1019トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/19の夜は、
17:30 (英)小売売上高指数 前月比 9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 10月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 9月
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

今日10/20の夜は、
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 9月
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

やはり、わかりやすいトレンド相場は長続きはしませんね。昨日はまたしてもここ最近の傾向である難しい相場に再突入です。どの通貨ペアも各移動平均線が近いか、水平に近い状態でした。このような相場ではレンジ幅でのボリンジャーバンド上限(σ+2.0)からの売り、下限(σ-2.0)からの買い、経済指標発表サプライズからのレンジ幅脱出が狙いになります。ポンド円については最近急落が多いので買いポジションは気が乗りません。レンジ狙いの場合、利益幅は少し小さめなのでスプレッドの狭いドル円か、ユーロドルが取り組みやすいと思います。

残念ながら21:30の経済指標発表では大きなサプライズはありませんでした。

チャートウォッチをしているとドル円5分足チャートにおいて22:15頃、ボリンジャーバンド上限(σ+2.0)に上ヒゲの高値が接触した後、下落してきたので注目してみました。そして22:30頃、3連続の陰線、3本目が長めの上ヒゲ付きで移動平均線5MAを下抜けましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

狙える利幅はボリンジャーバンド下限付近までなので大きくはありませんが、大きな変動が起こりにくいドル円レンジ相場ですので、リスクが低いことを考えると仕方がありません。レンジ相場の場合はリミットの狙い目がはっきりしているので、指値、逆指値の注文をして放置することもできます。今回はボリンジャーバンド下限付近の122.35円をリミット指値、直近高値の少し上の122.65円をストップ逆指値としてみました。

エントリー後はレンジ内をゆっくり下落していき、23:00頃、リミットにかかり決済となりました。

少し久しぶりのドル円エントリー公開でした。レンジ相場のユーロ円、ポンド円でもエントリー根拠が明確にできることもありますが、ドル円と比べると変動が大きくなります。レンジ相場ではボリンジャーバンド、移動平均線などでの反転を狙うので、トレンド相場のような強いローソク足を待っていると取れる利幅がなくなってしまいます。

そこでトレンド相場と比べて早めに仕掛けることになりやすいのですが、エントリー根拠が打ち消されてコツコツ損切りも発生しやすくなります。コツコツといってもポンド円などでは、すぐに10~15pipsの損失になりますので、あまり気分が良くないですね。その点、ドル円は変動が小さいのでレンジ相場でもトレードしやすいですよ。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

インディケーター(サインツール)について

0927トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)耐久財受注 前月比 8月
23:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 8月
がありました。
エントリー前には調べておく必要があります。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ2.0

北朝鮮発言によるリスクオフ下落から反転してドル円は上昇トレンドとなっていました。そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:30頃、上記指標「耐久財受注」発表のタイミングで113円を突破して強い陽線を付けました。昨日の112円突破と似た感じでしたね。

指標発表直後のエントリーでしたので1分足チャートも確認して、上昇後112円付近まで下落した後、再び上昇するタイミングでエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

上から25MA、75MA、200MAと並ぶトレンド相場であることもエントリーの根拠となります。注意点としては反転から1円以上上昇しているため、大きな調整が入る可能性があることですね。

エントリー後も陽線が連続しましたが、22:05頃、3本目の陰線が下がりだし、5MAを少し下回ったあたりで決済しました。(チャート内□の部分)

9/26とは違い早めの決済でした。

陽線が連続して発生する強いトレンドは5MAに沿う事が多いので、5MAを切ると強いトレンドは一旦終わりとなる可能性が高いです。
今回はその判断のためにチャートに5MAを表示させました。

決済した陰線の次に長めの陽線が発生していますが、これにすぐ反応すると失敗することがあります。5分足チャートの場合、エントリーのためには3本以上の足を判断材料とした方が良いと思います。

その後、25MAまで押しが発生して反発すること期待していましたが、サポートが弱く、上ヒゲも発生しました。更に23:00頃、上記指標「住宅販売保留指数」発表が予想を下回り、下げましたので大きな調整に入った可能性があります。

北朝鮮関連のリスクオフはまだまだ発生する可能性があると思います。特にロング(買いエントリー)では気をつけたいですね。ストップは忘れずに入れるようにします。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4のインストール方法はこちら

0926トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 7月
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 8月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 9月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 9月
がありました。
エントリー前には調べておく必要があります。


黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ2.0

昨日は北朝鮮発言によるリスクオフ下落から抜け出せない他通貨を尻目にドルが回復の兆しを見せていました。そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:40頃112円前で少しもみ合いの後、強い陽線で112円を抜けてきたのでエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

上から25MA、75MA、200MAと並ぶトレンド相場で、かつ15分足200MA(5分600MA)を抜けてきたこともエントリーの根拠となります。

エントリー後に少し上昇するも、112.2円手前で足踏みし、もみ合いが続きました。しかしトレンドは続いていたため、上記指標発表時はポジションをキープし、なんとか25MAで反発してくれることを期待しました。

しかし、相変わらずもみ合いが続きました。ローソク足が25MAを完全に下抜けたら決済する予定でしたが、なんとか首がつながり、その後大陽線が出て、次の足がやや弱かったので決済しました。(チャート内□の部分)

今回の決済根拠はトレーダー自身の疲れですね。やはり2時間近くもみ合いチャートを見ていると疲れます(笑)
リミット&ストップを入れて放置した方がよかったかも。
精度の高い自動売買ツールを開発したいところです。

元気で0時前ではなかったら、決済時点からもう少しキープしていると思うのですが、その後のチャートを確認すると3連続陰線が出ていたので、ジ・エンドとなります。

もしローソク足が25MAを完全に下抜けして決済した後、もう一度25MAの上側に戻ったらみなさんはどうしますか。新たな根拠が見つからない限り、私は無視するようにしています。

北朝鮮関連のリスクオフはまだまだ発生する可能性があると思います。特にロング(買いエントリー)では気をつけたいですね。ストップは忘れずに入れるようにします。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック はこちら

0913トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
21:30 (米)卸売物価指数
の発表がありました。
重要経済指標ではありませんが意識しておく必要があります。


黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ2.0

昨日ドル円5分足チャートにおいて、22:30頃まではどの通貨も比較的狭いレンジで動きが少なかったので様子を見ていました。すると22:35で強い陽線が出て直近高値を抜けた後、さらに2段目の強い陽線が出ました。一旦反落するかなと思ったのですが落ちないので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

その後もかなりの勢いで上昇しましたが、110.6円手前で少し緩みました。1時間チャートを見てみると8月31日頃に同価格帯で高値圏を形成していることがわかりましたので、反落するかレンジに入る可能性が高いと考えました。0時まで残り30分を切り、粘っても仕方がないと思い、あっさり決済しました。

狭いレンジが続いた後、レンジブレイクすると動きが大きくなりやすいですね。

25MAが75MAから上に離れ、200MAをも抜ける勢いがあり、上昇トレンドになっていたことも根拠となります。昨日も同じですが、レンジの場合はボリンジャーバンド+2σ付近の買いエントリーはありえません。

FX凄腕名人紹介

0911トレード根拠

こんんちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠についてトレード翌日のブログに残していきたいと思います。

ブログによっては、何pips取ったとか、プラス○○万円とか公表されている方もおられますが、他人がいくら儲かったかの話を読んでもつまらないと思われる方も多いと思いますので、私は単純にチャートの見方、根拠確認に特化して書きたいと思います。

昨日の夜は特に気にする経済指標はありませんでした。


黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ2.0

昨日ドル円5分足チャートにおいて、21:10直近高値を3連続の強い陽線で抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)
思惑通りに上昇しましたが、109円の大台まであと少しというところで0時になりましたので、109円リミット108.7円ストップの指値をして就寝しました。結果、リミットを取れました。上昇トレンドになっていたことも根拠となります。

トレード根拠のブログ初日がよい結果となってよかったです。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について