クロス円の上昇に注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円が陽線、ユーロドルが陰線でした。

アメリカ、イランの中東地政学的リスクはどうなることかと思いましたが、結果としては警戒感が緩和し、いい感じの押しが形成できたように見えます。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:107.8円 終値:109.5円
先週高値:109.7円 安値:107.6円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:120.4円 終値:121.8円
先週高値:121.8円 安値:120.2円
先週1時間足チャート型:強含み

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:141.0円 終値:143.0円
先週高値:143.5円 安値:140.8円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:74.8円 終値:75.5円
先週高値:75.7円 安値:73.7円
先週1時間足チャート型:しっかり上昇

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.116ドル 終値:1.112ドル
先週高値:1.121ドル 安値:1.108ドル
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

中東地政学的リスクの緩和から上昇となっていますが、週足でも意識される109.75円付近の水平ラインが強力なため、上抜けるためには大きなサプライズが必要な感じがします。ネガティブ情報があれば、108.5円くらいまでの調整は考えられますので、レンジと捕らえエントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは108.5円、注目水平ラインは109.75円、109.0円です。

<今週のユーロ円>

日足トレンドラインがサポートとなり、底堅い動きに感じます。121.4円くらいまでの押しからN字上昇の動きを期待したいところです。日足の目線を分けるラインは121.00、注目水平ラインは122.0円、121.4円です。

<今週のポンド円>

ポンド円も日足トレンドラインでサポートされているように感じます。143.5円が4時間足で意識される水平ラインとなっており、上抜けトライで2回はね返されていますので、しっかり上抜けるのを待って次のエントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは141.1円、注目水平ラインは143.5円です。

<今週の豪ドル円>

日足直近高値更新後の押しが日足の目線を分ける水平ラインに長い下ヒゲを出して復活してきました。4時間足の上昇勢いはまだ強いように見えます。目先では1時間足25MAのサポートを確認して、エントリータイミングを見極めたいですね。日足の目線を分けるラインは74.0円、注目水平ラインは75.5円です。

<今週のユーロドル>

日足で高値と安値を連続的に切り上げてきています。先週末で押しからの上昇が見られますので、4時間足の25MAを上抜けてきたら、エントリータイミングを見極めてみたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.109ドル、注目水平ラインは1.1125ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのロングを狙ってみたいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

1/14
22:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)12月

1/16
21:30 (欧) 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30 (米)小売売上高 12月

1/17
03:00 (欧) ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
11:00 (中)小売売上高 12月
11:00 (中)鉱工業生産 12月
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP)10-12月期
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)12月
22:30 (米)住宅着工件数 12月

に注目したいと思います。

1/13(月)の夜は、

18:30 (英)月次国内総生産(GDP)11月
18:30 (英)鉱工業生産指数 11月
18:30 (英)製造業生産指数 11月
18:30 (英)商品貿易収支 11月
18:30 (英)貿易収支 11月

1/14(火)の夜は、

22:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)12月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

たまには海外旅行で悠々自適時間を楽しもう


イラン報復リスクは要注意 – トレンドですか?レンジですか?

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今回は休みが長かったですね。喜平も今週から仕事始めでしたが、まだ体内時計が会社モードになっていません(笑)

FXでは今年も意識される水平ラインとN字エントリーで今年もコツコツと勝ちを重ねていきたいと思います。

さて、年末年始は相場が荒れました。中東の地政学的リスクは急変動要因の一つですが、年末年始といった市場参加者が少ない時は特に大きな動きになりやすいので特に注意が必要だと思います。

イラン報復実行の可能性は高いという専門家もおられますので、しばらくはロット控えめ、短期勝負でいきたいと思います。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、日足でもみ合いレンジを下抜け、4時間足で直近安値を更新してきました。中東の地政学的リスクの影響が大きくなっているようです。4時間足で意識される水平ライン108.5円で反発上昇の頭が抑えられた形になっていますので、1時間足25MAをしっかり下抜けてくると売りチャンスになるかもしれません。

ユーロ円は、日足のもみ合いレンジで直近上昇トレンドラインをはさんでの攻防です。目先では1時間足の高値切り下げで120.25円までの波を狙ってみたいです。

ポンド円は、日足で上目線なのですが、相場全体のリスクオフムードからもみ合いレンジになっています。動き出すと早いので明確な方向感が出るまでは様子見にしたいですね。

豪ドル円は、日足の抵抗76.25円をしっかりと上抜けられなかったこともあり、上昇トレンドラインをズバッと下抜けてきました。とりあえず1時間足の下降勢いを確認しつつ、74.8~75.0円で戻り売りが確認できれば短期参戦してみたいです。

ユーロドルは、日足直近は上昇となっていますが、1時間足以下ではもみ合いです。エントリーするなら1.12ドルを上抜け、さらにサポートとしての働きを確認できてからになりそうです。

注目したいニュースとしては、イランの対米報復はあるのか、中東地政学的リスクの行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

1/8(水)の夜は、

19:00 (欧)経済信頼感 12月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比 前週分
22:15 (米)ADP雇用統計 12月

1/9(木)の夜は、

19:00 (欧)失業率 11月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

1/10(金)の夜は、

22:30 (米)雇用統計 12月
24:00 (米)卸売在庫 11月
24:00 (米)卸売売上高 11月

が予定されています。

今週末は大注目アメリカ雇用統計です。それまでに勘を戻しておきましょう。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、12/27の金曜日公表された12/24取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ポンドが約1.4万と久々に大きな買い越しとなっています。新しい英国に投機筋の買い意欲が高まっているのでしょうか。

円/ドル
買い 40,592 (-2,826)
売り 74,134 (-11,346)

ユーロ/ドル
買い 160,263 (-5,092)
売り 233,206 (+2,157)

ポンド/ドル
買い 68,574 (+9,263)
売り 59,877 (-5,214)

豪ドル/ドル
買い 39,526 (+6,232)
売り 85,690 (+5,818)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


来年の見通しを月足で分析 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、豪ドル円が陽線、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陰線でした。

今週は欧米がクリスマス休暇ということもあり、動きが小さい相場になると思います。また、市場参加者が少なく、より振られやすくなると思いますので、喜平はトレードをお休みします。

今回はいつもの週足~4時間足の分析はお休みし、来年の相場見通しのために月足分析をしておきます。

月足はデイトレードでは気にしなくてもよいので、こんな感じなんだくらいの認識で大丈夫です。

<ドル円>

ドル円は来年はいよいよ三角保ち合いが収束すると思います。どちらにブレイクするかはまだわかりませんが、世界経済の中で中国の雲行きが怪しいことを考えると、下に行く可能性のほうが高いでしょうか。

<ユーロ円>

ユーロ円も三角保ち合いですが、収束するのはドル円よりも後です。ユーロ圏の経済も見通し不透明ですし、ドルが崩れるような状況になればユーロもより崩れるような感じがします。


<ポンド円>

ポンド円はEU離脱が順調に進めば上昇しそうですが、その後に明るい見通しがあるわけではなく、どこかのタイミングで戻り売りがあるのかもしれません。

<豪ドル円>

豪ドル円は高値切り下げ、安値切り下げとなっています。資源国として中国経済の影響が大きいので、米中通商協議次第で直近では上昇するも戻り売りも起こりやすいように思います。

<ユーロドル>

ユーロドルはもう10年以上高値切り下げが続いています。来年も25MAの下側で緩やかな下降傾向が続きそうな気がします。

月足の大きな流れを確認しましたが、デイトレードでは日足、4時間足の目線を確認して相場についていくこと、損切りをルール通りに行うことを意識すれば、トータルで勝つことは難しくないと思います。


今週から来週の夜は、

12/23(月)
22:30 (米)耐久財受注 11月
24:00 (米)新築住宅販売件数 11月

12/24(火)
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 12月

12/26(木)
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

12/30(月)
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 12月
24:00 (米)住宅販売保留指数 11月

12/31(火)
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)住宅価格指数 10月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 10月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)12月

1/2(木)
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)12月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)12月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)12月

1/3(金)
17:55 (独)雇用統計 12月
18:00 (欧)マネーサプライM3 11月
18:30 (英)消費者信用残高 11月
18:30 (英)マネーサプライM4 11月
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)12月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)12月
24:00 (米)建設支出 11月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 12月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

の経済指標発表、イベントが予定されています。

1月のアメリカ雇用統計は1/10(金)22:30に予定されています。

新年のブログ初めはたぶん1/8(水)になると思います。

来年はメンタルの乱れなく1ロット10万通貨以上でトレードできることを目指します。

令和2年もよろしくお願いいたします。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

FXトレードの充電はじゃらんでGO!