クロス円は日足売り再開待ち – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、豪ドル円が陽線、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↑
先週始値:107.7円 終値:107.9円
先週高値:108.2円 安値:107.0円
先週1時間足チャート型:V字上降

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:118.7円 終値:118.1円
先週高値:118.8円 安値:117.4円
先週1時間足チャート型:下降戻り

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:134.2円 終値:132.7円
先週高値:134.6円 安値:132.3円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:72.9円 終値:73.0円
先週高値:73.3円 安値:72.5円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.102ドル 終値:1.094ドル
先週高値:1.103ドル 安値:1.090ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


<今週のドル円>

日足で意識される水平ライン107.8円付近をはさんだもみ合いとなっています。107.0円付近からしっかり反発しましたので、上抜けてくる可能性もあると思います。その場合は、109.3円くらいが見えてくるでしょうか。日足ではまだ下げ目線なので買いにくいですが、目先の動きで水平ライン反発、N字確認でエントリー根拠を探りたいです。

<今週のユーロ円>

先週の金曜日は4時間足でもみ合いとなりましたが、118.5円に対して長めの上ヒゲで押し戻された感じです。116.0円付近までの狙いに行くには良い形になってきた感じです。あとはどこで売りに入るかを見極めたいと思います。

<今週のポンド円>

週足で見ると、先々週に25MAからの反転下降が見られ、先週もその流れが続きました。4時間足ではややもみ合いとなっているので反発上昇が見られるかもしれませんが、下目線で注目したいと思います。下の流れができると大きく取れる可能性が見えてきます。

<今週の豪ドル円>

下降一服のもみ合いとなっていますが、先週末には4時間足で73.3円付近に対して長い上ヒゲをつけました。豪ドル円も下目線ですので、売りで入れるポイントを探りたいとます。

<今週のユーロドル>

4時間足で安値を更新したあと、反発の戻りが出ている感じです。戻り売りの動きを見極めて売り参戦できるポイントを探りたいと思います。

思い込みはいけないのですが、現状のチャートは売り優先で見てしまいます。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルでショートを狙ってみたいと思います。

しっかりN字確認することで、ダマシも回避できますよ。


今週発表の経済指標、イベントでは、

9/30
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)4-6月期

10/1
08:50 (日)日銀短観・四半期大企業製造業業況判断 7-9月期
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、コア指数、速報値)9月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 9月

10/2
21:15 (米)ADP雇用統計 9月

10/3
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)9月

10/4
21:30 (米)雇用統計 9月
27:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

に注目したいと思います。金曜日は大注目のアメリカ雇用統計です。

10/1~7は中国が国慶節の休場です。

指標発表、要人の発言予定はトレード前には必ず確認してくださいね。

9/30(月)の夜は、

16:55 (独)雇用統計 9月
17:30 (英)消費者信用残高 8月
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)4-6月期
17:30 (英)マネーサプライM4 8月
17:30 (英)四半期経常収支 4-6月期
18:00 (欧)雇用統計 8月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)9月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 9月

10/1(火)の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)9月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、コア指数、速報値)9月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)9月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 9月
23:00 (米)建設支出 8月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

<お知らせ>

ベストトレード根拠は、不定期と言いつつ、書けていません。日足、4時間足、1時間足、15分足の流れをチェックして、5分足のエントリータイミングを図るという流れで、まとめたいのですが、わかりやすい説明ができるトレードができていないのです(汗)
リニューアル初回ということでパリッとした内容にまとめたいため、もうしばらくお待ちください。


戻り下降波は飛び乗り厳禁 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、108.5円の水平ラインに抑えられて下降してきました。1時間足では高値、安値の切り下げ状態になってはいますが、まだ108.0円を試しにいく可能性は残っており、しっかりと波を見極めていきたいですね。飛び乗り厳禁です。

ユーロ円は、118.6円くらいまで戻してくれたらわかりやすかったのですが、少し手前から下降再開となっています。日足下降トレンドラインに当たって落ちてきていますので、116.0円くらいまでの流れに乗りたいところです。

ポンド円は、日足の強め水平ライン135.5円付近から半単価工の流れがありますが、まだもう少しもみ合いが発生する可能性もありますので、4時間足25MAの位置関係、水平線を確認して、25MAから離れる下降波でエントリーポイントを探りたいと思います。

豪ドル円は、意識される73.3円の水平ラインに1時間足上ヒゲをつけて、落ちる気配がありますね。レンジ形成の可能性も高いですが、直近安値付近までをコツコツ取っていく方法も有効だと思います。

ユーロドルは、4時間足25MAに上ヒゲで反応しました。1時間足でもみ合いの下限となっている1.098ドルから1.093ドルくらいの動きが取れるチャンスを待ちたいです。

注目したいニュースとしては、米中貿易協議の進展、英最高裁が議会閉鎖を違法とする判決の後の動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

9/25(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)新築住宅販売件数 8月

9/26(木)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 8月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)4-6月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・確定値 4-6月期
21:30 (米)四半期コアPCE・確定値 4-6月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
22:45 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
23:00 (米)住宅販売保留指数 8月

9/27(金)の夜は、

18:00 (欧)経済信頼感 9月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値)9月
21:30 (米)個人所得 前月比 8月
21:30 (米)個人消費支出(PCE、デフレーター)8月
21:30 (米)耐久財受注 前月比 8月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 9月

が予定されています。



CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、9/20の金曜日公表された9/17取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ポンドドルの買いポジションが大きく減りました。投機筋のポンド上昇期待が弱くなったのでしょうか。

円/ドル
買い 50,842 (-5,737)
売り 26,980 (+2,992)

ユーロ/ドル
買い 164,272 (-16,263)
売り 232,831 (+2,454)

ポンド/ドル
買い 21,332 (-16,571)
売り 107,456 (-22,680)

豪ドル/ドル
買い 34,566 (-2,428)
売り 74,648 (-15,360)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

FX会社について
– 海外FX会社と国内FX会社で口座開設