FX会社について

私がFXを始めたことは扱っている証券会社もそれほど多くなかったのですが、今はかなり多くて迷いますね。比較サイトも多くありますが情報が多すぎて、初心者の方では混乱することもあると思います。私なりのユーザー目線でいくつかご紹介しておきます。

最初は国内の大手業者がわかりやすいと思います。利益が年間20万円以上出た時の税金面で有利になっており、申告分離課税といって、給与など他の所得とは切り離して申告することができます。税率は一律20.315%です。海外業者では総合課税といって、給与など他の所得と合算した金額で税率が決まりますが、一般に20.315%より高くなることの方が多いと思います。

税金面では不利な海外業者にも魅力はあります。国内業者は金融庁の指導により最大レバレッジ(手持ち資金に対して何倍まで運用できるか)が25倍に規制されていますが、海外業者では最大888倍のところもあります。最初の手持ち資金が少ない場合、リスクは大きくなりますが、資金を大きく増やすことができる可能性は高くなります。

また手持ち資金が少ない場合は、通貨取引単位も気をつけましょう。最小取引単位が1万通貨の場合、ドル円で約4万円の資金が必要となります。最小取引単位が1000通貨の場合、ドル円で必要な資金は約4000円ですのでエントリーしやすいですね。

それから、それから、もう一つ、いきなり資金を入金して取引を始めるのではなく、最初はデモ口座で架空取引の体験をしてから、リアルの口座を開設するようにしてください。多くのFX会社でデモ口座の案内がありますので確認してください。
お目当てのFX会社でデモ口座の設定が無い場合は、MT4のデモ口座を開設しましょう。開設の方法としては、MT4のインストール方法のページを参考にどうぞ。

GMOクリック証券

GMOインターネット株式会社(東証一部上場 9449)のグループ企業で国内大手業者です。

アピールポイントとしては、
年間取引高が世界第1位で、システムが安定している
(安定度が低いシステムは取引中に一瞬固まって注文が通らないことがある)
スプレッド(買値と売値の差)が小さい、つまり売買コストが低い
HDI格付調査「問合せ窓口/Webサポート部門」で最高評価を獲得しており、サポートに定評がある
キャッシュバック(最大3万円)あり
上級者にも人気の高性能取引ツールがある
などです。

通貨取引単位が1万通貨なので小額から始めたい人には向いていません。


DMM.com証券

FX口座数国内第1位(2017年1月)、年間取引高国内2位の大手業者です。

アピールポイントとしては、
スプレッド(買値と売値の差)が小さい、つまり売買コストが低い
24時間電話サポート、LINEでの問い合わせもできる
キャッシュバック(最大2万円)あり
上級者にも人気の高性能取引ツールがある
などです。

通貨取引単位が1万通貨なので小額から始めたい人には向いていません。



同じDMM系列のFX会社でも外為ジャパンは1000通貨から対応していますので、小額から始めたいひとはこちらの方が向いています。

ヒロセ通商【LION FX】

ヒロセ通商は知名度においてやや劣りますが、ジャスダック市場に上場しており、信頼できる国内準大手業者です。

アピールポイントとしては、
スプレッド(買値と売値の差)が小さい、つまり売買コストが低い
豊富な通貨ペア50種類でマイナー通貨でもスプレッドは大きくない
スワップポイントは業界最高クラス
24時間電話サポート
通貨取引単位が1000通貨からで小額からでも始められる
各通貨取引量に応じてキャッシュバックあり
取引ツールの使いやすさは定評がある
などです。


SBIFXトレード証券株式会社
SBIホールディングス株式会社(東証一部上場 8473)のグループ企業で国内準大手業者です。

アピールポイントとしては、
スプレッド(買値と売値の差)が小さい、つまり売買コストが低い
なんと1通貨から取引可能で小額から始めたい人にやさしい(デモ口座の設定は無し)
(デモ口座だとやる気が出ない人向きです)
スマホ用の取引アプリがシンプルで初心者にも使いやすい
などです。

楽天証券株式会社
楽天株式会社(東証一部上場 4755)のグループ企業で国内準大手業者です。

アピールポイントとしては、
1000通貨から取引可能で小額から始めたい人にやさしい
MT4が比較的小さいスプレッドで使用できる
などです。

私としては2002年、まだDLJダイレクト証券という名前だった頃からのお付き合いです。国内株式のネット取引が可能な先駆けでした。

XM Trading
海外(キプロス共和国)に本社を置くFX会社です。

アピールポイントとしては、
約定率が高い (約定拒否がほとんど発生無し)
魅力は何といっても最大888倍のレバレッジとマイナス残高リセット
全ての顧客を対象にマイナス残高リセットが適用されるため、相場の急変動で口座残高がマイナスになってもが追証等の発生は無し
トレードはMT4を使用
口座開設で、証拠金として使用できる3000円がもらえる
入金に対して、証拠金として使用できる資金(ロイヤリティーボーナス)がもらえる
などです。

またXM Zeroという最小スプレッド0pips(ドル円の平均スプレッドは0.1pips)の口座を開設することもできます。
10万ドル取引毎に5ドルの手数料が発生し、最大レバレッジ500倍で、ロイヤリティーボーナスが無くなりますが、トータルではスタンダード口座より取引の手数料+スプレッドが小さくなります。(スタンダード口座の取引手数料は0円)
私はスタンダード口座を開設しています。


888倍のレバレッジ効果について少しわかりにくいと思う方のためにXMの最大レバレッジ888倍検証の記事で少し詳しく紹介しています。

その他MT4口座を持てる会社としては

FXTF
FX会社の規模としては大手にかないませんが、MT4が使える数少ない国内業者で、MT4のスプレッドは業界最小クラスです。MT4とは関係ないですが、未来チャートというアプリはおもしろいですね。

外為ファイネスト
香港に本拠地を置くハンテックグループの日本法人で国内業者の扱いです。知名度はかなり低いかもしれませんが、インターバンク市場のレート提供や、スムーズな大口取引環境を提供するベテラン向けの業者だと思います。

などがあります。

MT4について

ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る