ドル円は直近高値上抜けで上昇トレンド継続か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週取引:110.3~112.8円
先週終値:112.4円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:129.7~131.5円
先週終値:131.3円
4時間足チャート型:上昇基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:146.1~148.9円
先週終値:148.7円
4時間足チャート型:上昇基調

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:82.0~83.6円
先週終値:83.4円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.161~1.179ドル
先週終値:1.167ドル
4時間足チャート型:下降基調

となっています。


先週は、米中貿易摩擦のよる経済減速への警戒感はあるものの、米株高が背景なのか、リスクオンの円売り傾向が続き、各通貨は対円で上昇基調となっています。7/11朝方に米トランプ政権が「追加で2000億ドル相当の中国製品に10%の関税課す」と発表し、中国も対抗措置を表明したことで、一時的にドル売り、円買いが強くなりましたが、4時間足25MA付近で反発すると再び上昇となりました。

今週のドル円は、米株高、経済指標の好結果、年4回の利上げへの期待から、底堅い動きになる可能性が高いと思われます。トランプ政権の中国による知的財産権侵害に対する追加制裁発動は9月とみられるため、通商交渉時間が残されていることから、先週同様、一時的な押しは発生しても下降トレンド転換にはならないように感じます。しかし、7/16発表の中国GDP結果および市場の反応についてはウォッチしたいと思います。

チャート的には、4時間足で押しが見られるため、112.0円付近までの調整は想定したいと思いますが、反発すれば113円超えを目指す展開を期待したいと思います。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁が先週の欧州議会証言で、来年夏までは金利が据え置かれる見通しを示したことで、金利先高を期待するユーロ買いは弱くなると思われますが、相場全体のリスクオンが継続すれば、上昇基調が継続する可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足の上昇は勢いを保っていますが、132.0円付近に日足200MAがあり、そこを上抜けることができるのか、レンジ内反転下降となってしまうのかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、EU離脱をめぐる政権内の対立で複数の閣僚が辞任しましたが、訪英したトランプ大統領がメイ首相政策方針を支持することが確認されたため、政局不安に対する警戒感は落ち着いており、今週発表のイギリス雇用統計、消費者物価指数が良好であれば、8月利上げ観測が高まるとともに、底堅い動きになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足で力強い上昇となっており、150.0円を越えると、週足レンジ上限の153.5円付近を目指すことを期待したいと思います。

今週の豪ドル円は、米中貿易戦争への警戒感で売られやすくなっていますが、米ドルが対円で上昇が進むようであれば、その影響で、もみ合いからやや弱含みとなる可能性が高いと思われます。

チャート的には、日足のレンジ相場が続いており、相場全体のリスクオンがもう少し続いたとしても、84.0円付近からの反転下降を想定しておきたいと思います。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁が先週の欧州議会証言で、来年夏までは金利が据え置かれる見通しを示したことに対し、ドルは利上げペース加速期待が高まっており、弱含みとなる可能性が高いと思われます。

チャート的には、日足25MAが緩やかな下降となっていますが、直近のサポートラインとなっている1.152ドル付近を下抜けるかどうかに、注目したいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

7/16
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP) 前年同期比 4-6月期
21:30 (米)小売売上高 前月比 6月

7/17
17:30 (英)雇用統計 6月

7/18
17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 6月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

7/16(月)の夜は、

18:00 (欧)貿易収支 5月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 7月
21:30 (米)小売売上高 前月比 6月
23:00 (米)企業在庫 前月比 5月

7/17(火)の夜は、

17:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
17:30 (英)雇用統計 6月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 6月
22:15 (米)設備稼働率 6月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 7月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

7/16の米小売売上高は要注目指標ですよ。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

~~~~~~~~~~~~~~~

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



夏バテ気味の方、食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?

米中貿易戦争警戒相場はいつまで続くか? – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:110.3~111.1円
先週終値:110.5円
4時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:128.4~130.0円
先週終値:129.7円
4時間足チャート型:強含み

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:145.2~146.9円
先週終値:146.7円
4時間足チャート型:強含み

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:81.0~82.3円
先週終値:82.1円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:1.159~1.177ドル
先週終値:1.174ドル
4時間足チャート型:強含み

となっています。


先週は、期待されたアメリカと中国の追加関税回避に向けた協議進展に関するは情報は無く、340億ドル相当の輸入品に対する関税は互いに発動されることとなりました。米中貿易戦争への警戒感から各通貨に対してドルは売られ、ユーロ円、ポンド円は相対的に買われて強含み、豪ドル円は横ばいとなりました。

今週のドル円は、先週の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨から、経済の強さや利上げの必要性に対する見解が再確認されており、他の主要通貨との金利差拡大による潜在的なドル買い勢力は強いと考えます。しかし、貿易問題を巡る米中対立は続いており、さらなる貿易戦争への警戒感から、リスク選好的なドル買いは抑えられ、もみ合いになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足の移動平均線25MAが下がり始めており、このままの状況が続けば、110円割れの水準まで調整が進む可能性があると思います。

今週のユーロ円は、ユーロは経済回復の兆しが見られ、ドイツの政局不安も縮小していることで、米中貿易摩擦問題が改善方向に進展し、ユーロドル売りが再燃しない限り、弱い上昇となる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足で直近高値を上抜けてきました。とりあえず、6月中旬の高値130.5円付近を目指すのかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、米ドルの伸び悩みから対ドルで上昇しており、英中銀金融政策委員会(MPC)の8月利上げ観測もあり、底堅い動きになる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足で100MAと200MAを力強く上抜けており、日足でも4連続陽線となっているので、日足レンジ上限付近の148.0円を目指す動きを期待したいと思います。

今週の豪ドル円は、貿易問題を巡る米中対立は続いており、さらなる貿易戦争への警戒感と、中国経済減速への懸念から、米中貿易摩擦問題が改善方向に進展しない限り、もみ合いから弱含みとなる可能性が高いと思われます。

チャート的には、ユーロ円、ポンド円に近い形ですが、やや上昇が弱いように感じます。先週後半の上昇勢いが82.4円付近の200MAを越えられるか、反転下降となってしまうのかに注目したいと思います。

今週のユーロドルは、米ドルが貿易問題を巡る米中対立から積極的な買いが控えられる中、ユーロは経済回復の兆しが見られ、ドイツの政局不安も縮小していることで、米中貿易摩擦問題が改善方向に進展しない限り、強含みが継続する可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足で直近高値と200MAをしっかり上抜けてきました。6月中旬の高値1.185ドル付近を目指すのかに注目したいと思います。

米中貿易摩擦問題が改善方向に進展した場合、リスクオンの円売りになる可能性は留意しておきたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

7/10
18:00 (独)ZEW景況感調査 7月

7/11
24:35 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

7/12
21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 6月

に注目したいと思います。

今週は特に重要な経済指標発表、イベントは予定されていませんが、米中貿易摩擦に関する予定外の要人発言に要注意ですね。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

7/9(月)の夜は、

特にありません

7/10(火)の夜は、

17:30 (英)貿易収支 5月
17:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 5月
17:30 (英)製造業生産指数 前月比 5月
18:00 (独)ZEW景況感調査 7月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 7月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内最大級の宿・ホテル予約サイト 国内25,000軒の宿をネットで予約OK! 2%ポイント還元! 家族旅行、出張でポイントたまる!

~~~~~~~~~~~~~~~

私の趣味の一つは音楽ですが、夏といえばウクレレです。小さいからどこにでも気軽に持っていくことができますし、コードブックなどがあると車の中でみんなと歌ったりできて楽しいです。
最近、あのギターで有名なギブソンもウクレレを作るといって話題になりましたね。そう、それだけ注目を浴びている楽器なのです。
小さなウクレレはギターよりも簡単で、音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

いとしのエリー



中国製品への米追加関税回避の動きが見られるか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

暑い夏に突入ということで、しばらくの間、少しでも涼しく感じられるように投稿記事のトップ画像は冬のイメージにしたいと思います。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:109.4~110.9円
先週終値:110.7円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.1~129.5円
先週終値:129.3円
4時間足チャート型:強含み

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:143.8~146.3円
先週終値:146.2円
4時間足チャート型:しっかり上昇

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:80.7~82.0円
先週終値:82.0円
4時間足チャート型:強含み

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.153~1.172ドル
先週終値:1.168ドル
4時間足チャート型:V字上昇

となっています。


先週は、トランプ大統領の強硬措置を避ける対応から米中貿易戦争が回避されるとの思惑、欧州連合(EU)首脳会議で各国が移民問題で合意したことなどから、各通貨ペアともに週後半はリスクオンの上昇となりました。

今週のドル円は、保護貿易的な米通商政策への警戒感は継続しており、先週のドル買いが継続する可能性は低く、レンジ内上限のもみ合いとなるか、調整の動きになる可能性が高いと思われます。

中国の知的財産侵害への対抗措置として、7/6から500億ドル相当の中国製品に対して追加関税を賦課する予定となっていますが、期限が迫るなか両国の貿易摩擦緩和に向けた協議が進むのかには注目が集まっているようです。

今週発表される連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨とアメリカ雇用統計でネガティブな内容があった場合、リスクオフの動きには注意が必要です。

チャート的には、4時間足で直近高値付近となっているため、調整の下降があるか、もう少し上の日足直近高値111.4円付近を目指すのかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、保護貿易的な米通商政策への警戒感は継続する中、リスクオンのユーロ買い、円売りが続く可能性は低いと考えられ、もみ合いになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足でレンジ上限付近となっているため、反転下降の動きが見られるかどうかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、英中銀金融政策委員会(MPC)の8月利上げ観測は継続していますが、欧州連合(EU)離脱に関する政治的リスクを払拭できず、伸び悩みになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足でレンジ上限付近となっているため、反転下降の動きが見られるかどうかに注目したいと思います。ユーロ円連動の動きからなかなか抜けないですね。

今週の豪ドル円は、オーストラリアの中国経済への依存が高く、米中貿易戦争への警戒で積極的に買いにくい状況と思われますが、先週は原油先物が大きく上昇しており、資源価格先高の思惑から、米中貿易戦争回避への動きが見られた場合、上昇する可能性があると思われます。

チャート的には、日足レンジ下限のもみ合いから上抜ける動きも感じられるため、このままもみ合いをを抜けて5MAの上昇ラインに乗ることができるかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロドルは、欧州連合(EU)首脳会議で各国が移民問題で合意したことによるユーロ買いは縮小すると考えられます。米ドルとの金利差拡大を想定したユーロ売りが強くなる可能性はあると思われます。

チャート的には、4時間足でレンジ上限に近づいており、反転下降の動きが見られるかどうかに注目したいと思います。

引き続き、貿易摩擦に関する要人発言で急変動が発生するリスクに対してストップは設定したいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

7/2
18:00 (欧)失業率 5月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 6月

7/3
13:30 (豪)準備銀行(中央銀行)政策金利発表

7/5
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 6月

7/6
03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
21:30 (米)雇用統計 6月

に注目したいと思います。

7/4はアメリカが独立記念日で休場です。7/6のアメリカ雇用統計は大注目です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

7/2(月)の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 6月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 6月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 6月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI) 前月比 5月
18:00 (欧)雇用統計 5月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PPI、改定値) 6月
23:00 (米)建設支出 前月比 5月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 6月

7/3(火)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI) 6月
18:00 (欧)小売売上高 前月比 5月
23:00 (米)製造業新規受注 前月比 5月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

リピーターにうれしい10泊で1泊無料 国内&海外ホテル予約なら Hotels.com プランが豊富 セールが豊富

~~~~~~~~~~~~~~~

悠々自適時間は海外でリフレッシュ!

普通のパックツアーじゃつまらない。極上のセレブ気分を味わえるプランに出会えるホームアウェイ。


海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


貿易摩擦の行方が相場を決める – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:109.6~110.8円
先週終値:110.0円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:126.6~128.6円
先週終値:128.2円
4時間足チャート型:V字上昇

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:144.4~146.9円
先週終値:145.9円
4時間足チャート型:V字上昇

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:80.6~82.4円
先週終値:81.8円
4時間足チャート型:V字上昇

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.151~1.167ドル
先週終値:1.166ドル
4時間足チャート型:しっかり上昇

となっています。


先週は、トランプ米大統領が対中報復関税をかける2000億ドル規模の中国製品を特定するよう指示したことで、中国側も反発し、リスクオフの円買い相場となりました。

一方、パウエルFRB議長が「利上げを継続する根拠が強い」と述べて、更なる利上げ示唆をしたこともあり、相場は徐々に戻しました。

しかしながら、22日はまたしてもトランプ米大統領が欧州連合(EU)からの自動車輸入に20%の関税を賦課すると警告したことや、米10年債利回りが伸び悩んだことなどから、再びリスクオフ相場となりました。

ユーロ圏では、ドイツの移民、難民問題をめぐる与党内で対立が表面化したものの、ユーロ圏6月総合PMI速報値の上昇や、イタリアの政治不安はやや緩和されたことなどから、ユーロも米中貿易戦争懸念による下げを戻し、V字上昇となりました。

今週のドル円は、一部報道で米中貿易戦争回避のための協議再開を調整と伝えられていますが、貿易戦争激化懸念は継続しており、FRBの利上げ継続方針にもかかわらず、上値は重いと思われます。しかし、今週発表の経済指標が好調で米株高につながれば、ドルが押し上げられる可能性はありそうです。

チャート的には、4時間足で109.9円付近の200MAがサポートとなっていると感じられ、レンジ上限110.5円付近までの上昇は想定したいと思います。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)の利上げ見通しが来年になる見通しに対して、米連邦準備制度理事会(FRB)は更なる利上げ示唆をしたことによるユーロ売り、ドル買いは継続すると思われるため、その影響を受けて弱含みになる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足で128.5円付近の100MAが抵抗として働いているように思われますので、戻り売りが発生するかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、英中銀金融政策委員会(MPC)の8月利上げ観測が浮上しており、ポンド売りは弱まると考えられますが、欧州連合(EU)離脱に関する政治的リスクを払拭できず、もみ合いになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足で先週末にひっかかった146.5円付近の100MAを再び上抜けることができるかに注目したいと思います。できなければ、ユーロ同様、レンジ内戻り売りの可能性を探りたいです。

今週の豪ドル円は、OPEC総会での生産調整合意後に進展した原油高を受け上昇となっていますが、中国経済への依存も高いため、米中貿易戦争激化懸念の影響も受けやすく、上値が重くなる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足で82.0円付近のボリンジャーバンド上限を超えて、上昇を維持できるのかに注目したいと思います。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)の利上げ見通しが来年になる見通しに対して、米連邦準備制度理事会(FRB)は更なる利上げ示唆をしたことによるユーロ売り、ドル買いは継続すると思われるため、弱含みになる可能性があると思われます。

チャート的には、私がチェックしている通貨ペアの中で唯一、4時間足でしっかり上昇となっていますが、ファンダメンタルズの状況も含めて考えると、100MAや200MAでの戻り売りを想定したいと思います。

アメリカの保護貿易的な通商政策による貿易摩擦報道は、相場全体のリスクオン、リスクオフのキーとなっており、要人発言による急変動には注意したいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

6/25
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 5月

6/27
17:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
21:30 (米)耐久財受注 前月比 5月

6/28
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値) 前期比年率 1-3月期

6/29
16:55 (独)雇用統計 6月
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前年同期比 1-3月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

6/25(月)の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 6月
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 5月

6/26(火)の夜は、

22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 4月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 6月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 6月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

サッカーワールドカップのロシア大会も盛り上がっていますが、みなさんは良い睡眠が取れていますか。

寝不足は判断力が鈍るためトレードにとってよくありません。寝る時間もトレードルールの一つと考えてください。

今日はちょっといい枕で良質な睡眠をとり、トレードの判断力を保つための提案です。眠りの質で人生が変わるといっても過言ではありません。よい人生のために枕に投資するのはありだと思います。



The Pillowは高反発タイプの枕です。横向きでも仰向けでも、頭が浮いているような感覚が得られます。それなりの硬さがあるため寝返りもしやすいです。そのため肩こり予防には向いているのではないでしょうか。高さは3段階に調整できるので好みの高さを探すことができると思います。



既製品では物足りない人は自分だけのオーダー枕を検討してはいかがでしょうか。「まくらる。」はいろいろなオーダー枕を扱っており、比較しやすいサイトです。