政策金利発表後の弱い動きに注目 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陰線でした。ユーロドル以外はかなり長めの陰線で大きく下げましたね。皆さんは取れましたか?

ドル円は、FOMCは予想範囲の内容で10年債金利もやや回復したことで109円台まで買われたのですが、その後、トランプ政権の対中関税第4弾の発動計画などで、世界経済の減速懸念が急激に広がり、急落となりました。あまりに下げていたので雇用統計発表瞬間の反応も小さくてなんか拍子抜けでしたね。

ユーロ円は、FOMCで一段崩れ、アメリカ対中関税発動計画こちらも大幅な下げとなりました。

ポンド円は、他の通貨ペア同様、対中関税発動計画で一気に行きました。イギリスも政策金利発表やカーニー総裁の発言など大きなイベントがあったのですが、トランプ爆弾の威力に押された感じでした。

豪ドル円は、アメリカ対中関税発動計画による中国の影響、世界経済減速による資源安懸念で下げ率としても大きかったです。

ユーロドルは、週足安値は更新しましたが、8/1夜以降はやや値を戻しています。

各通貨ペアともに次の動き(はっきり言って下げ)へのきっかけ待ちでしたので、対円では一気に動いた感じです。

ファンダメンタル面では、なんと言ってもアメリカ対中関税発動計画が気になるニュースでした。
FOMCも雇用統計も週全体で見ると存在感が弱かったです。

今週のベストトレード根拠は8/1ポンド円で、英政策金利発表、カーニー総裁発言通過後の弱含みの動きに乗って、売りエントリーするトレードとなります。

その日は政策金利発表に向けてやや弱含みの動きになっていました。132.0円を下抜けたときの反発も弱く、132.06円付近が抵抗となっている感じでしたので、注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:10頃、ローソク足が5MAを下抜け、25MAから乖離しようとするタイミングで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは抵抗となった水平ラインの少し上、132.1円で逆指値です。

エントリー後は政策金利発表前の下ヒゲ付近(131.73円付近)で小さな反発があったものの、5MAに沿って勢いよく下がってくれました。ポンドらしい勢いで、終値が5MAを超えてくるまでは死守!と考えていましたが、131.2円を下回った段階で、もみ合いが感じられ、利幅もそれなりに確保できたということもあり、決済としました。(チャート内、□の部分)

残念ながら0時以降のトランプ爆弾による下げはつかめませんでしたが、それでも久しぶりに60pips以上が取れました。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FX会社について
– 自分にあった会社で取引口座開設