先週急上昇からの調整押し? – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:109.5円 終値:109.5円
先週高値:109.7円 安値:108.5円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:124.9円 終値:125.4円
先週高値:125.7円 安値:124.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:144.4円 終値:143.2円
先週高値:144.7円 安値:142.0円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:78.6円 終値:79.4円
先週高値:79.6円 安値:78.0円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.140ドル 終値:1.145ドル
先週高値:1.151ドル 安値:1.139ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週はドル円、ユーロ円、ユーロドルでもみ合いですが、波は大きかったです。ポンド円は、EU離脱修正案議会採決の結果で下降基調、豪ドル円は米中通商会議進展の報道、鉄鉱石価格が急騰などの影響で上昇基調となっています。

<今週のドル円>
米経済見通し改善で上昇していますが、かなり急激な上昇であったこと、4時間足ではレンジ内ということもあり、上昇勢いは抑えられる可能性が高いと思われます。もみ合いになる可能性も高いですが、下振れリスクは少ないように感じます。

<今週のユーロ円>
4時間足トレンドラインはやや上昇ですが、先週末の上昇でチャネルライン上限付近です。調整の押しが入る可能性が高いですが、下値を切り上げる動きになれば、高値を更新することも考えられます。ユーロ圏経済は減速傾向ですが、米中通商協議の進展、FRBの利上げ休止示唆により、ユーロ売りリスクは低くなっているように思われます。

<今週のポンド円>
年初暴落からの上昇が一段落し、日足200MAに抑えられて、高値を切り下げています。メイ英首相はEU離脱合意案の修正についてEUと協議することを検討してますが、再交渉は難しいと見られおり、先行き不透明となっています。目先は4時間足直近安値142.0円付近を目指す展開になる可能性があります。

<今週の豪ドル円>
日足で25MAを完全に上抜けて上昇となっていますが、先週末の上昇でチャネルライン上限付近です。調整の押しが入る可能性がありますが、4時間足25MAの78.8円付近でサポートされれば、上昇が継続する可能性もあると思います。

<今週のユーロドル>
日足、4時間足で三角保ち合いの様子が見られ、1.140ドル付近に収束しそうな感じです。収束してももみ合いが継続するのではないでしょうか。ユーロ圏経済は減速傾向でそれなりの売り圧力はあると思いますが、米中通商協議の進展、FRBの利上げ休止示唆により、下値は限定的と思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、レンジ、トレンドライン下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ポンド円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/5
12:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)1月

2/6
22:30 (米)貿易収支 11月

2/7
09:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/4(月)の夜は、

18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)1月
19:00 (欧)生産者物価指数(PPI)12月
24:00 (米)製造業新規受注 11月

2/5(火)の夜は、

17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI)1月
19:00 (欧)小売売上高 12月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)1月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

~~~~~~~~~~~~~~~

私は趣味でウクレレを弾きます。小さいからどこにでも気軽に持っていくことができますし、コードブックなどがあると渋滞に巻き込まれた車の中でもみんなと歌ったりできて楽しいです。

小さなウクレレはギターよりも簡単で、音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

いとしのエリー



米雇用統計良好でリスクオン発生 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は重要なイベント、経済指標発表の影響もあり、大きな波が発生しました。イギリスのEU離脱修正案決議ではポンド円が荒れ、FOMC声明で利上げを休止する可能性が示唆されてドル円が下がり、金曜日は米雇用統計や米ISM製造業景況指数で市場予測を上回り、米経済見通しが改善されたことを受けて各通貨ペアともにリスクオンで上昇しました。

ファンダメンタル面では、他に米中通商協議の進展が伝えられたことも気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は2/1ポンド円の5分足で米雇用統計が予想を大きく上回ったことにより、市場全体がリスクオンとなり、その上昇に合わせて順張りで買いエントリーするトレードとなります。

その日は相場の方向性があまり感じらせず、もみ合いレンジとなっていたため、レンジ内反転の動きを探っていたのですが、米雇用統計の発表後、市場全体に強気な動きが感じられましたので注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、23:20頃、直近高値ともみ合いレンジ上限を上抜けてくる動きが見られたため、買いエントリーしました。(チャート内、○の部分)

エントリー後は、勢いがつきました。ポンド円は一度勢いがつくと本当に力強い動きになることが多いですが、30分も経たないうちに40pipsほど上昇し、レンジ上限まで来てしまいましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)
午前0時にも重要な米ISM製造業景況指数の発表も控えていたためちょっと警戒したこともありますが、結局はISMもよかったので続伸しましたね。

今回のような相場全体がリスクオンになった時は、他の通貨ペアの動きも合わせて確認することにより、どこまでついて行くかを判断しやすくなると思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4自動売買 2018年1~12月 もしも両建てで利確と損切りの差を狙ったら

英EU離脱延期要請案否決でポンド急落 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

各通貨ペアはポンド円を除きほぼレンジです。今朝方、イギリス議会でEU離脱に関する複数の修正案が採決され、合意なき離脱の拒否を盛り込んだ案が賛成318、反対310の僅差で可決されたものの、EU離脱延期を要請する案は否決され、合意なき離脱への懸念からポンド円は142円台まで急落しています。今週は明日の朝方にFOMC政策金利発表、パウエルFRB議長定例記者会見、米雇用統計も控えているので急変動には注意が必要ですね。

注目したいニュースとしては、米中通商協議、FOMC、イギリスEU離脱の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

1/30(水)の夜は、

18:30 (英)消費者信用残高 12月
18:30 (英)マネーサプライM4 12月
19:00 (欧)経済信頼感 1月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)1月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)1月
22:15 (米)ADP雇用統計 1月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
22:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 10-12月期
22:30 (米)四半期コアPCE・速報値 10-12月期
24:00 (米)住宅販売保留指数 12月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
28:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

1/31(木)の夜は、

17:55 (独)雇用統計 1月
19:00 (欧)雇用統計 12月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)10-12月期
21:30 (米)チャレンジャー人員削減数 1月
22:30 (米)四半期雇用コスト指数 10-12月期
22:30 (米)個人所得 12月
22:30 (米)個人消費支出(PCE)12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 1月

2/1(金)の夜は、

17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)1月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)1月
22:30 (米)雇用統計 1月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
24:00 (米)建設支出 12月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 1月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 1月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

昨年12/21の金曜日公表された12/18取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。古い情報ですみません。
トランプ米大統領の公約であるメキシコ国境の「壁」建設をめぐる与野党対立で、昨年12/22より連邦政府機関が閉鎖されていました。2/15までの期限付き暫定予算案に署名して、閉鎖解除されたと思うのですが、データ元のアメリカの米商品先物取引委員会のサイトはまだシャットダウン案内のままで更新されていません。

円/ドル
買い 26,957 (+1,462)
売り 129,728 (+6,627)

ユーロ/ドル
買い 147,654 (+1,572)
売り 200,778 (-1,591)

ポンド/ドル
買い 29,162 (-18,487)
売り 89,885 (-183)

豪ドル/ドル
買い 17,970 (+3,450)
売り 53,039 (-7,012)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

MT4自動売買 2018年1月~12月 もしも同じ時間に買い続けたら