はイギリスがEU離脱交渉で移行時期の条件で合意に達したとの報道によりポンドが上昇しました。それにともないユーロ、ドルも上昇したのですが、上昇一服後は、アメリカ株式相場の大幅反落で下げに転じました。
全体的にはレンジ継続の様子ですが、オーストラリアドル円は軟調です。今週はFOMC声明、パウエル議長の記者会見が予定されていますが、トランプ大統領をはじめ、要人による予定外時間の発言で変動する可能性を留意しておきたいと思います。

本日3/20の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 2月
18:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 2月
18:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 2月
19:00 (独)ZEW景況感調査 3月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 3月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4について