勢い重視で相場の流れについていく – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

関東地方は梅雨明けとなりました。暑い夏に突入ということで、しばらくの間、少しでも涼しく感じられるように投稿記事のトップ画像は冬のイメージにしたいと思います。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

週前半は、貿易摩擦の行方を見極めたい慎重な展開で全体的にレンジとなっていましたが、トランプ大統領が強硬措置を避ける対応をとったことから、米中貿易戦争が回避されるとの思惑広がり、ドル買いが強くなりました。

また28日に開催された欧州連合(EU)首脳会議で、各国が移民問題で合意したことを受けてドイツ連立政権崩壊に対する警戒感が大幅に低下したこともあり、全体的にリスクオンの円売りになったようです。

今週のベストトレード根拠は6/28ポンド円となります。
その日は、21:30に発表されたアメリカ国内総生産(GDP)確定値が下方修正されたことで、各対円通貨ペアともにリスクオフの円買いとなったのですが、下げ渋りから急速な反発が見られました。

具体的な理由についてはよくわかりませんでしたが、戻り売りが発生しないか注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、22:25頃、一旦、勢いが弱まりかけていたローソク足が、144.0円節目と15MA(15分足5MA)を上抜けたあたりで勢いが吹き返し、直近の上ヒゲをも上抜けてきたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

戻り売りを狙っていたのでちょっと悩みましたが、喜平は勢い重視派です。相場は相場に聞けということで素直に買ってみました。

エントリー後は、なかなかの勢いで上昇となり、100MAで止まるかと思いきや、更に伸びたのでちょっとびっくりでしたね。

途中、100MAからの小さな反落ががありましたが、なんとか5MAのサポートが効いたので、ポジションキープできました。

そして、23:25頃、300MA(15分足100MA)で抵抗を感じ、もみ合いとなりましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

いつ戻り売りが発生するかが心配で、いつもより注意深くチャートを見ていましたが、素直に勢いについていくことができたので良かったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX
– その理由とは

トランプ大統領自動車関税ツイートでたなぼた – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、前半でトランプ米大統領の対中報復関税の発言でリスクオフの円買い相場となりましたが、その後はパウエルFRB議長が「利上げを継続する根拠が強い」と述べてタカ派の姿勢を見せたこともあり、相場は徐々に戻しました。

21日には米株が軟調に推移し、米10年債利回りも2.8%台まで低下したことによりドルが大きく売られる場面もありましたが、ユーロ、ポンド、豪ドルは緩やかながらも、やや強含みとなりました。

週末22日はまたしてもトランプ米大統領が欧州連合(EU)からの自動車輸入に20%の関税を賦課すると警告し、域内の経済を混乱させるとの懸念が強まり、欧州通貨を中心に売りが加速しました。

今週のベストトレード根拠は6/22ポンド円となります。
その日は、朝方からポンド円が強含みとなっていましたが、夕方くらいから上昇勢いが無くなり、調整の様子を見せていたため、5分足チャートでやや下降基調の波に乗ることができないか、注目していました。

下降トレンド相場ではありませんので、波の下(安値更新)から入るのではなく、上昇からの反転下降を狙う方が勝率は高くなると思いますし、損切りの場合でも損切り幅は小さくなります。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、22:20頃、ボリンジャーバンド上限および、移動平均線75MA(15分足25MA)付近で、反転下降の動きが感じられましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通りレンジ内を下降し、さらには下降チャネルラインも下抜けてきました。そして、200MA付近でレンジ内反転上昇になることを想定して、決済タイミングを見計らおうとしていたところ、突然の下落となりました。

理由を調査する時間も無く、取り急ぎ1分足チャートに切り替え、23:25頃、下ヒゲが長くなってきたタイミングで、決済としました。(チャート内□の部分)

決済後にニュースを確認すると、上記、トランプ米大統領のEU自動車関税に関するツイートが原因であることがわかりました。

今後も、トランプ米大統領の貿易摩擦に関する発言でのリスクオフは注意が必要ですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FXとは
– 外貨預金との違い

米朝首脳会談への市場反応の弱さに便乗 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、米朝首脳会談で朝鮮半島の非核化への動きは確認されたものの具体的な内容に乏しく、地政学的リスクが低減する方向の結果に対する市場の反応は弱かったように感じます。

14日のアメリカの連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利引き上げが決定し、2018年間の利上げ予測は3回から4回に上方修正されたことで、ドルは上昇しました。
しかし、アメリカによる中国製品への輸入関税を準備中のと報道が伝わると、リスクオフの流れとなり、ポジション調整が進んだようです。

一方、同じく14日の欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で政策金利を0.00%に据え置くことが決定され、量的緩和(QE)は10月から減額し、年内に終了する方針を発表しました。しかし、政策金利は、少なくとも2019年夏まで現行で維持する慎重な方針が示されたため、ユーロは売りが強くなりました。

今週のベストトレード根拠は6/12ポンド円となります。
その日は、夕方に米朝首脳会談の記者会見が行われましたが、朝鮮半島の非核化に向けた具体的な内容に乏しく、サプライイズもなかったことから、各通貨ペアともに軟調な展開となっていました。その中でポンド円の下がり方が比較的わかりやすいと感じましたので、下降基調の波に乗ることができないか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:25頃にもみ合いレンジを少し下抜け、その後少し反発したのですが、移動平均線25MAが抵抗となり、再び下げ始めました。そして、22:10頃、5MAと200MAも下抜けたタイミングで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通り、下げを加速してくれましたが、15分足ボリンジャーバンド下限付近でサポートられる動きがあり、もみ合いが発生しましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、やはり15分足レンジ内を上昇していきましたので良い判断だったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

XMのゼロカットシステム
– 相場急変でも追証の発生なし

抵抗ラインを見極めて戻り売りに乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、ドルが先週の雇用統計、6/5のISM非製造業景況指数が良好だったことを背景に前半は底堅い動きでしたが、後半は貿易摩擦への懸念、米朝首脳会談を控えていることから、上値は重く、伸び悩みとなりました。

ユーロは、欧州中央銀行(ECB)が6/14の定例理事会で量的緩和(QE)終了に関して重要な協議を行うとの関係筋からの情報が流れ、15分足チャートでは上昇トレンドとなりました。

この上昇トレンドの波に乗りたかったのですが、私がチャートを見るタイミングを、上昇の勢いが感じられるタイミングが合わず、ユーロではエントリー根拠を見つけることができませんでした。

今週のベストトレード根拠は6/7ポンド円となります。
その日は、ユーロ円に引っ張られるように上昇したポンド円は、先に1時間足で頭打ちのもみ合いレンジとなっており、反転下降の波に乗ることができないか、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:00前に一度大きく下げて上昇したのち、移動平均線が束なった145.75円付近が抵抗となり戻り売りの可能性が感じられました。とりあえず、21:30のアメリカ四半期非農業部門労働生産性改定値の発表をスルーし、21:45頃、再び抵抗ライン付近から下がってきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通り移動平均線5MAに沿ってきれいに下がってくれました。そして、22:30頃、もみ合いの様子が感じられ、長めの下ヒゲが出て、5MAを上抜けてきそうな雰囲気がありましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、再び下降して直近安値付近までいきましたので、もう1本だけ、足の確定を待って5MAに対する動きを見極めてから決済すべきだったと反省したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買