欧州ネガティブ情報によるリスクオフ注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:109.5円 終値:109.7円
先週高値:110.2円 安値:109.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:125.4円 終値:124.3円
先週高値:125.9円 安値:124.2円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:143.0円 終値:142.0円
先週高値:144.2円 安値:141.1円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:79.3円 終値:77.8円
先週高値:79.8円 安値:77.4円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.145ドル 終値:1.132ドル
先週高値:1.146ドル 安値:1.132ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


先週はドル円が110円の抵抗がしっかり超えられずもみ合い、ユーロ円、ユーロドルは下降基調、ポンド円、豪ドル円が下降もみ合いですが、4時間足以上では、特にトレンドは出ていません。まだ4時間足~日足レンジ継続です。

<今週のドル円>
米中貿易摩擦の改善期待が後退していますが、ユーロ圏経済の減速やイギリスの合意なきEU離脱への警戒感もあり、ドル円は先週と同レンジでもみ合い継続する可能性が高いと思われます。

<今週のユーロ円>
日足では4連続陰線となっていますが、レンジ下限域にきていますので、多少の反発も想定されます。しかし、2/14のドイツ、ユーロ圏GDP四半期速報値が予想を下回ったり、2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、下降基調再開で、レンジ下抜けの可能性も考えられます。

<今週のポンド円>
4時間足で1月下旬からの緩やかな下降と高値切り下げが継続しています。2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、急変動の可能性は留意しておきたいと思います。140.0円が重要な水平ラインと考えられますので、ここで踏ん張れるか、下抜けてしまうとかなり下げる展開も想定されます。

<今週の豪ドル円>
ロウ豪準備銀行総裁の金利見通し発言で急激な下げとなりましたが、先週後半は少し落ち着きました。しかし、戻りは弱く、レンジ下限付近となっています。米中貿易摩擦の改善期待が後退していることもあり、上値は重くなることが考えられ、2/15の中国消費者物価指数が予想よりも悪い場合、更なる下値を探る展開も考えられます。

<今週のユーロドル>
日足、4時間足の三角保ち合いは下側に抜けました。しかし、レンジ継続で下限域ですので、多少の反発も想定されます。2/14のドイツ、ユーロ圏GDP四半期速報値が予想を下回ったり、2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、下降基調再開で、レンジ下抜けの可能性も考えられます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、レンジ、トレンドライン下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ポンド円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/11
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)10-12月期

2/13
18:30 (英)消費者物価指数(CPI)1月
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)1月

2/14
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
16:00 (独)国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)10-12月期
22:30 (米)小売売上高 12月

2/15
10:30 (中)消費者物価指数(CPI)1月
23:15 (米)鉱工業生産 1月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/11(月)の夜は、

18:30 (英)月次国内総生産(GDP)12月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
18:30 (英)貿易収支 12月
18:30 (英)鉱工業生産指数 12月
18:30 (英)製造業生産指数 12月

2/12(火)の夜は、

22:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
26:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


レンジ上限での高値切り下げ波に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週はドル円が110円手前でのもみ合いが継続する中、ユーロ円、ユーロドルはユーロ圏経済の減速懸念で下降基調、ポンド円は、EU離脱の先行き不透明から売られたものの、カーニーBOE総裁の発言がきっかけで急上昇が入ったりで、相変わらず変動が大きかったです。豪ドル円もロウRBA総裁の発言で一気に下落するなど、中央銀行総裁発言の威力が感じられました。

ファンダメンタル面では、米中通商協議の進展期待が後退、二度目の米朝会談を2月下旬実施なども気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は2/8ポンド円の1時間足レンジ上限から反転下降する動きを捉えて売りエントリーするトレードとなります。

今週の相場なら、ユーロの下降をしっかりとらえたかったところですが、なぜか夜のトレード時間帯では上昇やもみ合いが多く難しかったです。

その日は各通貨ペアともに1時間足ではレンジの様子で、これといった狙い目は見えていなかったのですが、チャートサーフィンしていた時に、ポンド円がレンジ上限で高値切り下げの動きになっていることが確認できたので注目していました。今週からPCモニターを増設して、同時に複数のチャートを見やすくしたのがよかったです。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
自作インジケーター「Kihei_HighLowKoushin_Indicator」(MT4サインツール(インディケータ)のサンプルプログラム参照)の水平ラインを消し忘れました。見にくくてすみません。

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、23:00頃、切り下げた高値からの下降で、小反発した陽線がすぐに抑えられ、続く陰線の下降勢いが出ましたので、5MAを下抜けてきたタイミングで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

エントリー後は、小反発は発生するものの、ローソク足が5MAの下側に沿う理想的な形になりました。そして、200MAを下抜けたところで、さらに下降勢いがつき、1時間足レンジ下限付近で節目の142.0円まで下がったところで、決済としました。(チャート内、□の部分)

上位足の動きも合わせて確認し、今回のようなレンジ上限からの高値切り下げの波を見つけるとができてよかったです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

ローソク足の読み方
– テクニカルの王道で勝率アップ

リスクオン終了でレンジ~下降調整 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

月曜日はリスクオンの流れが継続しましたが、ドル円が110.0円を少し超えたところで頭打ちとなり、リスクオンも落ち着きました。110円の壁は厚そうです。ユーロ円はもみ合い、ポンド円はEU離脱の不透明感と経済悪化懸念から弱含み、豪ドル円は豪準備銀行理事会で国内経済指標の改善に対する期待が示されたことで一時的に買いが強くなりましたが、その後は弱含み、ユーロドルは下降基調の様子です。

注目したいニュースとしては、トランプ米大統領の国境の壁建設問題対応、イギリスEU離脱の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

2/6(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)四半期単位労働コスト・速報値 10-12月期
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・速報値 10-12月期
22:30 (米)貿易収支 11月

2/7(木)の夜は、

21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:00 (英)英中銀四半期毎報告(インフレリポート)
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

が予定されています。

2/8(金)の夜は、特に予定されていません。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

2/1の金曜日公表された昨年12/24取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。古い情報ですみません。
昨年12/22より連邦政府機関が閉鎖されていた影響で情報更新が止まっていましたが、再開されたと思ったら1週間分しか更新されていません。

円/ドル
買い 33,281 (+6,324)
売り 132,370 (+2,642)

ユーロ/ドル
買い 139,059 (-8,595)
売り 197,514 (-3,264)

ポンド/ドル
買い 35,076 (+5,914)
売り 91,555 (+1,670)

豪ドル/ドル
買い 22,653 (+4,683)
売り 53,914 (+875)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ