反発上昇高値圏でややもみ合い – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は、週明けで窓明けの上昇となりました。

ドル円、ユーロ円は大きな波ではありませんが、1時間レンジ高値圏で高値更新が見られます。

ポンド円は、押しが見られましたが、1時間足で高値、安値切り上げの上昇基調となっています。

豪ドル円は、週明けの動きに元気がありませんが、1時間足レンジ内のキープです。

ユーロドルは、波が小さくなってきていますが、1時間足で上昇基調ですね。

5月末までの下げから反発上昇していますが、持続的な反発となるかどうかはもう少し見極めが必要です。波の動きをしっかり確認すれば、5分足、15分足の短期足では、買い(ロング)、売り(ショート)どちらでもいけそうです。

注目したいニュースとしては、米利下げ観測、G20で米中首脳会談実現に向けての動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/12(水)の夜は、

17:15 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)消費者物価指数(CPI、コア指数)5月

6/13(木)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 4月
21:30 (米)輸入物価指数 5月
21:30 (米)輸出物価指数 5月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

6/14(金)の夜は、

21:30 (米)小売売上高 5月
21:55 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
22:15 (米)鉱工業生産 5月
22:15 (米)設備稼働率 5月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 6月
23:00 (米)企業在庫 4月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

6/7の金曜日公表された6/4取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 27,437 (+1,634)
売り 71,826 (-9,554)

ユーロ/ドル
買い 155,771 (+4,642)
売り 243,322 (-7,498)

ポンド/ドル
買い 41,998 (-9,798)
売り 89,760 (+5,968)

豪ドル/ドル
買い 38,653 (-1,104)
売り 99,595 (-5,451)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

MT4のインストール方法 XM編
– チャート設定までの詳細をわかりやすく

レンジから反転上昇継続の波に注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:108.3円 終値:108.2円
先週高値:108.6円 安値:107.8円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:120.9円 終値:122.6円
先週高値:122.7円 安値:120.8円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:136.8円 終値:137.8円
先週高値:138.2円 安値:136.6円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:75.1円 終値:75.7円
先週高値:75.9円 安値:75.0円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.117ドル 終値:1.133ドル
先週高値:1.135ドル 安値:1.116ドル
先週1時間足チャート型:上昇基調

となっています。


<今週のドル円>

上昇の流れもありましたが、雇用統計指標の予想を下回る結果で抑えられました。107.9円付近の水平ラインは強いと感じられ、107.9~108.5円のレンジの動きに注目したいと思います。今週も重要指標がありますので、その結果も次の動きにつながると思われます。

<今週のユーロ円>

4時間足の下降トレンドラインを少し上抜けてきています。先週終値は4時間足の逆ヘッドアンドショルダー、ネックラインに来ているように見えますので、週明けの動きに注目したいと思います。個人的には122.25円付近まで調整してから、高値更新の動きを期待したいと思います。

<今週のポンド円>

ユーロ円ほどの勢いは無いですが、4時間足の下降トレンドラインを上抜け、やや右上がりになりかけている4時間足25MAにサポートされています。この1ヶ月で大きく下げましたので、140.0円付近までは調整となる可能性もあると思います。

<今週の豪ドル円>

連続陰線は7週で止まりましたが、反発上昇の勢いは弱く、4時間足でレンジです。米中貿易摩擦の進展があれば次の流れが見えてくるかもしれませんが、75.0~76.0円でレンジの動きになる可能性が高いように思います。

<今週のユーロドル>

4時間足下降トレンドラインを上抜け、N字上昇となっています。まだそれなりの勢いを感じますので、もう少し上げてくるように思います。その後の押しがどこまで下げるか注目ですね。1.13ドルで下げ止まり反転となれば、上昇継続、しっかり下抜けてくるとレンジ継続になるように思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ユーロドルのロングを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

6/10
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)1-3月期

6/12
10:30 (中)消費者物価指数(CPI)5月
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)5月

6/14
11:00 (中)小売売上高 5月
11:00 (中)鉱工業生産 5月
21:30 (米)小売売上高(除自動車)5月
21:55 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

6/10(月)の夜は、

17:30 (英)商品貿易収支 4月
17:30 (英)貿易収支 4月
17:30 (英)鉱工業生産指数 4月
17:30 (英)製造業生産指数 4月
17:30 (英)月次国内総生産(GDP)4月
※ドイツは聖霊降臨祭、オーストラリアはクイーンズ・バースデーで休場です。

6/11(火)の夜は、

17:30 (英)雇用統計 5月
21:30 (米)生産者物価指数(PPI、コア指数)5月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

~~~~~~~~~~~~~~~

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?

戻り高値からの切り下げ波 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円が陰線、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルがともに陽線でした。ユーロ円、ユーロドルはECBドラギ総裁が景気に楽観的な発言をしたこともあり、長めの陽線となりました。豪ドル円も7週連続の陰線が途切れました。

ドル円は年初の暴落近辺以来、5ヶ月ぶりに一時108.0円を割り込みました。雇用統計がADPも含めて予想より下振れした影響が大きかったと思います。

ユーロ円は4時間足100MAを上抜けてきました。まだ4時間足上昇トレンドとは言えませんが、安値を切り上げる動きが見られました。

ポンド円は売り勢いは収まったもののユーロ円のような上昇感はありません。

豪ドル円は4時間足で連続して安値を切り上げる動きが見られましたが、ひとつ前のもみ合いレンジに戻っただけの印象です。

ユーロドルはドルの弱さもあり、4月、5月の高値を上抜けてきていました。

ファンダメンタル面では、年内複数回の米利下げ観測、ECBドラギ総裁の景気に楽観的な発言などが気になるニュースでした。

今週は、各通貨ペアともに戻り売り狙いを考えていましたので、会社員時間帯の20~24時では売りエントリーできる波をつかみきれず、ベストトレードといえるエントリーはできませんでした。

そこで、会社員時間帯以外でチャートを振り返ってみると、根拠のわかりやすい部分が、6/5ポンド円で確認できましたのでご紹介したいと思います。少し広い時間帯の動きを確認するためにいつもの5分足とは違い、15分足チャートで説明いたします。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

先週末から続いた136.5~137.0円付近のもみ合いから、反発上昇が見られましたが、6/4 23:30頃に戻り高値をつけた後、高値、安値を切り下げて一旦調整する動きとなりました。

そんな中、ポンド円15分足チャートにおいて、6/5 9:45頃、100MAを下抜けた25MAさらにローソク足が下抜ける状況になりましたので、売りエントリーチャンスといえます。(チャート内、○の部分)

この場合、損切りは直近高値の少し上、137.6円で逆指値にすると思います。

さらに落ち着いてチャートを確認すると、13:00からのもみ合いレンジが再び25MAに近づき、直近安値と、もみ合いレンジを下抜けるタイミングで、追撃売りができるとベストです。(チャート内、△の部分)

その後は急落していますので、.00節目の137.0円付近で決済するの私にとって理想的なトレードです。(チャート内、□の部分)

このような妄想トレードは収益にはなりませんが、落ち着いてチャートを見て、エントリー根拠を確認する力を鍛えるという点では有効だと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4について
– 自動売買も可能な大人気の取引ツール