重要イベント待ちで小さな動き – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

週明けは窓明けの下降となり、新型肺炎感染拡大を懸念したリスクオフ継続です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、窓明けからのもみ合いレンジから抜けきれていません。レンジ抜けとN字形成を待ちたいと思います。

ユーロ円は、窓に隙間を残したまま、高値と安値を切り下げる様子が見られますが、まだ方向感はでていません。

ポンド円は、4時間足で意識される142.5円を下抜け、141.0円を目指す展開になっています。141.0円に近づいたら、急反発は警戒しておきたいと思います。

豪ドル円は、窓を全く閉められず、4時間足直近安値更新しています。反発上昇後の戻り売り狙いで注目したいと思います。

ユーロドルは、かなり弱って1.10ドル付近まで落ちてきました。1.10ドルの攻防で短期の反発上昇となるかに注目したいと思います。

1/30木曜早朝のFOMCおよび夜の重要指標発表まで大きな動きになりにくそうなので、エントリー根拠が確認できたら細かく狙ってみたいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

1/29(水)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
24:00 (米)住宅販売保留指数 12月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
28:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

1/30(木)の夜は、

17:55 (独)失業率 1月
19:00 (欧)経済信頼感 1月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)1月
19:00 (欧)失業率 12月
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:00 (英)英中銀イングランド銀行 四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
21:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)1月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
22:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 10-12月期
22:30 (米)四半期コアPCE・速報値 10-12月期
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

1/31(金)の夜は、

18:30 (英)消費者信用残高 12月
18:30 (英)マネーサプライM4 12月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)10-12月期
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、速報値)1月
22:30 (米)四半期雇用コスト指数 前期比 10-12月期
22:30 (米)個人所得 12月
22:30 (米)個人消費支出(PCE/デフレーター)12月
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 1月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 1月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、1/24の金曜日公表された1/21取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。円は2週連続で1万枚以上の売り越しとなっています。

円/ドル
買い 50,596 (+876)
売り 95,297 (+14,147)

ユーロ/ドル
買い 168,216 (+4,335)
売り 215,235 (+3,172)

ポンド/ドル
買い 64,256 (-4,560)
売り 39,334 (+2,050)

豪ドル/ドル
買い 42,359 (-1,410)
売り 61,660 (-2,658)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

MT4サインツール(インディケータ)のサンプルプログラム
– 基本プログラムを少しだけアレンジ

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


新型肺炎感染拡大によるリスクオフ継続か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円、ユーロドルの全てが陰線でした。

中国発の新型のコロナウイルスによる肺炎の感染拡大の懸念をネタにリスクオフとなっています。感染拡大が急速に進んでいるため、この傾向はまだ続くかもしれません。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:110.1円 終値:109.3円
先週高値:110.2円 安値:109.2円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:121.1円 終値:120.5円
先週高値:122.4円 安値:120.4円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:143.0円 終値:143.3円
先週高値:144.6円 安値:142.7円
先週1時間足チャート型:逆V字下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:75.6円 終値:74.6円
先週高値:75.9円 安値:74.4円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:1.109ドル 終値:1.103ドル
先週高値:1.112ドル 安値:1.102ドル
先週1時間足チャート型:弱含み

となっています。


<今週のドル円>

日足高値更新の勢いは続かず、約1円の押しが発生してます。戻り反発もありましたが、4時間足で意識される水平ライン109.65円で抑えられ戻り売りとなりました。先週は109.2円で踏みとどまりましたが、そこを下抜けると108.5円付近まで調整となる可能性があると思います。日足の目線を分けるラインは108.5円、注目水平ラインは109.65円、109.2円です。

<今週のユーロ円>

4時間足レンジの動きが継続しています。現状のレンジ下限は120.2円付近ですが、そこをしっかり下抜けてくると下目線の流れにつながる可能性があると思います。レンジ継続となるかに注目です。日足の目線を分けるラインは121.13円、注目水平ラインは121.37円、120.2円です。

<今週のポンド円>

4時間足で意識される水平ライン144.5円の力が強く、戻り売りになりました。142.5円付近までに反発上昇した場合は、143.5円をしっかりと上抜けることができるかに注目です。142.5円を強くした抜けた場合、141.0円近くまで調整となる可能性があると思います。日足の目線を分けるラインは141.0円、注目水平ラインは143.5円、142.5円です。

<今週の豪ドル円>

日足~4時間足で確認できるヘッドアンドショルダーでネックラインの74.85円を下抜けました。74.85~75.0円までの反発があって戻り売りとなった場合、74.0円付近までの下値探り、さらには下抜けも想定しておきたいです。上があるとすると75.25円をN字上抜けでしょうか。日足の目線を分けるラインは74.0円、注目水平ラインは75.25円、74.85円です。

<今週のユーロドル>

日足~4時間足で確認できるヘッドアンドショルダーでネックラインの1.1075ドルをしっかり下抜けて、下目線領域に入ってきました。1.10ドルはなかなか堅そうなラインなので反発はすると思いますが、1.1065~1.1075ドル付近で戻り売りとなるとショートは狙いやすくなるように思います。日足の目線を分けるラインは1.1075ドル、注目水平ラインは1.100ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ショート(売り)

ユーロドル・・・ショート(売り)

で直近高値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ユーロドルのショートを狙ってみたいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

1/30
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
04:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期

1/31
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)10-12月期
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)1月

に注目したいと思います。

木曜に重要指標、イベントが集中しています。

1/27(月)の夜は、

18:00 (独)IFO企業景況感指数 1月
24:00 (米)新築住宅販売件数 12月

1/28(火)の夜は、

22:30 (米)耐久財受注 12月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 11月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)1月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 1月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

酵素パワーのもちもち玄米ごはんで健康アップ


もみ合いレンジから抜け待ち – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

まだもみ合いレンジが続いている感じですね。1時間足の方向性が見えてから攻めていきたいところです。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、110.0円を挟んでの攻防です。1時間足レンジのどちらかに抜けてくるまで待ちたいと思います。

ユーロ円は、122.0円下抜けから反発上昇したのですが、4時間足25MAをしっかり上抜けることはできず戻されています。さらに安値更新が進むと121.0円くらいまでの調整を想定したいと思います。

ポンド円は、1時間足のもみ合いレンジから一旦上抜けてきたのですが、144.0円を手前に押しが強くなりました。143.3円くらいで反発上昇の動きが確認できたら、N字エントリーのポイントを探りたいと思います。

豪ドル円は、4時間足25MAが下降に転じました。1時間足でも高値、安値が連続的に切り下がっています。タイミングを見て売りエントリーでしょうか。

ユーロドルは、4時間足直近安値を更新してきました。少し戻りましたが、1.115ドルをしっかりと上抜けてくるには何か材料がいるかもしれません。

注目したいニュースとしては、好調な欧州経済指標でECBの見解などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

1/22(水)の夜は、

16:40 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)住宅価格指数 11月
24:00 (加)カナダ銀行 政策金利
24:00 (米)中古住宅販売件数 12月

1/23(木)の夜は、

21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 12月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)1月

1/24(金)の夜は、

17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 1月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、1/17の金曜日公表された1/14取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。円は2万枚近い売り越し、ユーロ、ポンドは1万枚以上の買い越しとなり、少し大きめの動きになっています。

円/ドル
買い 49,720 (+1,874)
売り 81,150 (+21,056)

ユーロ/ドル
買い 163,881 (-932)
売り 212,063 (-14,414)

ポンド/ドル
買い 68,816 (+1,413)
売り 37,284 (-13,609)

豪ドル/ドル
買い 43,769 (-8,294)
売り 64,318 (-14,994)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

MT4サインツール(インディケータ)の基本プログラム
– 自分でサインツールを作ってみよう

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼