MT4について – 自動売買も可能な大人気の取引ツール

MT4は世界的に使用されているFX取引チャートツールです。ロシアのカザンで2000年に設立されたメタクオーツ社(MetaQuotes)で開発されました。現在の本社はキプロス共和国となっています。

主な機能は外国為替のチャート表示で、各証券会社から提供されているFX取引ツールと同じようなソフトウェアです。直接的に操作する部分は日本語化できますが、情報部分はまだ英語が多いです。それでも使用されているのはシステムが比較的安定していること、サインツール(インディケーター)や自動売買ツールをプログラムし、組み込むことができること。また、そのための情報も多いことではないでしょうか。

2時間、3時間とチャートを見続けていると、疲れて集中力が落ちてきます。インディケーターを組み込んで、価格が上昇しそう、下落しそうといったチャートに矢印を表示したり、音を鳴らしたりしてアラートを出すことができれば、そのときだけチャートを見れば良いことになります。これはだいぶ助かります。

またサインが出たときだけ売買するというルールを定めると、ルールを無視した売買をなくすことができるかもしれません。更に自動売買ツールを組み込めば、チャートを見る必要もなく、自動で収益を積み重ねる環境も出来てしまうのです。

但し、自動売買については、市場の動きに関係なく安定した利益を得るツールを作ることは相当に難しいと思います。私の場合、外的環境やチャート目視により、レンジ相場が継続すると考えられる時のみ、時間も最大8時間程度に限定して使用しています。

自分でツールを作ることためにはプログラミングの知識が必要です。まずは販売されているツールを利用してみてもよいでしょうし、少しくらいプログラミングの経験がある人なら、悠々自適時間を目指して書籍や教材で勉強することもお勧めします。世界が広がりますよ。

MT4ツール紹介はこちら

MT4も開発リリースから10年以上が経ち、世の中には多くの情報資産が蓄積されました。しかし世の中のシステム進歩に追従するために、開発元のメタクオーツ社は既に後継プログラムMT5をリリースしてします。

2017年になってからはメタクオーツ社サイトでのMT4のダウンロードができなくなり、MT5への移行姿勢を強めているようです(現在、提携証券会社などではまだMT4のダウンロードができるところもあります)。MT4でも2014年2月は大幅なバージョンアップとなり、それまで使えていたインディケーターや自動売買プログラム(EA)の一部機能が使えなくなったりしたのですが、MT5になると全く機能しなくなったりすることもあります。

自分でプログラムを書く場合は、制限があるものの互換性を持たせて書くことができますが、既に販売されてから年月の経つMT4ツールについては、MT5でも使えるかどうか、サポートがあるか確認したほうがよいですね。

MT4のインストール方法はこちら


ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る