もみ合いレンジ内の位置とローソク足勢いを確認 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:111.8~113.9円
先週終値:112.2円
4時間足チャート型:下降基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:129.2~131.2円
先週終値:129.7円
4時間足チャート型:下降もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
週取引:147.2~149.5円
先週終値:147.6円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:79.0~80.6円
先週終値:79.9円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.143~1.161ドル
先週終値:1.156ドル
4時間足チャート型:上昇もみ合い

となっています。


先週は月曜に大きな下降があったので全体的に下がった印象ですが、すべての通貨ペアで週足、日足、4時間足のはっきりとしたトレンドはなくなったという状況です。1時間足まで下げてみると、ドル円で下降トレンド、ユーロ円で弱い下降トレンド、ユーロドルで弱い上昇トレンドですね。

<今週のドル円>
日足では下げ止まった感はありませんが、踊り場という感じです。112.7円付近にある日足75MAがサポートして効くかに確認したいと思います。また4時間足では、下り勾配となっている25MAに上値を抑えられている様子です。今週は25MAにぶつかる可能性が高いので、どのような反応になるか注目したいと思います。
先週影響の大きかった長期金利と株価の行方も気になります。

<今週のユーロ円>
日足では、ボリンジャーバンド下限付近、100MA付近でもみ合いとなっています。4時間足では、先週金曜日に25MAを一度上抜けたのですが、下側に引き戻されました。再び、25MAを上抜けてきた場合、さらに130.5円を超えてくると反転上昇の可能性もあると思います。25MAを抜け切れずに下落し、直近安値を更新するような展開になると128.0円付近が視野に入ってきます。

<今週のポンド円>
日足上限付近のもみ合いレンジ(147.0~149.5円)が続いています。4時間足ではボリンジャーバンド下限から反転上昇が見られますので、レンジ内の上昇に乗るタイミングをつかみたいですね。EU離脱に関しての要人発言による急変動には引き続き警戒が必要だと思います。

<今週の豪ドル円>
週足、日足で緩やかな下げ基調はあるものの、4時間足ではもみ合いレンジとなっており、現在は、レンジ下限付近です。4時間足25MAが下向き勾配から水平になりつつあり、さらに上向き勾配に転じれば、レンジ上限の82.4円付近まで反転上昇してくる可能性はあると思います。米中貿易摩擦関連の影響を受けやすいと思いますので、そちらのニュースに対する動きも気をつけたいと思います。

<今週のユーロドル>
日足では安値を切り上げ、4時間足では25MAを底堅く上抜けてきました。先週金曜日の後半は下げましたが、25MAで反転上昇してくるかに注目したいと思います。先週の高値(1.161ドル)を更新してくる展開になれば、レンジ上限の1.180ドル付近を目指す可能性があります。

今週の5分足、15分足のトレードは、1時間足、4時間足のレンジを確認して、レンジ上限、下限からの反転狙い(ロング(買い)&ショート(売り))。
4時間足、日足でもチャンスがあればポンド円、豪ドル円、ユーロドルのロングを攻めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

10/15
21:30 (米)小売売上高 9月

10/16
17:30 (英)雇用統計 9月
18:00 (独)ZEW景況感調査 10月

10/17
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)9月

10/18
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
09:30 (豪)雇用統計 9月
17:30 (英)小売売上高 9月

10/19
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP)7-9月期
23:00 (米)中古住宅販売件数 9月

に注目したいと思います。
トランプ大統領によるFRB批判がある中、FOMC議事録の内容でどのような動きになるでしょうか。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

10/15(月)の夜は、

21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 10月
21:30 (米)小売売上高 9月
23:00 (米)企業在庫 8月

の経済指標発表、イベントが予定されています。
米小売売上高は重要経済指標です。月曜日ですがお忘れのないように。

10/16(火)の夜は、

17:30 (英)雇用統計 9月
18:00 (欧)貿易収支 8月
18:00 (独)ZEW景況感調査 10月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 10月
22:15 (米)鉱工業生産 9月
22:15 (米)設備稼働率 9月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内最大級の宿・ホテル予約サイト 国内25,000軒の宿をネットで予約OK! 2%ポイント還元! 家族旅行、出張でポイントたまる!

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


各通貨ペアともにもみ合いからやや下げか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:113.5~114.5円
先週終値:113.7円
4時間足チャート型:逆V字下降

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:130.6~132.4円
先週終値:131.0円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
週取引:147.2~149.4円
先週終値:149.1円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:80.0~82.5円
先週終値:80.2円
4時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.146~1.162ドル
先週終値:1.155ドル
4時間足チャート型:下降もみ合い

となっています。


ドル円は2017年11月の週足直近高値付近のレジスタンスラインにかかり反落しています。クロス円も先々週まであった4時間足の上昇トレンドも無くなり、日足レンジ上限付近でポンド円はもみ合い、ユーロ円、豪ドル円は反転下降が感じられます。ユーロドルはドルの一服で、4時間足での下降基調が落ち着いています。

<今週のドル円>
トレンドの継続している4時間足で25MAを下抜けましたが、まだもみ合いレンジの中になります。114.5円付近の抵抗はそれなりに強いと思われますので、先週と同じレンジ(113.5~114.5円)でのもみ合いが続きそうに感じます。114.5円を上抜けた場合、次は2017年3月の115円前半あたりが目標となるかもしれません。

<今週のユーロ円>
4時間足で下降する25MAに押えつけられているように感じられます。130.7円付近に日足25MAがあり、9月10日は反発上昇しましたが、今回はどうなるでしょうか。日足25MAを下抜けた場合は、日足直近安値127.9円付近まで下げる可能性もあると思います。

<今週のポンド円>
日足上限付近のもみ合いレンジ(147.0~149.5円)が続くように思われます。EU離脱に関してはイギリス内部での対立があるようで、EU側からも含めて要人発言による急変動には引き続き警戒が必要だと思います。

<今週の豪ドル円>
10/2に欧州市場でリスクオフが進んだところから、もみ合いレンジを下抜けて先週は下降基調でした。日足、4時間足をみてもまだ下降勢いがそれほど衰えているようには見えないので、9月10日頃の安値78.8円を目指す可能性もあると思います。

<今週のユーロドル>
先々週からの下降もやや弱まった感がありますが、現在、4時間足25MA付近で来ていますので、上抜けて戻りが先行するのか、反落して再び下げ基調に戻るのかを見極める必要があると思います。現状では、金利差が大きくなっていますので長期的に見ると下げる方向に動きやすいと感じます。

今週の5分足、15分足のトレードは、1時間足、4時間足のレンジを確認して、レンジ上限、下限からの反転狙い(ロング(買い)&ショート(売り))。
4時間足、日足でもチャンスがあればユーロ円、豪ドル円、ユーロドルのショートで攻めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

10/11
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)9月

10/12
21:30 (米)輸入物価指数 9月
21:30 (米)輸出物価指数 9月

に注目したいと思います。今週は少なめです。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

10/8(月)の夜は、

特に経済指標発表、イベントは予定されていません。

10/9(火)の夜は、

特に経済指標発表、イベントは予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

少し涼しくなりましたが、みなさんは良い睡眠が取れていますか。

寝不足は判断力が鈍るためトレードにとってよくありません。寝る時間もトレードルールの一つと考えてください。

今日はちょっといい枕で良質な睡眠をとり、トレードの判断力を保つための提案です。

眠りの質で人生が変わるといっても過言ではありません。よい人生のために枕に投資するのはありだと思います。



The Pillowは高反発タイプの枕です。横向きでも仰向けでも、頭が浮いているような感覚が得られます。それなりの硬さがあるため寝返りもしやすいです。そのため肩こり予防には向いているのではないでしょうか。高さは3段階に調整できるので好みの高さを探すことができると思います。



既製品では物足りない人は自分だけのオーダー枕を検討してはいかがでしょうか。「まくらる。」はいろいろなオーダー枕を扱っており、比較しやすいサイトです。

ドル円は上昇継続、クロス円は反転下降あるか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:112.4~113.7円
先週終値:113.7円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:131.2~133.1円
先週終値:131.9円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
週取引:146.9~149.1円
先週終値:148.1円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:81.3~82.5円
先週終値:82.1円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.157~1.181ドル
先週終値:1.161ドル
4時間足チャート型:弱含み

となっています。


ドル円は年初来高値を更新して上昇基調となっています。ユーロ円、ポンド円は4時間足で上昇トレンドですが、日足レンジ上限付近です。豪ドル円も4時間足で上昇トレンドですが、9/20頃からもみ合い継続となっています。ユーロドルはドルの強さもあり、4時間足で弱含みとなっています。

<今週のドル円>
日足直近高値を更新し、4時間足でも上昇の強さを感じられます。週足レンジ上限114.5円を目指す可能性があると思います。押し目は拾っていきたい感じですね。週末の大注目経済指標、雇用統計には注意したいと思います。

<今週のユーロ円>
4時間足での上昇トレンドラインを維持していますが、日足レンジ上限付近のもみ合いとなっており、上値が重い感じです。ユーロドルは弱含みとなっているため、その影響も受ける可能性があると思われます。日足25MAや上昇トレンドラインがある130.5円付近までの調整は想定しておきたいです。

<今週のポンド円>
4時間足での上昇トレンドラインを維持していますが、日足200MA、日足レンジ上限付近のもみ合いとなっており、上値が重い感じです。先週の安値146.9円付近までの調整は考えられ、そこを割り込むとトレンド転換の可能性もでてきます。引き続き、EU離脱関連の要人発言による急変動には注意したいと思います。

<今週の豪ドル円>
米中貿易摩擦の影響が高そうなオーストラリア経済ですが、豪ドル円は9月月足陽線となりました。先週は日足100MA付近でもみ合いが続き、上値は重い感じです。現在、日足、4時間足のボリンジャーバンド(期間20)の2σからの反転下降も感じられるので、チャンスがあれば売りで攻めたい感じです。

<今週のユーロドル>
先々週の強含みから一転して先週は弱含みとなりました。ドルの強さはまだ続きそうな気配ですので、今週は更に下げてくる可能性が高いように思われます。4時間足で直近安値の1.1525ドル付近を下抜けてくると、1.13ドル前半を目指す展開があるかもしれません。

今週の5分足、15分足のトレードは、ドル円で押し目を確認してのロング(買い)、その他通貨ペアでは下降勢い根拠の順張りショート(売り)を中心に狙っていきたいと思います。4時間足、日足でもチャンスがあればユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのショートで攻めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

10/2
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
25:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

10/3
21:15 (米)ADP雇用統計 9月

10/5
21:30 (米)雇用統計 9月

に注目したいと思います。金曜のアメリカ雇用統計は最重要指標ですよ。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

10/1(月)の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 9月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 9月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 9月
17:30 (英)消費者信用残高 8月
17:30 (英)マネーサプライM4 8月
18:00 (欧)雇用統計 8月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 9月
23:00 (米)建設支出 8月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 9月

10/2(火)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI) 9月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI)8月
25:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

紅葉シーズンが迫ってきました。

朝早くから車で紅葉を見に行くのも良いですが、たまにはゆっくり泊まって宿の窓から見える渓流、紅葉、温泉を楽しみたいものです。

精神的にリラックスして、ゆとりを持つことに投資することは、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。


日足レンジ上限の動きに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:111.3~112.9円
先週終値:112.6円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:130.1~133.1円
先週終値:132.3円
4時間足チャート型:上昇基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
週取引:146.3~149.7円
先週終値:147.2円
4時間足チャート型:逆V字下降

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:79.8~82.4円
先週終値:82.0円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:1.162~1.180ドル
先週終値:1.175ドル
4時間足チャート型:強含み

となっています。


各通貨ペアともに4時間足で直近高値を更新するなどリスクオンの上昇が継続となっています。しかし週末にイギリスの合意なきEU離脱警戒感から、ポンドが大幅に売られ、相場全体のの上昇傾向に水を差した感じです。各通貨ペアともに日足レンジ上限付近に来ていることを考えると、この上昇傾向が続くのか、反転下降に向かうのかは今週相場の見極めが必要だと思います。

<今週のドル円>
先週末は少し下げて終えたものの4時間足ではしっかりとした上昇基調となっており、25MAの上で推移しています。高値を切り下げる動きが見られるまでは上昇が継続する可能性が高いように思われます。反転上昇が感じられたら、素直に上昇トレンドに乗っていきたいと思います。日足の直近高値113.1円付近での抵抗は想定しておきたいです。

<今週のユーロ円>
4時間足では上昇基調となっており、25MAの上で推移しています。ここ最近、ポンドの動きに影響を受けることが大きかったのですが、先週末はポンド爆下げに対して、大きな下げとはならず、4時間足上昇トレンドをキープしました。イギリスのEU離脱に向けて連動が弱まっていくのかもしれません。4時間足は上昇トレンドなのでドル円同様についていきたいところですが、まだ日足レンジを完全には上抜けていないところが気になります。

<今週のポンド円>
先週末のメイ首相の発言により、合意なきEU離脱への警戒感は一気に高まり大きく下げています。4時間足で25MAと直近安値の下抜けは気になるところです。急激な下げで1時間足でも25MAから下にかなり乖離しているため、自律反発上昇が見られる可能性もあると思いますが、上昇すれば戻り売りの可能性が出てきます。ポンドらしい大きなもみ合いには気をつけたいです。

<今週の豪ドル円>
私がチェックしているクロス円の中では一番上昇する力が弱いと感じていましたが、意外にも上昇基調となっています。しかし、日足下降トレンドライン付近に来ており、反転下降も考えられます。現状の米中貿易摩擦状況を考えると、積極的には買いにくく、売りチャンスがあれば狙ってみたい感じです。

<今週のユーロドル>
4時間足では強含みとなっており、25MAの上で推移しています。ユーロ円同様に上昇を期待したいところですが、日足1.175ドル付近の抵抗が気になります。今週のFOMCでのドル利上げは織込み済みと考えますが、想定以上にタカ派の声明となった場合は、反転下降の注意が必要だと思います。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足25MAとの位置関係を確認しながら、25MAより上の上昇勢いは順張りロング(買い)、25MAより下の下降勢いは順張りショート(売り)を狙っていきたいと思います。日足でもチャンスがあればユーロ円、ポンド円、豪ドル円のショートで攻めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

9/24
22:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

9/26
23:00 (米)新築住宅販売件数 8月

9/27
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値) 4-6月期

9/28
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)4-6月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

9/24(月)の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 9月
22:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

9/25(火)の夜は、

22:00 (米)住宅価格指数 7月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 7月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 9月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)9月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内最大級の宿・ホテル予約サイト 国内25,000軒の宿をネットで予約OK! 2%ポイント還元! 家族旅行、出張でポイントたまる!

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんはどのような環境でトレードされていますか。最近はスマートフォンでもなんら問題なくトレードできますが、トレードの最中に電話やメール、LINE通知が来るのは困りますよね。

トレードする機器は単独のパソコンか、タブレットにするのがよいと思います。ある程度大きな画面の方が、トレード根拠の判断もしやすいです。タブレットはWiFiモデルもいいですが、LTEモデルで格安SIMが使えるものを選ぶと使用場所を選ばず便利です。

私は格安SIMで通信の安定性に定評があるIIJmioを使っていました。1ヶ月3GBあれば仕事が終わった後のトレードに十分使えます。それで月々900円なら助かりますね。

IIJmio

格安SIMはドコモ回線を使用するものと、au回線を使用するものがあります。新たにタブレットを購入する余裕がなく、機種変更などして使っていないスマートフォンが余っている場合は、それをトレード専用にして格安SIMを契約するのもよいと思います。

ドコモで契約していたスマートフォンならドコモ回線の格安SIM、auで契約していたスマートフォンならau回線の格安SIMが使える可能性が高いと思いますので一度確認してみると良いでしょう。au回線なら古めの端末でも対応するマイネオが良いと思います。最近、ソフトバンク回線対応のSIMも出てきて、6ヶ月間333円のキャンペーン価格も魅力的ですね。

私はIPAD2017のauLTE版(中古白ロム購入)でマイネオSIMを使用しています。使い勝手は良好です。