トランプ政権がFRBの金融政策決定に影響を与えるか?- トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週取引:111.4~113.2円
先週終値:111.4円
4時間足チャート型:しっかり下降

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:130.5~132.0円
先週終値:130.6円
4時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:146.0~149.3円
先週終値:146.3円
4時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:82.2~83.9円
先週終値:82.7円
4時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.157~1.174ドル
先週終値:1.172ドル
4時間足チャート型:V字上昇
となっています。


先週はドル円が113.0円を突破しましたが、トランプ米大統領がインタビューでドル高や金利上昇を懸念する発言したことなどで、急激なリスクオフとなり、111円台半ばまで下げたことにより、しっかり下降となりました。クロス円もリスクオフ相場の影響で下降基調となり、ユーロドルはV字上昇となりました。

今週のドル円は、トランプ米大統領がドル高や金利上昇を懸念していることから、上値は重くなる可能性があると思われます。

連邦準備制度理事会(FRB)は独立機関であり、FOMCが大統領の意見を考慮するとは考えにくいと思いますが、トランプ政権がFRBの金融政策決定に何らかの影響を及ぼすとの見方もあるようです。他国を為替操作していると非難している人が、自ら操作するとは考えにくいですが、ラジオインタビューで経済成長に楽観的な見解を示したパウエル議長の次の発言に注目したいと思います。

また引き続き、米中貿易摩擦に関する中国の動き、7/27発表の四半期実質国内総生産(GDP、速報値)も意識しておきたいと思います。

チャート的には、4時間足でも下げ止まり感は出ていませんので、下値を探る展開が想定されます。反発するなら111.0円が有力ですが、111.0円を下抜けるような展開になると、一気に110円台前半まで下落する可能性を想定しておきたいと思います。

今週のユーロ円は、今週開催のECB理事会で利上げを早める必要性について議論されなかった場合、ユーロは売られやすい状況になり、相場全体のリスクオフの流れにより、下降基調が継続する可能性があると思われます。

チャート的には、132.0円付近にある日足200MAで反転下降となっており、129円台まで調整する可能性を想定しておきたいと思います。

今週のポンド円は、先週発表の経済指標が低調であったこと、トランプ米大統領がドル高や米利上げを懸念していることを発端としたリスクオフ相場の影響で、下降基調が継続する可能性があると思われます。

チャート的には、先々週まで続いた力強い上昇が日足200MA近くで反転下降となり、先週末では25MA付近となっています。更に下がるとレンジ下限の144円台前半までの下げは想定しておきたいと思います。

今週の豪ドル円は、7/25発表の四半期消費者物価指数が注目されますが、予想を上回るような結果であれば、買いが強くなることは考えられます。しかし、トランプ米大統領がドル高や米利上げを懸念していることを発端としたリスクオフ相場の影響で上値は重く、もみ合いになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、先週の4時間足で100MA、200MAに対して、長い下ヒゲが出ており、底堅さが感じられますが、25MAの勾配は下向きになってきており、レンジ相場の継続状況から、日足レンジ下限の81円台前半までの下降は想定しておきたいと思います。

今週のユーロドルは、トランプ米大統領の新たな発言、FRBに関する報道などで、ドルが更に売られる展開になると、強含みになることも考えられますが、今週開催のECB理事会で利上げを早める必要性について議論されなかった場合は、ユーロも売られやすい状況になり、もみ合いになる可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足でレンジ上限まで来ており、トレンドラインから見ても、レンジ内反転下降を想定しておきたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

7/25
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 6月

7/26
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値) 前期比
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)耐久財受注 前月比 6月

7/27
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値) 前期比年率 4-6月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

7/23(月)の夜は、

23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 7月
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 6月

7/24(火)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 7月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 7月
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 5月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 7月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 7月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 7月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 7月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんは、自分でお料理されることがありますか。

私は週末、積極的にお料理しています。もちろん後片付けまで(笑)

今日はお料理も最高! 後片付けも最高!のフライパンのご紹介です。

テレビショッピングでも紹介されているのでご存知の方も多いと思いますが、このフライパンはすごいです。

すでに3年以上使っているのですが、まったく焦げ付きません。安いものでもコーティングが効いている最初のうちは問題ないのですが、1年もすると怪しくなってきます。

JIS規格でフライパンの耐久試験があり、塗膜面の温度を200℃に維持して、フライ返しを想定したステンレス板で3000回こするそうですが、このフレーバーストーンのフライパンは、50万回の試験に耐えられるそうです。そりゃ丈夫なはずですね。

見た目もきれい、油要らずでヘルシー、焦げ付かないので後片付けも楽チン、このフレーバーストーン「ソテーパン」で作ったオムレツは最高で家族の評判も高いです。



種類としては、

目玉焼きやパンケーキなどを手軽に作れる「ソテーパン」

チャーハンや酢豚などの炒め物をこぼさず調理できる「ディープパン」

カレーやシチューなどの大容量の煮込み料理もお任せの「キャセロールパン」

などがあります。

使って気持ちがよく、お料理の好きな方へ間違いなくおすすめです。

youtu.be/jBNW7Rk_Mls ・・・松崎しげるのテレビCM 笑えます!

放物線状5MAは下落期待が大きい – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週はドル円が113.0円を突破し、113.16円付近まで買われましたが、その後はダウ平均安や米10年債利回りの低下で失速しました。

更には、19日深夜にトランプ米大統領がCNBCとのインタビューで「金利の引き上げに必ずしも同意しない」、「高い金利は米国にとり不利になる」、「強いドルは米国に不利」と発言したことを受けて、急激なリスクオフとなり、112.0円付近まで下げました。

また、20日もトランプ米大統領が「中国や欧州連合(EU)が通貨を人為的に操作している」、「より強いドルは米国の競争力を取り除く」との意見を述べたことなどで、ドルは更に売られ、日銀がらみの報道もあり、111円半ばまで下落しました。

クロス円もリスクオフ相場の影響で大きく下げ、ユーロドルは急上昇となりましたね。

いつもながらトランプ大統領発言の威力には感心しますが、急激な動きが多くなると、私のような短時間のデイトレーダーはエントリーのタイミングが見極めにくくてつらいです。

今週のベストトレード根拠は7/17ポンド円となります。

その日のポンド円はレンジもみ合いとなっており、エントリーの可能性は低いと思っていたのですが、カーニー英中銀総裁が潜在的な欧州連合(EU)離脱リスクについて発言したため、ポンドが急落しました。一旦下げ止まったものの、戻りは弱く、少し横ばいとなりましたので注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:15頃から、移動平均線5MAが下がり始め、放物線状の5MAの下側に、ローソク足が張り付く形となりました。
このように徐々に勾配がきつくなる5MAに沿うと、その後、急落する可能性が高いので、チャートをガン見してしまいます。21:30頃、安値更新となりましたが、若干の戻りが感じられましたので、少しだけ待ち、21:35頃、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、きれいな放物線状の5MAに沿って、さらに下げ勾配となり、期待通り大きく下げてくれました。

そして、21:55頃、強めの陰線が2本続いた後、反発の陽線が直前の陰線の半分まで来たところで、決済としました。(チャート内□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

ドル円は7ヶ月ぶりの113円台目前 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週明けのドルはもみ合いとなっていましたが、昨日夕刻くらいから、先週のラジオインタビューで経済成長に楽観的な見解を示したパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の議会発言を控えて、上昇となりました。発言では「最近のインフレは心強い」、「経済に対する全体的なリスクは概ねバランスがとれている」などと述べ、ドル円は正月以来7ヶ月ぶりのの113円台目前まで上昇しています。

ユーロ円は先週からの上昇基調が継続しています。ポンド円はカーニー英中銀(BOE)総裁が、潜在的な欧州連合(EU)離脱リスクに言及したことで弱含みとなっています。豪ドル円はもみ合い、ユーロドルはドルの上昇勢いから弱含みとなっています。

米中貿易摩擦への警戒感は続いていますが、追加関税の影響を受けやすいのは、アメリカではなく、中国との見方があるようです。また、7/16に発表された中国の国内総生産(GDP)は前回より0.1%成長が鈍化して、2年ぶり低水準となりました。中国が譲歩する形で、米中協議が再開する可能性はあるのでしょうか。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

7/18(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 6月
17:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 6月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 6月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比
18:00 (欧)建設支出 前月比 5月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 6月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 6月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

7/19(木)の夜は、

17:30 (英)小売売上高指数 前月比 6月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 7月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 7月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 6月

7/20(金)の夜は、

17:00 (欧)経常収支 5月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された7/10取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。
ややマニアックですが、たまに気にしています。

円/ドル
買い 60,563 (+10,573)
売り 100,395 (+11,675)

ユーロ/ドル
買い 179,401 (-9,604)
売り 155,044 (+2,786)

ポンド/ドル
買い 32,043 (-11,732)
売り 72,446 (-110)

豪ドル/ドル
買い 30,112 (-4,949)
売り 71,085 (-3,206)



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識
– 用語を覚えてブログの理解を深めよう

ドル円は直近高値上抜けで上昇トレンド継続か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週取引:110.3~112.8円
先週終値:112.4円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:129.7~131.5円
先週終値:131.3円
4時間足チャート型:上昇基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:146.1~148.9円
先週終値:148.7円
4時間足チャート型:上昇基調

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:82.0~83.6円
先週終値:83.4円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.161~1.179ドル
先週終値:1.167ドル
4時間足チャート型:下降基調

となっています。


先週は、米中貿易摩擦のよる経済減速への警戒感はあるものの、米株高が背景なのか、リスクオンの円売り傾向が続き、各通貨は対円で上昇基調となっています。7/11朝方に米トランプ政権が「追加で2000億ドル相当の中国製品に10%の関税課す」と発表し、中国も対抗措置を表明したことで、一時的にドル売り、円買いが強くなりましたが、4時間足25MA付近で反発すると再び上昇となりました。

今週のドル円は、米株高、経済指標の好結果、年4回の利上げへの期待から、底堅い動きになる可能性が高いと思われます。トランプ政権の中国による知的財産権侵害に対する追加制裁発動は9月とみられるため、通商交渉時間が残されていることから、先週同様、一時的な押しは発生しても下降トレンド転換にはならないように感じます。しかし、7/16発表の中国GDP結果および市場の反応についてはウォッチしたいと思います。

チャート的には、4時間足で押しが見られるため、112.0円付近までの調整は想定したいと思いますが、反発すれば113円超えを目指す展開を期待したいと思います。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁が先週の欧州議会証言で、来年夏までは金利が据え置かれる見通しを示したことで、金利先高を期待するユーロ買いは弱くなると思われますが、相場全体のリスクオンが継続すれば、上昇基調が継続する可能性があると思われます。

チャート的には、4時間足の上昇は勢いを保っていますが、132.0円付近に日足200MAがあり、そこを上抜けることができるのか、レンジ内反転下降となってしまうのかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、EU離脱をめぐる政権内の対立で複数の閣僚が辞任しましたが、訪英したトランプ大統領がメイ首相政策方針を支持することが確認されたため、政局不安に対する警戒感は落ち着いており、今週発表のイギリス雇用統計、消費者物価指数が良好であれば、8月利上げ観測が高まるとともに、底堅い動きになる可能性が高いと思われます。

チャート的には、4時間足で力強い上昇となっており、150.0円を越えると、週足レンジ上限の153.5円付近を目指すことを期待したいと思います。

今週の豪ドル円は、米中貿易戦争への警戒感で売られやすくなっていますが、米ドルが対円で上昇が進むようであれば、その影響で、もみ合いからやや弱含みとなる可能性が高いと思われます。

チャート的には、日足のレンジ相場が続いており、相場全体のリスクオンがもう少し続いたとしても、84.0円付近からの反転下降を想定しておきたいと思います。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁が先週の欧州議会証言で、来年夏までは金利が据え置かれる見通しを示したことに対し、ドルは利上げペース加速期待が高まっており、弱含みとなる可能性が高いと思われます。

チャート的には、日足25MAが緩やかな下降となっていますが、直近のサポートラインとなっている1.152ドル付近を下抜けるかどうかに、注目したいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

7/16
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP) 前年同期比 4-6月期
21:30 (米)小売売上高 前月比 6月

7/17
17:30 (英)雇用統計 6月

7/18
17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 6月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

7/16(月)の夜は、

18:00 (欧)貿易収支 5月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 7月
21:30 (米)小売売上高 前月比 6月
23:00 (米)企業在庫 前月比 5月

7/17(火)の夜は、

17:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
17:30 (英)雇用統計 6月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 6月
22:15 (米)設備稼働率 6月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 7月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

7/16の米小売売上高は要注目指標ですよ。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

~~~~~~~~~~~~~~~

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



夏バテ気味の方、食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?