日足上昇トレンド転換を期待 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:111.7円 終値:112.0円
先週高値:112.1円 安値:110.8円
先週1時間足チャート型:しっかり上昇

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:125.3円 終値:126.6円
先週高値:126.8円 安値:124.8円
先週1時間足チャート型:強含み

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:145.4円 終値:146.4円
先週高値:147.0円 安値:144.8円
先週1時間足チャート型:強含み

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:79.3円 終値:80.3円
先週高値:80.5円 安値:79.0円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.122ドル 終値:1.130ドル
先週高値:1.132ドル 安値:1.121ドル
先週1時間足チャート型:上昇基調

となっています。


先週は各通貨ペアともにイギリスEU離脱期限延期などを背景に週後半で強い上昇となりました。しかし、週足ではドル円以外まだ下目線ですし、日足レベルではほぼレンジ内の動きです。

<今週のドル円>

3/5以来の112円台です。しかもヒゲではなく、日足ローソク足実体で越えてきたのは強さを感じます。一旦は押しで111円半ばまで調整が入る可能性がありますが、底から反発して、112.0円を力強く上抜けて欲しいものです。ただ月足レベルの三角保ち合いライン上限が112円半ばにあるため、はね返りには注意が必要です。

<今週のユーロ円>

日足で逆ヘッドアンドショルダーが見えます。ネックラインは126.6円付近でしょうか。ここをしっかり上抜けてN字上昇すれば、週足の下降トレンドライン突破と合わせて、大きな上昇の流れができて欲しいところです。

<今週のポンド円>

日足で逆ヘッドアンドショルダーが見えます。ネックラインは147.0円付近ですね。N字上昇となれば、148.0円くらいは狙えるかもしれません。但し、EU離脱は期限が延びただけで不透明感は払拭されておりませんので、まだしばらくは日足レンジの動きは続くように思われます。

<今週の豪ドル円>

ついに80.0円をしっかり超えてきました。一旦、節目の80.0円付近までは調整してから力強い伸びを期待したいところです。そうなれば82.0円くらいは短期で狙えるタイミングが来てほしい(祈願)

<今週のユーロドル>

先週の書いた4時間足の逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)は、ネックラインからしっかりN字を作って上昇となりました。日足でも25MAを上抜けてきていますので、1.14ドル付近までは上昇を期待したいところです。

~~~~~~~~~~~~~~~

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロドルのロングを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/17
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP)1-3月期
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)3月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)3月

4/18
17:30 (英)小売売上高 3月
21:30 (米)小売売上高 3月

4/19
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)3月

に注目したいと思います。

4/19はアメリカ、ユーロ圏ともにグッドフライデーで休場となります。
トレードはお休みで飲みに行きたいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

4/15(月)の夜は、

21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 4月

4/16(火)の夜は、

17:30 (英)雇用統計 3月
18:00 (欧)建設支出 2月
18:00 (独)ZEW景況感調査 4月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 4月
22:15 (米)鉱工業生産 3月
22:15 (米)設備稼働率 3月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

~~~~~~~~~~~~~~~

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?

ヘッドアンドショルダー下抜けN字 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル共に陽線でした。
週末の上昇勢いは強かったですね。喜平はポンド円の買いポジションがあったのですが、146円台前半の指値で決済となっていました。平日の日中は仕事の会社員ですので仕方がないのですが、ちょっと残念でした。

ドル円は前半で、ヘッドアンドショルダーのネックラインを下抜けてくるなど下降基調でしたが、木曜日からは強い上昇で節目の112.0円を少しだけ上抜けています。

ユーロ円、ポンド円は、前半もみ合うも後半はイギリスのEU離脱期限の延期が材料となり、こちらも強い上昇となりました。

豪ドル円は、後半のリスクオンの流れから中国貿易指標が良好であったこともあり、金曜日のユーロ市場が開いてから急伸し、昨年12月から抵抗となっていた80.0円を突破してきました。来週以降が楽しみな感じです。

ユーロドルは日足レンジ内で上昇しており、金曜日の日足は実体で25MAを上抜けてきています。

ファンダメンタル面では、国際通貨基金(IMF)の世界の成長率見通し下方修正、イギリスEU離脱期限延期が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は4/10ドル円で、4時間足で意識されたヘッドアンドショルダーのネックライン下抜け後、一旦上昇で再度、ネックラインにタッチして下げる動きを確認して、売りエントリーするトレードとなります。

前日4/9夜にネックラインを下抜けたあと、小さなもみ合いが続いていましたので、再びネックラインを上抜けて上昇するか、はね返されてもう少し深く調整するかに注目していました。


 

上はヘッドアンドショルダー位置確認のための4時間足です。

赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:35頃、ヘッドアンドショルダーのネックラインで上ヒゲがはね返されて下がってきました。その後、22:05頃の強め陰線では直前の下ヒゲラインにひっかかったので一旦待ち、戻しが25MAを上抜けず、下降してきましたので、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りはネックラインの少し上、111.32円で逆指値です。

エントリー後は、111.0円のの少し上でもみ合いがあったものの、節目はすんなりと下抜けました。そして、午前0時ごろ、意識される110.9円付近の水平ラインまできましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

心(メンタル)のコントロール
– FXで一番大切なこと

やや調整の様子でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は先週の上昇から一転して下げ調子です。4時間足でのヘッドアンドショルダーのネックライン111.3円付近を下抜けてきましたが、まだ下降トレンドというわけではありませんので、もう少し見極めたほうがよいと思います。

ユーロ円、豪ドル円も、上昇もみ合いの様子です。1時間足レンジ内の位置を確認して、15分足、5分足チャートをチェックしたいと思います。

ポンド円は概ねレンジですが、EU離脱関連の急変動は要注意です。

ユーロドルは4時間足レンジ下限付近からの上昇となっていますが、下目線であることに変わりはありません。

注目したいニュースとしては、世界経済減速懸念、引き続きイギリスEU離脱関連などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>
アメリカ、ユーロ圏ともに夏時間です。

4/10(水)の夜は、

17:30 (英)商品貿易収支 2月
17:30 (英)貿易収支 2月
17:30 (英)鉱工業生産指数 2月
17:30 (英)製造業生産指数 2月
17:30 (英)月次国内総生産(GDP)2月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)3月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

4/11(木)の夜は、

21:30 (米)生産者物価指数(PPI)3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

4/12(金)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 2月
21:30 (米)輸入物価指数 3月
21:30 (米)輸出物価指数 3月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 4月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

4/5の金曜日公表された4/2取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけてみています。

円/ドル
買い 20,462 (+2,139)
売り 83,203 (+2,759)

ユーロ/ドル
買い 144,973 (+5,277)
売り 244,157 (+24,183)

ポンド/ドル
買い 39,423 (+5,785)
売り 49,354 (+7,134)

豪ドル/ドル
買い 26,551 (+3,672)
売り 82,294 (+5,745)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

9割の人が負けると言われるFX
– その理由とは