損切りドテンは福の神? – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、ドル円、豪ドル円がレンジながら安値を更新する展開、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルは下降基調という展開、さらに週末金曜日はリスクオフが一気に進み、どうなるかと思いましたが、深夜にはそれなりに反発上昇しました。

ファンダメンタル面では、米中貿易摩擦の長期化による米企業の業績悪化懸念、欧州中央銀行(ECB)が利上げ開始時期を先送りする可能性、英国内政治的分裂で合意なきEU離脱の可能性の報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は10/26ドル円で勢い重視の短期トレードとなります。

ドル円は1時間足でレンジ下限付近から上昇の気配を見せていましたので注目していました。しかし、米GDP速報値という重要経済指標発表があったため、その結果を見てからのエントリー判断です。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:30の米GDP速報値発表時間の後、上昇の気配が感じられましたので、買いエントリーしました。(チャート内○の部分)

しかしながら、200MA手前でローソク足の勢いはなくなり、反転下降です。サポートと考えていた25MAでの反発を期待したのですが、22:15頃、残念ながら勢いよく下抜けてしまったので損切りとしました。

継続して他の通貨ペアの動きも合わせて確認していると、ドル円同様に弱気な動きとなっており、22:30頃、NYダウ平均が大幅に下げて始まったのを確認しましたので、112.0円を下抜けてきたタイミングでドテン売りエントリーしました。(チャート内△の部分)

再エントリー後は、もみ合う場面もありましたが、NYダウ平均も続落傾向が続いていましたので、リスクオフ相場は持続すると考え、ポジションキープです。そして、私がトレード終了時刻としている0時を回り、ドル円としては比較的大きな利幅がとれましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

週末のため、ポジションの持ち越しは考えませんでしたが、決済後はNYダウ平均も少し持ち直し、ドル円も急速に反発上昇したようで冷や汗。運がよかっただけですね。「利食いドデンは愚の骨頂。損切りドテンは福の神。」という相場格言があります。今回の場合は、たいした損切りではないので、格言にはあてはまりませんが、福の神に助けられたと思っておきます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

ローソク足の読み方
– テクニカルの王道で勝率アップ

4時間足25MA攻防は売り方やや優勢か – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

4時間足25MAの攻防では売り方(ベア)がやや優勢で各通貨ペアともにローソク足は25MAの下側に来ています。今週だけで見ると、全体的にリスクオフ相場で下降もみ合い~下降戻りです。しかし、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロドルは4時間足、1時間足のレンジ下限付近で、反発上昇の動きも見られます。ポンド円だけちょっと元気ないですね。4時間足で見ても、高値切り下げ、安値更新が続いています。火曜日もニュースで瞬間的に急上昇しましたが、すぐに打ち消されました。

まだレンジ傾向は続くと感じます。4時間足、1時間足でレンジのどの辺りにきているのか確認して、エントリー根拠を明確にしていきたいと思います。

注目したいニュースとしては、引き続き、アメリカ長期金利、米中貿易摩擦、イギリスEU離脱などです。明日25日夜のドラギECB総裁定例記者会見、26日金曜夜の米GDP速報値は要注意です。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/24(水)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
17:00 (欧)マネーサプライM3 9月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:00 (米)住宅価格指数 8月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
23:00 (米)新築住宅販売件数 9月

10/25(木)の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 10月
20:00 (トルコ)トルコ中銀、政策金利
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)耐久財受注 9月
23:00 (米)住宅販売保留指数 9月

10/26(金)の夜は、

21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)7-9月期
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 10月
23:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された10/16取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 30,096 (-16,938)
売り 130,717 (-31,518)

ユーロ/ドル
買い 140,817 (-21,498)
売り 170,161 (-8,296)

ポンド/ドル
買い 32,153 (+1,967)
売り 82,506 (-8,187)

豪ドル/ドル
買い 19,849 (-5,747)
売り 91,340 (-7,540)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

4時間足25MAの攻防に注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:111.6~112.7円
先週終値:112.5円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:128.3~130.3円
先週終値:129.6円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
週取引:145.8~148.4円
先週終値:147.0円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:79.5~80.5円
先週終値:80.1円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.143~1.162ドル
先週終値:1.152ドル
4時間足チャート型:下降もみ合い

となっています。


先週は各通貨ペアともにほぼもみ合い継続でした。18日木曜夜に米株価下落、アメリカとサウジアラビアの緊張懸念を背景にリスクオフとなり、少し大きな下げとなりましたが、その後は回復して下げ幅を取り戻しています。

<今週のドル円>
114円を突破したあとの調整下降が落ち着きを見せ、4時間足では25MAが上昇勾配に転じ、ローソク足が25MAの上側で推移しています。徐々に回復上昇してくる可能性がありますが、サウジアラビアとの緊張もあり急変動には気をつけたいと思います。26日には四半期GDP速報値があり、その結果がよかった場合、12月利上げに向けたドル買いが強くなるかもしれません。

<今週のユーロ円>
18日木曜日の下落を回復する上昇は力強かったものの、まだ下落前のもみ合いレンジを上抜けているわけではありません。戻り売りが発生するのか、もみ合いレンジを上抜けてくるのかに注目したいと思います。4時間足の25MAはまだ若干下向きです、戻り売りとなった場合は、127円台が視野に入りますが、まだしばらくはもみ合い継続となる気がします。

<今週のポンド円>
ユーロ円の動きとよく似ていますが、先週は日足上限付近のもみ合いレンジ(147.0~149.5円)から下に抜けました。週末にはギリ147円台を回復しましたが、147.25円付近の4時間足25MAを超えることができるのか、戻り売りとなるのかに注目したいと思います。EU離脱の合意有無はまだ不透明であり、要人発言による急変動には引き続き警戒が必要だと思います。

<今週の豪ドル円>
レンジ継続ですが、4時間足では25MAの勾配が上昇に転じました。米中貿易摩擦は続いているものの、米財務省が中国の為替操作国認定を見送ったことによって米中関係のさらなる悪化は回避されるとの見方が出ており、豪ドル売りの圧力は若干弱まる可能性があると思います。回復基調がキープできれば、レンジ上限の82.4円付近まで反転上昇してくる可能性はあると思います。

<今週のユーロドル>
先週は4時間足25MAを上抜けたのに、再び下抜けて25MAは下向き勾配になっています。先週末に強い上昇があったものの、25MAがレジスタンスとなるの様子もありますので、抜けられないとなると戻り売りにあう可能性があると思います。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足25MAの攻防を確認して、レンジ上限、下限からの反転狙い(ロング(買い)&ショート(売り))。
4時間足、日足でもチャンスがあればドル円、豪ドル円のロング、ユーロドルのショートを攻めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

10/25
20:00 (トルコ)トルコ中銀、政策金利
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

10/26
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)7-9月期

に注目したいと思います。
トルコ政策金利は先月が予想と異なる結果だったこともあり、ユーロへの影響が大きかったので念のため。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

10/22(月)の夜は、
経済指標発表、イベントが特に予定されていません。

10/23(火)の夜は、

23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 10月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 10月
24:20 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

~~~~~~~~~~~~~~~

私は趣味でウクレレを弾きます。小さいからどこにでも気軽に持っていくことができますし、コードブックなどがあると渋滞に巻き込まれた車の中でもみんなと歌ったりできて楽しいです。

小さなウクレレはギターよりも簡単で、音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

いとしのエリー



ポンド円1時間足の高値切り下げに着目 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、各通貨ペアともにほぼレンジ相場が続いていますが、ドル円、豪ドル円の1時間足100MAがやや上向きなのに対して、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルは下向きです。

ファンダメンタル面では、アメリカとサウジアラビアの関係悪化、米財務省が中国の為替操作国認定を見送り、EU離脱でイギリスがアイルランド国境問題で譲歩する可能性の報道が気になるニュースでした。イギリスが合意離脱に前向きなのは好感が持てます。

今週のベストトレード根拠は10/18ポンド円で勢い重視の短期トレードとなります。

ポンド円が今月8日ごろから高値を切り下げてきていることに着目していました。その日は、夕方頃から147.75円のレジスタンスラインを上抜けることができず、もみ合いレンジも下にシフトしてきたのでエントリーチャンス待ちです。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、23:00頃、ローソク足が勢いを持って25MAから下放たれ、もみ合いレンジを下抜けてきたタイミングで、売りエントリーしました。(チャート内○の部分)

レンジに戻ってしまった場合、25MAをしっかり上抜けで損切りです。

エントリー後は、少し反発上昇も見られましたが、25MAがレンジスタンスとなり、5MAに沿って思惑通り下降してくれました。そして、私がトレード終了時刻としている0時を回り、下降勢いも衰えてきましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

しかし、先週の反省として、一部のポジションをもう少しキープするチャレンジをしてみました。それなりの勢いを持っての下降でしたので、ポジションの3/4のみ決済とし、1/4は利確指値を146.25円、損切逆指値を147.15円(それでもギリ利益確保)として就寝することにしました。

翌朝、確認してみると、利益確定! 利益を欲張ったので可能性は低いと思っていたのですが、145円台まで下がったようです。さすが勢いのポンド。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4サインツール(インディケータ)の基本プログラム
– 自分でサインツールを作ってみよう NEW!