シリア攻撃の地政学的リスクの影響 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は4/12木曜日のドル円5分足チャートです。ニュースによる急な変動に警戒しつつ、比較的動きが穏やかなドル円のトレード公開が2連続となりました。

4/12は夕刻にトランプ米大統領が「シリア攻撃時期は、ごく近いかもしれないし、まったくそうでないかも」とツイートし、ロシア大統領府も「シリアに関する米とのホットラインは双方が使用中」と表明したことで地政学的リスクが緩和し、ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円は上昇となりましたので注目していました。

ドル円5分足チャート
赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

21:30に発表されたアメリカ新規失業保険申請件数、輸出入物価指数の無事通過を確認し、6連続陽線で直近高値を上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は下がるも、移動平均線15MA(15分足5MA)、25MAのサポートを受ける形で上昇しました。そして、4/10の高値107.4円付近で上昇勢いが無くなり、長めの上ヒゲが付いた3連続陰線で5MAを下抜けましたので決済としました。(チャート内□の部分)

チャートを見ることができた20時過ぎでは、上昇一服の感じでもみ合いとなっていました。あせってエントリーすることなく、もみ合いレンジから再び動き出すのを待ったこと、長い時間チャートで抵抗となりそうな直近の高値を確認してエントリーできたよいトレードだったと思います。

本日午前中にトランプ米大統領はシリア攻撃を命令し、英仏軍とともに作戦を実行したようです。これに対してロシアは怒っています。地政学的リスクは再び高まっていますので、来週の相場も荒れそうですね。このような地合いではポジションを持つこと自体のリスクが高くなります。無理はせず、細かく損切り、利益確定することを心がけたいと思います。


 

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

おすすめ FX本
– トレードの必読本、バイブルを紹介

シリア情勢緊迫化でドルが重い – トレンドですか?レンジですか?

ヨットハーバー

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

アメリカのトランプ大統領がシリア空爆の可能性をロシアに警告したことにより、地政学的リスクが上昇し、リスクオフのドル売りにつながっているようです。中国との貿易摩擦でもそうですが、好戦的な発言で市場が振り回されている感じがしますね。

ダウ平均は下落、10年国債は低下、WTI原油先物は上昇、主要国通貨は対ドルで強含みになっています。ユーロドルの上昇は、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁がユーロ圏のインフレ上昇に確信を持った発言をしたことも要因となっているようです。

経済指標では4/11に発表されたアメリカ3月消費者物価指数が前年比で予想通り、2月比で予想を若干下回る結果でした。

1時間足チャートでは、ドル円がレンジ、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円が上昇一服、ユーロドルが上昇基調となっています。15分足ではユーロドルが上昇基調ですが、他の通過ペアは軟調な展開です。

本日4/12の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 2月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 3月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

明日4/13の夜は、

18:00 (欧)貿易収支 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 速報値 4月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

チャート型の分類とエントリー
– チャートパターンを見極めよう

ロット調整でリスクコントロール – ベストトレード根拠

悠々自適時間-風景

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は4/10火曜日のドル円5分足チャートです。昨日は20:30頃、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が「ECBは今年資産購入を終了するだろう」との発言により、ユーロが急伸しました。またトランプ大統領がシリア対応のため、南米訪問をキャンセルするなど、地政学リスクも高まっていました。大きな経済指標発表は無かったため、チャートの動きとしては、動意に乏しい状況でしたが、レンジ反転なら狙えると考え、エントリーチャンスを待ちました。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、21:50頃、ボリンジャーバンド上限付近から3連続陰線で移動平均線5MAを下抜けましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

状況からみて利幅の期待値は10pips程度でしたが、なんらかの要人発言、アメリカの対シリア軍事行動などでリスクオフとなることも妄想しました。各移動平均線がほぼ水平でお互いに近い状態で、レンジであることが明確であったことも根拠となりますね。

エントリー後は少し反発もありましたが、連続陽線が出ることも無く、レンジ下限に向けて下がってくれました。そして、200MAあたりで30分程度もみ合いになりましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

ベストといえるトレードではありませんでしたが、小さなリスクで小さなチャンスという感じでしたので、ロット数は少しだけ多めにしてトレードしてみました。想定リスクが小さいと判断できれば、資金管理上、無理の無い範囲でロット数を増やすことは問題ないと思います。まあ、ポンド円でロットを増やすことはありませんが、、、

米中貿易摩擦問題は解決に時間がかかるであろうとの要人発言もありましたが、水面下で確実に交渉が進んでいるようです。市場は警戒感が和らぎ、ダウ平均は大幅上昇、クロス円も堅調な動きとなっています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日4/11夜は、

17:30 (英)貿易収支 2月
17:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 2月
17:30 (英)製造業生産指数 前月比 2月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 3月

04/12早朝
03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事録

が予定されています。


 

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

ローソク足の読み方
– テクニカルの王道で勝率アップ

米高官発言、報道に一喜一憂 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週末から週明けにかけて、アメリカのムニューシン財務相、クドロー国家経済会議委員長などの発言で米中貿易戦争への懸念が後退し、ダウ平均は反発してスタートしました。それに伴い、まずユーロ、ポンドが強含みとなり、オーストラリアドル円も堅調となりました。しかし、連邦捜査局(FBI)がトランプ大統領の顧問弁護士事務所を強制捜査すると報道されるとダウ平均は下落し、ドル円は弱含み、クロス円も上げ幅を消しています。

このような貿易戦争の懸念と後退、ニュースによる変動は、ここ2、3週間で多くなっているような気がします。今後もトランプ大統領をはじめ、要人発言、ニュースには注意が必要ですね。

本日4/10の夜は、

21:30 (米)生産者物価指数(PPI) 前月比 3月
23:00 (米)卸売在庫 前月比 2月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

米中貿易摩擦拡大への懸念続くか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:105.7~107.5円
先週終値:106.9円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:130.0~131.6円
先週終値:131.3円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:148.4~151.2円
先週終値:150.7円
4時間足チャート型:上昇基調

<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↑
先週取引:80.8~82.6円
先週終値:82.1円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:1.221~1.234ドル
先週終値:1.228ドル
4時間足チャート型:下降基調

となっています。

先週は、中国が対応措置としてアメリカ製品128品目に最大25%の関税を上乗せする措置の発動を発表したことにより米中貿易戦争懸念が再燃し、株価、原油先物が軟調になり、アメリカISM製造業景況指数が予想を下回ったこともあり、急激なリスクオフとなりました。その後、ロス米商務長官などが最終的には交渉で解決するとの見方を示したことからリスク選好的なドル買いも見られました。しかし、またしても、トランプ大統領が中国の報復に対して1000億ドルの追加制裁関税の検討を指示し、貿易戦争は若干市場に痛みを与えることを指摘し、さらにはムニューシン財務長官が潜在的な貿易戦争のリスクについて発言したことから、ダウ平均は大幅安となり、ドル円も下落しました。クロス円も米中貿易摩擦の影響を受ける動きとなりました。

今週のドル円は、中国との貿易摩擦拡大への懸念が続くと思われるため、もみ合いになると思われます。先週末のトランプ大統領による追加制裁の検討指示で、市場の反応は鈍かったのですが、結局のところリスクオフとなりました。要人の関連発言などは引き続き注意が必要です。チャート的には、まだ4時間足でかろうじて上昇基調となっていますが、25MAを下抜けてしまうのか、あるいは反発上昇して先週の高値を越えることができるのかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、米中貿易摩擦をにらんだリスク選好的なユーロ買いは先週末に収束しているように見えます。しかし、対ドルでユーロが買われた場合は、ユーロ円も上昇となる可能性があると思います。欧州中央銀行(ECB)当局者によるユーロ高へのけん制には注意が必要だと思います。
チャート的には、4時間足でレンジ上限付近のもみ合いとなっており、もうしばらくはもみ合い継続となるか、もみ合いレンジを下抜ければ、130円台半ばまでの調整はありそうです。

今週のポンド円は、引き続き米中貿易摩擦の影響は受けやすく、対ドルでポンドが買われた場合は、ポンド円も上昇となる可能性があると思います。しかし英主要な経済指標は低調だったことから、5月利上げ期待は低下しつつあるようで、上昇は限定的になる可能性もありそうです。
チャート的には、4時間足で直近高値を越えてきているのですが、日足でレンジ上限、100MAの抵抗が感じられます。

今週のオーストラリアドル円は、引き続き米中貿易摩擦の影響を受けやすく、原油など資源先物価格が弱含みであると、いっそう買われにくい状況で弱含みになる可能性があると思います。しかし、先週の豪準備銀行(中央銀行)声明で「賃金の伸び率は最低の水準を脱し、いずれ加速する」との見解を示したことで、米中貿易摩擦収束の糸口が見つかれば、底堅い動きになる可能性もあると思います。
チャート的には、4時間足で200MAが上昇の抵抗となっているようです。日足のトレンドラインはまだ強い下落となっており、しばらくはもみ合いが続きそうです。

今週のユーロドルは、アメリカの保護貿易的な通商政策によるアメリカ経済への影響懸念から、ドルが軟調になる可能性により底堅い動きになると思われます。しかし、欧州中央銀行(ECB)当局者によるユーロ高へのけん制は継続しており、積極的なユーロ買いにはなりにくそうです。
チャート的には、日足でレンジ下限での反発が見られます。しかし、このところの週足で上ヒゲが長めですので、高値つかみには注意したいです。

引き続き、予定外の要人発言には注意が必要です。チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/11(水)
21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 3月
4/12(木)
03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事録
4/13(金)
09:00 (中)貿易収支 3月

に注目したいと思います。今月のアメリカ小売売上高は4/16(月)です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日4/9夜は、特に経済指標発表は予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんは、自分でお料理されることがありますか。

私は週末、積極的にお料理しています。もちろん後片付けまで(笑)

今日はお料理も最高! 後片付けも最高!のフライパンのご紹介です。

テレビショッピングでも紹介されているのでご存知の方も多いと思いますが、このフライパンはすごいです。

すでに3年以上使っているのですが、まったく焦げ付きません。安いものでもコーティングが効いている最初のうちは問題ないのですが、1年もすると怪しくなってきます。

JIS規格でフライパンの耐久試験があり、塗膜面の温度を200℃に維持して、フライ返しを想定したステンレス板で3000回こするそうですが、このフレーバーストーンのフライパンは、50万回の試験に耐えられるそうです。そりゃ丈夫なはずですね。

見た目もきれい、油要らずでヘルシー、焦げ付かないので後片付けも楽チン、このフレーバーストーン「ソテーパン」で作ったオムレツは最高で家族の評判も高いです。



種類としては、

目玉焼きやパンケーキなどを手軽に作れる「ソテーパン」

チャーハンや酢豚などの炒め物をこぼさず調理できる「ディープパン」

カレーやシチューなどの大容量の煮込み料理もお任せの「キャセロールパン」

などがあります。

いかがでしょうか。

松崎しげるのテレビCM 笑えます!