トレンド待ちで流れについていく – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

週明け後の環境認識です。

ドル円、ユーロ円は下降の流れ、ユーロドルは上昇の流れですが、上位足から順番に確認を行い、トレンドとチャネル内の波の動きのしっかりと見極めてエントリーしましょう。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓
1時間足:↓
15分足 :↓

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:↓
15分足 :↓

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :↓

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、良い感じで下の流れです。104.0円付近のレジスタンスを下抜ければN字確認して直近安値103.2円くらいまでを狙いたいと思います。

ユーロ円は、反発上昇の可能性も想定していますが、4時間足上昇トレンドラインを少し下抜けました。この上昇トレンドラインがサポレジ転換する動きが確認できれば、売ってみたいと思いますが、まだ上昇の可能性もあるので慎重な見極めが必要です。

ポンド円は、わかりにくいレンジですので、注目水平ライン、138.5円上抜けか、137.59円下抜けでのN字確認ができるまで待ちたいと思います。

豪ドル円は、注目水平ライン75.75円の攻防でしょうか。ここもやはり強い下抜けからのN字下降を確認したいと思います。

ユーロドルは、少し押していますが、1時間足上昇チャネル内の動きです。注目水平ライン1.1865ドルを上抜けてきたら買いエントリーポイントを探りたいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/18(水)の夜は、

19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)10月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
22:30 (米)住宅着工件数 10月
22:30 (米)建設許可件数 10月
22:30 (加)消費者物価指数(CPI)10月

11/19(木)の夜は、

18:00 (欧)経常収支(季調前・季調済)9月
19:00 (欧)建設支出 9月
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 11月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 10月
24:00 (米)中古住宅販売件数 10月
24:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

11/20(金)の夜は、

24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)11月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/10取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ドルは先週明けの急上昇の影響でしょうか、売り玉が大きく減っています。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 55,644 (+4,632)
売り 13,750 (-9,164)

ユーロ/ドル
買い 202,374 (-5,863)
売り 67,087 (-801)

ポンド/ドル
買い 27,872 (+171)
売り 45,567 (+6,639)

豪ドル/ドル
買い 49,371 (-7,158)
売り 58,091 (+248)


急上昇の次の方向を見極める – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陽線、ユーロドルが陰線でした。

コロナワクチン報道で一気にリスクオンになりましたが、落ち着くのを待って作戦を練るのが持続的な利益につながると思います。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートのジグザグ判断で、直近のトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
始値:103.2円 終値:104.6円
高値:105.7円 安値:103.2円
1時間足チャート型:上昇押し

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
始値:122.8円 終値:123.8円
高値:125.1円 安値:122.7円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
始値:135.9円 終値:137.9円
高値:140.3円 安値:135.7円
1時間足チャート型:上昇押し

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
始値:75.1円 終値:76.0円
高値:77.1円 安値:75.1円
1時間足チャート型:上昇押し

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↑
始値:1.189ドル 終値:1.183ドル
高値:1.192ドル 安値:1.174ドル
1時間足チャート型:下降戻り

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
ポンド>豪ドル>円>ユーロ>ドル

4時間足
豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円

です。


<今週のドル円>

ワクチン報道で先々週の急落を上回る急上昇となりましたが、すでに短期上昇のトレンドは崩れ、下降の様子です。週明けの様子を確認して、1時間足~4時間足で戻り上昇後のN字下降タイミングを待ちたいですね。注目水平ライン104.8円か、日足目線の105.0円でN字形成して欲しいです。日足の目線を分けるラインは105.0円、注目水平ラインは104.8円です。

<今週のユーロ円>

急上昇後のジリ下げとなっていますが、4時間足で見ると直近の上昇トレンドがまだ維持しています。1時間足の下降トレンドを上抜け、さらに注目水平ライン124.3円を上抜けていたら買い、日足目線ライン123.0円を下抜けてきたら売りでエントリーポイントを見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは123.0円、注目水平ラインは125.0円、124.3円です。

<今週のポンド円>

日足レンジは継続ですが、急上昇後の押しで反発の気配が感じられます。反発が注目水平ライン138.5円を上抜けてきたら買いエントリータイミングを見計らいたいと思います。売りを考えるのは、日足目線ラインを下抜けてからですかね。日足の目線を分けるラインは136.53円、注目水平ラインは138.5円、137.59円です。

<今週の豪ドル円>

日足の下降トレンドは途切れてレンジ内に戻りました。4時間市で注目水平ライン75.75円がサポートとなって押し目になっています。4時間足の直近下降トレンドラインを上抜けて、さらに注目水平ライン76.29円を上抜けたら買いエントリタイミングを見計らいたいと思います。売りはしばらくはリスクが高そうです。日足の目線を分けるラインは75.45円、注目水平ラインは76.29円、75.75円です。

<今週のユーロドル>

日足レンジ内の動きが継続です。1時間足以下でレンジ内上昇波を小さく捉えるか、注目水平ライン1.1865ドルを上抜けてのN字上昇のレンジブレイクを狙うかといった感じでしょうか。日足の目線を分けるラインは1.177ドル、注目水平ラインは1.1865ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば、ドル円のショート、ユーロ円、豪ドル円のロングを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

11/16
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)7-9月期

11/17
09:30 (豪) 豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表
22:30 (米)小売売上高 10月

11/18
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)10月

11/20
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)10月

に注目したいと思います。

11/16(月)の夜は、

22:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 11月

11/17(火)の夜は、

22:30 (米)小売売上高 10月
22:30 (米)輸入物価指数 10月
22:30 (米)輸出物価指数 10月
23:00 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言
23:15 (米)鉱工業生産 10月
23:15 (米)設備稼働率 10月
24:00 (米)企業在庫 9月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 11月

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 最大2万円の口座開設ボーナスで入金無しの海外FX!