ドル円下降波上限付近からの売り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週はドル円、ユーロ円、ポンド円が週足下降、ユーロドルは週足上昇でしたが、全体的に波の大きな相場でした。豪ドル円は週明けで窓上げ上昇だったもののその後は、ほぼ下げ調子で大きく下げました。

ファンダメンタル面では、米中貿易戦争継続懸念、米長期金利低下、世界経済の減速懸念などの報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は12/6ドル円で下降トレンド初期の様子からローソク足が25MAから下放たれる動きを捉えるトレードとなります。
チャート上の25MAが表示されていなくてすみません。ボリンジャーバンドセンターが20MAですので代用で見てください。

ドル円は1時間足で右下がりの75MAに抑えられて下降する中、15分足でも高値を切り下げる波を確認したため、波の上限反転下降の動きに注目していました。


 

赤実線:5MA (黄緑実線:25MA)表示忘れ 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、22:30の米貿易収支など経済指標発表で波上限付近のもみ合いレンジから下抜けたのですが、レンジ内に押し戻されてきました。しかし次の足で、ボリンジャーバンド20MAセンター付近から再び下げる様子が見られたためで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

エントリー後は、陰線が連続し、23:05頃には、大陰線で勢いよく直近安値を下抜けてきました。そして、4時間足レンジで下限が近づいてきたところで、勢いが弱くなりましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4サインツール(インディケータ)のサンプルプログラム
– 基本プログラムを少しだけアレンジ

下げ基調ながら4時間足レンジは継続 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

今週だけで見ると1時間足でドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は下降基調、ユーロドルは逆V字下降ですが、4時間足ではまだほぼレンジ内です。豪ドル円は週明けで窓を空けての上昇となりましたが、その後は下がり続けて窓は閉まりました。
4時間足のレンジは意識しておきたいと思います。

注目したいニュースとしては、アメリカ経済の後退懸念&10年債利回り低下、英議会でEU離脱合意の審議開始などです。NYダウが約800ドル下落しました。市場は経済後退の懸念に反応しているようです。しばらくは荒れた相場が続くかもしれません。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

12/5(水)の夜は、

17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI)11月
19:00 (欧)小売売上高 10月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 11月
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・改定値 前期比 7-9月期
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)11月
24:15 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言(中止)
      ※ブッシュ元大統領の追悼のため(原稿は公表済)

12/6(木)の夜は、

21:30 (米)チャレンジャー人員削減数 11月
22:30 (米)貿易収支 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)製造業新規受注 10月

12/7(金)の夜は、

19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)7-9月期
22:30 (米)雇用統計 11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 12月
24:00 (米)卸売売上高 10月
24:00 (米)卸売在庫 10月

が予定されています。金曜日は大注目のアメリカ雇用統計です。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された11/27取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 35,817 (+2,355)
売り 140,141 (+6,614)

ユーロ/ドル
買い 149,719 (-7,914)
売り 204,790 (-72)

ポンド/ドル
買い 37,930 (+220)
売り 77,080 (-4,108)

豪ドル/ドル
買い 12,168 (-3,800)
売り 66,071 (-9,077)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

MT4サインツール(インディケータ)の基本プログラム
– 自分でサインツールを作ってみよう

もみ合い継続も豪ドル円トレンドに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:112.9~114.0円
先週終値:113.5円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.9~129.3円
先週終値:128.5円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
週取引:144.5~145.8円
先週終値:144.8円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:81.6~83.2円
先週終値:83.0円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.127~1.140ドル
先週終値:1.132ドル
4時間足チャート型:もみ合い

となっています。


4時間足チャート型でドル円、豪ドル円で週前半で上昇したものの、全体的にもみ合いとなりました。とはいっても小さなもみ合いではなく、大きな波の多いもみ合いでしたので、レンジの上限、下限からうまく波に乗れた人は利を伸ばせたのではないでしょうか。

<今週のドル円>
4時間足で安値を切り上げる動きになっていますが、週足のレジスタンスライン114.5円付近をしっかりと上抜けるにはそれなりの材料が必要と思われます。米中貿易摩擦については若干緩和されましたが、今週ももみ合いが続く可能性が高いと思われます。

<今週のユーロ円>
ファンダメンタルズの懸念も落ち着きつつあり、4時間足のレンジ内(127.8~129.3円)の動きが継続する可能性が高いと思われます。

<今週のポンド円>
メイ政権のEU離脱案承認採決は12/11に予定されています。承認される可能性は低いようですが、それまでは与党、野党の駆け引きもあるでしょうし、今週は4時間足レンジ内(144.3~145.8円)の動きが継続する可能性が高いと思われます。

<今週の豪ドル円>
4時間足で直近高値を更新し、弱い上昇トレンドとなっています。今週発表の政策金利は据え置き予想ですが、声明で景気や雇用について強気な見通しとなった場合は、トレンド継続となる可能性もあると思われます。米中貿易摩擦の緩和も後押しとなる可能性があります。

<今週のユーロドル>
日足での下降トレンドが継続しています。日足直近安値11/12の1.121ドルを下抜けた場合は、更なる下値を模索する可能性がありますが、ドル、ユーロともに強い材料は出ていないこともあり、もみ合いレンジが継続する可能性が高いと思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、レンジの上限と下限を確認しつつ、下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。またチャンスがあれば、4時間足レンジ内反転を捉えるエントリーも検討してみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

12/3
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月

12/4
12:30 (豪)準備銀行(RBA)政策金利発表

12/5
09:30 (豪)四半期国内総生産(GDP)7-9月期
22:15 (米)ADP雇用統計 11月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)11月
24:15 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

12/6
22:30 (米)貿易収支 10月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)7-9月期

12/7
22:30 (米)非農業部門雇用者数変化 11月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

12/3(月)の夜は、

17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)11月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
24:00 (米)建設支出 10月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月

12/4(火)の夜は、

18:15 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)11月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI)10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


レンジ内の長いヒゲ反転を捉える – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は豪ドル円が上昇もみ合いとなりましたが、その他通貨ペアは広いレンジのもみ合いとのなりました。このような相場で短い時間足だけしか見ていないと、上昇トレンドと思って買ったら下がり、下降トレンドと思って売ったら上がるようなことになりかねませんので、ご注意ください。

ファンダメンタル面では、アメリカ金利先高観後退、イギリス政局不安の報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は11/29ユーロドルでレンジ内反転の動きを捉えるトレードとなります。

ユーロドルは5分足で移動平均線100MAと200MAが近づいて水平に近くなるレンジ特有の動きでしたので、レンジの上限、下限を確認してローソク足の動きに注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、22:30の米経済指標発表で一瞬だけ直近高値を上抜けるもレンジ内に押し戻されて長い上ヒゲとなりました。その次の足で下がり始めたのを確認して、売りエントリーしました。(チャート内、左の○の部分)

エントリー後は、かなり勢いよく下がり、25MAを下抜け、100MA、200MAも一気に下抜けましたが、さすがに勢いがつき過ぎたのか、長い下ヒゲが発生しましたので、一旦決済としました。(チャート内、左の□の部分)

少し上がって、売り再開となることを期待してチャートに張り付いていると、24:00頃、経済指標発表の影響か、若干値飛びして下げた後、上がるも再び勢いよく下がり始めたのを見て、売りエントリーしました。(チャート内、右の○の部分)

そして再エントリー後は、また大きく下げるも、先ほどの下ヒゲ下限付近でのひっかかりを感じたこと、および24:00を過ぎていたこともあり、決済としました。(チャート内、右の□の部分)

通常は24:00を過ぎてのエントリーはしないのですが、チャンス待ちであったこともあり、ポジンションを持ってしまったことはやや反省です。

今回はレンジ内の長いヒゲ反転をうまく捉えることができました。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

常に心がけたい相場格言
– 心構えが勝敗を大きく左右する