ややもみ合いの様子も下降波狙い継続 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:110.1円 終値:109.3円
先週高値:110.7円 安値:109.3円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:122.8円 終値:122.5円
先週高値:123.7円 安値:122.1円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:140.1円 終値:138.9円
先週高値:141.7円 安値:138.5円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:75.9円 終値:75.7円
先週高値:76.4円 安値:75.4円
先週1時間足チャート型:弱い下降基調

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.116ドル 終値:1.121ドル
先週高値:1.121ドル 安値:1.111ドル
先週1時間足チャート型:強含み

となっています。


全体的に下げ目線継続です。

<今週のドル円>

5/21からの戻り売りの勢いが継続しています。しかし週足で見ると下に抜けるにはレジスタンスがありそうなので、反発上昇→下降の波をしっかり見極めていきたいところです。今後、買い転換があるとすると111円付近の窓が閉められて、N字上昇するまで待つ必要があります。月曜日はアメリカ市場が休場です。

<今週のユーロ円>

122.4円付近で強いレジスタンスがあります。反発上昇で123.0円まで戻してくる可能性はあると思います。場合によっては、日足で意識される水平ライン124円台前半までは想定しておきたいと思います。122.0円を下抜ける展開があれば、下降波を確認して売りエントリーしたいと思います。

<今週のポンド円>

基本的には売り継続だと思いますが、先週あったような瞬間的な急上昇には注意が必要です。今のところ少しもみ合いですので、139.5円~140.0円くらいまで上昇して戻り売りとなるのが理想的な展開です。

<今週の豪ドル円>

6週連続陰線で弱い下降基調だったのですが、先々週の安値を抜けることができませんでした。かなりの勢いで下降してもみ合いなっていますので、少し様子を見てもみあいを下抜けるか、一旦仕切りなおし上昇で戻り売りが発生するのを待ちたいと思います。

<今週のユーロドル>

4時間足直近安値付近から反発上昇となっています。短期的には4時間足もみ合いレンジになると想定していますので、レンジ上限1.125ドル付近からの下降転換を期待してウオッチしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

先週に引き続き、今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きを確認して、売り再開の様子が確認できたら、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

5/29
16:55 (独)雇用統計 5月
23:00 (加)カナダ銀行 政策金利

5/30
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 1-3月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・改定値 1-3月期

5/31
10:00 (中)製造業購買担当者景気指数(PMI) 5月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)5月
21:30 (米)個人消費支出(PCEデフレーター)4月

に注目したいと思います。

来日しているトランプ米大統領との首脳会談では、貿易交渉と北朝鮮対応で両国の立場に隔たりがあるため、共同声明の発表は見送られるようです。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

5/27(月)の夜は、特に経済指標発表等は予定されていません。

アメリカがメモリアル・デー、イギリスがスプリング・バンク・ホリデーで休場です。

5/28(火)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 4月
18:00 (欧)経済信頼感 5月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値)5月
22:00 (米)四半期住宅価格指数 1-3月期
22:00 (米)住宅価格指数 3月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 3月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)5月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


米中貿易摩擦の影響で売り継続か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:109.8円 終値:110.0円
先週高値:111.2円 安値:109.0円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:123.3円 終値:122.8円
先週高値:123.4円 安値:122.1円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:142.7円 終値:139.9円
先週高値:142.9円 安値:139.5円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:76.8円 終値:75.6円
先週高値:76.8円 安値:75.3円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:1.123ドル 終値:1.116ドル
先週高値:1.126ドル 安値:1.116ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


ドル円は少し反発していますが、全体的に下げ目線であることは変わっていないと思います。

<今週のドル円>

4時間足で安値を切り上げる動きがあり、反発していますが、戻り売りが狙える状況だと思います。戻り位置は、110.3円付近、110.8円付近、111.1円(5/6の窓閉め)あたりが考えられます。戻り売りが確認できたら、N字エントリー根拠を探りたいと思います。

<今週のユーロ円>

4時間足で安値を切り上げる動きがあります。意識されるラインとしては4時間足下降トレンドライン、4時間足で見られる逆ヘッドアンドショルダーのネックライン123.4円付近、123.6円付近ですので、そのあたりでの戻り売りが発生するかどうかに注目したいと思います。

<今週のポンド円>

この2週間で10日中、日足陰線が9日間あり、5円以上下落しています。特に大きな戻りは無く、もみ合い→下落の繰り返しとなっていますが、現状ではまだ下げ止まり感はありません。しかし、週足で意識される水平ラインあたりに来ており、過去に何度と無く反発が発生している価格帯なので、警戒しつつ、短期での売りを狙っていきたいところです。

<今週の豪ドル円>

5週連続陰線でこちらも約5円下落しています。もはや週足レベルではサポートされそうなラインは見つからず、月足で見て74.3円付近でしょうか。4時間足では少し戻す動きになっていますが、現状の流れが継続すると、75.75円付近での抵抗があると思われますので、戻り売りタイミングがつかめたら、売り参戦したいと思います。

<今週のユーロドル>

4時間足で4月下旬から続いていた三角保ち合い上昇のサポートラインを割ってきています。このまま1.11ドル付近まで下降するか、一旦1.12ドル付近まで反発して戻り売りが発生するかに注目したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きを確認して、売り再開の様子が確認できたら、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

5/20
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)1-3月期

5/21
08:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

5/22
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)4月

5/23
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
15:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)1-3月期
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
23:00 (米)新築住宅販売件数 4月

5/24
17:30 (英)小売売上高 4月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

5/20(月)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前、季調済)3月

5/21(火)の夜は、

17:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)5月
23:00 (米)中古住宅販売件数 4月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

私は趣味でウクレレを弾きます。小さいからどこにでも気軽に持っていくことができますし、コードブックなどがあると渋滞に巻き込まれた車の中でもみんなと歌ったりできて楽しいです。これからのシーズンでは大活躍です。

小さなウクレレはギターよりも簡単で、音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

いとしのエリー



4時間足戻り売りの動きに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:110.6円 終値:110.0円
先週高値:111.0円 安値:109.5円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:123.7円 終値:123.5円
先週高値:124.3円 安値:122.5円
先週1時間足チャート型:下降戻り

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:145.6円 終値:143.0円
先週高値:146.0円 安値:142.2円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:77.2円 終値:77.0円
先週高値:78.0円 安値:76.3円
先週1時間足チャート型:下降戻り

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.118ドル 終値:1.123ドル
先週高値:1.125ドル 安値:1.117ドル
先週1時間足チャート型:強含み

となっています。


3週間ぶりの週相場見通しとなりますが、全体的に売り目線がはっきりしてきたように感じられます。

<今週のドル円>

110.8円付近の日足で意識される水平ラインを下抜けてきています。先週末終値ではかろうじて日足ダブルトップのボトムラインから小反発していますが、110.8円まで戻せずに、売られて安値更新となると日足でも下降トレンド入りとなりそうです。

<今週のユーロ円>

日足で直近安値更新となっています。下ヒゲの反発が見られて、先週金曜日は陽線となっていますが、戻り売りが強くなれば、ついて行きたいところです。4時間足下降トレンドライン付近、節目124.0円から124.25円くらいでもみ合ってから下降してくるような逆三尊くずれの動きを期待したいです。

<今週のポンド円>

日足で直近安値更新となっています。4時間足25MAから乖離したことによる戻り上昇の動きになっていますが、144.0円付近まで戻すか、もう少し上の145.0円付近まで戻すのか、しっかりチェックしていきたいと思います。

<今週の豪ドル円>

久しぶりの80円台から4週連続陰線で77.0円も割り込んできました。現在、4時間足25MAに抑えられる形で下降してきていますので、この状態が継続するかどうかを見極めたいですね。一旦上抜けた場合は、日足で意識される78.0円付近の水平ラインの攻防に注目したいと思います。

<今週のユーロドル>

4時間足で安値は切り上がっていますが、上値は1.125ドル付近で抑えられる三角持ち合い上昇の形になっています。1.125ドルをしっかり上抜け、N字上昇となるのか、再び1.118ドルまで下降して、もみ合いとなるのかに注目したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足の動きを確認して、戻り売りの様子が確認できたら、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。ユーロドルはロング(買い)エントリーの可能性もありそうです。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。日足で意識される水平ラインに上ヒゲで反発して下降してきたら中期ポジションを仕込んでみたいでね。

米中貿易摩擦の行方が相場を左右しそうです。

今週発表の経済指標、イベントでは、

5/15
15:00 (独)国内総生産(GDP、速報値)1-3月期
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)1-3月期
21:30 (米)小売売上高 4月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

5/13(月)の夜は、特に発表予定はありません。

5/14(火)の夜は、

17:30 (英)雇用統計 4月
18:00 (欧)鉱工業生産 3月
18:00 (独)ZEW景況感調査 5月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 5月
21:30 (米)輸入物価指数 4月
21:30 (米)輸出物価指数 4月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

~~~~~~~~~~~~~~~

ゴールデンウィークはゆっくり過ごされましたか。今年は10連休ということもあって交通の混雑も少し分散化されたようです。
家でのんびりされた方は、夏こそ令和最初の旅行計画を立てられてはいかがでしょうか。

精神的にリラックスして、ゆとりを持つことに投資することは、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。